目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【90話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は90をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

90話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【89話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は89話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ディックス子爵

ブレイクは少しの間お風呂に入り、すぐに着替えた。

それは、ローズが自分の腕の血に悩まされていたから。

彼は彼女に心配させたくなかったのだ。

「殿下、私です」

「入れ」

エドンの声を聞いて、彼を入室させる。

「執事があなたを迎えに来ましたが、返事がありませんでした」

「お風呂に入っていた」

「かしこまりました。ディックス子爵が、あなたに伝えるべき重要なことがあると」

「それらに対処したくない」

ディックス子爵は、ブレイクを南の島に移すことに強く抗議した人々の一人。

呪いが解かれるとすぐに、彼らはスタンスを変えて、ブレイクにお祝いのメッセージと贈り物を送った。

ブレイクが混沌の谷に来るたびに邸宅に招待されていたが、彼は応答しなかった。

「殿下、闇の扉が消えたとき、邪悪な存在が混沌の谷のいたるところに潜んでいました。土地への被害はかなり深刻です。あなたが彼と話すのを嫌がっているのは知っていますが、領地の人々のため、彼にチャンスを与えてみませんか・・・?」

「・・・分かった」

ブレイクはいつも一人で行動していた。

他人に無関心で、他人が自身の領域に侵入したとき、彼はそれを嫌悪した。

子供の頃にブレイクに親切だった人だけが例外。

エドンはそれをよく知っていた。

アンシアが行方不明になった後、彼の性格は大きく変化したが、彼の優しさは変わっていないことを。

 



 

「殿下、ようこそ。お待ちしておりました」

ブレイクが食堂に入ると、ディックス子爵とジョアンナは大きな笑顔で彼に挨拶した。

何か重要なことを伝えるはずなのに、なぜ彼は娘を連れてきたのですか?

「最近、この領地の人々は多くの苦しみを味わっていると聞きました」

ブレイクは大きなテーブルの上の食べ物を見ながら話す。

人々を養うのに十分な贅沢な食事。

「ははは、ですが殿下が混沌の谷に滞在している間、何も起こりませんでした。悪魔は女神に選ばれた皇帝を認めたと確信しています」

ブレイクは、ディックスが以前に求めた上訴を思い出す。

呪いの後継者である皇太子が宮殿でよく扱われていたため、自分の土地の被害は深刻なのだと訴え、彼は即時の補償を求めた。

しかし、今年は被害が以前よりはるかに悪化したにもかかわらず、彼はブレイクを称賛している。

(くだらない・・・)

ブレイクが去ろうとしたとき、彼はサラダに濃い緑色の野菜があることに気づく。

この野菜は今シーズン入手が非常に困難だった。

ブレイクが材料を認識すると、ジョアンナは微笑んだ。

「殿下が気に入っていると聞いたので、購入しました」

「今日私が来ることをどうやって知ったのですか?」

「混沌の谷を訪れるたびに、私たちはこれを用意しています。私たちはあなたに仕えることができる日を待っていました」

彼らのお世辞はブレイクをうんざりさせたが、彼はそれを表情に出さない。

すべての人間が嫌いだ。

『ブレイク、あなたは将来多くの人に出会うでしょう。彼らの多くは素晴らしく、呪いに関係なくあなたをサポートしてくれると確信しています。ですから、あなたが彼らを嫌いにならないように願っています』

ブレイクは見知らぬ人に会うたびにアンシアの言葉を思い出した。

しかし、彼はいつも懐疑的だった。

そのような人は本当に存在するのでしょうか?

出会った誰もが自分を利用したかっただけ。

「殿下、食事はあなたの好みに合っていますか?」

「私は疲れているので、食欲があまりありません」

この場を終わらせたかったのだが、ディックスはブレイクをすぐに手放すつもりはなかった。

「はは、ジョアンナは殿下を心配しているのですか?」

「はい・・・」

ジョアンナは照れているかのように頭を下げる。

「殿下、ジョアンナは子供の頃からいつもあなたを賞賛してきました」

「そうなのですか?」

「はい。娘はあなたの花嫁になりたいと言い、あなたの呪いをいつも気にかけていました」

ブレイクは彼の露骨な嘘に唖然とした。

呪いが解かれた後、彼はそのような自白を数え切れないほど聞いてきたのだ。

しかし、彼が子供の頃、アンシアだけが彼の側にとどまった唯一の人。

「あの時、私が南の島に追放されることを望んでいませんでしたか?」

ブレイクの冷たい言葉に、ディックス子爵の表情は固くなる。

ブレイクは、彼が過去に送った上訴について言及していたのだ。

訴えの中で、ディックスは呪いの後継者は南の島に限定されるべきだと主張した。

「その・・・、当時は土地への被害が酷くて、気が狂っていました。私がその訴えを送ったことを知った後、ジョアンナは私に非常に腹を立てました・・・」

「その通りです。当時、私は父をとても非難しました!」

彼らの露骨な嘘で、ブレイクはおかしくなりそうだった。

すぐに立ち上がってその場所を去ったが、ジョアンナが彼を追いかける。

 



