目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【68話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は68話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

68話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【67話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は67話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 愛の全て

「・・・」

私は皮肉を言われたのでしょうか?

彼女がどこまで行くのか見てみましょう。

ペリオン子爵夫人は私の反応さえ気にせず、娘を前に押し出した。

「シャロン、皇太子を祝福したくないですか?」

「はい!」

シャロンは大きく笑い、ブレイクの手を握る。

「殿下おめでとうございます。あなたが怪物だとみんなが言っていたので怖かったですが、実際には美しく見えます。私はただ怖がっていたに違いありません」

「レディシャロン・・・」

彼女がどんなに若くても、それは残念すぎる。

私は彼女に一言言うつもりだったが、その前に、ブレイクが彼女の手を振り払った。

「放せ」

「殿下、申し訳ありません。娘はまだ幼くて」

ペリオン子爵夫人は急いで謝罪したが、ブレイクはハンカチで手を拭きながら苛立ちを表していた。

「誰があなたに、私に触れる許可を与えたのですか?」

「えっと、私は殿下が好きで___」

「あなたはそれを既婚男性に言っているのですか?教育を受けましたか?私はあなたに会いたくないので、ここから出て行ってください」

ペリオン子爵夫人は泣いている娘と何も言わずに出て行った。

驚いた。

ブレイクがこんなに怒っているのを見たことがない。

「ブレイク、あなたは動揺しているのですか?」

「はい、彼らは私の妻を無視しました。私は彼らに二度と会いたくありません」

人々が彼を怪物と呼ぶのを聞いたときでさえ、彼は決して怒ることさえなかった。

私はブレイクを抱きしめる。

「あなたも知っているでしょう?あなたを好きなシャロンのような女の子がたくさん現れます」

「アンシア、私はすでに結婚しています」

「ブレイク、あなたは皇太子です。側室としてさえ、あなたの隣を望んでいる多くの人々がいるでしょう」

その上、王女が変わることは珍しくなかった。

「私はそれを望んでいません。アンシアだけが欲しい」

「本当?私よりずっと綺麗な女の子がたくさんいます」

「アンシアが最も美しいです」

「他の女性を好きになりませんか?」

「好きになりません。私はあなただけが好きです」

ブレイクは躊躇う事なく言った。

私もブレイクを信頼している。

[私を救え!私を救ってください!怖いです!]

突然の叫び声に、私は驚いて頭を向けた。

「アンシア、どうしたの?」

「今、声が聞こえませんでしたか?」

「いいえ?」

「・・・何だったのかしら?」

周りを見回したが、疑わしいものは見当たらない。

「聞き間違えよね?」

 



 

