目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【78話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は78話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

78話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【77話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は77話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 千年前の記憶⑥

「ラオンテル、心配しないでください。彼女を殺すつもりはありません。私はそれほど冷酷ではありませんから」

「わあ、感動しました」

「皮肉はやめて、選択肢について考えてください。どの選択するのが最適ですか?ここに閉じ込められるよりも、皇后であるほうがよいでしょう」

「消えて」

「あなたが諦めた日を楽しみにしています」

フィリップは微笑んで立ち去った。

私は彼の皇后になるよりも、一生を閉じ込められて過ごしたいと思っている。

コンコン。

突然窓がノックされる。

「ラオン」

「セル!」

それはセルの声。

急いで窓を開けた。

彼女の手にはまだ黒い斑点があり、それは彼女がまだ病気に苦しんでいることを意味する。

「すみません、遅すぎました。私はあなたを訪ねようとしてきましたが、毎回失敗しました」

「いいえ、来てくれてありがとう。でもあなたの体は元気ですか?」

「私が気にしているのはあなただけです、ラオン」

セルの顔は本当に疲れ果てていたようだった。

私が監禁された後、彼女に多くのことが起こったようだ。

「ラオン、フィリップはあなたを皇后にすることを発表しました」

「え?」

「彼はすでに結婚式の日付を設定しました。それは1か月後です」

フィリップは私を強制しないと言ったはず。

しかし、そうではなかった。

もう抗えないのでしょうか・・・?

崩れ落ちそうになる。

「ラオン、あなたが言うようにやります。私の力を返してくれませんか?」

「もちろんです!」

私たちはお互いの手を握り、セルから受けた祝福を返した。

両者が同意したため、権限は問題なく彼女に戻る。

彼女の体は今、白い光に包まれた。

「ラオン、後であなたを救います」

「はい、待っています」

 



 

過去の思い出が溢れ続けている。

私が力をセルに戻したとき、この恐ろしい悪夢は終わるだろうと思っていた。

これがより大きな悲劇の始まりだとは夢にも思わず・・・。

歩けば歩くほど暑くなる。

体が溶けそうになり、滝のように汗が降り注ぐ。

当時も同じ。

セルが出発した直後、宮殿で炎が上がり始めた。

テンラーン宮殿で火災が発生した。

火事は本殿で始まり、すぐに他の宮殿にも広がる。

人々が叫び始めて逃げ出したとき、強い炎が宮殿を飲み込んだ。

ドアをノックするが、反応はない。

門を守っている騎士たちは火事を恐れて逃げたに違いないでしょう。

火はすぐに広がり、呼吸困難になり、黒い煙のため何も見えない。

ここで死ぬのは悪い考えではないと思い始める。

宮殿で立ち往生したり、フィリップスの妻になることを余儀なくされたりするのではなく、死んでラクシュルに会いたかった。

すべてを諦めようとしていたとき、フィリップが入ってくる。

宮殿が全焼したにもかかわらず、彼の表情は落ち着いていた。

本能的に気づく。

「あなたが火をつけたのですか?」

「ここ危険です、行きましょう」

フィリップは力強く私の手を掴んだ。

私の推測は正しいに違いない、彼が火をつけた。

「なぜ火をつけたのですか!どうして!?」

しかし、フィリップの目には罪悪感は見られない。

彼は私を無表情に見つめ、私を引きずり続けた。

「セルは?彼女はどこにいるの?」

「・・・」

「行かせて!ねえ!今すぐ私を置いてください!」

しかし、フィリップは私と一緒に腕を組んで動き続ける。

騎士たちは静かに後ろから私たちを追いかけた。

到着した場所は、テンラーン宮殿の最も深い場所。

「しばらくここにいてください」

「ねえ!セルはどこ!?」

フィリップは答えずに出ていく。

 



 

私はこの部屋に閉じ込められた。

セルはどこにいるのでしょうか?

宮殿は?

フィリップが火をつけたのはなぜ?

