目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【94話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は94をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

94話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【93話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は93話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 裁判の結果

ジョアンナの表情を見たアンシアは震える。

彼女は小説で説明された方法よりも遥かに悪質に見えた。

元の話では、ジョアンナはダイアナが悪魔であると非難した。

ダイアナは教会の拷問室に連れて行かれると恐怖に震え、リチャードはそれを知っていたにもかかわらず、彼女を救わない。

彼はダイアナが我慢できなくなるまで待った後、ジョアンナに対処し、絶望の淵に立っていたダイアナを救ったのだ。

ダイアナはリチャードが自分の命を救ってくれたことに感謝し、2人は親密になる。

フィリップとリチャードは非常に似ていた。

彼らは両方とも彼らのターゲットを極限まで追い込み、それからターゲットの前に救世主のように現れるのだ。

それは、彼らの魂が同じだったからでしょうか?

けれど、ブレイクは?

彼が私の手をしっかりと握っていたので、私は彼をちらっと見た。

「今すぐ教会に連絡して、裁判を呼びかけます!」

「その必要はありません」

ブレイクはジョアンナを冷たく妨害する。

「ですが、彼女が試されるためには、司祭が立ち会う必要があります・・・」

「ジェイデン、大祭司を連れてきなさい。彼は近くの宿で本を読んでいるはずです」

「だ、大司祭・・・?」

ジョアンナはショックを受けた。

大祭司が呼ばれたら、彼女の計画は失敗するでしょう。

しかし、ジェイデンはすぐに出ていく。

ジョアンナだけでなく、アンシアもショックを受けた。

大祭司?

彼は混沌の谷に、そしてヴァリンの地所にさえ来たのですか?

アンシアは7年前に出会った老人の顔を思い出す。

ジェイデンが戻ってくるまで、そう長くはかからなかった。

彼の隣には20代の男性が立っていて、記憶の老人とは異なり、彼は若くて元気に見える。

「殿下、夜にこの大祭司を連れてくるなんて信じられません。私は皇室に抗議するつもりです」

この男の名前はマロンで、7年前に新しい大祭司に任命された。

当時、彼はまだ18歳だったが、テステオンの支援を受けて大祭司の地位を引き継ぐ。

もちろん、彼は皇帝の支援だけで大祭司になれたわけではない。

彼はブレイクの力にも興味を持っていた。

「起きていたのだから関係ない」

「その通りですが、もう夜も遅いです」

「呼ばれたくないのなら、あなたは私に従うべきではありませんでした」

朝、大祭司はヴァリンの地所に留まると言ったのは事実だが・・・。

「それとこれは話が違います」

「無駄話はここまでにしましょう」

ブレイクはイライラしているかのように反論した。

アンシアはその光景にショックを受ける。

このように不平を言っていた優しそうな男性が大祭司であることは明らかだ。

おそらくカシルの家族が亡くなった後 大祭司が交代したのでしょう。

彼が若かったのも驚きだが、アンシアは二人の自然な冗談にさらに驚いていたのだ。

 



 

「私は殿下が好きなので、あなたにとても親切です」

「やめろ。ジョアンナ・ディックスが裁判を申し込んだので、ここにあなたを呼びました」

「そうなのですか?」

マロンは優しい笑顔を消し去り、ジョアンナを見る。

ジョアンナは誇らしげに彼を見た。

大祭司が現れても何も変わらない。

ローズが告発された場合、彼女は間違いなく死ぬでしょう。

これは、すでに千年もの間受け継がれてきたアステリック帝国の伝統なのだから。

「はい、大祭司様!ローズという名前のあの女性は怪物です!」

「あなたは裁判を申し込んでいるのですか?」

「はい!」

「アスモディアン裁判の法則によれば、ミス・ローズが怪物でない場合、レディ・ディックスは処刑されます。あなたはそれを理解していますか?」

「・・・はい、もちろんです」

「それでは、私はあなたの告発を進めます」

「はい、今すぐ彼女を教会に連れて行ってください!」

ローズが怪物であるかどうかは関係ない。

教会が彼女を拷問すれば、彼女は絶対に自白するでしょう。

たとえ自白しなかったとしても、彼女は拷問で死ぬでしょう。

「夜も遅いので、今日はやめましょう。ミス・ローズが怪物であるという証拠はありますか?」

「彼女の恐ろしい顔を見てください!これよりも明確な証拠はありますか!?」

(なぜ大司祭は証拠を求めるのですか?早く彼女を拷問して!)

