目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【61話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は61話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

61話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【60話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は60話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 一番幸せな時間

テステオンは私を信じてくれたの?

彼が将来をあまり心配しないことを願っていた。

「アンシア、私はあなたを信じます」

「本当ですか?」

「自分の娘を信じられないのなら、他に誰を信頼すればいいのですか?」

そう言って、テステオンは微笑んだ。

「今日は来てくれてありがとうございます、お父様」

「私に感謝する必要はありません。ブレイクの世話をあなたに任せることで負担をかけてきたのだから」

「ブレイクは負担ではありません!彼は私の宝物です!お父様、あなたが彼の父親だとしても、次回は怒りますよ!」

「すまなかった・・・、私は間違ったことを言ってしまったのだな」

彼は私の頭を笑顔で撫でた。

「本当に申し訳ないと思っているのでしたら、明日も来てブレイクと遊ぶ必要があります」

「来ないように言われたとしても、毎日来ます。アンシア、そんな心配はしないでください」

テステオンの中で何かが変わったと感じる。

彼は以前のように多くのことを心配しなかった。

「なんでしたら、私がアモリア宮殿に移動することもできますよ」

 



 

まだ眠っているブレイクの顔を見つめる。

約束通り、テステオンはブレイクに剣術を教えるために毎日アモリア宮殿を訪れてくれた。

エドンはブレイクの剣術を非常によく教えたことで認められ、彼は高価な剣を与えられた。

そして、テステオンは他の使用人にもプレゼントを与えたのだ。

ブレイクとテステオンの関係は、幸せな日々が続くにつれて良くなっていくが、私は安心できなかった。

私の心はブレイクの呪いに満ちていた。

ブレイクの呪いを解くための方法はあるのに、その問題が私の心を支配していたのだ。

なぜこの物語は、R-18小説でなければならないのですか?

実際には、小説のR-15バージョンもある。

けれど、クリーンバージョンでも違いはなく、一部のシーンだけが詳細に説明されていないだけ。

なぜブレイクは小説とは異なった行動をしているのでしょうか?

ブレイクが成長したときに変わる?

成長すると、彼は本当にセクシーな魅力を吐き出すハンサムな男になるのでしょうか?

ウサギが成長すると、本当にオオカミに変わる?

ウサギはウサギのままで、オオカミはオオカミのままのはずだけれど。

けれど、もしかしたら・・・。

ブレイクが本当に眠っているかどうかをチェックし、彼の頬に触れた。

彼の頬はとても柔らかい。

ああ、私は多くのことを考えすぎています。

その上、ブレイクの呪いが解かれるまで待ちきれない。

ペカンは、私が持っている光の力が呪いがそれ以上広がるのを防いでいると言ってくれた。

しかし、それは痛みがなくなるという意味ではない。

呪いは今でもブレイクを悩ませ続けており、彼は何年も前と同じように苦しんでいる。

ブレイクの痛みは、彼の呪いが解かれない限り続く。

自分に出来ることから始めよう。

そのために出来ることはブレイクに料理を作ること。

ペカンは私の料理には光の力があると言った。

私が作った料理をたくさん食べてくれれば、呪いが広がるのをこれ以上に防げるのではないでしょうか?

私は彼のために1日3食を作り始める。

「ブレイク、このきのこの卵を食べてみてください」

「はい!これはとても美味しいです!」

「もっとスープを飲んでください」

「分かりました!」

「デザートはミルクプリンです。お父様が贈ってくださったミルクから作りました」

理由はわからないけれど、テステオンは最近、毎日のようにミルクを送ってくれた。

待って・・・。

それは、ブレイクが成長する必要があると私が言ったから?

