目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【71話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は71話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

71話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【70話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は70話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ダイアナの手紙

ブレイクはついに彼が望むものを言った。

私は、そんな彼をしっかりと抱きしめる。

「ごめんなさい、ブレイク。あなたの事をもっと思いやるべきでした」

この場所には悪い思い出がたくさんあるので、ブレイクはこの場所が好きではなかったとっていた。

呪われたという理由だけで、遠く離れた小さな宮殿に閉じ込められたのだから。

中央にあるフォレン宮殿に引っ越して、大規模なパーティーを開くのを喜んでくれると。

「いいえ、アンシア。幼稚なことと分かっていますが、この場所にはたくさんの貴重な思い出があります」

ブレイクはこの空間が好きだったのだ。

彼の言葉に、貴族は彼をさらに嘲笑するでしょう。

「フォレン宮殿に移動しても、この場所は消えません。頻繁にここを訪れましょう」

「本当に?」

「はい、この場所を私たちの秘密の城にしましょう」

「そうしましょう、アンシア!」

ようやくブレイクの顔に笑顔が浮かんだ。

彼は私の手を取り、私たちは手を繋いで一緒に宮殿を出る。

指につけた結婚指輪は、日光の下で柔らかく輝いていた。

 



 

「ブレイク、二日後にダイアナが来ます」

「分かりました」

ダイアナはブレイクの呪いが解かれたと聞いて、宮殿に直行しようとした。

しかし、最終試験シーズンのため、外出が出来なかったのだ。

ブレイクはダイアナがすぐに来るのを止めて、彼女の試験が終わるまで待つように彼女に言った。

「彼女は試験が上手くいったと聞きました」

「え?ダイアナと連絡をとっているのですか?」

「はい、彼女は私に手紙を送ってくれました」

「ダイアナは何て?」

彼らは何を話しているのだろう?。

「私の呪いが解かれたので、私たちは本当の戦いをするつもりです」

「ああ・・・」

「ですから、私は間違いなく勝つと言いました」

二人の間の会話はとてもクールだ。

「ちなみに、ダイアナはジェイデンを連れてくるつもりですか?」

「ジェイデン?それは誰ですか?」

「ダイアナのクラスメイトで、彼をライバルだと話しています。彼は平民ですが、クラスの
トップらしいです。凄いと思いませんか?」

「エドンもトップでした」

「ええ、彼らは両方とも素晴らしいですね。彼らは両方とも長男ですし」

「そうなのですか?」

「背も高くてカッコいいらしく、生徒たちからも人気があるそうですよ」

ジェイデンは常にダイアナの手紙に登場した。

「ふーん・・・」

「ジェイデンはキノコが得意らしいです。ブレイクはキノコが嫌いですよね?」

「いいえ、今はキノコを食べるのが得意です」

「へえ・・・、私がオムレツと混ぜなかったとき、あなたはそれをほとんど食べませんでした」

「そんなことはありません!」

ブレイクが突然怒った。

「じゃあ、明日作るきのこ炒めを食べてくれますか?」

「はい!」

「本当?」

「はい、全部食べます!」

「じゃあ、明日はきのこパーティーにしましょう」

「・・・はい、楽しみにしています」

ブレイクはぎこちなく微笑んだ。

「ダイアナは、ジェイデンがアカデミーに通って以来、常に皇太子の騎士になりたいと思っていたと言ってたそうです。彼は、皇太子が呪われているからといって怪物であると信じるのは愚かだと。だから多分、彼はブレイクにとって良い友達になることができます」

幸いなことに、誰もがブレイクを怪物だと思っているわけではない。

私とテステオン、アモリア宮殿の人々、銀漢、ペカン、コリン、チャーディン伯爵夫人、そして他の人もいるかもしれないが、彼らは皆、ブレイクを皇太子として本当に尊敬している人たちです。

ジェイデンもそうでしょう。

「ブレイク、あなたは将来たくさんの人に会うでしょう。私は彼らの何人かが素晴らしいと確信しています。以前の呪いに関係なく、本当にあなたをサポートしたいと思う人もいると思います」

「・・・」

「だから、あなたがそれら全てを嫌わないでほしいのです」

ブレイクは見知らぬ人を嫌い、特に彼らが彼に触れることを嫌っている。

ペリオン子爵の娘が彼の手を握ったとき、そして他のゲストも同様に、ブレイクは不快になり、すぐにハンカチで手を拭いた。

彼はまた、他の人と踊りたくないと話す。

「私はアステリック帝国の皇太子です。ですから、これから多くの人に会えると思います。だけど、私に必要なのはアンシア。あなただけです」

ブレイクは私の手を掴んで私に話しかけた。

「ブレイク、私はいつもあなたの側にいます」

微笑みながら手を繋ぐと、突然赤い火の柱が現れる。

[ああ!!!]

悲鳴を聞いて耳を塞ぐ。

炎が広がるにつれて、悲鳴は大きくなった。

「アンシア!」

「・・・はい」

ブレイクの声を聞いて気がつく。

「大丈夫ですか?」

「・・・何でもありません。私はほんの少し疲れているみたいです。寝室に行きましょう」

「・・・はい」

ブレイクの呪いが解かれたので、もう手を繋ぐ必要はなかった。

けれど、私たちはまだ手を絡み合わせて隣同士で眠りに落ちる。

今日はよく眠れない。

ブレイクが眠っていることを確認して起きた。

テステオンはすでに混沌の谷に到着し、光の力を使って闇の扉を封印したに違いない。

通常、皇帝が光の力を使うとき、呪いの後継者は影響を受ける。

しかし今回は、ブレイクは病気にならず、熱も出ない。

それなのに、なぜ私はこんなに緊張しているのでしょうか?

女性の悲鳴はますます大きくなっている。

そこで何が起こったのかを今でも鮮明に覚えていた。

あれは何なのだろう?

叫んでいる女性はラオンテルの名前を言った。

だから彼女は千年前に住んでいたに違いない。

私が今日見た火は、テンラーン宮殿の火事の間の状況?

なぜ私は千年前に起こったことを見続けるのでしょうか?

図書館に行き、ゼルカンの歴史についての本を読み直す。

けれど、重要な手がかりは見つからなかった。

 



 

リチャードが皇帝になってから三年目に、闇の扉が開かれた。

リチャードはダイアナと彼の息子ジョージに別れを告げた後、混沌の谷に向かい、彼は初めて闇の扉を見たのだ。

谷の真ん中に、怪物の口のように見えるもの。

見ているだけで吐き気を誘うもの。

リチャードは皇帝だけが持っていた光の指輪を使った。

闇の扉は激しく抵抗し、闇の扉を封印するのに通常五日ほどかかる。

そして、それは一週間以上続くことはなかった。

テステオンも通常は三日で闇の扉を閉める。

しかし、リチャードは苦労した。

彼がロウム族だから?

罪深いロウム族の血を持っていたから?

時が経つにつれ、リチャードは彼の中に別の劣等感を感じた。

リチャードは歯を食いしばる。

彼は眠らずに、彼が使用できる全ての力を注ぐ。

一ヶ月苦労した後、彼はなんとか闇の扉を閉めた。

闇の扉が閉まると、人々はリチャードに対して頭を下げる。

結局、リチャードは彼らを殺すという考えを諦めて、良い気分で帰還した。

 



 

久しぶりにダイアナが登場するようですね!

ジェイデンとの関係も気になるところです♪

女性の叫び声はますます大きくなっていますが、声の主は誰?

そして、元の小説だと物語はどこまで語られているのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【72話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は72話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...