目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【79話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は79話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

79話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【78話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は78話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 千年前の記憶⑦

「私は全員を殺したわけではありません」

フィリップは無罪のように微笑む。

「父と兄弟はどうしたのですか?」

「私は彼らを傷つけていません。彼らはあなたの家族ですから」

ほっとしたが、この悲劇に直面して喜ぶことはできなかった。

「フィリップ、どうしてこんなことを?」

「ラオンテル、すべてはあなたのせいです」

「私?」

「ええ、それはあなたのせいです!あなたが彼女にあなたの力を与えたので、これは起こりました!彼女はすぐに死ぬつもりだったに、あなたはそれをすべて台無しにしました!」

「あなたはセルの状態について嘘をついたのね」

フィリップは、最初からセルを殺そうとしていた。

彼はそもそも彼女の病気を治療するつもりはなかったのだ。

「はは、あんな言葉を信じていたなんて」

フィリップは皮肉なことに唾を吐き捨てる。

彼はずっと本当の性格を隠してきた。

親切で礼儀正しいふり。

セルがフィリップと二人きりだったとき、彼は仮面を脱がなかった。

しかし今、彼はそうすることさえ気にしていない。

「セルは今どこにいるの?」

「彼女は死にました」

「え?」

「彼女は女神として死んだわけではありません。彼女を刺して火をつけても意味がありませんでした。だから私は、彼女を生贄として捧げました」

「そ、そんなことを?」

「ええ!私は人々に彼女を殺すように命令した。セルファニアは私の力を奪おうとしましたが、結局私は勝ちました!今、この力は完全に私のものです!」

フィリップの目は狂気に満ちていた。

「だからあなたはセルを殺したのですか?火をつけ、大地を汚し、多くの人々を犠牲にしたのですか!?」

私の問いに、フィリップは自信を持って答える。

「あなたがこんなことをしなければ、これは起こらなかったでしょう。あなた自身に祝福を与え続ければ何も起こりませんでした」

「嘘をつかないで!ラクシュルの名前を傷つけないでください!」

「ラクシュル、ラクシュル!私の前で二度とその名前を呼ぶな!人々は彼のせいで亡くなった。彼があなたを連れ去らなかったら、私はこんなことをしなかっただろう。あのろくでなしがすべてを台無しにした!」

フィリップは叫んだ。

彼は自分の責任を回避しようとしていない。

本心から彼はラクシュルがすべての原因を引き起こしたと信じていた。

「ラクシュルは今や罪人と見なされます!誰もがこの悲劇を引き起こした彼に指を向けるでしょう」

「本気で言ってるの?真実は最終的には明らかになるわ」

「私は皇帝です!私が言ったことは常に真実です」

「私はそうは思いません」

「ラオンテル、あなたに何ができますか?」

フィリップは笑って私に近づいてくる。

「新しい首都に行って、最初からやり直しましょう、ラオンテル」

「行かないわ」

テンラーン宮殿の一番奥に向かって走る。

「あなたは閉じ込められるのが好きなのですか、ラオンテル?」

「ふざけないで」

「それともあなたは金が好きなのですか?それなら、新しい皇后の宮殿を飾りましょう」

「・・・」

私は彼の言葉を無視することに心を集中した。

「ああ・・・、この場所を掃除する必要がありますね」

フィリップは、ラクシュルがすでに死んでいたという記録を含む石板を取り除くために手を上げる。

彼は呪文を唱えようとしたが、私の方が速く、私は石板に保護呪文を施す。

フィリップはこれに気づいたとき、顔を歪めた。

「彼女は私の力の一部を取り、あなたにそれを与えたのですね」

「あなたの力?は!私を笑わせないでください!それは最初からセルの力でした!」

フィリップは私を睨みつけ、保護呪文を破壊しようとする。

しかし、彼は失敗し、保護呪文はフィリップを攻撃した。

彼の体は衝撃のために部屋から投げ出され、外に出た後、力を使って扉を閉める。

巨大な金色の扉が光の力で輝いていた。

私は自分の周りに防護壁をかけ、床に横たわっているフィリップに近づく。

彼は諦めずに再び破壊的な呪文を使おうとした。

「無駄です。私はすでにいたるところに保護呪文をかけました。今、私の許可なしに誰もこの場所に来て石板を壊すことはできません。疫病のためにあなたが皇帝であったという記録、そしてすでに亡くなったラクシュルは消えることはありません」

