ルシア

ルシア【101話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は101話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 




 

101話 ネタバレ

ルシア【100話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は100話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ノーマンとの再会

ジェロームとディーンは、ルシアの後ろを歩いていた。

部屋のドアをノックする。

しかし、返事はない。

さらに数回ノックしたが、それでも反応はなかった。

(彼女は出かけたのだろうか?けれど、ノーマンは外出が嫌いなはずだけど)

このまま会えずに帰るのが嫌で、長い間ドアの前に立っていると・・・。

「ルシア!」

遠くから自分の名前を呼ぶ声が。

男女のペアが少し遠いところに。

女性が興奮しながらルシアに向かって手を振る。

記憶では痩せていたノーマンは、驚くほどにふっくらしていた。

「ルシアだよね!?」

「ノーマン」

ノーマンはルシアをしっかりと抱きしめた。

「久しぶり。ああ、あなたは更に綺麗になったわ」

彼女はルシアの顔を見て泣いていた。

ジェロームとディーンは公爵夫人に対する態度に、少しだけ不快な表情を見せていた。

「中に入りましょう。今までどこにいたの・・・」

「ああ、ノーマン。こちらの方は・・・」

ノーマンのそばに⽴っている男性。

彼の正体が気になる。

「彼を紹介するのを忘れていました。トーマスです。私の婚約者よ」

「婚約者?」

思わず驚きの声を上げる。

ノーマンは恥ずかしそうに笑う。

トーマスと呼ばれる男性は穏やかな雰囲気を持っている。

「ルシア、そちらの男性たちは?」

恋人?

そんな視線だった。

ルシアはすぐに誤解を解決した。

ヒューゴがこれを聞いたら、大惨事でしょう。

「彼らは私の護衛よ」

「護衛?ルシア、一体何があったの?話し合うことが沢山あるわね。けれど、あなたと一緒に来た方たちは・・・」

「私たちのことは気にしないでください」

ジェロームの返事を聞いて、ノーマンの⽬が驚きで広がった。

服装から一般人だと思っていたが、彼の⼝調と態度はエチケットと優雅さを⽰していた。

 



 

  • お互いの近況報告

久しぶりにノーマンの家を訪れたルシアは、感謝の気持ちで周りを⾒回した。

リビングのフォーマルな雰囲気は変わっていない。

ノーマンがお茶を持ってきた。

「フィルさん(家政婦)はどこに⾏ったの?」

「彼⼥は背中の痛みのために辞めました。それに、私はもうすぐここを出るから」

「出る?」

「トーマスの故郷に⾏って結婚することにしたの」

「ノーマン、おめでとう!いつ出発するの?」

「明後⽇よ」

「明後⽇?二日後に出発するのですか?」

「ええ。本当はあなたに伝言を残していく予定だったの」

深い後悔を感じた。

ノーマンは最初の友⼈であり、家族でした。

彼女がいなかったら、ルシアはヒューゴと結婚することができなかっただろう。

同時に安堵もした。

ルシアは平民と貴族の⽣活を経験している。

平民にとって、貴族の世界は乗り越えられない壁であり、彼らが住んでいた世界と混ざり合うことはできません。

ルシアは、ノーマンは他⼈の地位に応じて変わる⼈ではないと信じている。

しかし、彼⼥がルシアの本当の正体を知れば、⼼の中である程度の距離を感じずにはいられないでしょう。

メイドのルシアと王⼥の間のギャップが⼤きすぎるから。

ノーマンからこの事実を隠し続けることは困難でしょう。

ルシアはノーマンが知っていたルシアとして彼女を送り出したかった。

ノーマンに穏やかな⽣活を送ってほしい。

そう思っていた。

おそらくノーマンが知らなければ、彼⼥はのんびりと暮らせるでしょう。

「実は、私も結婚しています」

「え?本当?」

「私は結婚し、急いで夫と遠くに離れなければならなかったので、あなたに連絡することができませんでした。ごめんなさい、ノーマン」

「そうだったのね。謝らないで、ルシア。私も結婚しているので、準備することがたくさんあり、⼼配することがたくさんあることを知っています。じゃあ、護衛を配置したのはあなたの夫の指示?」

様々な疑問が生まれるが、ルシアの困った表情を見て、ノーマンは追求するのを止めた。

(いずれにせよ、ルシアが結婚している⼈は普通の⼈ではないでしょうね)

ノーマンは、ルシアを護衛した男たちを思い出す。

(おそらく、彼女は裕福な商人か貴族と結婚したのでしょう。ああ・・・、貴族との結婚。それは本当にロマンスと呼ばれるものだわ)

「ルシアの夫は良い人なの?」

「ええ、彼は愛情深いです」

「彼はよく稼いでいますか?」

思わず爆笑した。

「はい、彼は⾮常によく稼いでいます」

「夜は・・・」

「もう、ノーマン!」

「どうして?大事なことでしょ?でも、あなたの表情を見れば大丈夫そうね」

ノーマンは真っ⾚なルシアを⾒て笑った。

「知ってのとおり、⼤丈夫かどうかを尋ねる⼿紙を送ることを考えました。しばらくの間、妙なことが起きたから」

「妙なこと?」

「私の⼩説のファンだと⾔って、何⼈かの⼥性が訪れました。私の感覚では、彼⼥は貴族のように感じました」

「貴族のファン?」

「本当よ。しかし、彼⼥はあなたを探していました」

「・・・私を?」

「彼⼥は何度か私を訪ねて、あなたの特徴について聞いてきたわ。なぜあなたを探しているのかと尋ねると、あなたの知り合いと言ってたわ。でも何か変だったから、何も話していないの。心当たりはある?」

「分からないわ。見当もつかない」

誰だろう?

