目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【82話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は82話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

82話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【81話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は81話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 千年前の記憶⑩

「ラオンテル、あなたが欲しいものは何でも教えてください」

「セルの封印を解いて」

話すのも辛いが、何とか声を振り絞る。

私の願いに、フィリップの表情は固くなった。

「・・・その願いを叶えることはできません」

最初から期待はしていないので、それほど失望はしていない。

「じゃあ、岩をください」

「岩?」

「はい。とても大きな岩です」

「どうして?」

「山に登りたいので、山にいるような気分になれると思って」

「もっと早く言ってくれれば、私はあなたを癒していた!一緒に山に行けたのに!」

フィリップが私を抱きしめながら泣き出す。

彼を押しのけたいが、腕を上げることすらできない。

たとえ体調が良くなったとしても、フィリップと一緒に山に行きたくなかったが。

その日、彼はすぐに大きな岩を持ってきた。

 



 

その日の夜、セルから受け取ったネックレスをメイドの手に。

「このネックレスと手紙をベラシアン伯爵に渡してください。皇帝には秘密にしておいてください」

「え?ですが、私は・・・」

彼女はフィリップのおかげで私の専属メイドになったので、彼女は私の要求をするのを嫌がっているに違いない。

「これが私の最初で最後のお願いです。私を助けてください」

「お嬢様・・・」

フィリップが以前にくれた宝石箱を彼女に渡す。

「これもあげます」

「本当ですか?」

「ええ、ですが私の要求を果たせたらですが」

「はい、お任せください!」

私が死ぬと、セルに与えられた光の力はベラシアンの一人に受け継がれる。

セルと繋がっているこのネックレスを、私は光の後継者に任せたかった。

いつの日か、セルを解放するために。

すべてを手紙に書き留めておけばいいのですが、フィリップが途中で傍受する可能性が高いでしょう。

だから私は感謝状を書いて家族に謝罪しただけ。

ネックレスについても小さな手紙を残しただけだ。

<私は偉大な叔母ではなく、甥に適切な贈り物をしました。このネックレスをアテネに渡してください。それは私の最初で最後の贈り物になります。これを大切に>

アテネは頭のいい男の子だ。

彼はこのネックレスの意味を理解するでしょう。

「ごめんなさい、セル」

ネックレスを持って出て行くメイドを見ながら、私はセルに謝罪した。

結局、彼女を救うことができなかったから。

私は最後の力を岩に注ぐ。

大きな岩は砕けて石板のような形に。

それに文字を刻んだ。

庭の椅子に座っていると、フィリップが突然中に入ってきた。

「ラオンテル。ここで何をしているのですか?寒いですから中に入りましょう」

「私はあなたを待っていました」

「私を?」

フィリップの声が震えた。

この男は何を期待しているのだろうか?

