目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【73話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は73話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

73話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【72話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は72話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 千年前の記憶①

マクルは私を闇の扉に引きずり込んだ。

彼らは私と何をしようとしているのでしょうか?

恐怖に圧倒されて、きちんと呼吸すらできない。

その時、ものすごいスピードで降りてきたマクルが少しずつ減速し、降りるときにそっと床に寝かせてくれた。

「ありがとう」

突然誘拐されても、怪我をしなかったので、私はマクルに感謝した。

次に、もやしのような形をしたマクルが、「どういたしまして」と言うように、体をそっと左右に動かす。

彼らは私を傷つけるつもりはなかったようです。

[ああ!!]

女神の叫び声が再び聞こえた。

マクルたちは神経質に体を震わせ、左に飛び始める。

彼らは私についてくるように言っているかのように彼らの尻尾を振っていた。

「光の女神がどこにいるのか知っていますか?」

私の質問に、マクルは首を横に振った。

彼らは私を光の女神のためにここに連れてきたのでしょう。

私も彼女を救いたかったので、すぐにマクルを追いかける。

この場所はとても暗いので、私はマクルの体から生まれる光に従った。

床も泥だらけだったので歩きにくい。

泥が靴の中に入り続ける。

靴の一つが気付かずに消えていた。

結局、もう片方の靴を脱いでロングスカートを持ち上げる。

[ああ!ああ!ラオンテル!私を救ってください!熱すぎるわ!]

涙が女神の悲鳴と混ざり合った。

彼女が泣くたびに、大地は揺れ、彼女のすべての感情、悲しみ、怒り、絶望が毒に変わり、毒が私の体に浸透する。

足が重く、手が痺れてきた。

歩けば歩くほど悪臭が強くなり、空気が濁って呼吸がしにくくなる。

女神はどこにいるのでしょうか?

喉が渇いて息を切らしていて、足が重い。

一歩一歩、体が痛くなってきたので、急いで女神を救う必要があります。

どれくらい歩いたのでしょうか?

一時間?

一日?

二日?

マクルの光を頼りに歩き続ける。

時間の流れすら感じられない。

方向感覚も消えていた。

私は正しい道を進んでいるのでしょうか?

この場所を一周していませんよね?

マクルからの光しか見えない。

時折、女神の叫び声と足音が聞こえる以外は何も聞こえなかった。

時間が経つにつれて、私はより恐れるようになり、私の体の痛みを忘れた。

暗闇に埋もれてしまうか、呪いを解かずに死ぬのではないかと心配に。

心も体も限界に達すると、目の前に青い湖が現れた。

様々な花が咲き乱れる美しい場所。

私は何も考えずに湖に向かって走った。

そして、水に手を入れた瞬間、女性が何かを言っているのが聞こえてくる。

 



 

「女神、あなたですか?」

「ラオンテル、ようやく到着したのですね」

湖の上に立っている女性、私は彼女が誰であるかを知っていた。

彼女は光の女神。

けれど、私はラオンテルではない。

どうして?

ラオンテルはベラシアン家の祖先であり、光の魔法使い。

その中で、アンシアはラオンテルに最も精通しているはずなのに、なぜ私はラオンテルの顔を見ることができないのですか?

その瞬間、湖に顔が映る。

ついにラオンテルの顔が見えるのでしょうか?

