目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【97話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は97をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

97話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【96話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は96話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side ブレイク

「テントが一つ足りないな」

「数は合っているはずだが?」

「ミス・ローズのテントは?」

「ああ・・・」

騎士たちが私を見る。

彼らは私の前で丁寧だったが、私を見るたびに彼らの顔に僅かな歪みが浮かぶ。

頭を下げて髪を整えた。

長い髪は私の傷跡を覆っていたが、私はそれが再び完全に隠されていることを確認する。

突然、何も隠す必要がないと言っているかのように誰かが私の手を掴んだ。

それをする人は一人しかいない。

「ローズ」

ブレイクは私に微笑んだ後、騎士たちに尋ねる。

「どうした?」

「小さな間違いがありました」

「間違い?」

「テントが1つ足りません。解決策を見つけようとしていました」

「必要ない。ローズは私と同じテントだ」

「え?」

騎士たちと私は、ブレイクの言葉にびっくりする。

「行きましょう、ローズ」

ブレイクは私の肩を優しく抱きしめ、他の人の考えを気にしなかった。

 



 

ブレイクのテントに入る。

身元を明かさないと決めてから何時間も経っているが、それでも彼を傷つけたり拒絶したりすることができない。

それは私がラクシュルと婚約したとき、そして私が最初にブレイクに会ったときでさえ同じ。

どんなに一生懸命決心したとしても、それはできなかった。

私は彼を愛しすぎたから。

「こっちに来て」

ブレイクは彼の隣に座るように私を呼ぶ。

同じテントで寝るのは適切だとは思えない。

私が動かなかったのを見て、ブレイクは恥ずかしそうに笑った。

「どうしたの?昨夜も一緒に寝ました」

「!」

ちょっと!誰かが彼の言葉を聞いたらどうするのですか!?彼は意味を分かっているのですか!?

曖昧なコメントをする彼の習慣は変わっていない。

確かに私は昨夜ブレイクのベッドで寝ていたが、ジョアンナ事件のためにブレイクは一晩中働いていたので、私は昨夜一人で寝た。

話すことができなかったので、彼に反論することさえできない。

頭を悩ませていると、ブレイクは柔らかい笑い声を上げる。

「少し休みましょう。騎士のテントよりも幅が広いので、それほど不快ではないと思います」

しばらく前に見た騎士のテントよりもはるかに広いことが分かる。

「私はあなたが眠りに落ちるのをただ見るだけです。そして、その後私は去ります」

「・・・」

そう言われてしまい、私はブレイクが導いてくれたベッドに座った。

ブレイクは私の髪を耳の後ろに押し込み、手をしっかりと握る。

「眠らないのですか?」

『私は大丈夫です』

「本当に?あなたは疲れているはずだ」

ブレイクはそう言ったが、彼の方が昨夜はまったく眠れなかったはずなので、彼もとても疲れているように見えた。

私はブレイクの手を引っ張る。

「ローズ、あなたは私と一緒に寝て欲しいのですか?」

彼の冗談に、私はブレイクの肩を叩く。

「ある人が、カップルは一緒に寝るべきだと教えてくれました」

『私たちはカップルではありません!』

ブレイクは軽く微笑んだが、彼が何を考えているのか分からなかった。

彼は私がアンシアだと思っているのでしょうか?

私は彼の元を離れるつもりだったので、自分がアンシアだと認めることはないでしょう。

『私は本当にアンシアではありません。殿下、私はあなたが探している人ではありません』

ブレイクは私の言葉を理解してくれただろうか?

彼は私を見つめるだけ。

『私はアンシアではありません』

ブレイクが理解するまで私は言葉を繰り返した。

彼はゆっくりと口を開き、私の顔を注意深く調べる。

「それでも、あなたが誰であるかが分かるまで、私はあなたを何処にも行かせません」

「・・・」

私はベッドから起き上がった。

「ローズ、ここで寝なさい」

『あなたは?』

私は騎士たちが残した毛布を指さす。

ブレイクのベッドを奪うことはできない。

「ローズ、こっちに来て」

しかし、私が毛布を指さすとすぐに、彼は私をベッドに引っ張って座らせた。

「無駄なことを気にせず、ゆっくり休んでください」

彼は私を寝かせてベッドから出る。

私はすぐに彼の手を掴んだ。

「心配しないでください、私はどこにも行きません」

ブレイクは私の髪を撫でた。

私は子供ですか?