「・・・フィリップ、あなたは私を愛していますか?」

「は、はい!私はあなたを愛しています!ラオンテル、私はあなただけを愛している!」

「それなら、これを皇帝の宮殿の前に置いてください」

自分で作った石板を指さす。

「これは・・・」

-5年目の9月、女神に呪われた3代目の王子が亡くなりました。その直後、呪いは6番目の王子に移されました。

-5年目の11月、6代目の王子の体に刻まれた文が変わりました。

石板に書かれた文字を見たとき、彼は凍りつく。

「あなたはあなたの息子について何も書かなかったので、私はそれを自分で作りました」

「ラオンテル、これはどういうことだ?」

「何か問題がありますか?すべてが正しいです」

「一体何を考えている!?」

「あなたは私を愛していると言いました。ですから、一度だけ私にその恩恵を与えてください。それは完全な真実でさえありません、私は呪いの文が変わったと言っただけです」

「あなたは!」

フィリップは今怒りに満ちていた。

「臆病者」

「何?」

「この漠然とした文章でも怖いのですか?このようになるのに、なぜそれをしたのですか?」

「したくてしたわけではない!セルのせいです!」

彼は再び他人を非難した。

「フィリップ、セルの封印を解いて」

「ダメだ」

「あなたは自分の利益のために封印を解除したほうがいい。セルはあなたの後継者に再び呪いをかけるでしょう。そうすれば、あなたの子孫は苦しんでしまうわ」

「私はすでにそれを別の呪いで覆った。そして、誰もが文字を読むことができなくなるでしょう。セルファニアが何について話しているのか誰にも分からないはずだ!」

「あなたは自分の利己心のために彼女を犠牲にしているわ」

「・・・もう戻りましょう。ここは寒い」

フィリップは石版に向かう前に先にコートで私を覆う。

「あなたが何をしても、それは壊れません」

「ラオンテル、あなたは本当に・・・」

フィリップは歯を食いしばったが、彼は以前に比べてそれほど怒っていなかった。

「壊せなくても隠すことがはできます」

彼が石版に力を注ぐと、文字は形を失っただけ。

その光景は私に大きな笑顔を与えた。

「光の力を持っている人が見れば、彼らは数分でそれを理解するでしょう」

「セルファニアは封印されています。現在、セルファニアの力を所有しているのは私たち2人だけです」

「将来何が起こるか分からないでしょう?」

「誰かがこれに近づいたら、私は彼らを殺します」

彼は石版に呪文をかけ、それを湖に投げ入れた。

石版はすぐに湖に消えていく。

「あなたの企みは失敗す___、ごほっ!」

口を開けるとすぐに血が口から流れ出し、体がよろめく。

「ラオンテル!」

フィリップは急いで私を抱きしめた。

「ラオンテル、ダメだ!耐えてくれ!私はあなたを救う方法を必ず見つける!あなたがいなくなったら、私は・・・」

彼は私が以前ラクシュルにしたように泣いて懇願する。

「フィリップ・・・」

「ラオンテル、どうしましたか?。私はあなたの言うことに耳を傾けます」

最後の言葉を吐き出した。

 

 

 

 

 

「大嫌い」

 



 

結局、湖の下の石板は私が作ったものだった。

私は最後の力をその石版に注いだ。

目を閉じた瞬間、フィリップの悲鳴が聞こえる。

フィリップは私を死に追いやったが、彼は私を愛していると言った。

彼は本当に私を愛していたのですか?

それは分からない。

しかし、私は確かに一つのことを言うことができる。

彼は酷くて邪悪だと。

ラオンテルlのすべての記憶が私の頭に浮かんだ。

私が死んだとき、光の力は私の甥であるアテネに受け継がれた。

しかし、アテネも力を受け取った他の後継者も、セルの封印を解除することはできなかった。

むしろ、後継者は光の力の使い方をだんだん忘れてしまい、千年後、力が弱まっていた。

何世代にも渡って、ネックレスは「光の涙」と呼ばれ、光の後継者が誰であるかを知らせるためのツールとして噂され始めた。

フィリップは非常に徹底した人物だ。

彼はネックレスを監視し、彼が死んだ後、部下にそれを隠すように命じる。

フィリップは英雄として知られることを望んでいた。

そして時が経つにつれ、彼の願いは叶う。

真実を知っている人と彼を疑う人はすべて消えたから。

フィリップの英雄的な行為は今や人々にとって事実とされている。

その間、セルは混沌の谷に封印されたまま。

フィリップは、セルが封印された場所が闇の扉であり、光の力だけがそれを閉じることができる場所と呼んだ。

彼は、扉が開くと世界に破壊をもたらすだろうと伝えて。

彼が犯した間違いは1つだけ。

フィリップは彼の力の多くを使ってセルのメッセージを隠した。

結局、彼の光の力を受け継いだ彼の子孫は、「呪いの後継者」に他ならない。

そこで、フィリップは扉を閉める別の方法を作成したのだ。

 



 

過去の話はここまでのようです。

ダイアナが湖で溺れたのは、フィリップが石版に施した力のせいだったのですね。

そしてセルはどこにいるのでしょうか?

彼女を救えることはできるのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【83話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は83話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...