目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【84話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は84話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

84話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【83話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は83話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 決裂

セルファニアは以前に比べてかなり落ち着いたように見える。

「そう言ってくれてありがとう、セル」

「すべてフィリップのせいです」

セルはいつも小さな女の子のように見えた。

今でも見た目は変わっていないが、瞳の無垢さはどこにも見当たらない。

「私は彼を殺すつもりです」

代わりに、彼女の目に怒りが浮かんでいた。

「セル、フィリップはもう死んでいるわ!もう千年が経ちました・・・!」

「知っています」

セルは冷たく吐き出した。

「彼は彼の子孫の体の1つに生まれ変わっています」

「じゃあ、フィリップが生まれ変わっていることを知っていたのですか・・・?」

「ええ、彼の存在を感じることができます。彼はこの辺りに住んでいます。それとも、小さな島でしたか?彼は海の向こうの小さな島に住んでいます」

近くの小さな島?

皇帝は人々が混沌の谷に入るのを厳しく禁止し、許可を受けた人々だけが入ることができる。

したがって、リチャードが近くにいる方法はないはず。

「私は彼に行かないように言いましたが、彼は私を捨てました!私は彼の子孫と一緒に彼を殺すつもりです!彼が設立した国でさえ。彼が所有するものはすべて破壊します!」

セルはそう叫んだ。

「や、やめて!」

しかし、彼女は私の言葉を無視し、私の手を握りしめながら素朴に微笑む。

「彼ら全員を殺しましょう。そうすれば、私たちは幸せに一緒に暮らすことができます。フィリップと彼の子孫がいなくなったら、私たちは一緒に平和な生活を送ることができます。あなたもそれを望んでいますよね、ラオンテル?」

セルは、アステリック皇帝とフィリップの血縁を排除したいと考えている。

「そんなことをしないでください。復讐の名の下に罪のない人々を殺すべきではありません・・・」

セルの表情は悲惨になり、彼女は叫んだ。

「なぜ彼らが無実の人々なのですか!?彼らは私を封印しました!彼らは私を千年の間封印しました!もし私が自分で扉を開けることができたら、彼らは再び扉を封印するでしょう!ラオンテル、あなた以外の誰も私に親切ではありません!彼らは皆私を裏切った。みんな殺します!みんな!」

ここに行く途中で全身が痛くなった。

死にたいと何度も思ったが、私と比較して、セルはさらにひどい経験をしている。

彼女は千年の間この地獄に閉じ込められていたのだから。

彼女は小さな球体に閉じ込められ、燃える火が四方を覆っていたので、彼女は動くことさえできなかった。

セルが感じた痛みを想像することすらできないが、私はその計画に決して同意できない。

「あなたが恐ろしいことを経験し、想像を絶するほどの苦痛を感じていたことを私は知っています。ですが、セル、人々もフィリップの言葉に騙されてきました」

「ラオンテル、なぜあなたは彼らを擁護しているのですか?私のことを気にかけているのはあなただけです!あなたは私の友達なのですから、私を助けてください!」

「あなたが彼らを殺すなら、あなたはきっと後悔すると思います」

セルがフィリップに力を与えたため、多くの人が亡くなった。

あの時でさえ、彼女は死ぬ準備ができていて、フィリップの行いを自分のせいとして考えていた。

しかし、千年の苦痛に苦しんだ後、彼女は推論を失っていた。

だけど、彼女が言ったことを実行すれば、一生後悔することは間違いないでしょう。

その上、私には守る必要のある多くの人々がいる。

ブレイク、テステオン、ダイアナ、メリッサ、ハンス、エドン、テリー、コリン・・・。

アステリック帝国にはとても多くの善良な人々がいる。

何もせずに彼らが死ぬのを見ることはできない。

「この帝国には多くの善良な人々がいます」

 



 

