目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【77話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は77話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

77話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【76話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は76話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 千年前の記憶⑤

「セルのことですか?」

「私は彼女のことを気にしていません」

「それじゃあ、誰を?」

「あなたです、ラオンテル」

「え?」

自分の耳を疑い、聞き間違いだと思った。

しかし、フィリップは私の目を見て話し続ける。

「私が大好きなのはあなたです!ラクシュルよりも、ずっと前から・・・」

「嘘・・・、じゃあセルのことは?」

「皇帝になるためには多くの力が必要です。だから私は彼女を利用しただけ。私が本当に欲しいのはあなたです、ラオンテル」

私の感情は嫌悪感に満ちた。

「やめて!そんな理由だけでセルを利用したのですか!?」

突然、フィリップは私の腰を引っ張って私にキスしようとする。

私は彼の顔を避けながら彼の頬を叩いた。

フィリップは顔を紅潮させて私を睨みつけてくる。

「私はラクシュルが持っていた全てのものを手に入れた!私は皇帝で、光の力を手に入れました!それでも駄目なのは、髪の色のせいですか?それとも私の名前のせいですか!?」

王室は通常、教会に寄付をし、その見返りに子供たちに名前を付けた。

フィリップの母親も皇帝にそうするように頼んだが、皇帝は息子のために教会に寄付したくなかった野田。

皇帝はあまり考えずに召使いの名前を彼に与えただけ。

しかし、私は彼の名前や髪の色を本当に気にしていない。

「ラクシュルじゃないと意味がないわ!彼はあなたのようなゴミよりも優れているので、彼と比較しないでください!」

そう叫んで、彼を押して部屋から出た。

私はすぐに走ってセラの部屋に向かう。

 



 

「ラオン、あなたなの?」

ベッドに横たわっている間、セルは彼女に微笑んだ。

「すみません、お昼寝していましたか?」

「いいえ。ちょうど目覚めようとしていました」

「それなら良かった。セル、私の家に行きましょう」

「大丈夫です、私はここが気に入っていますから」

これまでにも、私は何度もセルに家に引っ越すように提案していた。

彼女の答えはいつも同じ。

でも今回は彼女をそのままにすることはできない。

「フィリップ卿はあなたが思っているほど良い人ではないわ」

私は彼女に真実を言わなければなりません。

しかし、セルが傷つかないように、どのように状況を説明すればいいのでしょうか?

話し続ける前に、セルが口を開く。

「分かっているわ。フィリップはあなたが好きなのだから」

「・・・知っていたのですか?」

「ええ、フィリップに最初に会って以来、私はすでに知っていました」

彼女の表情は落ち着いていた。

「・・・じゃあ、どうして?」

「私は彼が好きだから。正直、私はあなたに嫉妬しました。私がフィリップに私の力を与えようとしたとき、あなたは彼を止めました。あなたが私のためを思ってくれていたのに、私は怒ってしまった・・・。フィリップに光の力を与えれば、彼が心から私を愛してくれると思ったから」

「どうして!?」

「彼がとても好きだから。馬鹿よね・・・」

「あなたの責任じゃないわ。フィリップが私たちの間に距離を作ろうとしているのは明らかです。あなたが私の言葉に納得していれば、あなたは彼にあなたの力を与えないだろうと彼は知っていました。セル、今すぐ出発しましょう!彼のことは忘れてください」

「無理よ」

「どうして?」

「私は罪を犯しました」

「罪を犯した?」

セルが咳をすると、彼女の指の間から血が滴り落ちる。

私の心は一瞬で沈む。

なぜなら、彼女の腕に黒い斑点が見えたから。

黒い斑点、吐血、目の充血。

彼女はラクシュルと同じ症状を持っていた。

「いつから病気に?フィリップがあなたを癒さなかったのはなぜですか?」

「これは私の罪です」

「どういう意味?」

すぐに、セルは私たちが連絡を失ったときに起こった全てを説明し始める。

「私のために多くの人が亡くなりました。だから私は罰せられています」

「あなたのせい?病気のことですか?」

「フィリップは私の力を悪行に使っています。私は間違った人に光の力を与えました。だから私は罰せられたのです。私のせいで無数の人が亡くなりました。ラクシュルも私のために死にました。これは私がフィリップに力を与えたために起こりました。ラオンテル、ごめんなさい。本当にごめんなさい・・・」

