目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【62話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は62話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

62話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【61話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は61話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 過去の思い出

全国に広まった噂と、この噂には根本的な違いがある。

フィリップ皇帝が女神を裏切り、その見返りに呪われた。

しかし、それを知っている人はごく僅かだ。

ほとんどの人は、光の女神が堕落した魂や帝国の暴君を呪ったことを知っている。

しかし突然、噂に変化が発生した。

『光の女神は怒って、フィリップ皇帝の子孫を呪った。それは光の後継者のせいではありませんでした。フィリップ皇帝の罪は彼の子孫を窮地に立たせたのだ』

その噂は事実をはっきりと述べている。

この噂を広めた人は、呪いについての真実を知っている人物。

そして帝国では、この真実を知っていたのはほんの僅か。

知っていたのは皇帝、大祭司、カシル公爵だけ。

リチャードはまた、カシル公爵をスパイすることによって情報を得たのだ。

いずれにせよ、3人のうち、テステオンだけが、アステリック帝国の最初の皇帝の名誉を毀損したとしても、皇太子を保護することをいとわなかった。

「なぜ皇帝はそれをしたのですか?」

皇太子が倒れた後、皇帝は変わった。

彼は頻繁にアモリア宮殿を訪れ始め、皇太子と一緒に時間を過ごし始める。

さらに、彼は皇太子の使用人たちに贈り物を送った。

貴族たちは最近の発展について、沈黙を続けている。

理性的なテステオンが突然態度を変えたとき、皇帝が呪いを解く方法を見つけたようだという噂が広まったから。

多くの人が呪いはすぐに解除されると話す。

クソッタレ。

「皇帝は本当に呪いを解く方法を見つけたのか?」

「そんなはずがありません。そのような方法があれば、呪いはすでに解かれているでしょう」

何年もの間、無数の皇帝が呪いを解こうとした。

しかし、結局、それらはすべて失敗に終わる。

リチャードは口角を上げた。

「多分それは反対だ」

「・・・どう言う意味ですか?」

「皇太子の余命が、あと少しなのだろう」

ブレイクはあと数日しか残っていなかったので、テステオンは最後の瞬間を息子と過ごしたかったのだ。

しかし、貴族たちはテステオンが皇太子を訪ねていたことを知るとすぐに抗議してきた。

だからこそ、皇帝は呪いがすぐに解除される方法についての噂を使用したのでしょう。

そう考えれば合理的な話だった。

「急がなければならない」

リチャードは大きな笑顔を浮かべる。

ブレイクが死んだ場合、アンシアは王女になり、彼女の新しい夫が皇帝に。

だから私はできるだけ早くアンシアを私のものにしなければなりません。

 



 

光の祭典が始まる。

光の女神がフィリップに力を与えた日を祝う光の祭典は15日間続く。

「テリー、七面鳥の準備をお願い。七面鳥の丸焼きを作ります」

本当はローストチキンを作りたかったけれど、お祭り気分を出すには七面鳥が一番です。

「皇太子妃様、今日も料理をするのですか?」

「はい。アップルパイを作ります!」

「皇太子妃様、私にも働く機会を与えてください」

テリー料理長がふざけて言った。

自分の料理が光の力を持っていることが分かったので、私は1日も飛ばさずにブレ
イクの食事を用意している。

「皇太子妃様。最近は毎日料理をしていませんか?テリーと私が七面鳥を作りますので、広場に行ってみませんか?見るべきものがたくさんあります」

メリッサもまた、友好的な方法で行くように促してくる。

「混雑しているときは好きではありません」

率直に言って、本当は私もお祭りに行きたかった。

しかし、後でブレイクの呪いが解かれたとき、私は彼と一緒にお祭りに行くことができる。

「メリッサは、ハンスと一緒に行かないの?」

「な、な、なんでハンスと!?」

どうして?