ジョアンナは内向きに叫んだ。

「大祭司、今すぐ怪物を追い払う必要があります!」

彼女の話を聞いた後、大司祭はブレイクに尋ねた。

「殿下、ミス・ローズは怪物ですか?」

アンシアはブレイクを見る。

彼の言葉は、彼女が自分の命を守ることができたかどうかを決定するでしょう。

この瞬間でも、ブレイクはしっかりと私の手を握っていた。

「いいえ、ローズは人間です」

ブレイクがアンシアにそっと微笑むと、大司祭は頷いた。

「それならば、ミス・ローズが人間であることは明らかですね」

突然、ジェイデンが扉を開き、外で待っていた騎士たちが中に入ってきた。

彼らは皇太子に挨拶し、大祭司の命令を受けるために立ち上がった。

「ジョアンナは人間を誤って非難しました。この罪人を引きずり出してください」

「待って!調査はどうするのですか?拷問はしないのですか!?」

マロンはパニックに陥ったジョアンナに返事をするのに時間を惜しまなかった。

「女神の力を持っている皇太子が、直接証言をしました。これ以上の証拠はありますか?」

ブレイクは、この大陸で光の力を自由に操ることができた唯一の人間。

司祭のマロンでさえ、ブレイクの力を認め、敬意を表しているのだ。

言い換えれば、彼の言葉よりも大きな力を持っている証拠は存在しない。

ブレイクは女神の力を持っていたので、怪物に騙されることはない。

ジョアンナが裁判を申し込んだ瞬間から、結果は明白だった。

その事実に気づきが、それはすでに手遅れ。

大祭司の命令に従って、騎士たちはジョアンナを引きずり出す。

「待って!わ、私はディックス子爵の唯一の娘です!放して!殿下!私は間違いを犯しました!私は私の告発を取り消します!私を許してください!」

ジョアンナは懇願したが、ブレイクは彼女に何の心も払わなかった。

最終的に、ジョアンナは外に引きずり出される。

扉が閉まる前に、ジョアンナはブレイクが怪物に対して優しい笑みを浮かべているのを目撃した。

 



 

ジョアンナは邸宅の地下牢に投げ込まれた。

しかし、彼女は恐れていない。

「これは馬鹿げているわ!私は殿下の愛情に値する人よ!それなのに、なぜ彼は私を軽蔑し、あの怪物をとても愛情を込めて見ているのよ!?」

予想通り、皇太子は怪物に操られているのだ。

そうでなければ、この状況を説明することはできないでしょう。

私はディックス子爵の一人娘。

庶民を怪物だと非難したからといって、処刑されるはずがない。

大祭司が去った後、元々ヴァリンの領土を担当していたアルト司祭がこの事件を引き継ぐでしょう。

その後、私はすぐに解放されるはず。

周りを見回して怒りに震える。

枕なしでこの部屋で眠らなければならなかったのでしょうか?

「ねえ、ドアを開けて!」

執拗に牢屋の扉をノックしたが、それは1インチも動かなかった。

ジョアンナは叫び続けたが、誰もドアを開けない。

やがて、彼女は固い石の床で眠りに落ちる。

ドアの軋む音がジョアンナを目覚めさせた。

ドアが開き、メイドが食事を運んで来たのだ。

「私にこれ食べるように言ってるの!?」

ジョアンナは、古い木製のボウルに茹でたジャガイモを見た後、大声で叫んだ。

「戻って、私に適切な料理を持ってきてください!」

ジョアンナは命令を出したが、メイドはニヤニヤ笑うだけ。

「あなたは私が誰であるか知らないのですか?あなたは死にたいのですか?私をこのように扱ったらどうなるか分からないのですか!?」

「何が起きるの?」

「あなたは愚かなメイドです!」

ジョアンナは怒りで叫んだが、メイドは彼女を睨みつけただけ。

(そうだ、私はこのメイドの弟を裁判に引き渡したわ)

当時、彼女も殺すべきだった。

「私はあなたがあなたの弟のようになることを確認します!ここから出て___」

「あなたはまだ自分が子爵の娘だと思っているのですか?」

ジョアンナはメイドの言葉で凍りつく。

「え・・・?」

「あなたの父親は捕まり、アルト司祭も連行されました。この地域の人々は夜明けからあなた達の邪悪な行いを証言するために並んでいました。彼らは最終的に正確な復讐をすることができるので、彼らは皆とても幸せそうです」

 



 

ざまあ展開でスッキリしましたね。

アンシアが闇の扉に入る直前に出会った大司祭はすでにいません。

ジョアンナが退場した後、ブレイクとアンシアがどうなったのか気になります!

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【95話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は95話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...