目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【93話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は93をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

93話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【92話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は92話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 怪物裁判

ローズを迎えに行ったとき、ブレイクは別館の全身鏡を見る。

部屋の真ん中に置かれた鏡は、複雑なデザインで、定期的に掃除されているかのように煌めいていた。

それは酷く埃っぽい部屋で完全に場違いな存在。

ブレイクがまだ幼いとき、使用人は彼の部屋にも鏡を置いていた。

彼は使用人にそれを取り出すように何度も命じたが、それでも彼らは繰り返し間違いを装って鏡を持ち込み続けた。

それは使用人による残酷な嫌がらせの一種。

使用人はブレイクに鏡を見せて、彼自身がどれほど恐ろしいかを理解するように示していたのだ。

この種の嫌がらせは、彼がアンシアと結婚するまで続く。

それはまた、別館の鏡が意図されていたものでもあった。

金と宝石がちりばめられた豪華な鏡は、ジョアンナのものだったに違いないでしょう。

それは乳母が気まぐれで他の場所に運ぶことができるものではない。

ジョアンナがそれを命じたことは明らかだったが、それでも彼女はブレイクとローズの前で露骨に嘘をついた。

ローズが話せなかったので、彼女はこのように嘘をついたのでしょう。

ジョアンナはブレイクが怒っていることを知っていたにもかかわらず、急いで話し続ける。

彼女はローズをここから追い出さなければならなかったから。

「今すぐに、ミスローズの部屋を西棟に移します」

「私のローズを私から遠くに離したいので、こんなことをするのですか?」

 



 

私のローズ?

本当に?

王族でも貴族の娘でもなかった醜い少女が、本当に自分の代わりになるというの?

皇太子は一体何を考えているのでしょうか?

どうすれば、自分よりも恐ろしい怪物を選ぶことができたのでしょうか?

これは容認できない状況だった。

突然、ジョアンナの頭の中にアイデアが浮かぶ。

「殿下、注意しなければなりません!その女は怪物です!」

ジョアンナはローズを指差しながら叫んだ。

「男性を誘惑して最終的には食べる怪物がいます!」

ジョアンナの言葉が彼女を襲ったとき、ローズは落ち着いていた。

元の話にも同様の状況があると知っていたから。

「獣と淑女」では、ジョアンナはブレイクの呪いがダイアナによって解かれるのを見たので、ダイアナを怪物と呼んだ。

もちろん、今の状況は元のストーリーと同じではない。

ジョアンナが手に入れようとしていたのはリチャードだったが、今ではブレイクになり、彼女の攻撃の標的はダイアナではなくアンシア。

結局、リチャードは彼女を利用して、彼が望むものを手に入れた。

しかし、ブレイクは?

アンシアはブレイクを見つめる。

彼は自分の手を離さなかった。

「怪物・・・」

「はい、その女は怪物です!私たちは今すぐに彼女を追い払わなければなりません!彼女を生かしておくことはできません!」

「あなたは自分が何を言っているのか分かっているのですか?」

「はい!その怪物を殺しましょう!」

「殺す・・・」

「怪物をそばに置いておくことはできません!」

「ローズがサイレンだと?」

「はい、そうです、サイレンです!男性を誘惑する恐ろしい怪物!今すぐ彼女を追い払わなければなりません!」

ジョアンナはうなずいた。

彼女はついにその恐ろしい怪物を取り除くことができたのだ。

ローズが姿を消せば、王女の席は自分のものに。

しかし、ジェイデンはジョアンナを嘲るように、爆笑した。

「・・・何がそんなに面白いのですか?」

ジョアンナは彼に反論する。

自分が王女になれば、彼女はその庶民の人生を破壊するでしょう!

