目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【59話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は59話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

59話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【58話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は58話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 二人の時間

私はペカンがくれたブレスレットに触れる。

不思議な輝きを放つ宝石で作られたブレスレットは、クリアな音を出していた。

ペカンは無事だと私は聞いた。

銀漢が彼を守るためにチャンに戻ったから。

テステオンは、彼が皇帝になるのを助けるためにあらゆる種類の支援を提供すると述べたそうだ。

銀漢は自分の運命を変えた。

リチャードの手で死ぬ脇役ではなく、チャンの皇帝に。

兄が戻ってきたのでペカンは幸せになるのでしょうか?

しかし、私たちは再び出会うことができるのでしょうか?

とにかく、原作はすでに変化している。

元々の光の後継者はダイアナではなく、私自身。

私がブレイクの呪いを解くことができるのだ。

嬉しかったけれど、1つの懸念が。

じゃあ、どうすれば呪いを解くことができるのか・・・。

原作だと、ブレイクとダイアナは一緒に熱い夜を過ごす。

その結果、光の力が活性化され、ブレイクの呪いが解かれるのだ。

要するに、呪いを解くには、お互いに「接触」する必要があるということ。

そうでした・・・。

ブレイクがとても純粋なので、ここがR18の小説であることを忘れていた。

そんなことを考えていると、ブレイクはドアを開けて入ってくる。

「アンシア!」

彼は笑いながら私に駆け寄った。

「ブレイク」

「アンシア、今日はどうしてそんなに悲しそうに見えるの?」

彼は心配そうな表情で私を見上げる。

「あなたが悲しんでいるのは、銀漢のせい?」

「え?」

「銀漢が去って悲しいのですか?」

「いいえ、なぜ私が悲しむのでしょうか?彼ら兄弟が家に帰ったのは素晴らしいことです」

「黒猫を見たくないのですか?」

「黒猫?」

なぜ猫の話に?

ブレイクは銀漢について話しているはずでは?

「猫をしばらく見ていないはずです。アンシア、あなたは黒猫が恋しいですか?」

私が彼の質問に笑っているときも、ブレイクは真剣な表情を浮かべていた。

「いいえ」

「本当?」

「もちろんです。ブレイク、二人とも家に帰った今、あなたは寂しいのですか?」

「いいえ。アンシアが言ったように、彼らが戻ったのならば、彼らは両方とも幸せになるでしょう。ペカンが回復して嬉しいです。その上、なぜ私が孤独になるのでしょうか?私には妻がいます」

ブレイクは私の顔に触れて、私の頬に自分の頬を擦り寄せる。

今日の彼は異常に可愛かった。

「ブレイク」

「はい?」

「いつ成長するのですか?」

「・・・は?は!?私はもう成長しました!」

ブレイクは声を荒げるが、その姿も可愛かった。

「ブレイク、私はあなたの呪いを解く方法を見つけました」

銀漢とペカンが出発した後、私はブレイクとテステオンに、私が光の後継者であり、ブレイクの呪いを解くことができると話したのだ(R18の部分を除いて)

その話を聞いて、ブレイクはとても幸せそうだった。

今もそう言ったら、彼は明るく笑う。

「はい。アンシアは私から離れません。私もアンシアから離れることはできません」

彼は、自分の呪いが解かれるという事実よりも、私が彼から離れないという事実にもっと満足しているようだった。

かつて子供を置き去りにすることを考えたときは、本当に気分が悪かった。

しかし、申し訳ないけれど、彼はまだ子供。

原作だと、彼は間違いなくセクシーさに満ちた謎の男性だった。

「私に呪いを解いてもらいたいのなら、もう少し成長する必要がありますね」

「私はもう大人になりました!」

よく見ると、彼は確かに小さな豆から栗にまで少し成長した気がする。

「確かに、あなたは栗よりもはるかに大きくなりましたね」

「栗・・・」

ブレイクは呆然とした表情で呟いた。

無意識に口から気持ちが浮かんでいたらしい。

彼は最近、子供として扱われるのが好きではなかったのに。

「いいえ、待ってください。あなたは桃のように見えます」

「桃・・・」

桃が好きではないのでしょうか?

ふぅ・・・、彼はいつこんなに大きくなったの?

私はブレイクの頬をつかみ、遊びはじめる。

彼の頬は桃のように柔らかくピンク色。

「ブレイク、桃が欲しい?」

「いいえ!」

ブレイクが頬を膨らませた。

彼の頬は本当に桃のように見える。

「どうして?甘くて美味しいですよ」

「そろそろ訓練の時間です。私は早く行かなければなりません!」

彼はすぐにドアの方を向いて去った。

彼は動揺しているのでしょうか?

