目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【74話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は74話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

74話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【73話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は73話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 千年前の記憶②

湖の幻想を通り過ぎると、今度は緑の麦畑が現れた。

新鮮な緑の麦畑だが、美しくはない。

モンスターが北部地域に侵攻したとき、皇帝はゼルカン帝国の最高の剣士であるラクシュル王子にモンスターを討伐するように命じた。

光の魔法使いとしての私、ラクシュルと騎士たちはその場所に向かったのだ。

モンスターは人間を攻撃するだけでなく、この麦畑のようないくつかの場所を破壊した。

「ラオンテル・・・」

男の声を聞いたとき、私は頭を向ける。

「ラクシュル・・・・」

彼の顔を見て、私は驚いてしまう。

ラクシュルの顔は、呪いが解かれ成長したときのブレイクとまったく同じだから。

彼は、かつて私の夢に現れた。

その時、なぜ彼の髪は黒いのだろうと思っていたが、夢で見たのはブレイクではなくラクシュルだったのでしょう。

リチャードにフィリップを感じたときと同じように、ラクシュルにブレイクの魂を感じる。

「ラオンテル、なぜそんな場所で癒しの魔法を使っているのですか?」

「これは重要な食べ物です。小麦がなければ、人々は空腹になり、税金さえ払えません。すべてのモンスターを倒したとしても、別の痛みが待っているだけですから」

「あなたは村人や騎士も救っています。レオンテル、あなたが天才だとしても、このようにマナを使い続けるのは危険です」

「大丈夫です。私の友人であるセルが、私に光の祝福を与えてくれました。ですから、私は制限なしに自分の力を使うことができます」

「無理はしないでください」

「本当に大丈夫ですから」

「・・・時々は私に頼って欲しいです」

「え?」

「ラオンテル、あなたはいつ私を男として見てくれるのですか?」

それが何を意味するのか聞きたいのに、口を開くことができない。

「ベラシアン夫人!こっちに負傷者がいます!」

「い、今行きます!」

結局、ラクシュルの言葉の真意は聞けないまま、私は逃げ出してしまった。

 



 

私たちは北に蔓延したモンスターをなんとか一掃した。

「北の全てのモンスターを倒したので、あなたは皇太子になりますよね?」

皇帝にはたくさんの子供がいる。

ラクシュルの能力は皇帝と国民に認められているが、皇帝は彼が愛した第7皇后の息子に王位を譲りたいと考えていた。

しかし、彼は非常に愚かな人間であり、時間の経過とともに、7番目の皇后に対する彼の愛情も薄れていたのだ。

北の怪物が鎮圧された今、ラクシュルが皇太子になることはすでに決定事項でしょう。

みんなが幸せになる結果にもかかわらず、私はなぜか落ち込んでいた。

テントから出て、孤独な森の小道を歩く。

「ラオンテル!」

けれど、ラクシュルが私の名前を呼んだので、私は出くわしたくない人に出会ってしまった。

「なんで外に出た?」

「気分転換です」

「一人で歩くのは危険です」

「すべてのモンスターが一掃されたので、大丈夫ですよ」

一生懸命に笑って、彼から立ち去ろうとする。

しかし、ラクシュルは私から離れず、私の隣を歩き始めた。

彼の高い鼻、エレガントでありながら鋭い顎のライン、顔、そして輝く瞳は月明かりの下で素晴らしく映る。

彼が私を見つめてくるが、私は彼と向き合うのが恥ずかしかった。

「ラオンテル、私を見てください」

「・・・」

彼は両手で強引に私の頭を向ける。

「なぜあなたは私を避けているのですか?」

「私が?いつ?」

ラクシュルは皇太子になる。

おめでとうございます。

現在の皇帝は常に政治問題を無視し、常に彼の喜びだけを探していた。

そのため、帝国の人々は増税と干ばつに苦しんでいる。

ラクシュルは、いつも皇太子になりたいと思っていた。

しかし、彼が皇太子になった場合、彼は伯爵の称号以上の誰か、または純粋なロウム族の血縁の誰かと結婚しなければなりません。

私はラクシュルの夢を叶えたかった。

だから私は皇居の魔法使いになり、彼と一緒に戦いにも参加したのだ。

しかし、彼が他の誰かと結婚しようとしたとき、私は悲しみに打ちのめされることに。

「・・・ラオンテル、あなたは私を怒らせている」

「え?」

「分からないのですか?」

「・・・」

彼の顔がどんどん近づいてくる。

「愛してます」

「・・・」

「ラオンテル、私はあなたに初めて会った時からあなたが好きでした」

彼の話していることに気付く前に、彼の唇が私の唇に触れる。

 



 

私はラクシュルを愛していた。

彼が大好きで、千年後に再び会ったブレイクが大好き。

再び、私はマクルと一緒に歩きだす。

多くのマクルはすでに姿を消しており、今では私を導くのは一つだけ。

暑さが酷くなり、目が開けにくい。

けれど、私はセルを救わなければなりません。

歩き続けていると、マクルが突然動きを止めた。

しかし、確かなことが一つだけ。

マクルからこれ以上助けを得ることができないでしょう。

私はこの果てしない暗闇の中で自分自身を見つけなければなりません。

マクルを置き去りにして、私は前進し続ける。

私が前進しなければ、セルとブレイクの痛みは決して終わらないでしょう。

「私は彼女を救わなければなりません」

歯を食いしばった。

暗闇の中で、千年前の思い出が再び浮かび上がる。

私はラクシュルと婚約した。

予想通り、首都に戻るとすぐにラクシュルに皇太子の称号が与えられた。

皇帝は彼を皇太子の称号にふさわしいパートナーと結婚させたかったが、彼は私以外の誰とも結婚したくないと述べた。

結局、皇帝は彼の言葉に反対することができず、私たちが婚約することを許可したのだ。

婚約が決まるとすぐに、私は最初にセルに報告した。

「ラオン、婚約おめでとう」

「ありがとう、昔からラクシュルも私のことが好きだったみたい」

「そう」

「驚かないの?」

「そう期待していましたから」

「そうなの?ラクシュルと話したことがないのに?」

セルは、ラクシュルが来るたびに身を隠していた。

「彼があなたを好きであることは、あなたの話から分かっていましたから」

「本当に?」

「ええ、気づかなかったのはあなただけです」

セルはニヤリと笑う。

「彼にキスされるまで何も気づかなかったわ・・・」

「ラオンテル」

彼女は私の名前を呼んだ。

私たちが友達になって以来、セルは私をラオンと呼んでいる。

なぜ彼女は今、私をそう呼ぶのでしょうか?

怒っている?

「私も言いたいことがあります」

「はい」

「私は人間になりたいです」

「え?」

「私はフィリップと結婚することにしました。」

セルはフィリップとの関係について多くの心配を持っている。

彼女は女神であり、フィリップは人間。

これら二つの間には克服できない違いが。

ついに、彼女は神が彼女に与えた力を放棄し、愛を選んだ。

「・・・後悔しませんか?」

「フィリップと結婚しなかったら後悔します」

彼女はそう断言した。

 



 

この後の話を考えると辛いですね・・・。

フィリップはどうやって皇帝になったのでしょうか?

そして、ラオンテルたちの運命は?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【75話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は75話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...