目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【88話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は88をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

88話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【87話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は87話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 7年間のギャップ

ブレイクはこの種の側面を持っていたのですか?

私が驚いて彼を見たとき、彼はすでに私の手を取り、私を馬の方へ連れて行き始めていた。

「ローズ、あなたの手は冷たいです」

ブレイクは火傷跡でいっぱいの私の手を握りしめ、そっと囁く。

彼は気にしないのでしょうか?

私は大丈夫です。

その言葉を口にした。

「大丈夫ですか?」

ブレイクの問いに、私はすぐにうなずく。

「ですが、後で馬に乗ると寒くなるでしょう」

ブレイクがコートを脱いで私に掛けるので、私は慌てて手を振った。

「私は大丈夫です。寒くなるので着てください」

自分の意思がうまく伝えられないので、私はボディーランゲージを使い、ブレイクを指さし、震えるふりをする。

「私があなたよりも寒く感じるのではないかって?」

彼は私が言っていることを理解したので、私は明るく微笑んでうなずいた。

当時、ブレイクはとても簡単に風邪をひいていた。

今は秋だったが、混沌とした谷の気温は非常に低く、風が強かったので、初冬のよう。

馬に乗ったらもっと寒くなるでしょう。

しかし、ブレイクの表情は変化した。

「私は長い間そのような心配をしていませんでした。子供の頃は風邪をひいたことが多かったのですが、知っている人はごく僅かです」

呪いが解かれたとき、彼の体は変化したのでしょうか?

「ローズ、あなたはどうやって知ったのですか?」

彼は真っ赤な目で私を鋭く見つめていたが、私は彼のしつこい視線を避ける。

「・・・寒さのせいですか?」

私はすぐにうなずいた。

「まあ、それは・・・、そうかもしれません」

彼はゆっくりと私を見て、上着を差し出す。

今回は断れなかった。

「ローズ、あなたは馬に乗れますか?」

私は以前に馬に乗ることを学んだが、うなずかなかった。

それは7年前のこと。

今、私は声を失い、書くこともできない状態。

そのため、あの時の知識が残っているという保証はなかったのだ。

「できなくても大丈夫です。後ろに座るだけで問題ありません」

私たちが近づくと、白い馬が近づいて頭を向けた。

馬が私の外見に驚くのではないかと心配したので、急いで傷跡を手で覆ったが、ブレイクはすぐに私を持ち上げて乗せてくれる。

幸いなことに、馬は穏やかだった。

「ジョシュは優しいので、恐れることは何もありません」

可愛い名前。

彼に名前をつけたのはブレイクでしょうか?

「ローズ、掴まってて」

私は彼の服を優しく握る。

それからブレイクは私の手を掴み、彼の腰周りで私の手を滑らせた。

「危険なので、しっかりと握っていてください」

私はうなずいて彼の腰をしっかりと握ると、ブレイクは微笑んだ。

「よく出来ました」

それはまるで彼が子供を賞賛しているかのよう。

ブレイクを褒めるのはいつも私の仕事でしたが、今では逆の立場に。

どういうわけか私は奇妙に感じた。

「それと、ローズ、彼らの言葉を忘れてください。彼らはとても醜いので、他の人の外見に夢中になっています」

外見、雰囲気、態度はすべて以前とは異なっている。

けれど、ブレイクはまだブレイクのままだった。

彼の温かい心は以前と同じで、少しも変わっていない。

 



 

混沌の谷はモンスターでいっぱいだった。

以前は本でしか見たことがなかったグリフィンの群れが頭の周りを回っている。

それは非常に恐ろしい光景のように見えたが、ブレイクと他の騎士は、まるで鳩のようにグリフィンを無視して、すぐに通り過ぎていく。

「道は荒れているので、しっかりと握ってください」

左手がひどく火傷していたので、力を入れることができない。

少し緩めた手をしっかりと握り締めてた。

しかし、集中することは難しい。

ブレイクのしっかりとした背中の筋肉と腹筋を感じることができたから。

彼の体はラクシュルと同じ。

ゼルカン帝国で最高の剣士として、彼は常に強い存在だった。

ブレイクはラクシュルの生まれ変わり。

しかし、二人は同じではない。

ラクシュルは強くて信頼できる人物だったが、ブレイクは美しくエレガント。

女性とは違う美しさ。

今ではテステオンのカリスマ性が混ざり合った美しい姿になっていた。

一見細身でしたが、その下に筋肉が隠れているのが感じられる。

彼の柔らかかったお腹がこんな感じになるなんて信じられません。

ブレイクは7年間どれだけの努力をしたのでしょうか?

