目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【81話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は81話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

81話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【80話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は80話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 千年前の記憶⑨

「それはどういう意味ですか?」

そんなはずがない。

フィリップは子供たちの呪いを解きたいと思っていたはず。

彼は自分の子供が呪われていて毎日怒っていた。

「陛下は呪われた子供たちを殺していました!今度は私のジョンの番です!ジョンは呪われた途端に刑務所に入れました。このままでは、ジョンは死ぬでしょう!」

子供たちの亡くなるペースが早いことは知っていた。

そして今、私はそれが呪いのせいではないことを知る。

フィリップが自分の子供たちを、その手で殺してきたのだ。

だから子供たちは以前よりも早く死んだ。

「ジョンを救ってください!陛下はあなたの言葉になら耳を傾けます!お願い、私を助けてください!」

「・・・分かったわ」

私は子供を救いたかった。

母親の子供の人生への叫びに目を瞑ることはできない。

そして私は、セルが彼らに与えた文章を見たかった。

 



 

5番目の妻に案内されて6番目の王子が閉じ込められた地下刑務所に向かう。

無数の騎士たちが私の道を阻むが、私には女神の力がある。

フィリップ以外の誰も私に匹敵することはできないでしょう。

力を使っていると、女性の声が私の耳に入ってきた。

[ラオン、私を救って!怖い・・・。私を救ってください!]

それはセルの声。

予想通り、彼女はまだ生きていた。

彼女が私を呼んでいる。

彼女はいつも私の心の中で必死に叫んでいたが、フィリップが彼女の声をブロックしたため、いつもは彼女の声が聞こえていなかった。

「セル、どこにいるの?あなたは今どこにいるの?」

その瞬間、セルがくれたネックレスから明るい光が差し込む。

この光に従えば、彼女に会える?

「ああ!」

すると突然、私の隣にいた5番目の妻が悲鳴を上げて倒れた。

私たちを追いかけていた騎士たちも、光に押しつぶされていく。

その光は地下刑務所の至るところを回っていた。

邪悪な光の力を克服することができず、人々は血を吐き、その場で命を落とす。

明るく輝いていたネックレスが元の状態に。

フリップの仕業でしょう。

彼は戻ってきたのでしょうか?

一番深い場所の扉を開けると、床には血で作られた呪文があり、中央にはフィリップのような銀色の髪の少年の姿が。

「あの子が6番目の王子ね」

その少年の体に黒い文字が浮かんでいたので、私はすぐに彼の正体に気づいた。

彼の体に近づいて調べる。

[私は光の女神です。フィリップに騙され、力を奪われ、混沌の谷に閉じ込められました。彼は私の力を使って多くの罪を犯しました。彼は伝染病を広め、ラクシュル王子を犯罪者に仕向けた]

今、私はフィリップが夢中になっている理由に気づく。

彼は自分の子供を心配しておらず、彼は自分の罪が明らかになることを恐れていたのだ。

彼は自分の罪を隠すために子供たちを殺したのだ。

「ラオンテル、私は塔から出ないように言ったはずです」

「フィリップ、あなたは自分が何をしているのか分かっているの?あなたは本当に自分の息子を殺すつもりですか!?」

「私も彼らを殺したくありませんでした!私は彼らを救うために最善を尽くした!混沌の谷に向かうと、あの女が一生懸命外に出ようとしたので、私は彼女を元に戻しました。しかし、この呪いは消えていない!くそっ!」

