目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【89話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は89をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

89話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【88話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は88話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ジョアンナ・ディックス

「気をつけてください、殿下」

ブレイクは光の力を持っていたが、エドンは彼のそばに寄り添っていた。

「戻ってください。あなたは私の邪魔をしている」

ブレイクは率直に言ったが、エドンは諦めない。

「殿下、混沌の谷は、闇の扉が閉ざされて以来、常に不安定でした。ここにはたくさんの岩があり、地震も珍しくありません。地面が安定するまで歩き回らないほうがいいでしょう」

「・・・」

セルの呪いが解かれ、闇の扉が消えた後、混沌の谷で多くの変化が起こったようだ。

エドンの言葉は完全に論理的でしたが、ブレイクは何も言わない。

まるでエドンの言葉を静かに否定しているかのように、彼は黙っていた。

「殿下、今日はヴァリンで休憩しましょう」

ヴァリンは混沌の谷に最も近い場所。

「無駄にする時間はありません」

「怪我をしているはずでは?」

「すでに治っています」

「ですが、ミス・ローズは疲れているに違いありません」

ブレイクはそれを聞いて、私の方を振り返る。

「ローズが?」

「馬に乗るには多くの体力が必要です。慣れていない人にとっては特に厳しいでしょう。そうじゃないですか、ミス・ローズ?」

エドンは希望に満ちた目で私を見て、そう言うように促した。

反射的に、私はうなずく。

「私たちはヴァリン卿の領地に行きます」

その瞬間、ブレイクは目的地を変えた。

「殿下にご挨拶いたします」

領地に着くと、ヴァリン卿、ディックス子爵、騎士と使用人が私たちに挨拶をした。

この光景は原作と同じ。

これは単なるフィクションの世界ではないことが分かったので、小説で覚えた詳細な情報は非常に役に立つ。

おそらく、「獣と淑女」は、この世界を一度経験したことがある人、または少なくともこの世界に繋がった人によって書かれたものでしょう。

これは単なる小説ではなかったので、私は元の物語を無視することはできない。

「このような短い通知で私たちを歓迎してくれてありがとう」

ブレイクは自信を持って挨拶した。

過去にみんなから軽蔑されていた時代とを比べると感動してしまう。

「きゃあ!」

女性が突然叫んだ。

彼女の悲鳴に続いて、みんなの視線が私に移る。

ディックス子爵は状況を立て直そうとし、ぎこちない笑顔で女性を紹介した。

「これは私の娘、ジョアンナです」

「殿下にご挨拶いたします。申し訳ございません、彼女の傷を見て驚いただけです」

ジョアンナ・ディックスは小説の脇役。

彼女はとても美しかったが、彼女がディックス子爵の娘であったという事実について深い複雑さを持っていた。

ジョアンナは彼女の地位を高めるためにリチャードに近づき、そしてリチャードも彼女の野心に興味を持つ。

リチャードは自分に似た友達を見つけたと思ったのだ。

しかし、彼女が貪欲で、無能で、愚かであることに気がつくとすぐに、彼はすぐにその考えを捨てた。

結局、リチャードはジョアンナを単なる道具として使用し、もはや彼女を利用できないと判断した後、最終的に彼女を捨てた。

「私たちはあなたのために大きな歓迎会を開きます」

「私は疲れているので」

「殿下!」

ブレイクが子爵の申し出をきっぱりと拒否したとき、エドンは驚いて彼を無意識のうちに呼んだ。

「ははは、もちろんあなたは疲れているに違いありません。ジョアンナ、皇太子殿下を部屋に案内しなさい」

「はい、お父様」

ジョアンナは優雅に答える。

突然、ブレイクが私の手を握ったとき、私はどうしたらいいのかと考えた。

「行きましょう、ローズ」

 



 

