目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【64話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は64話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

64話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【63話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は63話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 愚か者には罰を

「ブレイク、私は魔女ではありません。心配しないでください。あなたを守る人です。ですから、怖がらないでください」

怖くて震えるブレイクを慰めた。

それからブレイクはしばらく沈黙した後、明るく微笑む。

「はい、私も妻を守ります」

彼は毛布から出てきて、私をしっかりと抱きしめた。

ブレイクは本当に良い子だ。

 



 

光の女神がフィリップに力を与えた日を記念して、宮殿で大きなパーティーが開催される。

貴族、アカデミー、その他多くの代表者が、女神に感謝し、フィリップを称賛するために訪れた。

彼らがフィリップを称賛するのを聞くたびに、私はイライラする。

なぜなら、彼はブレイクが呪われた理由なのだから。

それでも、フィリップは英雄として賞賛され、犠牲者は軽蔑された。

お祝いのスピーチの後、パーティーが始まる。

テステオンはカシル公爵と一緒にパーティー会場を去った。

私は静かにダンスホールの隅まで歩いていく。

しかし、人々はまだ私に近づき、私に話しかけようとする。

特に男性は、ダンスを私に求めてくるのだ。

「皇太子妃殿下、私と一緒に輝かしいファーストダンスを踊ってみませんか?」

「申し訳ありませんが、今日は気分がよくありません」

「ですが一度だけなら・・・」

「踊りません」

「・・・」

ダンスのリクエストが殺到したとき、今日のリチャードがとても静かだったことを疑問に感じた。

すると突然、一人の男が私のところにやって来る。

銀髪で小さな目、酒の匂いがする男は、リチャードの異母兄弟であるフランクだ。

「1曲だけ」

彼は私に高慢なやり方で命じた。

それはエチケットに反していた行動。

しかし、フランクは皇帝の甥であり、新しい皇太子の候補である可能性が高いため、誰も彼の無礼を指摘することができない。

私はフランクの目を見て言った。

「踊りません」

「何!?」

フランクの表情が酸っぱくなる。

無礼な行為をした後に拒絶されたとき、彼のプライドは壊れた。

「貴様は私の誘いを逆らうというのか!堕落した伯爵の娘として適切な教育を受けたことがないのか?」

雰囲気が冷たくなった。

たとえ彼が新しい皇太子の候補者であるとしても、今、暴言を吐いた相手は皇太子妃。

フランクの失礼な発言には誰もが驚いたが、彼は話をやめなかった。

「誰もが馬鹿ではありません。解き放たれる呪いについての愚かな噂を信じる人は誰もいないでしょう。私は次の皇帝です!このフランクが皇帝になります!あなたは私を過小評価しているようですが、あなたの夫が皇帝ならば、それはあなたが私のものになることを意味します!あなたは未来の夫の誘いを無視するというのですか!」

彼が失礼な言葉を注ぎ続けたので、私はかなり不機嫌だった。

フランクは傲慢な人間だ。

カシル公爵はフランクを気遣い、彼はフランクが次の皇帝になるだろうと思って彼を称賛し続けてきた。

フランクも、自分を次の皇帝だと思い込んでいる。

しかし、大切な人々が集まるパーティー会場でそんなミスをしないように、普段は気をつけていたはずだ。

私はパーティー会場で彼に何度か会ったことがあるが、こんなことは初めてだった。

まさか・・・。

リチャードの方を見る。

誰もがショックを受けていたが、リチャードは笑っていた。

これは彼の策略の1つに違いありません。

彼は故意にフランクにお酒を与え、それが彼を酔わせたのでしょう。

「フランク様、もうおやめください・・・」

ウェスティン家の娘であるフランクの婚約者が立ち上がって彼を止めるが、フランクは彼女を乱暴に振り落とした。

「私に指図するな!あなたがウェスティン家の出身でなければ、私はあなたを婚約者にすることさえしません!ああ・・・、もうあなたの家族は必要ないので、迷子になってしまいますね!」

