目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【60話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は60話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

60話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【59話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は59話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 穏やかな光景

テステオンの腕に乗り、私は下を見る。

地面から少し高い景色は、いつも見ている景色と違った。

頭を向けると、ブレイクの赤い耳が見える。

彼は不満を持ってため息をついたが、父親にもう降ろすように言わなかった。

彼の小さな手はテステオンの首を優しく握っている。

とても穏やかな光景。

私たちが訓練場に到着すると、テステオンは私たちを降ろした。

テステオンが腕を緩めるとすぐに、ブレイクはすぐに腕から離れる。

「さあ、帰ってください!」

ブレイクは不快だったが、テステオンは中に入り、側面にある木製の剣を手に取った。

「これでトレーニングをしているのか?」

「普段は本物の剣を使っています!けれど、しばらく休んでいたから・・・」

ブレイクの声は徐々に小さくなる。

彼は木刀を使っているのが恥ずかしかったようだ。

普段は本物の剣を使って修行してたが、病気になった後、木刀での修行に一時的に戻ることになった。

「そうか」

テステオンはブレイクに木刀を投げ、別の木刀を手に取る。

彼は戦おうとしているのでしょうか?

テステオンは剣術に優れていた。

帝国騎士の中で最高のエドンによると、彼はテステオンより劣っているらしい。

ブレイクの目は、帝国で最も強力な男と戦えるという純粋な喜びに満ちていた。

テステオンはブレイクを反対にして中央に歩く。

「二人とも頑張ってね!」

テステオンは冷淡に見えますが、実はフレンドリーな人だ。

彼がブレイクと戦うならば、彼は息子に親切に教えると同時にブレイクをより強くするでしょう。

それは彼らの父と息子としての関係を回復するかもしれません。

しかし、1分も経たないうちに、私の考えは打ち砕かれた。

「ああ!」

ブレイクが剣を振ろうとして地面に倒れたため、バランスを失う。

テステオンは息子を見たまま。

「立ちなさい」

彼はブレイクに休憩を与えなかった。

自分の息子であるにもかかわらず、優しさが微塵も感じられない。

もちろん、テステオンが全力を発揮すれば一瞬で終わってしまうでしょう。

しかし、私が期待していたのは、父と息子の剣の戦いからはほど遠いものだった。

「申し訳ありません」

テステオンにもっと優しくするように頼むつもりだったが、ブレイ微笑みながら立ち上がり、剣を握っていた。

その光景を見て、私は口を閉じる。

ブレイクは、父が自分に優しくすることを望んでいないようだから。

むしろ彼らは、この状況を楽しんでいた。

「握力が弱いから剣が落ちるのだ。この状態では本物の剣を持つことはできない。自分を危険に晒すだけだ」

「気をつけます」

「来なさい」

「はい、陛下」

ブレイクは最善を尽くしたが、テステオンにはまったく触れられなかった。

時が経つにつれ、ブレイクは疲れ、剣の握りが緩んでいく。

 



 

