目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【83話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は83話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

83話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【82話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は82話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 女神の救出

フィリップは、呪われた子孫の体に光の力を引き出すために光の指輪を作った。

それは家宝として次の皇帝に引き継がれた。

皇帝は闇の扉を封印するためにそれを使用する。

彼らが光の指輪を使うほど、呪われた者は苦しむでしょう。

フィリップは最後まで邪悪な男であり、彼は他人の人生を重要だとは決して考えていなかった。

フィリップは亡くなり、彼の息子が皇帝に。

新たな皇帝は、彼が真実を伝えたいかどうかを考えていたに違いありません。

しかし、彼が真実を明らかにしたとき、皇室の尊厳が地面に落ちることは明らかだった。

アステリック帝国は、女神の力によって作られた国。

そして、それはまだ不安定な国だった。

2番目の皇帝は、結局何も明らかにせず、すべての責任は呪いの後継者へと。

2番目の皇帝は、彼の家族の何人かに真実を語っただけ。

フィリップが女神を裏切ったので、呪いが発生したと。

これは、呪いの後継者が知っている真実。

何年もの間、ブレイクと他の多くの人々はフィリップの貪欲によって犠牲にされてきた。

途中で、ラオンテルの思い出が浮かんでくる。

私はラオンテルだった。

だから小説に出てこないシーンを見続けたのだ。

それはすべて私の思い出だから。

ブレイクと結婚した日、私は湖に落ち、石板の攻撃で亡くなり、その後、別の世界に生まれ変わった。

すべてを忘れて、日本で普通に生活していた。

それからどういうわけか、物語はそこで本になり、私はこの世界で生まれ変わる。

では、どのようにして物語は小説になったのでしょうか?

私のように2つの世界に関係している誰かによって書かれたのでしょうか?

私は2回亡くなり、奇跡的に別のチャンスを得た。

それはセルを救うこと。

神様は呪いを解くために私を送ってくれたのだと思います。

今回は失敗できない。

闇は続き、暑さは消えなかった。

力を振り絞り、苦労しながら歩き続ける。

呼吸が困難で、痛みがゆっくりと私の感覚全体を覆っていた。

私が考えることができたのはブレイクとセルのことだけ。

暗闇の中で唯一の道を歩いていると、遠くから真っ赤な光が点滅している。

私はついに彼女を見つけた。

セルを。

 



 