話せたら不平を言っていたでしょう。

私はブレイクの世話をするのが好きだが、逆の立場になった時、私はそれが好きではなかった。

「さあ、寝ましょう」

ブレイクは昨夜眠っていなかったので、私が選ぶことができれば、代わりに彼を眠らせたいと思う。

けれど、彼は楽々と私をベッドに寝かせ、毛布で私を覆った。

快適で暖かく感じる前に、私はぐっすりと眠ってしまう。

 



 

side ブレイク

ブレイクの人生は果てしない闇に包まれていた。

5歳のとき、彼は女神に呪われ、皇太子の宮殿から追い出され、古い宮殿に追放される。

呪いのために毎日絶え間ない痛みを感じていた。

傷ついた時は父親を探していたが、時が経つにつれ、いつの日か父親が助けに来るのではないかという期待も埃に変わる。

呪われた文章が全身を包み込む間、甚大な苦痛で死んでしまうだろうと思った。

彼はしばしば一人で部屋に閉じこもる。

使用人たちはブレイクを軽蔑して無視したが、それは彼にとって重要ではない。

父親が自分を捨てたので、自分のような怪物を愛することができる人は世界にいないだろうと考えたから。

しかし、彼に親切な人はいた。

「殿下、散歩をしましょう。今日は天気がいいですよ」

メリッサ、ハンス、エドンは頻繁に彼に話しかけたが、彼は深く考え過ぎて、彼らも自分を軽蔑していると考えた。

ブレイクは一人になりたかった。

周りに誰も見ることなく、暗い部屋で一人で静かに死にたいと。

しかし、エドンは諦めなかった。

「部屋にいるだけでは、呪いを克服することはできません」

「散歩では呪いを解き放てません」

「外に出ましょう!今日は満月ですので、とても綺麗に見えます」

ブレイクはやがて部屋を出て、エドンの頑固な粘り強さに屈した。

他の使用人たちは、自分を虫のように見てくる。

ブレイクはすぐに自分の部屋に戻りたいと思ったが、エドンはそれでも彼を部屋から引きずり出し、何も気づかなかったように振る舞う。

「殿下、月が綺麗ですね」

「分からない」

「よく見てください」

「私は部屋に戻りたい」

早く自分の部屋に戻りたかった。

エドンを無視して、ブレイクが外の音を聞いたとき。

「お父様、ごめんなさい!申し訳ありません!」

小さな女の子の声が聞こえてくる。

ブレイクは驚いて声の方向を見た。

アモリア宮殿の入り口の向こうに、女の子が立っていた。

夜も遅いが、満月の光の下で彼女の顔は明るく輝いている。

「なぜ皇居であのように振る舞った!コーンウェル伯爵の目を引くドレスを買ったのに!」

「申し訳ありません、お父様!二度としません!」

「もう一度やってみろ!そうすれば私は貴様を追い出す!少なくとも私たちの家族に役立つことをするんだ!」

男が少女の頬を平手打ちし、男の力に耐えられず、彼女は地面に倒れた。

しかし、彼女は悲鳴を上げることはなく、許しを請うだけ。

「エドン、あの子を助けなさい」

「は、はい」

ブレイクが他人に興味を示したのはこれが初めてのこと。

エドンは頭を下げ、驚愕の表情を隠す。

その日の後、少女の顔はブレイクを悩ませ続けた。

同情?

いいえ、同情ではない。

ブレイクは彼女が気になっていたのだ。

少女の名前はアンシア。

彼女はベラシアン伯爵の長女。

残念ながら、母親が亡くなった後、父親は再婚し、アンシアは家族に虐待されたようだ。

ベラシアン伯爵は、裕福な貴族に彼女を売り払うことを熱望していると述べた。

コーンウェル伯爵は裕福な貴族。

しかし、彼の女性関係は複雑で、彼はとても年をとっていたので、アンシアは彼に会った後に逃げたのだ。

彼女の父親は娘をそのような男に送ろうとし、あまつさえ、彼は彼女を平手打ちさえした。

皇居からのメッセージが届いたとき、ブレイクは驚く。

ブレイクの結婚が決まり、彼のパートナーはアンシア・ベラシアン。

「どうやって・・・、陛下は私の心を知ったのですか?誰かが話した?」

いいえ、それはありえない。

エドンがあの日の状況について陛下に話したとしても、陛下は自分のためにそんなことをしないだろう。

陛下は呪いのために自分を捨てたのだから・・・。

結婚の知らせを聞いたとき、ブレイクはとても喜んだ。

自分はアンシアを救うことができた。

しかしすぐに、彼は心配になる。

アンシアはどう思うのでしょうか?

金持ちの老人に比べて、怪物と結婚するほうが悪いのではないでしょうか?

 



 

ブレイクがアンシアをからかう姿は新鮮ですね♪

今回からブレイクの過去の話が。

アンシアのいなかった7年間が語られるのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【98話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は98話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...