 

「殿下!」

ブレイクが歩くのをやめたとき、ジョアンナはすぐに彼の前に飛び出す。

「殿下、申し訳ありません。父はあなたをとても怒らせました」

彼女は涙ながらにブレイクを見上げた。

ブレイクは魅力的だったが、今では女神の力も持っている。

銀色の髪と赤い目、そして王族の威厳あるオーラを放っていた。

歩いているだけでも優雅に見えた。

カッコいいだけでなく、おとぎ話のような理想的な王子で、神秘的で美しい男性だった。

「殿下、あなたはとても素晴らしいです。私があなたを長い間賞賛してきたのは事実です」

ジョアンナは可愛かった。

彼女の顔の特徴は調和していて、彼女の無邪気な瞳は多くの男性の心を魅了した。

その美しさのおかげで、首都の影響力のある人々は彼女と結婚したいと思ったが、彼女は彼ら全員を拒否してきた。

ジョアンナは首都でいくつかのイベントに参加したことがあるが、皇宮には招待されなかったため、美しさで有名なアンシアに会うことはできなかった。

アンシアの存在は彼女を悩ませたが、彼女はすでに闇の扉に押しつぶされて死んだ。

(私は帝国で最も美しい女性です。ですから、私が彼の隣にいるのは自然なことです)

ジョアンナはそう確信していた。

しかし、ブレイクはヴァリンの地所を訪れない。

それは彼女の父親が過去に彼を批判したから。

もちろん、ジョアンナは父親が当時正しいことをしていると思っていた。

ブレイクを攻撃すれな、カシル家との縁談が来ると信じていたから。

しかし、状況は変化した。

カシル家は倒れ、皇太子の呪いは解かれた。

ジョアンナはブレイクより1歳年上だったので、今は19歳。

結婚を求める手紙の数は急減していた。

現在、土地を持たない貧しく堕落した貴族だけが彼女にプロポーズしている。

父親は、彼女が20歳になったとき、彼女に相応しい人物と結婚させると宣言し、ジョアンナは焦った。

自分は美しかったので、少なくとも侯爵家の妻にならなければならない。

公爵家ならば、さらに良かった。

彼女は自分の選択肢を裕福な家族だけに限定する。

ジョアンナの父親は、過去に娘に提案した首都の貴族ぬ連絡を取ったが、誰も娘の事を相手にしなかった。

現在、彼女に残されている唯一の希望はブレイク。

「首都の貴族が殿下をひどく扱ったと聞きました。その事実に私はとても悲しんでいます。もし私だったら あなたの呪いを受け入れたでしょう 」

ブレイクが彼女を見つめる目は、嘲笑と軽蔑のみ。

軽蔑だけであれば、まだ希望はあった。

しかし、ブレイクはジョアンナに対して好奇心や魅力も抱けない。

以前もそうだった。

彼女は彼の寝室に入り、彼を誘惑しようとしたが、彼は彼女を激しく追い出したのだ。

ジョアンナは、ブレイクに会うことで全てが解決すると信じていたので、この日が来るのを待ち望んでいた。

(皇太子が私を発見した瞬間、彼は一目惚れするでしょう。彼は私の髪と目がアンシアに似ていることに気付くでしょうが、私は彼女よりはるかに美しいです。いいえ、彼が私に会った瞬間、彼はアンシアを忘れるでしょう。そして、彼は私に自分と結婚して皇居に入るように頼むはず。そうすれば私は皇太子妃に!それが実現すれば、私を嘲笑したすべての人を処刑します。彼らが跪いて懇願したとしても、それは手遅れでしょう」

彼女は自分が王女になり、みんなの羨望の的となった光景を想像する。

 



 

アンシアが怖がっていると考えて、すぐに対応するブレイク。

彼はローズに対して、どんな感情を抱いているのでしょうか?

ジョアンナはブレイクに見向きもされていませんが、ローズの待遇を知られた場合、彼女は無事でいられるかどうか分かりませんね。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【91話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は91話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...