目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【56話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は56話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

56話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【55話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は55話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ペカンの決心

「腹筋?」

「ええ、私は死ぬ前にそれらを作りたかったのです。腹筋が作れれば、妻は私のことをカッコいいと言ってくれるはずですから。実は今も体がとても痛いです。呪いの文は変わりませんが、私の体は弱くなってきています。おそらく限界なのでしょう。残り時間があまりありません」

「・・・」

ペカンはブレイクのやる気で言葉を失った。

「これは秘密にしておいてください!アンシアが知ったら動揺するでしょうから」

「・・・大丈夫です」

「ありがとう、ペカン」

ブレイクは明るく笑う。

彼の話を聞いて、ペカンは泣きそうになった。

「私の母国はアステリックで、私の主人はテステオン皇帝だけだ。二度と聞かないでほしい」

ペカンは今日も銀漢を説得しようとした。

しかし、今日も彼はいつものように拒絶される。

彼はこれまでこの種の銀漢に出会ったことがない。

(テステオンと話すべきなのでしょうか?)

皇帝から説得されれば、銀漢も話を聞いてくれるでしょう。

しかし、私はその考えが気に入らなかった。

テステオンは、これまで皇太子の宮殿を訪れたことがない。

しかし、最近、彼は頻繁に宮殿を訪れ、そのせいで皇太子に抗議する多くの貴族がいた。

私はこれ以上、ブレイクに負担をかけたくなかった。

では、私は何をすべきなのだろうか?

銀漢が戻らなければ、チャンは崩壊し、東大陸は混乱に陥るだろう。

無数の人々が死に、チャンは滅びる運命に。

しかし、私はお兄様を強制することができない。

お兄様はあの場所に良い思い出がないのだから。

銀漢も状況を知っていたが、それでもチャンに戻ることを拒否した。

コンコン。

ドアからお馴染みの声が聞こえる。

「私です」

「入ってください」

 



 

ペカンの部屋に入ると、彼は私を見つめた。

「あなたは困っているように見えます」

「そうね・・・」

「何に悩んでいるのですか?」

「ブレイクのことです」

よく考えた結果、結論は1つだけ。

私はブレイクを救いたかった。

代償に関係なく、彼の呪いを解きたい。

「ペカンは私のこと嫌い?」

「いいえ、私は無力であることを嫌っています」

「あなたはとてもいい人ですね」

「私にはよく分かりません」

ペカンは微笑んで頭を窓の方に向けた。

「あなたの夫は今日も一生懸命頑張っているのですね」

「ここから彼が見えるのですか?」

ブレイクは現在、剣術の訓練を受けている。

窓の外を見たが、何も見えない。

「私にはブレイクを見ることができないわ」

「もちろん、あなたは普通の人間ですから」

その言葉は、彼がホワイトドラゴンの目でブレイクを見ることができるという意味でしょうか?

彼の目には世界はどのように見えるのだろうか?

「ペカン、あなたはブレイクが好きですか?」

「彼は私と子供の頃のお兄様のようです」

「あなたは見た目より年上でなければなりませんね?」

顔を見ただけでは10歳程度に見えたが、行動や話し方からすると、間違いなくそれより年上であるに違いない。

私が尋ねると、ペカンは爆笑した。

「はは、それはあなたに言えることなのでは?」

「え?」

「あなたは若いふりをするのに苦労しているに違いありません」

心が沈む。

ペカンは私が子供ではないことを知っていたのだ。

「・・・どうやって知ったの?」

「私は人間が見ることができない本質、魂を見ることができますから・・・」

ペカンは私に手を差し伸べて、何かをチェックするように私の顔に触れた。

「あなたは多くの苦しみを味わったに違いありませんが、あなたの魂はとても明るく澄んでいます」

彼の笑顔がゆっくりと消えていく。

「あなたは親切なので、多くの人を救うでしょう。しかし、あなたは自分自身を救うことはできません」

「どう言う意味ですか?」

「選択の瞬間はすぐに来るでしょう。あなたが白い光の中で燃えているのが見えます」

ペカンの言葉が理解できなかったが、ふと気づく。

「ブレイクの呪いを解くことができるということですか?」

「最初に自分の夫について考えているのですか?予想通り、あなたは愚かですね」

「もっと教えてください」

「私が見えるのはそれだけです」

ペカンは立ち上がった。

彼は今日も漠然としたヒントを私に残していくようだ。

「それか・・・」

立ち去ろうとしたペカンが振り返って言った。

「石版がある場所に連れて行ってください」

「え、ええ!」

私は慌ててうなずく。

 



 

ペカンと一緒にフィリオン宮殿の秘密の部屋に向かう。

「けれど、どうして?」

「あなたは石版について知りたかったのでしょう?」

「ですが、私は・・・」

結局、銀漢を納得させることができなかったのだ。

しかし、ペカンは明るく微笑んで石版の方へ向かう。

私は彼を止めることができなかった。

「石版の残りの部分を本当に解釈できるのですか?」

「いいえ」

彼は頭を横に振る。

それじゃあ、なぜペカンはここに連れてくるように頼んだのでしょうか?