天候は寒く、土地は不毛だった。

混沌の谷の近くだったので、モンスターでさえしばしば現れる。

ヴァリンは人口の少ない最貧の地所の1つだが、邸宅の内部はとてもカラフル。

「ローズ、どこかで怪我をしたの?」

いいえ、大丈夫です。

ブレイクは、まだ私たちが若い頃と同じくらい優しかった。

彼は騎士に対して荒かったので、最初はそう思っていなかったが、彼は特に女性に対して親切で思いやりがある。

ブレイク、あなたも疲れているので___。

「殿下、この邸宅を気に入っていただけましたか?」

ブレイクに疲れているかどうか尋ねようとした瞬間、ジョアンナが私とブレイクの間に割り込んできた。

ブレイクの目に苛立ちが現れる。

「私たちが話しているのが分かりませんか?」

「も、申し訳ございません・・・」

ジョアンナが立ち止まったとき、ブレイクは再び私を見つめた。

「で?ローズ、今何て言ったのですか?もう一度お願いします」

彼の声はとても甘く聞こえたので、ほんの少し前に彼がとても怒っていたとは言い難いでしょう。

「私が疲れているかって?」

私がうなずくと、ブレイクは美しく微笑んだ。

「ローズ、あなたが私のことを心配してくれて嬉しいです」

彼の視線に出会うと、私の顔は無意識のうちに赤く染まった。

ジョアンナは突然歩くのをやめて、「殿下、こちらの部屋です」と告げた。

彼女はホールの端にある部屋を指さす。

「分かりました」

「ミス・ローズ、あなたは私の乳母によって部屋に案内されます」

「ローズの部屋を私の部屋と同じ階に置いてほしい」

「・・・殿下、この場所は制限されています」

ジョアンナの言葉は正しかった。

ブレイクは皇太子だったので、邸宅の所有者から特別な許可を得ただけ。

正体不明の私には、ここにいる権利がないのだ。

ブレイクのシャツを引っ張っる。

私は自分の立場を知らない我が儘な女の子として思われたくなかった。

「・・・ローズ、大丈夫ですか?」

彼の問いに私はすぐにうなずく。

「ローズは私にとって大切な人物なので、丁重に扱ってください」

「はい、殿下。ミス・ローズ、こちらへ」

ジョアンナの乳母は丁寧に答えた。

ジョアンナの乳母と私が廊下を歩いたとき、私たちを見た使用人たちは凍りつく。

「あれは何でしょうか?」

「あれは皇太子が連れてきた女性です」

「本当に?」

「はい、私は先ほど彼女に会いました」

「なぜ殿下はあのような女性を連れてきたのでしょうか?」

ブレイクと一緒にいる間は、傷跡をまったく気にしていなかったが、他の人の反応を見て、私は現実に戻る。

「こっちに来なさい」

ブレイクが私たちの視界から外れるとすぐに、乳母は私への態度を変えた。

頭を下げて歩いていると、後ろから誰かの声が聞こえる。

「何なの!?彼が皇太子であったとしても、これは自己中心的すぎるわ!」

ジョアンナが怒りを露わにして叫んでいる。

使用人はこれに気づき、ゆっくりと姿を消すか、振り返って窓を拭き始めた。

「乳母、どこに行くの?」

「4階の部屋に行きます」

「あなたは彼女を部屋に案内するのですか?」

「はい・・・」

乳母はジョアンナを見てうなずいた。

「彼女を別館に連れて行ってください」

「別館に?」

「ええ」

「で、ですが・・・」

「何か不満でも?彼女が何らかの病気を患っている場合、あなたは責任を取りたいのですか?」

ジョアンナはうんざりしながら私を睨みつける。

乳母は急いで頭を下げた。

「も、申し訳ありません。すぐに別館に連れて行きます」

 



 

「ここです」

私たちが部屋に入るとすぐに、乳母は咳をした。

部屋は長い間使われていなかったので埃まみれだ。

「じゃあ、ごゆっくり」

彼女が出て行こうとしたとき、私は乳母の服を掴んだ。

「きゃああ!」

傷跡のない右手で服を掴んでも、病気を広めているように叫ばれる。

私は急いで手を離し、テーブルを拭くふりをした。

部屋が狭いかどうかは関係ない。

アモリア宮殿の私の部屋よりは小さかったが、日本での私の部屋よりもはるかに広かった。

けれど、部屋に埃が溜まっているので呼吸するのも大変なのだ。

モップを頼もうとジャスチャーすると、乳母は分かったと言った。

しかし、彼女が私の言葉を理解したかどうかは分からない。

突然ドアが開き、ジョアンナが私を睨みつける。

「あなたは誰?彼らはあなたが混沌の谷から迎えに来たと言ったのですか?」

彼女の表情は私に対する敵意に満ちていた。

元の話では、ジョアンナはリチャードのためにダイアナに嫉妬する。

ダイアナは気にしなかったが、ジョアンナは彼女を殺そうとしていた。

リチャードはそれを知っていたが、ジョアンナを止める代わりに、ダイアナに近づく機会と考える。

ちょうど千年前のように、目標を達成するために女性を使うというフィリップの性格が本当に私を苛立たせた。

「あなたは恐ろしい怪物よ。殿下の善行を他の何かと勘違いしないでください!あなたのような怪物を誰が受け入れると思いますか?」

いったいなぜ私はこのナンセンスに耳を傾けるべきなのでしょうか?

「何?何も言えないの?」

ジョアンナは話すことができない私を見て嘲笑する。

「乳母、この部屋に鏡を置いて、この怪物が愚かなことを夢見ないようにしてください」

彼女は私を侮辱して出て行った。

 



 

胸糞悪い展開です。

唯一の癒しはブレイクですね!

アンシアの置かれている状況をブレイクが知ったら、どんな反応をするのでしょうか?

 

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...