目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【66話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は66話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

66話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【65話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は65話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 愚か者の戯言

皇太子が亡くなった場合、アンシアが王女になり、新しい夫は皇帝になるという噂は広まった。

その噂を聞いて貴族の子供たちは焦り、アンシアを揺さぶろうとする。

皮肉なことに、彼らは同時に皇太子の呪いが解かれると信じていたことに。

激しい競争にもかかわらず、フランクは自信を持っていた。

『愛情を切望する少女の心を掴むのはそれほど難しいことではありません。彼女が可愛らしいのは安心です。ようやく、あの醜いウェスティン家の女に別れを告げることができる!」

フランクはウェスティン侯爵の娘と結婚しようとしていた。

カシル公爵は、多くの考慮の結果、この結婚を選ぶ。

フランクは彼女の外見に不満を持っていたが、彼らの富は帝国で最高の1つであり、彼らの影響力も計り知れない。

結婚式の日付がすでに設定されていたため、結婚を破ることは不可能だった。

リチャードは現実に気づかなかった彼の異父兄弟を見ながら、自信の苛立ちを抑える。

しかし、それはリチャードにとって有利でもあった。

フランクはギャンブル、アルコール、麻薬にハマっている。

彼を拘束するのはリチャードの義務。

リチャードはそれを利用して、フランクをパーティーに連れて行ったときに酔わせたのだ。

皇帝とカシル公爵はその時いなかった。

カシル公爵はテステオンを呼び、彼が皇太子の宮殿を訪れたことに抗議していた。

『あなたが私に逆らうなんて!堕落した伯爵の娘として適切な教育を受けたことがありますか?』

リチャードが予想したように、フランクは問題を起こし始める。

元々の性格はすでに悪いが、彼が酔ったとき、更にろくでなしに。

フランクがみんなの前で彼の本性を明らかにした後、リチャードはアンシアを救い、彼女の好意を勝ち取ろうとしていた。

すべてが計画通りに進んでいた。

それなのに・・・。

『もういい』

リチャードが介入しようとしたにもかかわらず、誰かが予期せず彼の前に介入したのだ。

それはテステオン。

皇帝はフランクを一言でノックアウトした。

リチャードはしばらくショックを受けていたが、それは悪い展開ではないと感じる。

アンシアの好意を得る機会を逃したが、候補者リストからフランクを排除することができたのだから。

フランクは物議を醸す発言をしたが、彼は家族から追放されるだけかもしれない。

しかし、カシル公爵が突然現れた。

『陛下、やめてください!』

フランク以外のもう一人の愚か者。

アーノルド・カシル。

彼は皇太子、皇族を嘲笑し、反逆罪と見なされる可能性のある息子の発言を擁護したのだ。

それだけでは飽き足らず、彼は皇帝にさえ怒鳴る。

テステオンはこの機会を逃さなかった。

 



 

「テステオン・・・!私は絶対に奴を許さない!」

リチャードは自分には人を見る目がないことに気づく。

これまで、彼はフランク・カシルが帝国で最も愚かな人間だと思っていた。

しかし、アーノルドは彼よりもさらに面倒だったのだ。

「父上、今はそれについて心配する時間ではありません。あなたたちは今、反逆罪で告発されているのですから」

「反逆?反逆だと!?」

カシル公爵は、状況の深刻さに気づいていないようだ。

「ですが皇帝が・・・」

「皇帝がなんだと言うのだ!私のフランクは何も悪いことを言っていない。怪物皇太子は呪われており、長生きしないのは事実なのだから」

テステオンはとても用心深い人物。

フランクとカシル公爵が刑務所に入れられたのは、単に王女に嫌がらせをしたからではない。

もちろん、彼らの発言は物議を醸しているが、それだけで反逆罪で起訴することはできなかった。

犯された罪と比較して、この種の罰は過度だ。

皇帝がこれを知らなかったわけがない。

それでも、テステオンは彼らが反逆罪を企てたと宣言した。

リチャードはテステオンの意図を推測する。

「皇帝は私たちに戦争を宣言しました。解決策を考え出す必要があります」

皇帝はカシル公爵の過去の罪を引き出そうとしているのでしょう。

彼らは宮殿にスパイを植え、皇帝、皇太子、皇太子妃を批判し、皇太子を嘲笑する世論を流した。

さらに、アーノルド・カシルは過去にテステオンの暗殺を企てている。

ブレイクが呪われたとき、カシル公爵はテステオンを殺して皇帝になることを夢見ていたのだ。

しかし、テステオンはすぐに状況に気づき、アーノルドは計画を諦めることを余儀なくされた。

それ以外にも、明らかにされていないことがたくさんある。

リチャードが警告したにもかかわらず、カシル公爵は落ち着いていた。

「証拠はありません。リチャード、お前はまず私たちをここから解放することを優先するんだ」

テステオンは皇居の西の刑務所にカシル公爵を閉じ込めて、カシルを帝国の宮殿の地下の東刑務所に送った。

フランクがいる場所は、囚人が通常罰せられる場所であり、拷問道具があり、施設は貧弱だ。

「フランクは自分の利益のために人々を簡単に裏切ります。彼に全ての責任を負わせてください」

そう告げると、カシル公爵はリチャードの頬を叩いた。

「貴様はろくでなしだ!何を言っている!?貴様がフランクの代わりになりたかったに違いない!」

「そうではありません、私はあなたを保護するために申し出をしただけです」

リチャードは公爵と彼の家族を嫌っていたが、それでも彼らの力は必要だった。

彼はカシル公爵が持っていたすべてのものを望んでいたのだ。

「フランクは将来の皇帝になる子供です!彼はとても貴重な存在です!いずれ貴族たちは私の側に立つに違いない。テステオンの影響力は強くても後継者がいないのだから。私の正義への訴えはすでに積み重なっているでしょう!ウェスティン侯爵も私に協力するはずだ」

「彼の娘が侮辱されたのです。それにもかかわらず、ウェスティン侯爵があなたを助けると信じているのですか?」

「ここから出て行け!なんて恥ずべきことでしょう。私はテステオンを決して許しません、そして私は彼に賠償金を払わせます!」

「閣下、落ち着いてください。フランクを自分の利益のために捨てなければなりません」

リチャードはもう一度彼を説得したが、アーノルドは再び彼を殴った。

「この恩知らずが!フランクが危機に瀕しているなら、あなたは彼を助けるべきだ!あなたはフランクのおかげで養われています!あなたは彼に恩を返す必要があります!」

「・・・」

「今日中に、私とフランクを解放しなさい。そうでなければ、私はあなたを家族から追放します!」

リチャードは返事をせずに刑務所を出た。

 



 

公爵は私が彼の要求に従うと思っているのだろうか?

リチャードは燃えるような怒りで家に帰った。

テステオンは現在、カシルを人質に取っている。

公爵家の堕落により、リチャードは皇帝になることができなくなり、カシルはその力と地位を失うでしょう。

「それならば、テステオンを殺すしかない」

 



 

カシル公爵が想像以上のダメっぷりを発揮します。

自分に味方をする貴族が多いと本当に信じていますし、ウェンスティン侯爵も協力すると信じています。

自分の娘を侮辱された侯爵が、彼に協力するとは思えないのですが・・・。

そして、ブレイクの呪いも解かれたことを知ったら。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【67話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は67話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...