「フランク様・・・」

誰もがショックを受けていたが、リチャードの唇の笑顔は大きくなる一方だ。

「カシル卿、あなたは立ち去るべきです。あなたは今、とても酔っています。今日のあなたの無礼については後でお聞きしますので」

召使いを呼ぶために手を上げると、フランクが私の手首を乱暴に掴んだ。

「私に指図するなと言ったはずだ!」

「何をするのですか!離して!」

「私はアステリックの皇帝です!私は皇帝です!怪物は死ぬのだから、あなたは私のものになるだろ____、ぐああああああああ!」

突然、フランクは悲鳴を上げて床に倒れる。

「誰だ!皇帝である私に対して無礼を働くの・・・は・・・」

テステオンはフランクを見下ろしていた。

「お父様・・・」

「アンシア、大丈夫ですか?怪我をしていませんか?」

彼は私に大きな抱擁を与え、私を慰めてくれた。

「私は大丈夫です」

フランクが慌てて口を開く。

「陛下!先ほどの行為は、私の意思ではありません!」

テステオンを見た後、彼は酔いが覚めたに違いない。

「王女が最初に私を誘惑したのです!」

フランクは結局私を責めた。

剣が彼に向けられる。

大きなパーティー会場に沈黙が訪れた。

人々は皇帝の存在に圧倒されたが、誰も彼を止めようとは思わなかった。

フランクは皇太子をみんなの前で怪物として侮辱し、もうすぐ死ぬと言ったのだ。

もちろん、人々はいつもこれを秘密裏に話している。

しかし、ブレイクはまだこの帝国の皇太子。

彼が呪いの後継者であったとしても、人々は皇帝と皇太子の前でそれを決して言うべきではない。

さらに、フランクは自分自身を帝国の皇帝と呼んだ。

このような状況下で、フランクを支持する貴族はいないでしょう。

たった一人だけが彼の味方をしたが。

「陛下、やめてください」

カシル公爵はテステオンを止めようとした。

「フランクは陛下の甥です!ちょっとした間違いにもかかわらず、どうしてこのような行為ができるのですか!?」

「ちょっとした間違い?」

誰もが息を呑んだが、カシル公爵はまだ自信を持っていた。

「はい、彼が酔っているなら、それは間違いです!フランクが酔っていたことが分かりました!」

「閣下、そこまでに・・・」

変化した雰囲気を読んで、リチャードはカシル公爵を止めたが、彼はさらに大きな声で叫んだ。

「それに、彼は自分の意見を表明しているだけなので、何か問題がありますか?」

「理解しました」

「理解していただけたようで何よりです、陛下」

カシル公爵は口角を上げた。

彼はテステオンに勝利したことでとても嬉しそうだ。

フランクが素早く立ち上がる。

テステオンは二人の男を見た。

「愚か者には何を言っても理解できないということを、私は理解したのです」

「愚か者!?私は馬鹿ではない!」

カシル公爵は抗議しようとしたが、テステオンは彼を無視する。

「カシル公爵と彼の長男を刑務所に連れて行きなさい。彼らは反逆罪で起訴されるでしょう」

「な、なに?陛下、それはどういう意味でしょうか?」

カシル公爵は目を大きく広げた。

状況を把握を把握できないまま、カシル公爵とフランクはすぐに騎士たちに連行される。

この事態には、リチャードも想定外だったようだ。

彼も動揺を隠しきれていない。

テステオンが私に近づく。

「アンシア、あなたは怖かったに違いありません。遅れてしまって、すまなかった」

「いいえ、私は大丈夫ですから」

彼が私を抱きしめて、私もそれに応じて彼をしっかりと抱きしめる。

 



 

フランクの事件で良いことが1つだけ。

一晩中続くはずだったパーティーが早く終わり、私は早くアモリア宮殿に戻ることができたのだ。

「アンシア、どうしてこんなに早く戻ってきたの?」

「夫が恋しかったからです」

「・・・何かあったのですか?」

ブレイクは機知に富んでいる。

私はできるだけ明るく話そうとしたが、彼はすぐにそれに気づいたようだ。

「ブレイクと花火を見たかったので早く帰ってきました」

「本当に?」

「本当です」

お祭りの最終日には、花火が打ち上げられる。

宮殿から見るのに十分な大きさだった。

「じゃあ、急ぎましょう」

「分かった」

アモリア宮殿の最上階にある小さな屋根裏部屋。

あまり使われるスペースではなかったが、メリッサは事前に掃除をしてくれたようだ。

「メリッサとハンスは広場にいますよね?」

「はい、彼らは広場で花火が始まるのを待っています」

今日はメリッサとハンスに休暇を与えた。

彼らは両方とも拒否したが、私は彼らに一緒に時間を過ごすように命じたのだ。

この時点で、彼らはおそらく自分たちの関係を隠すのを忘れて、一緒にデートを楽しんだでしょう。

「私たちは同じ権利を行うことができますか?」

 



 

ここでカシル公爵とフランクが退場しました!

公爵家はどうなるのでしょうか?

リチャードの立場もマズイのでは?

テステオンの容赦ない断罪に、リチャードも驚いたことでしょう。

ですが、これを機に彼は動き出すかもしれませんね。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【65話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は65話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...