目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【80話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は80話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

80話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【79話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は79話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 千年前の記憶⑧

「あなたにはすでにたくさんの妻がいます!」

フィリップは多くの高貴な娘と結婚することによって、彼の政治的地位を築き上げた。

「言ったはずです、ラオンテル。私はあなただけ愛している」

「あなたと結婚するくらいなら、私は死にたいわ」

「あなたが死ぬ日、ベラシアン家は滅びます」

フィリップは私が死ぬことさえ許さない。

私は塔に監禁され、家族にも会えなかった。

フィリップとメイドだけが塔で私に会うことができた。

メイドはお喋りだったので、皇居や世界のニュースをたくさん話してくれる。

「陛下は今日、タンシノールの孤児を治療しました。彼が彼らの面倒を見てくれたなんて信じられません。私は私たちの皇帝をとても誇りに思っています」

メイドは嬉しそうに彼を褒め称えたが、それを聞いて私は打ちのめされてしまう。

フィリップが望むようにすべてが進んでいたから。

彼に抗議した貴族は病気になるか姿を消す。

タンシノールを操るフィリップはまったく疑われず、人々は彼を賞賛し続けた。

人々は彼を光の女神から送られた皇帝と見なしている。

フィリップは別の物語を作成し、それを帝国全体に広めた。

女神に選ばれたフィリップが、堕落したゼルカン帝国を破壊し、皇帝になったと。

もちろん、帝国の一部の貴族、知識人、商人は、物語が嘘であることを知っていた。

しかし、物語を語る人々はタンシノールを患い亡くなってしまう。

『フィリップ皇帝を誹謗中傷すると、女神が彼らを罰します』

そのような噂は帝国全体に広がり、真実を知っている人々は沈黙するしかなかったのだ。

ロウム族の貴族は追放され、フィリップは彼に絶対に従順な人々に貴族の称号を与えた。

新帝国のすべての地位は彼の民で満たされていく。

彼の英雄主義は広がり、ラクシュルは誰もが嫌う悪役に。

そのような状況にもかかわらず、私にできることは何もなかった。

「ロウム族の貴族はタンシノールで亡くなりました。彼らは私たちの皇帝について悪い話をしたに違いありません。彼らは死ぬに値するでしょう」

メイドは無邪気に喋り続ける。

私は彼女に真実を伝えたいという衝動に駆られるが、それはできない。

真実を知れば、この小さな女の子はフィリップによって殺されるでしょうから。

 



 

「セル、聞こえますか?あなたは今どこにいますか?生きていますよね?」

私はセルを呼び、彼女がくれたネックレスを握りしめる。

私は彼女の痕跡を探していた。

セルは本当に死んだのでしょうか?

信じられない。

セルの悲鳴が頭に浮かび、彼女は明らかに私に彼女を救うように頼んだのだから。

ドアが突然開かれ、フィリップが入ってくる。

それはいつものルーティン。

頭を向けて彼を無視しようとするが、彼は私の顔を掴んできた。

「あれを解決する方法は?」

「え?」

「解決する方法だ!どうやって取り除く!私に何をした!?」

フィリップは狂ったように叫んだ。

彼がこのように気性を失ったのを見るのは初めて。

何か大きなことが起こったに違いありません。

「何を言っているの?私に何を求めているの?」

しばらく私を睨んでいたフィリップは、やがて手の握りを緩めた。

「・・・本当に知らないのか?」

「何があったの?」

「いや・・・、気にしなくていい」

翌日、メイドが静かに囁く。

「最初の王子が呪われています」

「女神の呪い?」

「はい、数日前に宴会があり、最初の王子の顔に黒い文字が刻印されていました」

黒い文字?