「ラオンテル、あなたは死者を称えるためだけにこんなことをしているのですか!?」

フィリップの目に罪悪感はなく、怒りだけが映っている。

「フィリップ、あなたが何をしても、真実の証拠は常にあります」

私は彼に冷たく言い放つ。

「私はあなたの罪を全世界に明らかにします。すでに亡くなったラクシュルを額装しようとしたという事実さえ」

しかしフィリップは笑った。

「それなら、誰もこの土地に入らないように、別の物語を作ればいいだけです」

 



 

当時、私は無数の人々が死ぬのを見るしかできなかった。

悲しみ、無力感、痛み、絶望。

その時は暗闇に埋もれたかった。

そして、私はセルの悲鳴を聞く。

[ああ!ラオンテル!ラオンテル!どこにいるの!怖いです!]

彼女の悲鳴は以前よりも大きいので、おそらく私は今彼女に近づいている。

今度こそ、セルを救わなければなりません。

そして、ブレイクの呪いを解く必要があった。

「セル、私はあなたを救います」

歯を食いしばって、足に力を与える。

果てしなく続く暗闇の中で、私は突然、閉じ込められていた西の塔を思い出した。

 



 

フィリップは私の呪文を破ろうして失敗していたが、彼は諦めなかった。

彼は部屋を隠し、部屋の存在を消すために壁を何層か作ることに。

さらに、彼はその土地に呪文を唱え、誰もその土地に足を踏み入れられないようにした。

フィリップは土地を放棄し、首都をセニオンに移す。

ゼルカンでは、すべてが首都と貴族に集中していた。

今回、皇帝は首都を支配し、貴族に干渉をさせなかった。

そのため、貴族たちは反抗した。

彼らはかつてゼルカンの皇帝のように君臨していたので、フィリップと彼に続く何人かの貴族に不満を感じていたのだ。

しかし、抗議は長くは続かなかった。

なぜなら疫病が再びセニオンに広がったから。

フィリップはこの病気を再び利用して、反抗した人々を排除したのだ。

彼はこの方法を何度も繰り返し使用し、民衆を疑わせた。

フィリップは自分が疑われていることに気づき、彼は別の偽の話を思いつく。

『ラクシュルの悪行を見た光の女神が激怒した。そのため、女神はロウム族を罰するためにタンシノールを送り込んだ』と。

彼はセルとラクシュルに責任を負わせ、疫病の原因としてロウム族を非難したのだ。

ゼルカン帝国の貴族のほとんどはロウム族。

その結果、人々は怒って貴族を攻撃した。

フィリップは疫病を使って彼に反抗した人々を殺し続ける。

彼が新しい首都を支配したとき、彼は人々の憤慨をラクシュルとロウム族に向けた。

私は真実を明かしたかったけれど、それはできなかった。

フィリップは私を皇居の西の塔に鎖で繋ぎ止め、女神の力を使えなくしていたから。

そして彼は、私の家族を使って私を恐喝したのだ。

「ラオンテル、障壁が少し壊れています。また逃げようとしていましたか?可愛い姪と甥にタンシノールを与えたいのですか?」

「や、やめて!私の兄はあなたのせいで、すでに彼の最愛の娘を失いました!これ以上はやめてください!」

私が塔から脱出しようとしたとき、フィリップは躊躇うことなく兄の娘を殺した。

私が彼の意志に従わなかったときはいつでも、彼は私の家族を利用して私を脅してくる。

「それなら、二度としないでください」

「もう私を殺して!」

「ラオンテル、あなたは私があなたを殺すことができないことを知っているはずです」

フィリップの赤い瞳が欲望で煌めく。

「皇后のための余地はまだあります。この場所を離れたいのなら、私の皇后になってください」

 



 

胸糞悪い展開がずっと続いています・・・。

過去の話に救いはないですね。

死ぬことも許されないラオンテルは、フィリップの言葉に従うのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【80話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は80話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...