目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【86話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は86をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

86話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【85話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は85話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 選択の瞬間

[おお!]

まるで私の考えを読んだかのように、女の子は驚いて一瞬立ち止まる。

彼女の声が頭の中で響く。

[ああ、あなたは分からないと思ったわ!]

(あなたは本当にマクルですか?)

[はい、私がこんなに可愛いのをどうやって知りましたか?]

その少女はふくれっ面をした。

豆の芽がこんなに可愛い女の子になったなんて信じられません。

[予想通り、あなたはとても鋭いですね、ラオンテル]

(私は今アンシアです)

[女神の友達はラオンテルです!アンシアは女神の友達にはなりませんでした。だから、あなたはラオンテルです]

(セルファニアがあなたを送ったのですか?)

[はい、私は彼女の光の一部です。私の名前はシェルです!]

マクルは単なる悪魔ではなく、セルの力の一部だったのだ。

【女神の封印が解けた時、元の姿に戻ったのです!ありがとうございました!]

シェルは大きく笑い、再び翼をはためかせた。

彼女がそのように笑うのを見て、私はセルも無事だと確信する。

陽気に踊っていたシェルは、突然身をかがめて地面に倒れた。

彼女の表情は再び悲惨に。

[今日、私はセルファニアのメッセージを届けるためにここにいます]

シェルが動き回ると、彼女の動きに沿って線が続き、煌めく光の空間が生まれた。

セルの声は彼女が作った空間から響き渡る。

[アンシア、見捨てられた気分はどうですか?あなたは彼にとても熱心でしたが、皇太子はあなたを認識さえしませんでした]

(予想通り、あなたの仕業だったのね)

彼女の祝福のおかげで世界のすべての言語を知ることができたが、その能力は突然消えた。

それができるのは女神だけ。

[アンシア、あなたは皇太子に失望しているに違いない。あなたの顔が変わったとき、彼はあなたを認識しませんでした。あなたが信じていた愛はこんなに浅かったのです!]

(どうしてこんなことを?)

[ラオンテル、あなたは私に何を怒っているの?私はあなたのためにこれをしました。あなたが醜く、無言で、文盲であったとしても、皇太子はあなたを愛し続けると思いますか?あなたが光の力を失い、彼にとって何の価値もない今、彼が以前のようにあなたを好きになる理由はありません]

(・・・)

[あなたが本物のアンシアだと分かっても、彼はあなたを捨てるでしょう。彼はあなたを忘れて、別の美しい女性に会います。結局、彼はあなたを忘れてしまうでしょう!]

セルの笑いは私の背骨を冷やした。

反論したかったのに、何も言えない。

ブレイクは私がアンシアであることを知って幸せになるのでしょうか?

彼がもう私を好きじゃなかったとしたら?

恐れと不安を感じ、心に不吉な気持ちが芽生える。

 



 

[ラオンテル、友達として最後のチャンスを差し上げます]

(チャンス?)

[ええ、すべてを取り戻すチャンスです]

光の空間の向こうから、白い剣が現れた。

それは通常、悪魔の剣と呼ばれるダマスカス鋼に似ている。

[この剣でブレイクを刺しなさい]

(え?)

私は驚いて剣を落とした。

[皇太子の血で剣を濡らせば、あなたのものをお返しします。あなたの美しい体、あなたの声、あなたの言語能力、光の力、あなたはすべてを取り戻すことができます!]

(・・・)

地面に落ちた剣を拾う。

[さあ、殺しなさい!彼を殺せ!皇太子を排除し、私の元に戻ってきてください、ラオンテル]

セルの絶叫を聞いて、私は白い剣を空間に戻した。

その瞬間、彼女の笑いは止まる。

[は?]

(私はそれを必要としません)

[あなたはその体で永遠に生きるつもりですか?]

(はい)

ブレイクを殺してまで自分の体を取り戻すつもりはない。

[ははは、とにかくあなたの体はそれほど長くは続かないでしょう]

(え・・・?)

[あなたの体は絶対に100日以上続くことはありません]

100日・・・。

セルの言葉の意味を理解する前に、咳が出て私を襲った。

手を口に当てて抑えようとしたが、咳は止まらない。

喉が焦げて肺が裂けているように感じ、まっすぐに立ち上がれず、床に倒れた。

自分の手を見て、手のひらに血の斑点を見つける。

セルは嘘をついていなかった。

[ラオンテル、もう一度チャンスをあげましょう。皇太子を殺せ!]

