目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【69話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は69話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

69話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【68話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は68話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 光の涙

テステオンはエドンを見る。

彼は騎士アカデミーを主席で卒業した才能のある人物。

さらに、性格が良く、野心的ではなく、呪いの後継者に対して偏見を持っていない。

テステオンは実際にしばらくの間エドンを観察してから皇太子の宮殿に入れた。

彼はエドンが信頼できると判断したから。

その結果、エドンはテステオンの期待を超えて行動してくれたようだ。

彼はブレイクの忠実な騎士と教師の両方に。

彼は素晴らしい人だが、まだ独身で、デートの経験がないはず。

「若い愛ですね。春が来て、花が至るところに咲いているみたいです」

「・・・」

テステオンは、愛の達人であるかのように話すエドンを聞いて驚いた。

彼に愛の経験があるかどうか尋ねたかったが、テステオンはそうしなかった。

テステオンは静かに頭を向け、ブレイクとアンシアを見る。

彼らはお互いをしっかりと抱きしめていた。

「もう!ブレイクはとても可愛いです!」

「そしてカッコいい?」

「可愛いです!」

息子は可愛くてカッコよく見えたかったのでしょうか?

テステオンは、エドンの言葉が何を意味するのか漠然とした考えを抱く。

ブレイクとアンシアは、お互いに順応しようとしているのだろう。

テステオンは、そんな二人を応援した。

彼らの明るい未来を確実にするために、自分の全てのサポートを与えようと決心する。

 



 

フランク・カシルは、投獄されてから一日も経たないうちにカシル家の悪行について話した。

カシル公爵とリチャードは何も言わなかったが、フランクが全てを話したので証拠が山積みに。

元の小説では言及されていなかった多くの邪悪な行為。

ブレイクが生まれた後、カシル公爵は闇の魔法使いたちを呼んだ。

彼は彼らにブレイクを呪いの後継者にするように命令し、テステオンができるだけ早く死ぬことを望んだ。

邸宅で証拠を検索した後、魔法使いが発見された。

宮殿に植えられた全てのスパイも発見される。

全ての犯罪が明らかになると、カシル公爵は絞首刑にされることを避けられないでしょう。

ブレイクの呪いが解かれ、カシル家を復活させる可能性は完全に消えた。

誰もがカシル家に背を向け始め、彼らの邪悪な行為について不平を言う。

貴族を脅迫したり、不法に富を増やしたり、庶民に暴力を振るったりするなど、さまざまな種類の苦情。

カシル家がどのように皇室を非難し、嘲笑したかについての無限の報告。

最近、人々はブレイクを常に褒め称えていた。

彼を怪物だと非難するよりも100倍優れていると理解しているから。

「お父様、ドミラムは見つかりましたか?」

「まだだ」

「その魔法使いを捕まえれば、リチャード・カシルがこれまでに何をしたかを知ることができます」

ブレイクの呪いは解き放たれ、テステオンは死んでいない。

銀漢は自分の国に戻り、ダイアナは騎士団に入学した。

全てが元の小説から変更されている。

リチャードには悲劇的な過去がある。

彼が反省し新しい人生を始めたら、それは素晴らしいことでしょう。

しかし、リチャードは非常に頑固で野心的だ。

ブレイクが病気になったとき、女神の呪いを別の体に運ぶことができる黒魔術についての噂が密かに広まった。

噂の源は明らかにリチャード。

彼は元の小説のようにテステオンを暗殺しようとしたのだ。

彼は越えてはならない線を越えた。

私はテステオンを殺そうとした彼を許すことができない。

テステオンに、私が知っている全てのことを報告する。

噂が広まったので、テステオンもリチャードを疑っていたことが判明した。

「心配しないでください、アンシア。魔法使いの行動を追跡しています」

「はい、私はそれについて心配していません。お父様を信頼していますから」

テステオンは微笑んで、私の頭を撫でた。

 



 