フィリップの目は狂気に満ちていた。

彼はすでに頭がおかしい。

「セルを再び閉じ込めたのですか?」

「セル、セル、セル!黙れ!あの女の名前を言うのはやめろ!」

フィリップの悲鳴で、彼の力が私を襲った。

彼の力が私の体に浸透するとすぐに、私は体全体に痛みを感じ、私は床に倒れる。

「私の邪魔をするな」

彼は私の手足を拘束するために彼の力を使用した。

そして、フィリップはすぐに6番目の王子を睨みつける。

「今度こそ、本当にそれを取り除きます」

フィリップは女神から受けた力を、6番目の王子に注いでいく。

力は激しく捻れ、邪悪に変化していた。

6番目の王子は、彼の体の文字が徐々に消えていくにつれて痛みで叫んだ。

いいえ、別の文がそれを上書きしている。

私はフィリップがやろうとしていることに気づいた。

彼は子供に呪いをかけているのだ。

すぐに、セルからのメッセージは完全に消え、彼女が送ったメッセージの代わりに、別のメッセージが少年の体を満たす。

6番目の王子は最終的に痛みを克服することに失敗し、亡くなった。

フィリップの笑い声が刑務所に響き渡る。

「ははは!見たか!私の勝ちだ!セルファニア、あなたは見ていますか?あなたは私に負けました!どれだけ言葉を残しても、今は誰も知りません!」

彼は狂ったように笑って叫んだ。

「死んだのよ?」

「うーん・・・?」

フィリップは私の言葉に応えた。

「あなたの息子が死んでいるのよ?」

フィリップの目は大喜びで大きくなる。

「ええ、そんなことは分かっています!」

彼は微笑んで刑務所の別のドアを開けた。

監獄の中には、フィリップのような銀色の髪の少年と少女が恐怖でしゃがんでいた。

「どっちだ?呪いが別のものに移っているはず!今度は誰だ!?」

フィリップは叫びながら子供たちをチェックする。

怯えた子供たちは彼が入るとすぐに涙を流した。

「そっちか!」

彼は嬉しそうに叫び、少年の方に手を向ける。

セルから送られたメッセージは完全に消え、彼が刻んだ文字だけが見えた。

「私の完全な勝利です!」

フィリップはまるで戦争に勝ったかのように喜んだ。

彼の笑い声を聞いて、私はすぐに目を閉じた。

 



 

6番目の王子が亡くなり、呪いは7番目の王子に移される。

フィリップは首都に貴族を集めたとき、喜びに満ちていた。

彼は7番目の王子の顔に刻まれた文字を見せた。

「女神を裏切ったという噂が流れているのを聞いたことがあります。ですが、それはすべて嘘です。見ろ!これは女神から送られた呪いですが、私が彼女を裏切ったからではありません!女神は私にアステリックを確立する力を与えてくれました。彼女はアステリックが永遠の栄光を受けることを望んでいたので、帝国を破壊に導く暴君の種をマークしたのです!」

7番目の王子は毎日ひどく苦しんでいた。

女神の力とフィリップの力がぶつかり合い、体を苦しめていたのだ。

これが続けば彼は長生きしないでしょう。

どんなに長く耐えても、大人になる前に死んでしまう。

フィリップは私の監禁場所を南の塔に移したが、私はすぐに死ぬでしょう。

私にはこの痛みに耐える力がもうないのだから。

フィリップの攻撃の後、私の体は完全に破壊された。

座っていても苦痛が襲ってくる。

私は自分の力を使うことができず、セルの声を再び聞くことができずにいた。

「ラオンテル、すまない。当時は頭がおかしかった」

フィリップは毎日私に謝罪している。

「私があなたを癒します。私はあなたを絶対に癒します」

彼は私の手を握って泣き続けた。

しかし、それは不可能でしょう。

フィリップは膨大な量の光を持っていたが、彼はそれを使ってセルと戦ったので、それをすべて失った。

彼はセルが立ち往生していた場所を封印し、真実が明らかになることを恐れて以前の土地の力を利用した。

そして今回、彼はメッセージをセルから隠すために全力を尽くした。

今、彼には少しの力しか残っていない。

過去のフィリップだったら、彼は今私を治すことができていたはず。

 



 

狂っているとしか言えません。

けれど、フィリップのラオンテルへの愛は本物だと思ってしまいます。

それが歪んだ愛だとしても・・・。

フィリップがラオンテルを好きになった理由が気になりますね。

いずれにせよ、ラオンテルの命はもう僅かでしょう。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【82話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は82話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...