昨夜、フィリップは私に向かって叫び、それを取り除く方法を尋ねたのでしょう。

「どんな内容ですか?」

「分かりません。文字が出るとすぐに、皇帝は驚いて王子を隠しましたから。けれど、それは彼に対する女神の恨みだったに違いありません」

「・・・女神の恨み?」

「はい、それは奇妙ですよね?なぜ女神は陛下に憤慨したのでしょうか?」

王子が女神に呪われたという言葉が帝国全体に広まった。

パーティーに来た貴族たちは手紙を読むことができなかった。

フィリップは、出身に関係なく忠誠を誓った人々に称号を与えていく。

騎士や傭兵、そして傭兵も。

そのため、ほとんどの人は読むことができなかったのだ。

さらに、フィリップは息子の顔をすぐに隠したので、ほんの数人しかそれを見ていない。

それにもかかわらず、女神の呪いについての噂が広まった。

これは、王室も呪いに苦しんでいたため。

数日後、王子は亡くなった。

呪いは彼の子供たちのもう一人に移される。

翌日、王女は亡くなり、別の王女が呪われた。

フィリップは子供たちが死にかけているときに、時々私に会いに来る。

「あなたはこれを治す方法を知っているはずだ!早く教えろ!」

フィリップは彼の怒りのすべてを私に注いだ。

いつもの彼だったら、こんなことをしなかっただろう。

彼は私が状況について何も知らないことを知っていたにもかかわらず、怒りに夢中になりすぎていた。

フィリップは頭がおかしかった。

彼は完全に心を失った。

「彼女は生きていますね?セルはどこ?」

彼の反応を見たとき、彼の子供たちと妻たちがセルに呪われているのは明らかだった。

セルは死んでいないのだ。

「あの女は死んだ!死んだんだ!!」

フィリップは狂ったように叫ぶ。

彼は恐怖と狂気に巻き込まれていた。

「フィリップ、あなたは狂っている・・・」

彼は本当に頭がおかしかった。

彼の子供と妻のうち8人が殺された。

どんなに冷血であったとしても、彼は彼らを気にかけていたに違いない。

フィリップがいつものように噂を解決することさえ考えずに呪いに腹を立てているのを見るのは奇妙だった。

彼はこれに値するが、彼の子供と妻は無実の犠牲者。

セルが本当に呪いをかけたのでしょうか?

彼女は本当にフィリップの家族を殺したのでしょうか?

 



 

苦しみながら別の王子が亡くなり、呪いは6番目の王子に移された。

「6番目の王子は5番目の妻の息子」

彼女たちは私のせいで自分が皇后になることができないと考え、彼らは時々塔に来て、私に対して暴力を振るった。

拷問という暴力を。

フィリップは状況を知っていたにもかかわらず、傍観者として見守るだけ。

もし彼がそもそも彼女たちを止めていたら、彼らは塔に入ることができなかっただろう。

「ラオンテル、私の妻たちにこのように扱われるのは不公平ではないですか?私と結婚すれば、私はあなたを皇后にします」

彼の妻の中で、5番目の妻は私に非常に嫉妬し、彼女は頻繁に私を訪ねてきていたが、最近は訪れていない。

6番目の王子が呪われた後、フィリップは私に会いに来なかった。

メイドによると、彼は呪いを解決する方法を見つけるために宮殿を去ったそうだ。

私はセルがくれたネックレスを掴んで彼女に話しかける。

「セル、どうしたの?あなたは本当に呪いをかけたのですか?あなたは生きていますよね?どこにいるのか教えてください」

しかし、彼女は私に答えてくれない。

ネックレスを下ろそうとしたとき、突然、塔全体が揺れ始めた。

なぜ障壁が壊れているのですか?

フィリップは私が逃げるのを恐れて、彼は自分のエネルギーを注ぎ込み、障壁を作ったのだ。

しかし、それが今壊れたということは、フィリップが何か問題を抱えていたに違いありません。

今がチャンスだった。

塔から逃げ出せる唯一のチャンス。

しかし、私が逃げると、私の家族はどうなるのでしょうか?

ドアが開き、女性が入ってくる。

「レディ・ベラシアン!」

彼女は私に嫌がらせをしていた5番目の妻。

「レディ・ベラシアン、私のジョンを救ってください!」

ジョンは6番目の王子。

私はセルが残した文字を見たかった。

彼女を助けることができると言えば、彼女は私を王子に会わせてくれるでしょう。

しかし、私は絶望的な母親に誤った希望を与えることはできない。

私が呪いを解くチャンスは僅かだけ

「呪いは関係ありません!レディ・ベラシアン、陛下が私のジョンを殺すのを止めるのを手伝ってください!」

 



 

狂気のフィリップ。

多くの妻を持ちながらもラオンテルに固執し続ける男。

そんな彼に呪いが降り掛かりました。

女神の呪い。

ですが、それは本当にセルの呪いなのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【81話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は81話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...