「サイレンは海の怪物です」

「海の怪物だとしても、上陸できないわけではありません!」

ジョアンナは激怒した。

「いいえ、サイレンが上陸するのに苦労するのではないかと心配しているのです。彼らは半分人間で半分人魚ですから」

「半分人間と半分人魚?」

「サイレンは船員を食べる前に誘惑します」

サイレンは美しい声で男性を誘惑する。

しかしローズは人間であり、彼女は声を出すことができない。

彼女がサイレンだという証拠はないのだ。

しかし、ジョアンナは後退することを拒否する。

ローズが怪物であるかどうかは関係ない。

彼女は皇太子の隣に立っている女性が好きではなかったのだ。

「怪物が人間に変わったのです!」

ジョアンナの父は小さな領土しか所有していないが、村で唯一の貴族。

ヴァリンの領土の誰も彼女に逆らうことはできなかった。

ジョアンナはいつも正しかった。

彼女の言ったことが間違っていたとしても、誰もが彼女を信じるでしょう。

だから自分は決して間違っているはずがない。

「殿下は今すぐに彼女を牢屋に閉じ込めなければなりません!」

ジョアンナがそう言った瞬間、ブレイクの視線はさらに氷に変わる。

ジョアンナは緊張した。

最初から、その女が唯一の問題だったのだ。

ジョアンナは今すぐに彼女を取り除く必要があった。

そうすれば皇太子は自分の手に渡り、彼女の夢は実現するでしょう。

「彼女は混沌の谷で発見されたと聞きました!彼女は闇の扉から出てきた怪物であるに違いありません!私たちは彼女をすぐに教会に報告しなければなりません!」

「・・・これらの告発について確信しているのですか?」

怪物または怪物崇拝者であると疑われた人物は、誰であってもすぐに教会で裁判にかけられなければならないでしょう。

 



 

フィリップが女神の力を奪ったとき、地球上にあった他の光の力はゆっくりと消えていった。

女神が封印された混沌の谷間には、大量の小さなマナストーンが形成されている。

しかし、マナストーンだけでは力を維持するのは困難だった。

教会は彼らの力を守るために、ある方法を使用する。

誰かが怪物と告訴された場合、教会はその人物を殺してきたのだ。

世界を怪物から守ることは崇高な目的だったかもしれないが、千年の間にその目的はゆっくりと変化した。

現在の目的は、敵を排除しながら教会の力を発展させるための手段に成り果てている。

テステオンが王位に就くやいなや、彼はこれらの裁判を非合法化しようとした。

しかし、人々は新しい皇帝が怪物の追随者であるという誤った噂を広めることによって強く抗議したのだ。

その理由は、怪物の裁判が消えると教会の力が劇的に弱まるから。

しかし、テステオンは諦めなかった。

裁判を廃止することができなかったので、彼は彼の方法を変えることに。

怪物の裁判は、命を賭けて開催されることになったのだ。

誰かが怪物であると非難された場合、彼らはおそらく死刑を宣告されるでしょう。

『裁判は被告人の命を危険に晒します。もしそうなら、告発をした人も同じリスクを負うべきだ』

テステオンはそれを命じた。

被告人が無実であることが判明した場合、代わりに告発者は殺される。

さらに、テステオンは告発者に、相手が怪物であるという有効な証拠を提出するように求めたのだ。

告発者も責任を問われると、裁判の数は急激に減少する。

ジョアンナはローズが怪物だと告発した。

誰かが怪物であろうと怪物の追随者であろうと、彼らはどちらの方法でも死を避けることができない。

これは、ローズが怪物でなければ、ジョアンナは自分の命を危険に晒すことになることを意味した。

ブレイクはもう一度確認するが、ジョアンナは躊躇うことなく自信を持ってうなずく。

「はい、すぐに教会に連絡しましょう!」

「本当にいいのですか?」

「はい、アルト司祭を呼びます!」

ヴァリンの教会を担当したのはアルト司祭だけ。

彼はジョアンナの味方でもあった。

ディックスとジョアンナと一緒に、司祭は数え切れないほどの裁判を行なってきた。

それらのほとんどはジョアンナによって非難された裁判。

彼女によって裁判が発生した場合、アルト司祭は間違いなく被告人を怪物と宣言するでしょう。

裁判が完了すると、怪物は迅速に断罪される。

ジョアンナは大喜びの笑顔でアンシアを見た。

アンシアは元の話を思い出して震えることしかできない。

元の話では、ジョアンナはダイアナをあらゆる種類の物語で嘲笑し、最終的に彼女を怪物であると非難する。

テステオンの治世中に減少していた裁判の数は、カシル公爵が権力を握るにつれて再び増加し始めていた。

アーノルド・カシルと彼の息子たちは、テステオンが悪魔の追随者であり、黒魔術を使って悪魔を召喚している間に死んだと主張する。

彼らはまた、テステオンが裁判を廃止しようとした理由も悪魔のせいであると主張した。

彼らはテステオンの名誉を踏みにじり、裁判を使って彼に従った無数の人々を殺す。

ジョアンナもその一人。

その時でさえ、ジョアンナは彼女が好きではなかった人々を非難し、彼らを裁判にかけていた。

最終的に、それらはすべて死んでしまうでしょう。

テステオンの目は、この孤立した領域には到達できていない。

アンシアが怪物であると非難された場合、彼女は命を失うでしょう。

 



 

ブレイクの怒りを買っていることを知りながらも、ジョアンナは自分が皇太子妃になることができると信じています。

これまでの環境から生まれた自信ですね。

裁判を行うことになったアンシア。

ブレイクには何か考えがあるのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【94話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は94話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...