テステオンは毎日忙しく、カシルの罪を明らかにし、カシルを支えた貴族の何人かを罰しなければならなかった。

しかし、彼は忙しいにもかかわらず、私たちを訪ねてブレイクと剣の練習をすることを忘れなかった。

「それじゃあ、今日はここまでにしましょう」

テステオンは疲れ果てたブレイクを抱きしめ、ブレイクは自然にテステオンの首に手を包んだ。

「私にあなたを連れて行ってほしいのですか?」

「はい、足が痛いので」

テステオンは幼稚な演技をしている息子に微笑んだ。

アンシアが現れた場合、彼は自分に彼を押すように頼むでしょう。

ブレイクはアンシアの前で大人っぽく見せたかったから。

アンシアがそこにいなかったとき、彼はテステオンに幼稚な行動をしてくる。

今と同じように。

ブレイクがまだテステオンの腕の中にいる間に、エドンが彼らに近づいた。

「殿下は訓練を終えましたか?」

「はい、彼はあなたのトレーニングのおかげで最近改善しているようです」

「いいえ、殿下は才能があります。私は何も___」

「いいえ!エドンは良い先生です!」

エドンはブレイクを感謝の表情で見た。

「ですが陛下、毎日ここに来ても大丈夫なのでしょうか?お忙しいと聞きましたが・・・」

ブレイクはカシル事件について知っていたのでテステオンに尋ねた。

「大丈夫です。コリンが面倒を見てくれていますので」

「ええと・・・、コリン卿は大丈夫なのですか?」

「心配しないでください、私は彼にたくさんのお金を払いました」

「多額のお金を払っても、寝る時間がないのでは?」

ブレイクはコリンの深まる目の隈を思い出した。

「その通りですね」

「へへ」

「・・・」

父と息子の会話を聞いて、エドンは黙っていた。

コリンは高貴で、高給も支払われており、ハンサムで頭がいい。

しかし今、エドンはコリンに同情を感じるだけ。

おそらく、コリンは彼の生涯を通して皇帝によって過労になるでしょう。

過労のコリンへの同情を残して、エドンは父と息子がお互いに微笑んでいるのを見た。

この二人の関係が良くなったのは幸運でしょう。

アンシアがいなかったら、たとえ呪いが解かれたとしても、彼らの関係が回復するのは簡単ではなかったはずだから。

「パーティーの前に同年代の子供たちと一緒に遊んでみませんか?友情を築くことが役立つでしょう」

「別に・・・」

親切なアドバイスだったが、ブレイクはかなり酸っぱい反応を示す。

「エドン、私の年齢の子供たちについて何を知っていますか?」

「アカデミーでの日々を思い出すと、みんな少し荒れていました。剣を手にしたあなたほど可愛い人はいない。ああ、申し訳ありません」

ブレイクが成熟したように見えたかったことを知って、エドンはすぐに謝罪した。

「はい、私は可愛いです」

ブレイクはいつもアンシアから可愛いと聞いていたので、心に染み込んでいたのだ。

むしろ、彼は自分が可愛いという事実を受け入れた。

彼は今、彼自身の外見について何の複雑さも持っていない。

ブレイクがこの自信に満ちた男に成長することができたのは、すべてアンシアのおかげでしょう。

 



 

「陛下、何人かの子供たちを宮殿に招待しますか?」

「そうだな」

「必要ありま___」

アンシアが遠くからやってくるのを見て、テステオンは微笑んでブレイクを降ろした。

テステオンが彼を地面に置くとすぐに、ブレイクはアンシアに駆け寄る。

「アンシア!」

「ブレイク、今日のトレーニングは楽しかったですか?」

「はい!」

「わあ、本当に?それは素晴らしいことです!」

「いつかアンシアのためにドラゴンを捕まえるよ!」

「それは危険です!しないでください」

「危険なものは何もありません」

テステオンは、息子と娘のやりとりを笑顔で見ていた。

「ああ、デザイナーがそろそろ来ます」

「彼らは来なければなりませんでしたか?」

「なぜですか?彼らに会いたくないの?」

「多くの人が私を見るのは恥ずかしいです」

「デザイナーにはたくさんの部下がいます。たくさんの服や靴を試す必要があるので便利ですよ」

「私はアンシアと二人っきりになりたいです・・・。人が多すぎるのは嫌です」

テステオンは、アンシアの前でブレイクが恥ずかしがり屋で可愛い演技をしているのを見て混乱した。

「エドン」

「はい、陛下」

「皇太子は、いつもアンシアの前であのように振る舞っているのか?」

エドンは戸惑い、テステオンの質問を理解できなかった。

「ブレイクはアンシアの前で大人っぽく見せたかったのでは?」

「はい、その通りです」

「しかし、なぜ彼はあのように行動している?」

テステオンは、アンシアの前でまだ可愛い演技をしているブレイクを見た。

「彼は自分の見栄えを良くするために演技してます」

「だが、あれは成熟した姿には見えない」

「皇太子妃様は殿下の可愛い面が好きなのです。殿下は皇太子妃の前で成熟した行動をしたかったのですが、彼のか可愛い面で皇太子妃をもっと喜ばせたかったのでしょう」

「なるほど・・・」

「はは、それが愛の全てではないでしょうか?」

 



 

冷たい一面を出したブレイク。

カッコいいですね!

テステオンとブレイクの関係も改善されて、平和な光景を見ることが出来て嬉しいです♪

しかし、アンシアに聞こえた声とは?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【69話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は69話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...