ちょうど1時間後、テステオンは剣を下ろした。

「待ってください!私はまだ戦えます!」

ブレイクは剣を握ろうとして、よろめく。

しかし、テステオンは断固としていた。

「明日も続けましょう」

「・・・明日も来るのですか?」

そう尋ねたのはブレイクの方。

彼はいつも、テステオンが来たかどうかを気にしていなかったのに。

しかし今、彼はテステオンに再び会うことを必死に望んでいたのだ。

テステオンは笑顔を浮かべて、ブレイクの髪を撫でる。

「ああ、私は毎日来る」

「・・・」

「非常に一生懸命練習している。頑張ってきたのだな」

「いいえ、そんなことはありません。からかわないでください」

「あなたの年齢では、剣をきちんと握ることさえできないはず。エドンはあなたによく教え
てくれた」

「本当?エドンに褒賞を与えてくれますか?」

「ええ」

テステオンが彼を称賛したとき、ブレイクはとても幸せそうに見えた。

「わあ!」

ブレイクは、突然テステオンに不注意に抱えられる。

「降ろしてください!」

「歩く力も残っていないだろう?」

「歩けます!」

「おんぶの方が良かったか?」

「結構です!」

「一緒に馬に乗ろうか?」

「いいえと言ったはずです!」

ブレイクの顔が赤くなり、テステオンの口には笑顔が。

ブレイクをからかうのは本当に楽しい。

彼もそれを知っていて、息子をからかっているのでしょう。

「アンシア、ここに来なさい」

テステオンは私に身振りで示したので、私は慌てて首を横に振る。

「あ、歩けますから!」

テステオンに抱かれることは楽しい経験だったが、私はそれを二度もしたいと思わない。

抱っこされる年齢を過ぎたのだから!

しかし、彼は片方の腕で私を抱きしめた。

結局、2人は以前と同じ位置に。

ああ、恥ずかしい・・・。

 



 

テステオンは結局、皇太子の宮殿に泊まり、私たちと一緒に夕食をとった。

「剣を振るのと同時に動くのは難しいです。私には剣士の才能がないのでしょうか?」

「あなたはより多くの経験を積む必要があります。より多くの練習をし、そしてそれに慣れる必要があります」

二人は同じ興味を共有しているので、会話は食事の間ずっと続いた。

「アンシア、これを食べてみてください。とても美味しいです」

「ブレイクありがとう」

「・・・名前で呼ぶことにしたのか?」

無礼だと警告しようとしているのでしょうか?

私は慎重に頷く。

「はい」

「ブレイクは最近良い夫になっているのだな」

「いや、そういうわけでは___」

「私は最初から良い夫でした!」

ブレイクは私が答える前から怒っていた。

「そうです、私の夫はとても信頼できます」

テステオンは笑い出す。

「ははは、ええ。舌を滑らせました。申し訳ありません」

「次回はもっと気をつけてください」

ブレイクが反論したとき、皇帝は再び謝罪した。

全体的なシーンはとても暖かくて楽しいように思える。

この幸せが続くことを願っていた。

「アンシア」

「はい、お父様」

「あまり期待をしないでください」

思いがけない発言に心が沈んだ。

「・・・どう言う意味ですか?」

「私は呪いを解くために多くの方法を試みました。他国には、呪いを解くことができると主張する王室や教会もありました。しかし、結局、それらはすべて失敗に終わりました。銀漢は優れた能力を持っていたにもかかわらず。魔法と呪いは違います。ですが、あなたは光の後継者なので、より良いチャンスがあるかもしれません。しかし、あまり期待しないでください」

テステオンは、私が期待しすぎて絶望に陥るのではないかと心配していたのだ。

彼は私が過去に感じた痛みに苦しむことを望んでいない。

しかし、心配することは何もなかった。

私は光の後継者であり、女神の呪いを解くことができる唯一の人。

「お父様、今回は違います。私を信じてください!私は呪いを解除する方法を知っています」

「・・・アンシア、あなたは方法を知っているのですか?」

「はい、私は___」

小説の中のシーンが頭を通り抜けた。

R-18のシーンを・・・。

「えっと、光の後継者はそれを破るために呪いの相続人と密接に接触する必要があります」

話をすればするほど、恥ずかしい思いをする。

どう説明すればいいのでしょうか?

「接触?」

「はい、お互いに近づく必要があるため、現在は機能していません。しかし、ブレイクの呪いは間違いなく解除されます!もう少しお待ちください!」

テステオンは、物事を理解していないかのように私を見つめた。

「ブレイクが成長するまでもう少し待ってください!そうすれば呪いが解かれます!ですから、お父様がそれについて心配する必要はありません!」

「ああ・・・」

どういうわけかテステオンも恥ずかしそうに見えた。

「理解していただけましたか?」

彼がうなずいたので私は注意深く尋ねる。

「確かに、もっと時間が必要ですね・・・」

「はい!ですから、もう少しだけ待っていてください!」

 



 

最高です!

吹っ切れたテステオンの行動が最高ですね!

ブレイクも父親に稽古をつけてもらって嬉しそうです♪

そして、呪いを解除する方法を理解するテステオン。

少し気まずくなりますね(笑)

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【61話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は61話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...