彼がトレーニングをしている間、私が彼の隣にいたらどれだけ良かったでしょうか。

こんな風に7年も無駄にしたのが残念に思える。

突然の大きな轟音が私を考えから引き離した。

山から巨大な岩が落ちているのを見て驚愕する。

「殿下!」

後ろからついてきた騎士たちの叫び声が聞こえてきた。

それは遅すぎた。

岩から逃れる方法はありません。

ブレイクが馬から飛び降りて私の体に身を包んだとき、私の体は地面に倒れた。

そして同時に、岩は地面に落ちる。

もし彼が少し遅れていたら、私たちは押しつぶされて死んでいたでしょう。

「ローズ、大丈夫ですか?」

ブレイクはすぐに私の状態を調べてくれた。

ブレイクが私を庇い、彼の厚いコートが落下を和らげたので、私はまったく傷ついていない。

しかし、私の状態は問題ではありません。

ブレイクの腕から血が滴り落ちるのが見えた。

私が彼の腕を指差したとき、ブレイクは自分の傷をじっと見つめて微笑む。

「大したことありません」

一見、彼の腕は重傷を負っているように見えた。

このような場所で彼を適切に扱う方法はないでしょう。

それは全部私のせい。

ブレイクが私を放っておけば、傷を避けることができたでしょう。

彼が私にコートをくれなかったら、彼は怪我をしなかったでしょう。

光の力があれば、彼を治すことができるのに。

私はブレイクに対してひどく無力で申し訳ないと感じた。

「ローズ、泣かないで。私が間違いを犯したのに、なぜあなたは自分を責めているのですか?」

ブレイクは私の心を読んだかのように笑顔で私を慰める。

その間も、彼の腕からは血が流れ続けた。

「大丈夫です」

彼は負傷した腕を右手で軽く掴む。

その瞬間、彼の手から光が出て、彼の傷は消え始めた。

「ほら、大丈夫です」

ブレイクは私に彼の腕を見せてくれた。

まだ血が残っていたが、傷は治っている。

今何が起きたの?

彼は光の力を使ったのですか?

「ローズ、どうして泣いているのですか?」

彼はハンカチで私の涙を拭うので、私は首を横に振って彼の腕を指さした。

彼の血を拭き取ることが優先事項です。

「私は大丈夫です」

傷は治っているが、血は残ったまま。

それでも彼は大丈夫だと言い続ける。

彼は以前と同じで、いつも元気なふりをしていた。

私は彼の手からハンカチを取り出し、それで彼の腕の血を拭き取る。

「皇太子の品物を奪うのは失礼ですね」

ブレイクは悪戯な笑顔を浮かべながら、私にそう指摘した。

「殿下!」

エドンとジェイデンは岩を飛び越えて私たちに向かってくる。

「大騒ぎしないでください。大したことはありません」

「何を言っているのですか!?あなたは出血しています!」

心配して無力に見えたエドンとは異なり、ジェイデンはブレイクの状態を確認せずに急いで皇太子の白い馬を連れ戻した。

「ジェイデン!殿下が怪我をしているのに、なぜ最初に馬の世話をするのですか!?」

「殿下は自分で治療ができますので」

ジェイデンが軽くそう言うのを見たとき、エドンは激怒する。

「皇太子のために私たちの命を犠牲にすることは私たちの義務です!」

「私は自分の人生を諦めていますが、今はその状況ではありませんよね?」

「ああ、最近の若者は!」

「エドン、そこまでだ」

ブレイクが軽く指摘すると、エドンは渋々黙った。

「ジェイデン、ジョシュはどう?」

「彼は少し動揺していますが、元気です」

「それは素晴らしいことです。ジョシュがもう少し遠くに行っていたら、彼を見つけるのは難しかったでしょう」

ブレイクは馬の状態をチェックし、私をもう一度見た。

私は大丈夫です。

その言葉を口にした。

「安心しました」

私の口パクを聞いて、彼は明るく笑う。

ブレイクの視線はとても優しくて素晴らしかったので、私はまた泣きたいと感じてしまった。

 



 

騎士たちが道を塞いでいた岩を一掃した後、私たちは再び出発した。

皇太子が一人でリードしているのに、なぜ騎士たちが皇太子を思いとどまらせなかったのか、そしてモンスターが私たちを通り過ぎたときに彼らが警戒していなかったのかを理解する。

ブレイクは光の力を持っていたのだ。

モンスターたちはあえて私たちに近づこうとはせず、そして彼が怪我をしたとしても、彼は自分自身を癒すことができた。

フィリップは彼の力をすべて使って呪いの言葉を変えていた。

皮肉なことに、それが呪いの後継者が光の力を持っていた理由なのだが、ブレイクはそれを直接使用することはできなかった。

しかし呪いが解かれた今、彼は光の力を十分に発揮することができる。

1つの疑問。

なぜセルはブレイクの力を奪わなかったのでしょうか?

彼女はフィリップの子孫をとても嫌っていたはず。

その上、彼女は最初にブレイクを殺すと言って、それをするために私に剣さえ与えた。

「下り坂に入ります。ローズ、しっかり掴まっていてください」

ブレイクの言葉で、私はすぐに彼の腰を掴む。

 



 

ブレイクはローズの正体がアンシアだと勘付いているのでは?

むしろ気づいてほしい!

幼少期の可愛かったお腹と今の鍛え上げられた腹筋。

このギャップにアンシアもドキドキしているようですね。

そしてセルがブレイクから光の力を奪わなかった理由が気になります。

彼女も本調子ではないのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【89話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は89話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...