目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【91話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は91をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

91話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【90話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は90話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 妄想と現実

(皇太子はアンシアのことを忘れて、私だけを見るはず。大陸の全ての人々は、帝国の歴史の中で最も美しい皇太子妃であると私を称賛するでしょう。私はとても有名になるので、すべての人が少なくとも一度は私の顔を垣間見たいと思うでしょう)

しかし、妄想と現実は全く異なっていた。

ジョアンナの美しさを賞賛するどころか、ブレイクは彼女の視線を惜しまない。

子供の頃から夢見ていた未来はゆっくりと消えていく。

「私が首都に住んでいたら、殿下と結婚していたでしょう!」

ジョアンナは必死に叫んだが、ブレイクは冷たく答えた。

「あなたは私の忍耐力をテストしているのですね」

「殿下・・・」

「あなたが私と結婚?あなたがアンシアの代わりを引き継けると?」

ブレイクは怒っていた。

アンシアより100倍美しいと彼が自分を褒めるだろうと思ったのに、なぜそれがこのようになったのですか?

「で、殿下・・・。つまり・・・」

「ローズはどこに?」

「・・・別館です」

ブレイクが彼女の答えを聞いた瞬間、彼の表情は一変する。

「別館?ローズは私の重要なゲストだと言いました。私を見下しているのか?」

「そ、それは殿下のためです!彼女はあなたに彼女の病気を感染させる可能性があります!」

「病気・・・?」

ブレイクはゆっくりとジョアンナにますますイラつきを示すが、彼女はそれに気づいていない。

「混沌の谷で彼女を迎えたとお聞きしました。彼女はある種の病気を抱えていたに違いありません!彼女に騙されてはいけません!」

「失せろ。二度と私の前に現れるな」

「殿下、私は・・・!」

ジョアンナは別の言い訳を考えようとする。

しかし、彼らの目が合った瞬間、彼女は口を閉ざさざるを得なかった。

 



 

使用人が入ってきて、部屋の真ん中に大きな全身鏡を置く。

結局、頼んだモップは渡されなかった。

部屋を覆っている埃は、私に咳の発作を送り続けている。

外に出たかったけれど、人々が私のことを囁いていたのを思い出すと、躊躇してしまう。

大騒ぎしたくなかったので、我慢して静かに窓を開けた。

部屋の隅々まで調べてみると、ベッドの下にモップが。

幸いなことに、バスルームはうまく機能していた。

隅々まで丁寧に掃除を始める。

埃っぽくて、初めて自分の家に引っ越した時のことを思い出した。

熱心にテーブルを掃除していると、突然ドアが開く。

振り返ると、ブレイクがそこに立っているのが見えた。

彼は怒っているようで、彼は私に近づき、私の手を掴む。

「なぜあなたがこんなことを?」

『大丈夫です』

「手が冷たい」

『私は本当に大丈夫ですから』

「あなたは私のところに来るべきだった!あなたは私に言うべきだった!なぜ我慢しているのですか?」

『殿下・・・』

「・・・いいえ、ごめんなさい。私はあなたと一緒にいるべきだった・・・」

私はブレイクを大きな抱擁で包み、彼を慰め、自分を責めないように言いたかった。

『ごめんなさい』

謝罪の意味で首を横に振る。

それと同時に疑問が浮かんだ。

なぜブレイクは、今の私にとても親切なのだろうか?

ジョアンナは元の話で説明されているように本当に美しかったが、ブレイクは一目でも彼女を惜しまなかった。

「ローズ、今すぐこの部屋から出ましょう」

ブレイクは私の手をしっかりと握って部屋を出る。

使用人たちのそばを通りかかったとき、彼らの目は驚いて広がった。

本館のブレイクの寝室に入るとすぐに、彼は私の手をしっかりと握り、私の状態をチェックする。

「どこも怪我をしていませんか?」

『大丈夫です。何も起きませんでした』

少しだけ掃除をしただけ。

実際、私は彼の腕についてもっと心配していた。

「私の腕?今は完全に元気です」

ブレイクは軽く微笑んだが、それでも私は心配していた。

なぜセルはブレイクの力をそのままにしたのですか?

