目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【87話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は87をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

87話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【86話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は86話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 新たな名前

(本当に?)

私は再び頷く。

体調不良のせいかもしれないが、顔が熱くなるのが感じられた。

私はブレイクとの会話をすぐに終わらせたかった。

彼の前で咳をすると問題になるでしょう。

私が病気だと気づかないことを願っている。

「では、あなたに「ローズ」という名前を付けます」

ローズ・・・。

ブレイクがくれた赤いバラを突然思い出した。

なぜ彼は私をローズと名付けたのですか?

彼は私を認識したのですか?

けれど、ローズは一般的に使用される名前。

その上、ブレイクはバラがとても好きだったので、それはおそらくあまり意味がないでしょう。

「気に入ってくれましたか?」

ブレイクの問いに、私はうなずく。

「ローズ、私は皇居に戻ります。そして、あなたにも一緒に来てほしい」

思いがけない発言にびっくりする。

彼は自分の名前さえ知らない女性を宮殿に連れて行くつもりなのですか?

「私と一緒に行きたいですか?」

ブレイクはそっと微笑む。

その笑顔は幼い頃と同じ。

彼にそう尋ねられたら、私には断る方法は思い浮かばない。

しかし、私はうなずくことが出来なかった。

私の命は長くない。

セルは私の寿命がせいぜい100日ほどだと話していた。

ブレイクを悲しませたくなかったので、彼を避けて静かに人生を終えることを決意したのに・・・。

ちょうどその時、エドンがテントに入ってきた。

「殿下、あなたはここにいたのですね」

「どうした?」

「大祭司が来ています」

「何のために?」

ブレイクの表情はとても無関心だったので、彼がほんの少し前にとても美しく微笑んだのと同じ人であるかどうか私は疑う。

しかし、エドンはいつもこうだったかのように反応を示さなかった。

「彼はあなたに会うためにここにいます。彼をそのように扱うことはできません」

「彼は本当に人々を悩ますためのコツを持っていますね」

「殿下、相手は大祭司です。発言には注意してください」

「ローズ、少し待っていてください」

彼は適当にエドンに返事をし、私に微笑んだ。

「殿下、彼女を皇居に連れて行くことを考えていますか?」

「ええ」

「失礼ですが、彼女を皇居に連れて帰るのは良い考えではありません・・・」

「彼女は記憶を失い、何も思い出せません」

「では、なぜ彼女を教会に預けなかったのですか?」

思わずブレイクの手を握ってしまう。

エドンが心配するのは当然でしょう。

私はブレイクがたまたま混沌の谷で見つけた女性。

そして、彼は私の正体について何も知らなかったにもかかわらず、私を宮殿に連れて行こうとしているのだ。

エドンの悩みは理解できたが、ブレイクから離れると思った時は怖かった。

今別れたら二度と会えない。

彼のために静かに死ぬ決心をしたのに、同時に怖かった。

ブレイクはほっとしたように私の手をしっかりと握った。

「私はローズと一緒に皇居に戻ります。二度も言わせないでください」

「・・・私はあなたの命令に従います」

ブレイクはとても頑固だったので、エドンは従うしかなかった。

 



 

ブレイクとエドンが去った後、私もテントから出る。

朝日はとても暖かくて気持ちがいい。

7年ぶりの外だったので、明るい日差しと澄んだ空気の瞬間を大切にした。

深呼吸をしていると、男たちが話しているのが聞こえた。

「やっと出発できます。今年もここで新年を迎えなければならないと思いました」

2人の若い騎士がお喋りをしている。

「エドンは一晩中殿下を説得するのに費やしたと確信しています。皇太子が祝賀会に欠席した場合、外国の使節はどう思いますか?」

エドンは騎士団長のようだ。

庶民に属する彼が騎士団長になることは前例のない昇進だ。

「はあ・・・。私は皇居の騎士なのか、混沌の谷の警備兵なのか分かりません。もし私がこれを知っていたら、私は第5師団を選ばなかっただろう」

第5師団は皇太子直下の騎士。

ブレイクが呪いの後継者になったとき、それは解散したはず。

しかし今、それらは再び結成されていた。

「そして、私たちはすでに何年も死んでいる人を探しています」

「彼女はまだ生きている可能性があります」

赤髪の若い男が静かに口を開く。

「それは理に叶っていますか?暗闇の扉に落ちた後、誰かが生きることができるでしょうか?」

「マシューの言葉は正しいです。その上、何十ものマクルが彼女を引きずり込みました。たとえ彼女が生き残ったとしても、彼女はマクルに襲われたでしょう」

彼らは皆、私が死んだと思っているようだ。

1日か2日ではなく、7年間も闇の扉の中にいた私。

彼らがそのように考えるのは当然のことでしょう。

「ですが、誰も彼女の体を見たことがありません」

しかし、赤毛の騎士は落ち着いて答え、テントの掃除を終えた。

マシューとポールは彼を残念そうに見る。

「ジェイデン、正直に言ってほしい。第5師団に加わったことを後悔しませんか?」

ジェイデン・・・?

