目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【67話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は67話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

67話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【66話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は66話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 美女と野獣

リチャードは、状況にどう対処するかについて苦悩した後、結論に達した。

自分がテステオンを殺してフランクを追い払えば、次の皇帝はアーノルド・カシルになるでしょう。

無能なアーノルド・カシルを後ろから操り、ネオンさえも始末すれば、皇帝になるのは簡単なことだ。

カシル公爵が話すように、テステオンの弱点はブレイク。

呪いを解く方法があれば、彼は簡単にコントロールできるでしょう。

テステオンは呪いが解かれるという噂を広めた。

しかし、それは両刃の剣。

皇太子の呪いが時間の経過とともに解除されない場合、反発が発生する可能性もあるのだから。

テステオンがそれに気づかないはずがない。

彼はそれを知っていたにもかかわらず、それでも噂を広めた。

その理由は、ブレイクが明らかに危機的な状態にあるからでしょう。

リチャードはブレイクについて考える。

彼は呪われているが、少し羨ましかった。

彼はテステオンとアンシアに愛されているのだから。

今度こそ、皇帝を殺さなければなりません。

「ドミラム」

「はい、ご主人様」

ドミラムは隣でお辞儀をしながら答えた。

「私たちはもう一度噂を流す必要があります。今回の噂が皇帝の耳に届くように、王国全体に広げてください」

「・・・大丈夫でしょうか?」

ドミラムは不安そうな表情でリチャードを見る。

「大丈夫です。前回は慎重すぎました。その上、これは適切なタイミングです。国外の多くの人がお祭りを楽しんでいるので、ソースを追跡するのは簡単ではないでしょう」

「ですが、少し危険かと思われます」

「問題はありません。とにかく、すぐに皇帝を殺します」

私はテステオンを取り除く必要があるのだから。

リチャードは彼を尊敬していたが、彼は私の目標を妨害しているので、私は彼を生かしておくことができません。

 



 

その時ドアが開き、リチャードの僕が入ってきた。

「ご主人様!」

「どうした?」

「皇太子の呪いが解かれました!」

「・・・何?」

リチャードは自分の耳を疑った。

皇太子の呪いが解かれた?

あり得ない!

噂では、7年後に呪いが解かれると言われていなかったか?

「ジョンからのメッセージで、皇太子の呪いが解かれたと。宮殿はお祭り気分です」

ジョンは、リチャードによって皇太子の宮殿に植えられたスパイ。

彼は冗談を言うタイプではなかった。

本当に本当のことなのだろうか?

どうして?

呪いは何年も続いており、誰も呪いを解くことができないはず。

アンシアが光の女神から送られた少女だという噂は本当だったのですか?

リチャードが混乱している間に、外から馬の音が。

彼はすぐに窓を見た。

皇居の騎士たちがカシルの邸宅の中に入っていく光景が。

正面には皇帝の補佐官であるコリンの姿が。

間抜けなフランクは、1日足らずで全てを語ったのでしょう。

「ご主人様、とりあえず今は逃げましょう」

「いいえ、ここで逃げるわけにはいかない」

今逃げたら終わりだろう。

堕落した貴族、庶民、または奴隷として生きるよりも死ぬほうが良かった。

カシル公爵とフランクは刑務所に閉じ込められ、公爵夫人とネオンは恐怖に襲われ、寝室に閉じこもっている。

リチャードは家族の代表として、一人で騎士に挨拶する。

「何かあったのですか?」

まずは時間稼ぎをしましょう。

フランクの言葉だけで私を調査することはできないはず。

邸宅に残された証拠を隠すために時間を買う必要があった。

しかし、騎士隊長は彼に挨拶することさえせずに、すぐに部下に命じる。

「リチャード・カシルを拘束してください」

「どういうことですか!?」

リチャードはショックを受けた。

騎士団長の隣に立っていたコリンが口を開く。

「今朝、リチャード・カシルが警備員に賄賂を贈って犯罪者に連絡しているという報告がありました」

リチャードはコリンの口に笑顔を見た。

彼はテステオンの罠に嵌まったのだ。

テステオンの目的。

それは、本当の首謀者である自分を捕らえるために罠を仕掛けた。

気づくのが遅すぎた。

カシル家は終わりを迎えるでしょう。

リチャードは、しっかりと目を閉じた。

 



 

ブレイクの顔を見つめる。

呪いの文は完全に消えているので、私の心は喜びに満ちていた。

数日間、私は呪いが突然解除された理由に悩んでいた。

その結果、私は自分の答えを見つける。

キス。

ブレイクは花火を見ながら私にキスをしたので、呪いは解かれたのだ。

『獣と女』は美女と野獣を原作としたR-18小説。

多くの御伽話には、呪われた王女または王子とそのパートナーがいる。

呪いを解くために、彼らは真の愛のキスを必要としていた。

キスは、獣やカエルを御伽話の世界の元のハンサムな自己に戻し、美しい王女を目覚めさせることさえできます。

答えは「キス」

なぜ今気付いたのでしょうか?