「石版の残りの文章を復元します」

「石版を元に戻せるのですか?」

「ええ」

彼はどのようにして、すでにこれほど使い古された石版を復元するのでしょうか?

ペカンは私の心を読んでいるかのように親切に説明してくれる。

「この石版は魔法で文字を消去されています」

「そんな魔法があるのですか?」

「知らなかったのですか?それらには、いくつかの彫刻を消すことができる魔法が含まれていました」

「それで誰かが呪文をかけたの?」

帝国の歴史を記録した重要な石版。

それに魔法がかけられているなんて予想もしていなかった。

しかし、消去の呪文?

そうだとしたら、石版は自然に腐食していったわけではない?

「少し下がってください」

私は後ろに下がってペカンを見つめる。

彼は厳粛な表情で石版に手を上げた

彼の手から白い光が流れ、その光が石版を覆う。

ペカンの服と髪は乱暴に羽ばたいた。

強風の中で立っているのに苦労していると、石版の周りで光が点滅した。

隠蔽呪文が続いていたため、激しい戦いが繰り広げられている。

徐々に崩れ始め、同時に白紙の石版に文字が刻まれ始めた。

—9月5日、女神に呪われた3番目の王子が亡くなりました。その直後、女神の呪いは6番目の王子に続きました。

フィリップには3人の息子しかいないのでは?

私が質問する前に、次の文章が現れ始めた。

—11月5日、6番目の王子の遺体に刻まれた呪いの文が変更されました。6番目の王子が亡くなりました。その直後、7番目の王子が女神に呪われました。

呪いの文が変わった?

石版の碑文はすぐに焼け、白色光は徐々に減っていく。

すると、石版の下にかかっていたブラックライトが私に向かって飛んできた。

その瞬間、女の子の声が聞こえてくる。

[アンシア、何してるの!彼の顔を見てすぐに絶望しないでください!どんなに驚いても、これをしてはいけません!]

結婚式の初日、ブレイクの顔を見て驚いて逃げ出したアンシアは、湖のほとりに座って自分自身を責めている。

それから彼女の心から音が聞こえてきた。

[戻って皇太子に謝罪しましょう。彼は私が私の家から出てきた理由です。彼に感謝しなければならないのだから]

彼女は立ち上がった

[あれ?]

それから、湖の光沢のある何かがアンシアの目を引く。

[あれは何ですか?]

アンシアは湖に近づいた。

その瞬間、彼女はバランスを失い、湖に向かって落ちる。

アンシアは湖から抜け出そうとした。

しかし、湖の下の石版から黒いものが出てきて、足首を掴むと蛇のように伸びていく。

アンシアは徐々に湖の奥深くに沈んでいく。

すると不思議な声が聞こえてきた。

[光の後継者、あなたは誰にあなたの力を伝えますか?]

アンシアは苦しんでいた。

彼女はその質問が何を意味するのか理解していなかったし、答えも考えていなかった。

ちょうど彼女の記憶の中で自分に親切だった唯一の人であったダイアナを思い出す。

[アンシア・ベラシアン。あなたの意志により、ダイアナ・ベラシアンが新しい光の後継者として選ばれました]

アンシアは最後に目を閉じた。

石版からのブラックライトがアンシアを覆おうとする。

しかし、アンシアの体から真っ白な光が噴出し、ブラックライトを消し去った。

石版も粉々に。

アンシアは、光が嘆き悲しみ、彼女の小さな体の周りをホバリングしたときに亡くなる。

しかし、すでに死んでいたアンシアは、光を封じ込めることができなかった。

光は次の後継者の元に。

アンシアが選んだ後継者のダイアナの元に。

 



 

ブレイクの境遇を知って、ペカンはアンシアに協力することを選んだのですね。

そして新たに判明する石版の謎。

呪いの文が変わった理由は?

そして、アンシアが亡くなった理由は自殺ではなくて呪いのせい?

元々の光の後継者はアンシアだったようですね。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【57話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は57話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...