「あなたが庶民であっても、あなたはアカデミーの主席卒業生なので、好きな場所に応募することができるはずだ」

赤毛の男はダイアナの同級生のジェイデンだった。

ジェイデンがアカデミーの主席卒業生だった場合、ダイアナはどうなったのでしょうか?

彼女はきっと主席卒業生になるだろうと言った・・・。

彼女が主席ではなかったとしても、彼女は騎士のはずよね?

私はダイアナが卒業するまで彼女と一緒にいることを約束したが、私はその約束を守ることができなかった。

「ここには私が直接応募しました」

「あなたは一生懸命働くタイプですよね?」

「そうだと思います」

 



 

テントの撤去と荷造りの雑用はもともと使用人の仕事だが、混沌の谷は部外者に厳しく制限されていたため、帝国騎士はすべて自分でやるしかないのだ。

ジェイデンは自分が整理した荷物を馬に乗せる。

ポールはその光景を見て振り返り、私の視線と合う。

私は挨拶をしようとしたが、彼は叫び出した。

「うわあ!」

「なんだ!?」

マシューも私を見て唖然とする。

若い騎士の顔は嫌悪感に満ちていた。

このような状況に既視感を感じる。

前世で中学に入学した時、ふくらはぎに傷跡が見られた時、今の騎士の表情に似ていた。

唯一の違いは、彼らの視線にははるかに多くの軽蔑と憎しみがあったということ。

「なぜ彼女はここにいるのですか?誰かが教会から来たと聞きました。彼らは彼女を教会に任せるだろうと思ったのに」

マシューは私を指さす。

「私たちは彼女を連れて行くつもりですか?」

「あの怪物を?」

この露骨な軽蔑に晒された時、私はすぐに後退りする。

全てがとても混沌としていて、私は傷跡についてさえ考える余裕もなく、そして何よりも、ブレイクが傷跡をまったく気にしなかったので、私はそれを特に意識していなかった。

エドンは私の不確かな正体だけを心配しており、彼は私の傷跡を見て気が進まない兆候を見せてない。

でも、自分が怪物と呼ばれるのを聞いて、現実に直面しているような気がした。

(怪物・・・)

ブレイクと一緒だったときは問題なかった。

けれど、他人が私を怪物と呼んでいるのを聞いた瞬間、本当に怪物になってしまったような気がする。

「どのように?馬車すらありません」

「誰が彼女を連れていくのですか?」

「ああ、殿下は私たちにそうするように頼むだろうと確信しています」

「荷物が多いのでできません」

「他に誰もいないの?」

雰囲気はすぐに沈んだ。

論理的には、彼らの発言が間違っていることは知っていたが、それでも私は自分が罪人であるように感じる。

逃げたかったのに、足が地面に根付いているような感覚に。

突然、ジェイデンは「私が連れて行きます」と言った。

彼は無関心に話し、私に近づく。

彼は私と一緒に馬に乗ることを考えているのですか?

頭を下げようとした瞬間、背後からブレイクの声が聞こえてきた。

「その必要はない」

「殿下」

ジェイデンは敬意を表して頭を下げ、他の騎士たちは急いでそれに続いた。

「ローズは私と一緒に行きます」

ブレイクは、ひどい火傷跡のある私の左手を握りしめる。

これを見て、ポール、マシュー、ジェイデンは皆驚いた。

「そして、ポールとマシュー、私は第5師団であなた方の立場を剥奪します」

「剥奪?」

「どうして私たちが?」

「理由を知っていますよね?」

ブレイクは当惑したポールとマシューを冷たく見た。

 



 

ブレイクはアンシアの正体に気づいている?

それとも過去の自分と似た状況のアンシアを気にかけているだけ?

ダイアナの現在も気になります。

この展開が非常に辛いので、誰か一人でもアンシアの正体に気づいてほしいです・・・。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【88話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は88話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...