セルは私をじっと見つめ、憎しみに満ちた瞳を浮かべる。

「ああ、忘れていました。あなたはフィリップの側にいますね?」

「どういう意味ですか?」

「あなたはフィリップが好きな人です!私を裏切るために彼と共謀したに違いない!」

「違う!」

「あなたは私たちが友達だと言った!あなたは私を友達と呼んでいます!あなたは私に嘘をついたに違いない!!」

「私はあなたを裏切ったことはありません!私たちはまだ友達です。私もフィリップのせいで亡くなったので、どうすれば彼の味方になれますか?」

「皇太子のせいですか?」

セルがブレイクについて言及するとすぐに私の心は沈んだ。

「ブレイクを知っていたのですか?」

「もちろん、私は知っていました。私がここで毎日痛みに苦しんでいる間、あなたと彼が幸せであるのを見ていました」

「幸せ?すべてを見ていたのに、どうしてそれを言うことができますか?」

セルが想像を絶する痛みに苦しんでいたことを知っているので、私は彼女の言葉すべてを理解しようとした。

けれど、ブレイクと私も苦しんでいたので、彼女がそう言ったとき、私は我慢できなくなる。

「あなたはブレイクがどれほど苦しんでいたか知っているはずです!人々は彼を軽蔑し、苦しめました。彼はいつでも死ぬ可能性があるので、私も本当に怖かったです!」

「私は彼よりも苦しんでいました!たとえそれが苦痛であったとしても、あなた方二人は死ぬことができた!けれど、私はできません!これはすべてあなたのせいです!なぜ私があなたに与えた祝福を返したのですか?もし私が人間として残っていたら、私はすでに死んでいたでしょう!そして、なぜあなたはもっと早く来なかったのですか?待っていたのに!何度も声をかけたのに!」

彼女の叫びに続いて、マナの強力な急増が私を襲う。

私の体は投げ捨てられ、衝撃から崩れ落ちてしまった。

とても痛かったので、悲鳴を上げることすらできない。

「原因は皇太子ですね。考えてみると、彼が現れて以来、すべてが混乱に変わったわ。最初に皇太子を殺しましょう。そうすれば、あなたは私の側にいてくれるでしょ?」

「やめて!」

叫びながらセルの足を掴む。

「ブレイクに触れないで!」

「あなたは私を見捨てるのですか?」

「私はあなたを捨てていません!」

「あなたも!フィリップのように、あなたも私を捨てようとしています!私は彼ら全員を殺すつもりです!」

彼女は本当にブレイクを殺してしまうかもしれない。

「やめて、セル!やめてください!私は、彼を愛しています!彼は私が愛している人です!お願いします、セル!」

私はすでにラクシュルを失っている。

このままブレイクを失うことはできない。

 



 

しかし、私が必死になればなるほど、私に対するセルの視線は冷たくなる。

「愛?あなたは本当にそれを信じているのですか?なぜあなたはそのがらくたに夢中になっているのですか?そんなくだらない感情で私を裏切るのですか?」

「私はあなたを裏切っていません!」

「愛の為に!?彼がそんなに貴重な人なら、代わりにあなたの人生をください」

「私はあなたにそれをあげます」

躊躇うことなく告げる。

千年前、私は何もできずラクシュルを失った。

彼を再び失うよりはむしろ死にたい。

「嘘ね」

「嘘ではないわ。今すぐ私を殺せばいい。けれど、私の人生と引き換えに、彼に触れないでください」

セルの目を見つめると、彼女の青い目はわずかに震えた。

しかし、私がリラックスする前に、突然、彼女は激しく叫んだ。

「それなら死ね!私のために死んで!私はあなたを信頼し、長い間待っていました!」

セルの力が私を襲う。

彼女がくれた光の力を使えば、攻撃を阻止できたのかもしれない。

しかし、私は静かに目を閉じて攻撃を受け入れた。

今回はブレイクを守るチャンスがあるのだから。

光の巨大な力が私を丸ごと飲み込んだ。

「ラ、ラオンテル・・・!?」

白い光が私を四方八方から飲み込み、セルが私の名前を呼ぶ。

私が完全に静かな暗闇に突入するまで、そう長くはかからないでしょう。

動けずに、体が溶けそうな感覚に。

私は本当に死ぬのでしょうか?

少なくともブレイクは大丈夫でしょう。

突然、手首に何か暖かいものを感じる。

それはベカンがくれたブレスレット。

暖かい光がブレスレットから放出し、私の体を包み込んでいく。

2つの力が戦っている間、私はブレスレットが割れて粉々に砕けるのを感じた。

すぐに、私は意識を失ってしまう。

 



 

千年の地獄でセルも正気を失っています。

今の彼女には何を言っても効果はないでしょう。

セルの力に襲われたアンシア。

ベカンのブレスレットは彼女を守ってくれたのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【85話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は85話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...