以前の場所とは異なり、この場所には窓すら見当たらない。

どれくらいの時間が経過したのか、今何が起こったのかすら分からない。

見えたのは石版だけ。

ラクシュルを含め、疫病が始まって以来ずっと続いている死の記録。

-510年2月、皇太子が亡くなりました。

私はその文章を何度も読んだ。

「ラクシュル・・・」

彼がいなくて寂しい、ラクシュルが恋しかった。

「ラクシュル・・・」

彼の名前を言い続けていると、突然、光が私の手から流れ出す。

セルが私に与えてくれた祝福が再び私に戻ってきたのだ。

それは女神の力。

彼女の力の一部が私に流れている。

何が起きているの?

セルが力を取り戻した?

そして、彼女は私に彼女の力の一部を送ってくれたのですか?

【ラオン!私を救ってください!私を救ってください!]

突然聞こえる悲鳴。

考えに迷う時間はない。

彼女がくれた力でドアを開けた。

フィリップの命令下にある騎士は私を止めようとしたが、私は彼ら全員を力で沈黙させる。

状況は予想よりはるかに悪かった。

テンラーン宮殿は灰の山に変わり、空気は毒で汚染されている。

一見黒魔術のように見えたが、よく調べてみると、それは光の力。

いつもとは違う光の流れが、セルの力ではっきりと見えた。

これはフィリップの仕業。

私はすぐにフィリップのいる宮殿に向かった。

私を止める人は誰もいない。

誰もがすでに死んでいて、たくさんの死体が際限なく見える。

それは酷い光景。

皇帝の宮殿に近づくと、巨大な石版が見えた。

フィリップが皇帝として王位に就いた後、彼は彼の業績を称賛するために多くの彫像と石版を作ったのだ。

一つの石版に目が向かう。

-元皇太子ラクシュルは言った。

ラクシュル?

-フィリップはあえて皇帝になり、祭壇の宮殿の名前を彼の意志に変えるので、それは嘆かわしいことです。687年9月1日、ラクシュルはフィリップとその場所を乗っ取って腐敗した祭壇宮殿を破壊しようとする罪のない人々を破壊しようとしました。

-人々、ロウム族に従ってください。あなたが彼らに従わない場合、彼らは彼らがあなたに与えたすべてのものを奪うでしょう。土地は暗くなり、永遠に痛みに食べられます。

-これが私たちがあなたに与えた最後のチャンスです。ゼルカンの新しい皇帝ラクシュルに忠誠を誓う。あなたがゼルカンの人々であることを忘れないでください!

これは何ですか?

石版上だと、ラクシュルが宮殿に火をつけたことになっている。

これはフィリップがしたことであるに違いない。

彼がそれを作成した理由は明らかだ。

フィリップは彼がしたすべての行為をラクシュルの仕業にしようとしていた。

「じっとしているように言ったはずです」

フィリップは突然私の後ろにいた。

「フィリップ、これは何!?あなたは正気ですか?どうすればこれができますか!?あなたは人間ですか?」

私は彼に怒りを注いだ。

フィリップの目は猛烈に点滅している。

「根拠のない言動は慎んでください。私はこの帝国の皇帝です。あなたが再び私を軽蔑するなら、私はあなたを許しません」

「ふざけないで!あなたはラクシュルに全ての罪を被せようとしている!」

フィリップは私が泣いているのを見て苦笑いを浮かべた。

「ラオンテル、予想通り、あなたは賢いですね。誰がこれを作ったのか気付くとは思いませんでした」

「この種の嘘はうまくいきません!ラクシュルはもう亡くなりました!人々はそれをすべて知っています!」

「人間は愚かです。彼らはすべてに簡単に惑わされるでしょう。私はそれを偽造することができます。ラクシュルは本当は生きていて、彼の国と王位を回復するためにテンラーン宮殿に火をつけたと」

「・・・は?」

 



 

セルの力がラオンテルに戻った理由は?

フィリップはセルに何をしたのでしょうか?

この後の結果は?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【79話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は79話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...