「アンシア、私はあなたに渡したいものがあります」

彼は金でできた箱を手渡した。

「これは?」

「光の涙です」

「光の涙?」

「光の涙」は、ベラシアン家の「光の後継者」を決定するために使用される道具。

しかし、それは時間とともにゆっくりと消えていった。

テステオンも以前に一度それについて私に尋ねたけれど、私はそれの痕跡を見つけることができなかった。

金の箱を開ける。

中には、ガラスビーズの形をした宝石が付いたネックレスが。

これが光の涙でしょう。

ネックレスを手に取るとすぐに宝石が輝き始めた。

「光の後継者を認識したようだ」

「はい、私は本当に後継者のようです」

煌めく光の涙を見て、私は本当に自分が光の後継者であることに気づく。

もう少し早く見つけていたらよかったのに。

呪いが解かれたとき、ブレイクの目は涙でいっぱいになり、それは私の心を砕いたから。

すると突然、頭が真っ白になり、女性の必死の叫び声が聞こえてきた。

[私を救え!ラオンテル!ラオンテル!私はここにいます!私を救ってください!凄く暑い!熱すぎる!]

吸い込まれそうな声がどんどん大きくなっていき、テステオンの声が聞こえてくる。

「アンシア!」

「え?ああ、はい・・・」

女性の声が消えたとき、光の涙はまだ私の手で煌めいていた。

またあの声だ。

ブレイクの呪いが解かれて以来、私は女性の叫び声を時々聞いていた。

「アンシア、体調が優れないのか?」

「・・・いいえ、大丈夫です」

反射的に首を横に振る。

過去、千年前の光景も何度か見てきた。

そのため、銀漢の助けを借りてテンラーン宮殿まで行ったのだから。

しかし、結局、私は何も理解していない。

これ以上、理由もなくテステオンやブレイクを心配させたくなかったのだ。

「お父様、本当にありがとうございます」

「もっと早く見つけていれば・・・。すまなかった、アンシア」

「ですが、どうやってこれを見つけたのですか?」

「カシル家の邸宅で見つけた」

「じゃあ、カシル公爵が持っていたのですか?」

元の小説ではまったく言及されていない。

そもそも、その事件が起こらなかったのだから。

元の話に光の涙があったとしたら、リチャードがそれを使ってダイアナを誘惑するシーンがあったでしょう。

じゃあ、カシル公爵がリチャードが知らないうちにそれを所有していた?

私の質問に、テステオンは首を横に振る。

「いいえ、アーノルド・カシルはこれについて知りませんでした」

「じゃあどうやって・・・?」

「邸宅を調べてみると、地下に隠された秘密の空間が見つかりました。邸宅はもともと皇居の一部で、その場所は帝国の秘密の貯蔵庫です」

「他のアイテムもあるのですか?」

「黒魔術に関する本、歴史書などがあります。破壊できなかった危険物を封印する倉庫です。何百年もの間、誰もそれを見つけていなかったようです」

光の涙は封印する価値のあるものではなく、国に災害を引き起こすことさえない。

むしろ、呪いを解くことが重要な手がかりのはず。

しかし、なぜそれは黒魔術と危険なアイテムと一緒に封印されているのでしょうか?

「カシル公爵は本当にその存在に気づいていないのですか?」

「あの場所は皇帝の指輪を使ってのみ開くことができる秘密の倉庫です。彼らが知っていたとしても、彼らが指輪を持っていなければそれを開けることはできません」

過去の人々は、倉庫を無地の壁に偽装して倉庫の存在を隠し、最後に防護壁を掛けた。

テンラーン宮殿の黄金の部屋と同じ構造。

フィリップがその倉庫を作ったのでしょうか?

 



 

アンシアに聞こえる女性の声。

それは誰の声?

不穏な空気しかありませんが、カシル公爵家も滅亡するでしょうから、ここからリチャードの暗躍はないのでは?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【70話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は70話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...