アモリア宮殿の誰もが彼らが付き合っていることを知っていると思っていた。

しかし、彼女が恥ずかしがるのを見て、私は彼らが密かに付き合っていると感じる。

ええと・・・、彼女がまだそれを明らかにしたくないのなら、私はそれを保護しなければなりません。

「テリー、お兄さんと一緒に出かけなさい。光の祭典は年に一度だけです」

「私はお祭りにうんざりしています。お祭りの時はいつでも、大勢のお客さんのために料理をして死ぬ思いでしたから。仕事帰りに帰宅しても、うるさくて休憩が取れませんでした。あれは酷かった」

テリーは首を横に振って、彼がレストランで働いていたときのことを思い出したようだ。

「酷い?皇太子妃様、彼の言葉を信じてはいけません。お祭りはとても楽しいです。見るものがたくさんあり、食べるものもたくさんあり、それは間違いなく良い思い出になるでしょう」

メリッサが再び、私にお祭りに行くように促した。

「皇太子妃様、あなたは最近料理で忙しいです。心をリフレッシュしてみませんか?」

何かがおかしい。

これまでに、メリッサが私にこれほど多くのことを促したことはなかった。

「メリッサ、どうしたの?」

「いえ、別に・・・」

彼女は慌てて手を振った。

それはそれをさらに疑わしい素振りでしょう。

「教えなさい!」

 



 

1時間の質問の後、私はついにメリッサから真実を聞く。

ブレイクが、彼女に私をお祭りに連れて行くように頼んだのだ。

自分のせいで私がお祭りに行かなかったと彼は思っている。

テステオンもそうだった。

ブレイク以外にテステオンも心配しているとは知らなかった。

その夜、私はブレイクと話した。

「ブレイク、私はお祭りが好きではありません」

「アンシア、どうして?」

「人が多いので怖いのです。迷子になりたくありません」

「迷子?」

ブレイクの顔は青ざめた。

「はい、私は小さい頃に広場に行きました。そして私は道に迷いました」

これは本当の話だけれど、それは私の過去ではない。

それは元のアンシアが経験したこと。

彼女の実の父親であるギルバート・ベラシアンは、かつて、広場の真ん中でアンシアを捨てて、一人で戻った。

彼は娘を捨てたのだ。

「幸いなことに、人々のおかげで無事に家に帰ることができました」

アンシアが家に戻ったとき、ギルバートは目に見えてイライラしていた。

その日を考えるのは悲痛でしかない。

実際に体験していないが、あの日がアンシアにとってどれほど悲痛だったか想像できる。

もちろん、恐れとトラウマは異なるもの。

アンシアの記憶は私の心に残っていたが、それは私がお祭りに行きたくなかった理由ではない。

ブレイクを一人にしたくないのだ。

私が一人で行くなら、私はブレイクのことしか考えないでしょう。

そんな状態で、私が楽しめるわけがない。

しかし、私がそう言うとブレイクは動揺するので、私は彼に別の言い訳をした。

「ごめんなさい、アンシア。・・・私は知りませんでした」

ブレイクの頭を撫でてニヤリと笑う。

「どうしてブレイクが謝るの?」

「ですが・・・」

「ブレイクはお祭りに行きたくない?」

「いいえ」

本当に?

原作では、ブレイクはお祭りを一度しか見ていない。

ブレイクの最初の味方だったジェーンは、彼に自分と一緒にお祭りに来るように頼んだ。

ブレイクが望まないとき、ジェーンは偽の涙を流す。

結局、彼はお祭りに行くことを決心した。

一緒に宮殿からこっそり抜け出し、ブレイクは顔全体を覆う大きな仮面でお祭りを見物する。

ブレイクはお祭りを楽しんだが、幸せは長くは続かない。

メイドのジェーンはリチャードによって植えられたスパイであり、彼の命令で彼女はブレイクをお祭りに連れて行ったのだ。

そして、彼女は意図的にブレイクの仮面を外して叫ぶ。

「怪物皇太子が現れた!」と。

それから広場の人々はブレイクを見て悲鳴を上げた。

彼に石を投げつけた人も大勢いる。

ブレイクはこの事件でひどく傷つき、さらにテステオンはこの事件のためにカシル公爵に襲われた。

テステオンは負傷した息子を慰めたいと思ったが、彼を守るために、2人の間の誤解が深まることに。

 



 

リチャードの予想は大外れですが、彼はまだアンシアのことを諦めていません。

それは、アンシアのことが気になっているから?

それとも皇帝になって復讐したいから?

どちらにしてもブレイクがいますので、それは叶いそうにありませんが。

お祭りには二人とも参加しないのでしょうか?

気になります!

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【63話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は63話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...