「ブレイク、おやつにはどんな食べ物が欲しいですか?」

「アンシア・・・、お腹が破裂しそうです」

ブレイクは自分のふっくらとしたお腹に触れていた。

「お腹がとても可愛いので心配しないでください」

「・・・」

「夕食は何がいい?」

「いりません」

「どうして?体調が悪いのですか?」

「・・・これ以上、お腹が大きくなりたいからです」

「え?」

「私は毎日たくさん食べて、お腹が大きくなりました」

「あら!」

ブレイクのお腹を見ると、彼はたくさん食べたので、お腹は大きくなっていた。

「心配しないでください。大きくなると、陛下と同じくらいハンサムになります」

「本当?」

「もちろん、あなたは私の夫ですから」

「えへへ」

ブレイクは私の賞賛に笑ってくれたので、私もそれに応えて笑う。

ブレイクが笑っていたときが、私の一番幸せな時間。

いつもそうだった。

 



 

『光の女神が少女を送り出しました。少女はアステリックに光を当てました、女神の呪いは彼女によって解除されます』

リチャードはドミラムによって与えられた報告書を読み、最終的にそれをくしゃくしゃにした。

ブレイクとアンシアが結婚したので、皇太子の呪いが解かれるという噂が出回っている。

『テステオン皇帝は罪を犯しませんでした。代わりに栄光をもたらします。彼の息子は悪になることはできません。女神は間違いを犯したに違いありません。彼女はきっと呪いを解くでしょう』

『アンシア王女は女神から送られてきました。女神は彼女の過ちを解放し、アンシアを送って王子の呪いを解放しました』

『王女はいつも彼のそばで明るく笑っています。皇太子が本当に怪物であるなら、王女はそれほど幸せではないでしょう』

『皇太子は祝福されています。呪いはすぐに解除されると確信しています。アンシア王女が呪いを解き放ちます』

『陛下が皇太子を南の島に行かせなかったのには理由があるに違いありません』

『女神の呪いは千年後に解除されるでしょう』

『呪われた皇太子は宮殿に住んでいますが、多くの人は呪いが解かれると信じていたので、抗議しませんでした』

帝国の1,000周年後に女神の呪いがどのように解除されるかについての噂が急速に広まり始めた。

リチャードがそのような噂を聞いたとき、彼は最初、それらを無視していた。

それは愚かで馬鹿げていたから。

皇太子はテステオンの影響で宮殿に留まることができている。

強力な皇帝の前に、貴族たちは口を閉ざすことを余儀なくされたのだ。

リチャードは、テステオンがブレイクの父親であるため、またはアンシアと1,000年の物語のために、呪いが解除されるという噂について考えた。

今年は993年目。

ブレイクは1,000年目になると18歳に。

庶民だけでなく、一部の貴族も噂を信じている。

それは人々の願いから生まれた噂。

とにかく呪いは解かれないのだから、ブレイクが死ぬと噂は自然に消えるはず。

しかし、先月から別の奇妙な噂が広まった。

『光の女神は、フィリップが大いに罪を犯したとき、怒り、呪った。何年にもわたって、アステリック帝国は繁栄し、豊かに祝福されてきました。大地には花が咲き、多くの人が笑いに満ちています。光の女神は呪いを解くことを決心し、少女を皇室に送りました。呪いは1,000年目にアンシアによって解除されます。同時に、皇太子はアステリック帝国に栄光をもたらすでしょう』

リチャードはドミラムに広まった噂を集めるように命じる。

しかし彼はただ一つの事実を確信していた。

「テステオンが動き始めたに違いない」

多くの噂が前もって広まっている。

「おそらく、それは光の祭典のせいでしょう」

毎年6月に、光の女神がフィリップに力を与えた日を記念して、光の祭典が開催される。

帝国の建国を記念する2番目に大きなお祭り。

全国が何日もお祭り気分になり、地域間の交流も活発だ。

その地域で人気のあった食べ物、ファッション、文化が全国に広まっていく出来事。

 



 

呪いが広がるのを防ぐことはできますが、根本的に治すには、やはり接触するしかないのでしょうか?

ペカンも具体的な治療方法は知らなかったようですし・・・。

そして久しぶりに登場したリチャード。

彼はまだアンシアのことを諦めていないようですね。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【62話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は62話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...