オリジナルの小説も問題です!

私はブレイクの手をしっかりと握り、彼の手にキスをした。

「ア、アンシア。どうしたのですか?」

「私の夫はとても美しいので、私は自分自身を抑えることができません。・・・嫌でしたか?」

「いいえ!ちょっと恥ずかしいだけです・・・」

ブレイクの顔が赤くなった。

彼はさらに可愛くなる。

「何が恥ずかしいのですか?」

「妻が私をじっと見つめすぎています・・・」

「ですが、私たちは毎日お互いに会っているじゃないですか?」

「それでも、毎日恥ずかしいです・・・」

ブレイクは私の手を彼の頬で擦り、私を見つめた。

彼は恥ずかしいと言ったが、彼の行動は反対でしょう。

奇妙なことが一つだけ。

ブレイクの呪いが解かれる前に、私は夢を見た。

すでに大人になったブレイクと一緒に森の中を歩くという夢を。

彼の髪はそこで黒くなっていた。

なぜ私はそれを夢見たのでしょうか?

夢なのであまり意味がないかもしれませんが、なんとなく心配だった。

突然、ドアがノックされてメリッサが入ってくる。

「殿下、ペリオン子爵が到着しました」

「分かったわ。さあ、ブレイク。服を着る必要があります」

10日後、呪いの解放を祝うためにパーティーが開催される。

ブレイクの社交界の公式デビューであるため、準備することがたくさんあるのだ。

「ご挨拶申し上げます、皇太子殿下、皇太子妃殿下」

ペリオン子爵夫人の隣には小さな子供が立っていた。

彼女の髪とドレスは、まるで王室の舞踏会に出席するかのように贅沢に染まっている。

これは誰ですか?

私が見つめていると、ペリオン子爵夫人は明るく微笑んで女の子を紹介した。

「これは私の娘、シャロンです。シャロン、お二人に挨拶なさい」

「こ、こんにちは」

シャロンは少しお辞儀をし、そして彼女はブレイクから目を離すことができなかった。

その光景を見て、ペリオン子爵夫人が彼女を叱る。

「シャロン!礼儀正しくしてください!」

「え?」

「はは、申し訳ありません。シャロンはまだ若いので、コントロールするのが少し難しいようで」

シャロンは今年10歳の少女。

彼女は明らかに若いですが、私たちにきちんと挨拶するのに十分な年齢だ。

また、10歳は通常結婚する年齢。

ブレイクと結婚したとき、私は10歳でした。

「皇太子殿下の呪いが解かれたと聞いたシャロンが、殿下を祝福したいと申しまして。ですので、私は娘をここに連れてきました」

ああ・・・、そういうこと?

彼女は娘を一度も連れてこなかった。

娘とカシル公爵の3番目の子供であるネオンとの結婚に苦労していると聞いていたが、ブレイクの呪いが解かれ、カシル家が危機に直面したとき、ペリオン子爵はその考えを完全に放棄したようだ。

彼は娘を利用して、ブレイクを巻き込むことを考えているのでしょう。

貴族たちはかつて、呪われた怪物であるとしてブレイクを軽蔑していた。

しかし今、ブレイクの地位は変わった

彼は現在、アステリック帝国の堂々とした皇太子。

「シャロンは皇太子殿下より1歳年下です。殿下、皇太子妃殿下より若い女の子を初めて見たのではないでしょうか?彼女は年をとっていませんか?」

 



 

カシル公爵が想像以上のダメっぷりを発揮します。

自分に味方をする貴族が多いと本当に信じていますし、ウェンスティン侯爵も協力すると信じています。

自分の娘を侮辱された侯爵が、彼に協力するとは思えないのですが・・・。

そして、ブレイクの呪いも解かれたことを知ったら。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【68話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は68話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...