「ああ!」

私はセルに向かって走り始めた。

最後の力を振り絞り、前に進む。

泥のせいで足が重いけれど、何も気にせず走り続けた。

暗闇はすぐに消え、赤い光が徐々に強く輝いていく。

私が今いた場所は真っ赤だった。

テンラーン宮殿の火のように、炎が場所全体を覆っている。

「熱い!私を救ってください!ラオンテル、私を救ってください!怖いです・・・」

「私はこにいます、セル!」

焼けるように熱い炎の中に入った。

とても痛かったので、悲鳴を上げることすらできない。

けれど、これは本当の火ではなかった。

火の熱の中で、歪んだ光の力がその周りを揺らしている。

それはフィリップの力に違いない。

彼はこの耐え難いほどの暑さの中でセルを閉じ込めていたのだ。

私は歯を食いしばって歩き続けた。

黒い液体で半分覆われた透明な球が見えるまで、私は歩き続ける。

中にはセルが立ち往生していた。

「ああ!」

セルは球をノックして泣いていた。

彼女のドレスには火の痕跡があり、それはいくつかの場所で引き裂かれている。

千年も会っていなかったセルを見たとき、私は言葉を失ってしまう。

黒い斑点があった場所にたくさんの火傷が。

彼女はおそらくテンラーン宮殿の大火の間に重度の火傷を負ったのだ。

彼女は治療なしで封印され、千年が経過した。

そして火傷による傷はひどい傷跡のまま。

「セル!」

「ラオンテル?」

私が彼女に近づくと、セルは私を認識した。

「ええ、私です。セル、もう少し待ってください。すぐにあなたをそこから連れ出します」

フィリップが作った封印は強力だ。

けれど、私はこのまま諦めることはできない。

球の中には小さなひびが見えた。

球の割れ目から千年の間セルの闘争を見ることができ、私の心は壊れていく。

何年もの間、彼女にとってどれほど大変だったか想像も難しい。

しかし、今は悲しんでいる時ではなかった。

セルは常にフィリップの封印を破ろうとしていた。

しかし、彼女がそうするたびに、闇の扉も開かれる。

アステリックの皇帝はフィリップが作った指輪を使って扉を封印した。

同時に、ドアが再び閉まり、セルの努力は失敗に終わる。

彼女が封印される前に、セルは私に彼女の力の一部を与えた。

私の力と彼女の力を組み合わせれば、封印を解除することができるはず。

自分の力の使い方についてのラオンテルの記憶を思い出す。

力を集めた後、私はかろうじて封印に手を取った。

その瞬間、球を取り巻く力が私の手を取り、私の手に流れ込んでいく。

封印が解かれるのを防ぐためにフィリップが掛けた魔法だ。

過去にフィリップに襲われた時のことを思い出す。

彼の力でまた死ぬのでしょうか?

セルとブレイクを本当に救うことができるのでしょうか?

それは私自身の死よりも大きな恐怖。

痛みのために悲鳴を上げることすらできない。

それから突然、フィリップの力が私の体から消え始めた。

驚いて目を広げる。

セルの手が透明な球の上に出てきて、私の手を握っていたのだ。

やがて、私の中で眠っていた光の力が彼女の助けを借りて目覚め始める。

私は再び集中した。

ラオンテル・ベラシアンとしての時代に戻ったような気がする。

私たち二人が同時に働いたとき、フィリップの力は徐々にその力を失い、姿を消した。

球にもひびが入り始め、どんどん大きくなっていく。

ついに、それはバラバラになった。

その瞬間、私たちの周囲は再び暗くなり炎も消えていく。

でも以前とは違い、絶望に食われているような気がしない。

平和で静かな夜のように感じた。

 



 

「ラオンテル!」

「セル!」

私はついに封印を解き、セルを抱きしめた。

「なんでそんなに遅いの!手遅れです!あなたは私を救うと言った!あなたは私の唯一の友達なのに!」

彼女は子供のように泣いている。

「ごめんなさい、ごめんなさい・・・」

彼女をしっかりと抱きしめ、私は彼女の火傷の傷跡を感じた。

セルの左体を覆っている火傷跡を見たとき、涙が湧き上がってくる。

「私はあなたが嫌いです、私はあなたが嫌いです!何度も話しかけました!私にはあなただけです・・・」

「ごめんなさい、遅くなってごめんなさい」

「ラオン!あなたが大嫌い!私は毎回あなたに叫んでいた!私はあなたが嫌いです、私はあなたが嫌いです!」

「ごめんなさい、セル。これはすべて私のせいです・・・」

私はセルに謝罪し続けた。

セルは私を嫌っていると言ったが、彼女は細い腕で私を強く抱きしめている。

私は以前の人生を覚えていない。

アンシアとして生まれ変わる前、私はまったく別の世界に生まれ変わった。

そして、この世界に戻ったとき、この世界はただの小説の世界だと思い込んでいた。

彼女を忘れるのは避けられないかもしれないが、それでも私は彼女を気の毒に思ってしまう。

セルはフィリップに裏切られ、彼女の希望は私だけだったのだから。

「ごめんなさい」

私は彼女の背中を撫でながら、彼女が悲しそうに泣いている間、彼女を抱きしめた。

セルの叫び声は徐々に止まり、彼女は首を横に振る。

「・・・いいえ、それはラオンテルのせいではありません」

 



 

ついにセルの封印を解除することに成功しました。

千年もの間、業火に包まれているのは壮絶な苦しみだったでしょう。

これでブレイクの呪いは解除されるのでしょうか?

セルのフィリップへの恨みは残ったままですので・・・。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【84話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は84話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...