どうして?

桃のように可愛いから褒めたのに。

 



 

私は訓練に向かうブレイクを追いかけた。

しかし、彼は何も言わずに一階に降りていく。

彼は本当に動揺しているに違いない。

「ブレイク!」

彼が建物から出たとき、テステオンが大きな一歩を踏み出して歩いているのが見えた。

彼は頻繁に私たちの元を訪ねてくれる。

貴族が非難するせいで、彼がここに来るのをやめるのではないかと心配していたのだ。

「お父様!」

私は大きな笑顔を浮かべてテステオンに向かって走る。

彼は私の頭を撫でて、ブレイクを見ながら私に微笑んだ。

ブレイクは無表情のままそこに立っていた。

15日近く会っていなかったので、また会うのが面倒だったに違いない。

私はブレイクの側に行き、彼の背中を軽く叩いた。

ブレイクはしぶしぶ頭を下げて口を開く。

「私はこれで失礼します」

「どこに行くんだ?」

「私は訓練場に行く途中でした」

「訓練をしに?」

「はい」

「では、一緒に行こうか」

テステオンの言葉でブレイクの目が大きくなり、私もびっくりした。

彼が宮殿に来たとしても、彼を夕食を食べるか、しばらく話すだけだったのに。

彼はブレイクの訓練に参加するつもりなのでしょうか?

皇太子の宮殿内のすべてのスパイは取り除かれたが、それでもスパイに見られる危険がある。

しかし、今日のテステオンはそのようなことを気にしていないように見えた。

「ブレイク、行きましょう」

私が彼を後押しすると、ブレイクは父親と一緒に歩くことを余儀なくされた。

使用人が私たちの後ろを歩こうとしたが、私は彼らにそれをする必要はないと告げる。

二人の時間を邪魔したくなかったから。

 



 

テステオンは、訓練場の場所をすでに知っているかのように歩いていた。

ブレイクの歩みは通常よりもはるかに遅く、二人の距離がどんどん広がっていく。

彼らは話したり手を握ったりしない。

このままでは不味いのでは?

テステオンは厄介な状況を克服しようと口を開く。

「あなたは遅いです」

「ごめんなさい・・・、ああ!」

ブレイクがつまずいたとき、テステオンは彼を捕まえた。

片方の手で腰を支え、もう片方の手で背中を支えていると、まるで赤ちゃんを抱きしめているように見える。

本当は父と息子の間の美しい光景で、彼はもう赤ちゃんではない。

ブレイクが呪われたのは5歳のとき。

通常、子供が大きくなると、両親は子供に対する扱いを変える。

しかし、父親としてのテステオンの知識と経験は、ブレイクが5歳になるまでしかなかったのだ。

父と息子の間で無駄にされた時間を考えるのは悲痛としか言えない。

その上・・・。

「何をしているのですか?降ろしてください!」

赤ちゃんのように扱われたブレイクは恥ずかしくて顔が赤くなっている。

まあ・・・、ブレイクは最近成熟したように見せようとしていたので。

「危険です、じっとしなさい」

テステオンはブレイクをさらに強く抱きしめた。

顔を合わせた後、彼らはお互いに短く正式な会話をしただけ。

「私の妻が見ています!」

「アンシア、抱っこされたいのですか?」

「いいえ、大丈夫です!」

私は何歳だと思われているのでしょうか?

いいえと言ったのに、テステオンは片手でブレイクを抱えて、姿勢を正し、もう片方の手で私を抱きかかえた。

一緒にテステオンに抱かれていると、顔が赤くなって目が合う。

「お父様、私はもう子供ではありません!」

「あなたとブレイクはまだ私にとって赤ちゃんです」

私たちが抗議したにもかかわらず、テステオンは静かに歩きだした。

すぐに、困惑する代わりに心配が急増する。

「私たちは重いのではないですか?」

「ははは、あなたはそれについて心配しているのですか?」

テステオンは子供がそう言うとは思っていなかったので、笑い出してしまう。

しかし、私の疑問は当然でしょう。

健康な大人でさえ、2人の赤ちゃんを同時に抱くのは難しいはず。

しかし、テステオンは私たちの体重を感じていないかのように軽やかに歩いてた。

 



 

黒猫の正体に気づかないまま、アンシアは銀漢と会えなくなりました。

ブレイクとしては喜ばしいことでしょう(笑)

そして、周囲の目線を気にしなくなったテステオン。

二人を抱っこしたまま歩く姿は微笑ましいですね!

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【60話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は60話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...