ブロンドの髪とペリドットの目を持つ少女が見える。

彼女は私のように見えますが、少し年上・・・。

よく見ると本能的に気づく。

彼女は私だ。

私はラオンテル・ベラシアン。

これは私の前世の思い出。

だからラオンテルの顔が見えなかったのだ。

これが、ラオンテルの声が聞こえる理由。

私は光の魔法使い。

光の女神と私はよく湖で会っていた。

「ラオンテル、いつまで私を女神と呼ぶつもりですか。私たちは友達です」

「けれど、あなたは女神ですから・・・」

「私の名前はセルファニアです」

「セルファニア・・・」

「知っているのはあなただけです、これは秘密ですよ?」

「分かったわ」

「私の名前を呼んでください」

「分かったわ、セルファニア」

彼女は明るく笑った。

すると突然、後ろから誰かの気配が。

「誰?」

私は注意深く叫んだ。

攻撃する準備をしていると、突然、少年が茂みから出てきた。

少年は銀色の髪と深紅の目、薄い唇とわずかに角度の付いた顎を持っている。

彼女がその少年を見たとき、ラオンテルは笑顔を浮かべた。

しかし、私は凍りつく。

その少年はリチャードだったから。

いいえ、顔だけでなく魂も同じ。

「フィリップ!」

ラオンテルは彼をフィリップと呼ぶ。

フィリップ・・・。

フィリップはリチャードだった。

リチャードに会って以来、私はリチャードが好きではなかった。

その理由は、彼が元の小説で邪悪なことをしていた陰謀家だからではない。

彼がフィリップだと本能的に気づいたから。

私自身がラオンテルだと気づいた途端、千年前の思い出が浮かんでくる。

「ラオンテル、あなたが突然姿を消したので、私はあなたを見つけに来ました。伯爵があなたのことを心配しています。早く戻りましょう」

私はフィリップと一緒に育った。

彼の母親は皇帝の愛人。

ゼルカン帝国の皇帝は多くの女性と関わっていた。

ロウム族の血を持っていた人は皇后になるかもしれませんが、大多数はそうではなく、彼らは側室として留まっている。

皇帝は側室からの子供たちを認識していなかった。

フィリップの母親は、妊娠するとすぐに皇帝に見捨てられ、同情を感じたため、ベラシアン伯爵の邸宅に留まっていたのだ。

しかし、彼の母親は、皇帝に見捨てられて落ち込んでいたため、早くに亡くなる。

フィリップと私はお互いを兄妹のように関わるようになっていた。

「今日は遅れると言ったわ」

「あなたはそれを誰に言いましたか?」

「兄に」

私には二人の兄がいた。

彼らはまた、フィリップが彼らの弟であるかのように世話をしている。

「・・・とりあえず戻りましょう」

「いいえ、今から友達と遊ぶわ」

「友達?」

フィリップは頭を向けてセルファニアを見た。

「あ・・・、こんにちは」

彼女は恥ずかしそうに口を開く。

「お会いできて光栄です。私の名前はフィリップです」

フィリップがセルファニアに手を差し伸べると、彼女は注意深く手を差し出した。

彼が彼女の手を握るとすぐに、セルファニアの顔は赤くなる。

いつも無表情なフィリップスの顔には笑顔が。

最初は彼が恋に落ちたと思っていた。

けれど、フィリップは彼女を知っていて、わざと彼女に近づいたと後で知ることに。

 



 

過去の記憶に囚われて、手が泥だらけに感じる。

湖に触れたと思ったが、手全体に泥が。

これは湖ではなく、それはすべて幻想だった。

私とセルが最初に出会った湖。

私たちはいつもそこで一緒に遊んでいた。

これは私が作った幻想?

もしそうなら、セルは私の記憶を回復するためにそれらを私に示したのでしょうか?

歩き続けていると、突然、湖が再び現れた。

以前と違って、秋の湖のようです。

そこに行くとすぐに、また何かを思い出した。

「セルの髪は本当に美しいですから、私は嫉妬しています」

私はセルファニアの髪をブラッシングしていた。

湖の近くの落ち葉に二人で座っている。

セルファニアは同じままでしたが、私は成長した。

「ラオンもとても綺麗よ」

私たちは親しい友人になり、お互いにニックネームで呼び合っていた。

「そうですか?」

「はい、ラクシュルもそう思うだろうと確信しています」

「なぜあなたはラクシュルについて突然話しているのですか!?」

私は恥ずかしそうに叫んだ。

「あなたはもうすぐ結婚します。」

「いや・・・、それは・・・」

「そう聞いているわ」

「誰が言ったの?」

「フィリップ」

セルファニアとフィリップは恋人になった。

彼女は私たち以外の誰からも彼女の外見を隠していたので、私だけが彼らの関係を知っている。

「そんなことはありません・・・」

ラクシュルが好きだった。

私は彼に頻繁に会いたかったので、帝国の魔法使いとしてさえ応募したほど。

しかし、彼は私を友達として見ただけ。

「本当に?」

「ええ、私の片思いです」

「片思いをするのは難しいでしょう」

セルファニアはため息をついた。

「あなたは今私をからかっていますか?片思いをどうやって知っているの?」

「知っているわ」

彼女は激しく笑った。

そう・・・、セルはあの時、フィリップスの本当の気持ちを知っていたのだ。

 



 

ここからは過去の真実が判明するのでしょうか?

ラクシュルは、ブレイクの前世?

セルファニアがどうして闇に閉じ込められているかも関係しているのかもしれません。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【74話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は74話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...