誰かが知らないうちに自分を調査していた。

(おそらく私ではなく、ヒューを狙っていたのだろう)

彼の敵が自分を利用して、彼に近づこうと計画していたかもしれない。

「その女性は今も来ているのですか?」

「いいえ。彼⼥は突然来なくなったの。もう数ヶ⽉経ちました。それ以来、彼⼥に会っていません」

ノーマンから⼥性の特徴を聞いて、この事を覚えておくことにした。

 



 

  • 首都での噂

「どうしてじっと見つめるの、ノーマン?」

しばらくの間見つめられたので、ルシアは尋ねずにはいられなかった。

「少し変わったような気がするわ」

「久しぶりに会ったから?」

「いいえ。そうではないわ」

1年以上公爵夫⼈であったルシアは、⼈々を扱い、⾼等社会の⼥性と接する巧みな技が気づかずに流れ出ていた。

無意識にノーマンはそれを感じとったのでしょう。

「あなたがどれほど素晴らしい物語を提供してくれていたか、あなたがいなくなってから理解したわ。貴族の話を受けるために何度か情報屋にお金を支払ったけど、有益な情報はほとんどありませんでした」

「何か面白い話はあった?」

「最も記憶に残っているのは・・・、タラン公爵についてのニュースでした」

飲んでいたお茶を吐きそうになる。

「どうやら、タラン公爵が結婚したそうです。何か知っていますか?」

「さ、さあ・・・。よく分かりません・・・」

「そうですか。タラン公爵の結婚についての噂は興味深いものです。結婚式はなかったと⾔い、秘密の結婚が終わるとすぐに、公爵は花嫁を誘拐し、彼⼥を自分の城に監禁したと聞きました」

「ぶっ!」

ルシアはお茶を吐き出した。

「大丈夫?熱すぎた?」

「い、いいえ」

スカートにこぼれたお茶をハンカチで拭き取る。

「何を⾔っていたのか・・・、ああ、そうだわ。タラン公爵よね。それで、公爵夫⼈になった⼥性は、国を滅ぼすほど美しい、⽐類のない美しさの⼥性であるため、公爵が心を奪われたと聞いているわ」

「・・・」

背中に冷たい汗が。

その「⽐類のない美しさ」は、ノーマンの目の前にいた⾃分⾃⾝に他なりません。

「城では、公爵は公爵夫⼈をずっと閉じ込めて・・・」

「ノ、ノーマン。ここを去った後も⼩説を書き続けますか?」

これ以上聞くことができなかったので、すぐに話題を変えた。

「まだ分からないわ。⾸都でなければ、私の⼩説は売れないかもしれない。しかし、私はこれまでに稼いだお⾦を持っているので、⼼配していません。婚約者は何世代にもわたって家族の中にいる店を経営しているので、収⼊は⼤丈夫だと思います」

「今でも信じられないわ。ノーマンは愛を信じていなかったはず」

「それが⼈⽣が楽しい理由です。ハハハ」

ノーマンのラブストーリーを聞いて数時間を過ごしたとき、気づけば午後を過ぎていた。

「ルシアはどう?今幸せ?」

「ええ・・・、私は幸せです」

彼⼥の笑顔は嘘ではなかった。

ルシアは彼との⽇々に本当に満⾜していたから。

ノーマンは幸福と安堵の表情を浮かべる。

「実はこの家。あなたに譲渡したのよ」

「ノーマン、これはあなたが最初に買った家ですよね?そんな貴重な思い出のある家を・・・」

「だからこそ、ルシアに受け⼊れてもらいたいのです。この家の思い出はあなたと⼀緒に建てられた思い出だから。私はいつ⾸都に戻るかわかりません」

ノーランはルシアのそばに座り、彼女をしっかりと抱きしめた。

「ルシア、あなたは私よりずっと若いので、いつもあなたのことを⼼配しています。あなた
は幸せでなければなりません。もしも、あなたの夫があなたを不幸にするなら私の所に来てください」

「ノーマン、ありがとう。ノーマンがいなかったら、私・・・」

それ以上話すことが出来なかった。

二人は抱き合って泣き、再会の喜びと別れの悲しみを分かち合う。

「ルシアをよろしくお願いします。彼⼥は私が妹だと思っている⼈です」

ノーマンはジェロームにそう要求した

「⼼配しないでください。誠意を持って奉仕します」

(彼は本当にいい⼈のようね。ルシアの夫がそんな男だったら安⼼だわ。私の⼩さな夢は消えたけど」

ノーマンは、婚約者の弟を紹介することを計画していた。

そうすれば、彼⼥とルシアは永遠に近くに住むことが出来るから。

(あなたが変な男に捕らえられて苦しんでいないことを願っています)

それでも、彼⼥は孤独なルシアがもはや⼀⼈ではなくなったことに安⼼した。

⾺⾞が⾒えなくなったにもかかわらず、ノーマンは⻑い間外に⽴っていた。

 



 

ノーマンが結婚するとは驚きですね!

お互いにとって大事な友達。

これからも交流は続けてほしいですね♪

そして、ルシアの噂はかなり広がっているようです。

あながち間違ってはいないのですが(笑)

ルシア【102話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は102話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...