ラクシュルがタンシノールに苦しんでいるのを思い出したとき、私は不安を感じる。

セルには、タンシノールを再び実現させる能力があったから。

「証拠を見たいのですか?」

『はい』

「ローズ、あなたは私の裸を見ようとしていますね」

『・・・け、怪我をチェックするだけです!』

「分かっています」

ブレイクは袖を引き上げて傷を明らかにした。

彼の腕は癒され、そもそも怪我をしたことがないように見える。

「見つめすぎないでください。恥ずかしいです」

私はびっくりして手を引く。

しかし、ブレイクは微笑んで私の手を取った。

彼の手は以前は非常に柔らかかったが、年月を経て荒れ、丈夫になっていた。

「他にチェックしたい場所はありますか?」

急いで首を横に振り、トイレのドアを指さす。

手を洗いたかったのだ。

「お風呂に入りますか?」

ブレイクの質問に首を横に振った。

ぬるま湯に浸りたかったけれど、ブレイクが部屋にいたので、まだお風呂に入ることはできない。

「私にメイドを呼んで欲しいですか?」

首を横に振る。

彼らが私を見たときのメイドの嫌悪感は、私の記憶の中でまだ新鮮だったから。

私は彼らに自分の体を見せたくなかった。

「分かりました。それなら私があなたのためにそれを準備します」

「・・・」

もう一度首を横に振る。

 



 

メイドたちがやって来て、私のお風呂の準備をする。

服を脱いだ後、傷跡に覆われた薄い体が見えた。

セルはテンラーン宮殿の火事で重度の火傷を負い、それから彼女はあの地獄のような場所で千年を過ごした。

彼女が正気を保つ方法はないでしょう。

そして、女神の魂がなければ、この体も長くは続かない。

私はセルを非難しない。

けれど私が死んだ後、私は彼女に約束を守ってほしかった。

温かいお風呂に浸かると、体に溜まった倦怠感がゆっくりと消えていくような感覚に。

なぜブレイクは私にとても親切なのですか?

彼は私がアンシアだと気づかなかったでしょう?

話すことも書くこともできず、見た目も違う。

彼が私を認識する方法はない。

入浴後、メイドが残した新しいドレスに着替える。

おそらくブレイクがそれらを注文したため、ドレスの品質は非常に高かった。

バスルームを出ると、鼻に美味しい匂いが。

部屋のテーブルは美味しそうな食べ物でいっぱいだ。

「ローズ、お腹が減っていませんか?ここに来て食べてください」

『分かりました』

「あなたが回復してからそれほど長くはなかったので、私は彼らに軽食を作るように言いました」

ブレイクの食事の世話をするのが私の仕事でしたが、今では私たちの立場が逆転した。

時間が経ち、少し物憂げになる。

「ローズ、それは美味しいですか?」

ブレイクは私に食べ続けるように言ってニヤリと笑う。

不思議なことに、彼は日ごとに幸せになっているようだった。

彼の笑顔は私たちが若い頃と同じ。

私がサラダを食べるのに忙しい間、ブレイクは突然「ペリラの葉が好きだったに違いない」と言う。

ペリラの葉?

それはサラダの材料の1つだったことが分かる。

新鮮な野菜の中には、ペリラの葉も混ざっていた。

「珍しいですね。その独特の香りと味のために、人々は通常それを避けますから」

私はアモリア宮殿の温室でシソの葉を育てていた。

ブレイクはいつも私がペリラの葉を食べたことを賞賛していた。

アステリック帝国だけでなく、大陸全体で誰もそれを食べないから。

当時でも、ペリラの葉を食べるのが好きな人はほとんどいなかった。

『これがペリラの葉だとは知りませんでした』

「知らなかったの?」

『美味しくない』

私はサラダボウルを脇に押す。

ブレイクは、わざとペリラの葉のサラダを持ってきて私をテストしたのでしょうか?

彼は私がアンシアだと気づいた?

いいえ、それは真実ではありません。

私はすぐに食事を終え、一気にお茶を飲む。

ブレイクは微笑んで言った。

「ローズ、あなたの行動は私の妻の行動と同じです」

 



 

ジョアンナはブレイクの逆鱗に触れましたね・・・。

アンシアも無事に救出できて安心です。

言葉が通じなくても、二人の意思が疎通できていて微笑ましいです。

ブレイクの最後の言葉は、ローズがアンシアだと確信した言葉でしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【92話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は92話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...