彼女は突然涙を流した。

未知の病気の蔓延。

久しぶりに再開した時、なぜセルが謝罪したのか理解する。

フィリップが故意に病気を広め、皇帝になったから。

彼は王位に就く可能性のあるすべての人を殺したのだ。

しかし、この病気は国全体にも広がり、状況はさらに悪化した。

フィリップはセルの力を利用して、これまでに見たことのない病気を作り出したのだ。

だから誰もそれを治す方法を知らず、魔法さえも機能しなかった。

すでに病気に光が混ざっていたので、癒しの呪文でさえも機能しないのは当然でしょう。

しかし、病気を生み出したフィリップは、彼の力を処理する方法を知っていて、それを治すための正しい組み合わせを見つけることができた。

不思議な疫病に怯えていた人々は、フィリップの登場によって救われたと感じ、彼は計画通りに簡単に皇帝になることができた。

これを知っていたから、セルは私に謝罪したのだ。

「ラクシュルは私が殺したも同然です・・・」

セルはフィリップが自分を利用したことを知っていたが、彼女は彼の側にとどまった。

それが彼女が自分を罰した方法。

けれど、最初にすることは彼女を治療すること。

私はすでに愛する人を失い、こんな形で親友を失うことはできない。

「セル、あなたが私に与えてくれた全ての祝福を受けてください」

「いいえ、それはできません・・・」

「それを受け取り、その力を使って自分自身を癒してください。そうすれば元の状態に戻ることができます。人体を捨てれば、回復できるのですから」

彼女は光の女神。

力を取り戻せば、元の状態に戻ることができるはず。

解決する明白な方法が分かっているにもかかわらず、セルは躊躇していた。

「しかし、フィリップが光の力を失った場合、フィリップはどうなるのでしょう・・・」

「なぜこのような状況で彼のことを心配しているのですか!?」

欲求不満で叫んだ途端、ドアが開く。

現れたのはフィリップと彼の騎士。

「ラオンテル、ここにいたのですね」

「なぜあなたは私を探しているのですか?」

「あなたは皇后になるのだから、私はあなたを見つける必要があります」

「馬鹿なのですか?なぜ私があなたの皇后に!?」

私はフィリップに叫んだが、彼はただ微笑むだけ。

「私たちの結婚式についてセルに話しているのですか?」

「ふざけないで!」

「ラオンテル・ベラシアンを皇后の宮殿に移してください」

「はい、陛下」

「皇后の宮殿?何について話しているのですか?」

フィリップに抗議したが、彼は何の答えも与えずに再び騎士に合図する。

そして、私は最終的に宮殿に連れて行かれた。

 



 

フィリップは私を皇后の宮殿に閉じ込めた。

ベラシアン家はそれに抗議したが、彼は彼らを無視する。

私は宮殿で最も素晴らしい部屋に監禁された。

全てが金でできていて、宝石で飾られている部屋に。

誰もが私に与えられた場所を羨ましく思っていたが、ここは私にとって刑務所のよう。

「フィリップ、いつまで私をここに留めておくつもりですか?」

「あなたが私のものになるまで」

「あなたはラクシュルを殺しました!あなたは無実の人々を犠牲にして皇帝になりました!そんな人を好きになると思っているの!?」

「ラオンテル、あなたは役に立たないが、私はあなたを生かし続けた。それに感謝する必要があります」

真実が発見されたとき、彼は私に有罪の兆候さえ見せない。

まるで壁に向かって話しているような感覚だ。

「あなたには3人の妻がいます!私をここに留めておくことの意味は何ですか!」

「私はあなたを皇后にします」

フィリップは私を皇后の宮殿に閉じ込め、貴族から3人の妻を迎え、彼女たちは子供を産んだ。

私はもう彼の非常識に関わりたくない。

興味を持っているのはセルの状態だけ。

「セルの体調は?」

「彼女はとても元気です。彼女は私があなたを捨てたと思ったのでとても幸せそうです」

 



 

フィリップのクズっぷりが凄まじいですね。

自分で作り出した疫病で国を破壊し、その後に救世主を演じるとは・・・。

しかも、後世には自分が英雄として歴史に刻まれているわけですから。

セルとラオンテルの仲は修復されたと思いますが、二人の今後は?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【78話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は78話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...