剣が私の手に戻ってくる。

白い剣は私の血で赤く染まった。

赤い血を見て、突然ペカンの言葉を思い出す。

『あなたはとても親切なので、多くの人を救うでしょう。しかし、あなたは自分自身を救うことはできません』

『選択の瞬間はすぐに来るでしょう。あなたが白い光の中で燃えているのが見えます』

これは、ペカンが私に警告した瞬間。

[王子を倒せば元の状態に戻ります!今すぐその剣で皇太子を刺しなさい!]

私はセルの言葉を無視して剣を元に戻す。

(私はそれを必要としないと言ったはずです)

[皇太子の代わりに死ぬと言っているのですか?バカじゃないの?あなたはそんなに愚かでしたか?皇太子はあなたを認識していません!彼はあなたが誰であるかを知っていたとしても、あなたを捨てるでしょう!それにもかかわらず、あなたは彼のためにあなたの人生を諦めるつもりですか?]

セルが言ったように、私は愚かな選択をしたかもしれません。

例えそれが本当だったとしても、私はそれを後悔しない。

ブレイクを救う機会があるのなら。

(ええ。だから立ち去りなさい)

[後悔するわ!]

すぐにセルの声は彼女が作った空間とともに消えた。

[え?ハァッ・・・、ま、待って!]

シェルも空間に入り、それは完全に消えていく。

選択の瞬間は終わった。

時間を戻すことはできないけれど、後悔はしていない。

終わった途端、眠気の波が私を襲う。

少し動かすだけで体が痛い。

すぐに、私は眠りに落ちた。

 



 

翌日、私は早く目覚める。

幸い、痛みは感じなかった。

すると、テントの外から音が。

何が起こっていたのですか?

私が起きている間に、ブレイクは私の部屋に入った。

「もう起きてる?」

以前に私が突然泣いたので、彼は優しい口調だ。

「外の騒音で目が覚めましたか?」

首を横に振る。

「私たちは宮殿に戻るつもりです。少し騒がしいので、ちょっと待ってください」

エドンがブレイクの説得に成功したのでしょう。

「文字を思い出しましたか?」

もう一度首を横に振る。

昨夜セルの申し出を拒否したので、二度と話したり書いたりすることはできない。

「あなたはどこに住んでいるのですか?」

「・・・」

「覚えていない?」

この世界で、私の唯一の家はブレイクと私が滞在していた皇居だ。

「あなたの家族は?」

「・・・」

「あなたの名前は?」

私は黙っていた。

話すことも書くこともできないが、それだけではなかった。

セルは、私がアンシアだと知れば、ブレイクは私を捨てると言った。

けれど、ブレイクは3ヶ月以上混沌の谷に留まっている。

ブレイクがまだ私を探していたとエドンが言ったことを思い出す。

闇の扉に姿を消してから7年が経過した。

その間、ブレイクはとても苦しんでいたに違いありません。

しかし、私はもうすぐ死ぬ。

今年の終わりまでに生きてさえいないかもしれません。

ブレイクの人生から私は完全に去ったほうが良いのだ。

「あなたは何も知りません。記憶を失ったのですか?」

私はうなずいた。

嘘をつく以外は何も覚えていないふりをしたほうがいい。

その瞬間、ブレイクが私に近づく。

「嘘だ。あなたは昨日私を覚えていました」

彼は私のことをすべて知っているかのように私を見つめる。

「本当に忘れたのですか?それとも、単に私に言いたくないだけ?」

見た目が大きく変わったので、馴染みがなく、なぜか顔が赤くなり、真っ直ぐ見ることができない。

私が彼の視線を避けているのを見て、彼はただ笑った。

「それなら私はあなたに名前を付けなければなりませんね」

 



 

辛い展開です・・・。

全ての元凶はフィリップとセルファニアですよね。

アンシアは彼女を助けたはずなのに、こんな仕打ちを受けるなんて。

どうにかしてブレイクがアンシアと気づくことはできないのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【87話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は87話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...