ルシア

ルシア【100話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は100話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 




 

100話 ネタバレ

ルシア【99話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は99話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 朝の目覚め

朝、ルシアが⽬を開けると、彼女はヒューゴに抱かれたまま眠っていたことに気づく。

二人とも裸で、下半⾝だけが薄い⽑布で覆われている。

昨夜、ヒューゴは最終的にすべての服を脱いだ。

ルシアは眠っている彼の鍛えられた腹筋を撫でる。

突然、腰を持っている彼の手が動き、ヒューゴはルシアの頬にキスをした。

「隣にいると思わなかった・・・」

「え?」

「いつも起きたら、あなたはいないから・・・」

ヒューゴは鼻を鳴らし、ルシアのあごに繰り返しキスをした。

くすぐったくて身じろぐ。

「時々はこういう日もある」

ルシアが朝⽬覚めたとき、ヒューゴが隣にいるのは馴染みのない光景。

毎日ではなくても、時々は彼の隣で目を覚ましたいと言ったら、彼は困るだろうか?

この過度に勤勉な男をもう少しベッドに置いておきたかった。

無意識に手が動く。

柔らかい彼女の手のひらが、ヒューゴの硬くて弾力のある筋肉の上を走らせた。

彼の固い筋肉の感覚は本当に素晴らしかった。

もう少し・・・。

そう考えていると手首を掴まれる。

彼の妨害は無情だと思ったが、見上げて目を合わせたとき、その苦い気持ちは収まった。

自分を見つめている赤い目。

その目には赤い情熱が残っていたから。

ルシアの顔は恥ずかしさで⾚く紅潮し、体は硬直した。

ヒューゴは唇を彼⼥の⽿に当て、声を低くして囁いた。

「誘っているのか?」

忍耐強く欲望に満ちた声を聞いて、体が自然と震える。

それを否定せずに彼の胸に頭を埋めたとき、ヒューゴは驚いた。

「あなたはなぜそんなに可愛いのか?」

 



 

  • 恥ずかしがり屋な妻

彼の妻はとても恥ずかしがり屋で、⽇が明るいときは最小限の接触しか許してくれない。

普段であれば、ヒューゴはこのような機会を断らないでしょう。

このまま息が切れるまでキスをし、彼女を押し倒して・・・。

畜生!

彼は無声で咆哮した。

今朝のスケジュールはキャンセルできない。

目の前のご馳走を残さなければいけない・・・!

はぁ・・・。

ヒューゴは内心でため息をつき、⻑引く欲望を押し下げた。

「行かないと」

「ええ・・・」

「もう少し眠っていてください。旅の倦怠感はまだ解消されていないと思うので」

突然、ヒューゴはルシアの体調を心配した。

また病気になるのではないだろうか?

ジェロームに医者を呼んで、彼⼥が治療を受けたことを確認するように考えた。

「はい・・・」

彼はルシアのあごを持ち上げ、彼⼥の唇にキスをし、ベッドから抜ける。

エンドテーブルに横たわっているガウンを⼿に取り、部屋のドアを開ける。

ルシアはヒューゴが寝室から出るまで背中を⾒て、猫のように⽑布に潜り込んだ。

 



 

  • 心配性の夫

ルシアが再び起きたとき、ほぼ正午になっていた。

寝室を⾒回す。

ロームのように馴染みのない部屋。

ここでの⽣活に慣れなければなりません。

昼⾷をとった後、ルシアはジェロームに出かける準備をするように⾔う。

「知り合いに会いたいのです。しかし、その知⼈は私の⾝元を知りません。少しずつお話させていただきますが、今日は厄介なことを避けるために⽬⽴たないように⾏きたいと思います」

ノーマンに会いたい気持ちは、常に彼女の心にあった。

⼀年以上連絡をとっていなかったので、⼼配していたに違いありません。

「その前に、奥様。医者が待っています」

「医者?」

「旦那様は、奥様が⻑い旅の後に過度の運動で病気になるかもしれないので、奥様を診察するために医者を呼ぶように頼みました」

「・・・」

顔が少し⾚くなる。

率直に⾔って、現在感じている無気⼒感は、旅⾏の疲れによるものではないでしょう。

「分かりました。何か調べたりするの?」

「旦那様は、奥様に強壮剤を与えるように頼んでいます」

本当にあの夫は・・・。

ルシアは⾃分の体が弱いとは思っていない。

体格は⼩さかったが、体は健康で、常に病気ではなかった。

しかし、ヒューゴと結婚した後、彼⼥はスタミナの⽋如から疲れ果てることの意味に気づいた。

彼との夜はとても多くのエネルギーを消費する。

最初の数ヶ月は分かっていなかった。

しかし、月日が蓄積され、彼⼥は5⽇に1回のアンナの主張がどれほど幸運であるかを理解した。

「・・・そうですか」

「外出の際には、奥様に同⾏します。都合の良いことに、ヘバ卿が近くにいるので、護衛は彼に任せることができます」

まるで自分の⼼を読んでいるかのように、ジェロームはすべてを手配済みだった。

彼は公爵の執事とは異なり素朴な服を着ており、ディーンも⾰の鎧を着ていたので、彼は騎⼠ではなく⼀般的な護衛のように⾒えた。

⽤意された⾺⾞も家紋がなく普通の馬車に見える。

しかし、ルシアには知られていないが、秘密の護衛が⾺⾞を追っていた。

⾺⾞はついにノーマンの2階建ての家から少し離れたところに⽌まる。

 



 

ヒューゴも自制心を抑えられるのですね(笑)

そして久しぶりにノーマンの元に向かうルシア。

果たして会えることはできるのでしょうか?

ルシア【101話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は101話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...