目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【55話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は55話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

55話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【54話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は54話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ペカンの過去

ブレイクの呪いは3年間同じまま。

理由が分かれば、その呪いを解くことができるかもしれない。

「ペカン、どうすれば層を厚くできますか?」

「なぜそんなことを聞くのですか?あなたが作ったものなのに」

「私が?どういう意味ですか?」

私が光の層を作ったってこと?

「これ以上知りたいのなら、お兄様を説得してください」

ペカンは突然背を向け、冷たく吐き捨てた。

「待って!」

「・・・何ですか?」

「お願いします、ペカン。私に教えていただけませんか?」

真剣な表情で懇願する。

時間はあまり残されていない。

ペカンはブレイクに心を開いたと思った。

ブレイクが気に入っているペカンなら、呪いについて教えてくれるのではないかと。

しかし、ペカンは初めて会ったときと同じくらい冷たかった。

「取引を忘れたのですか?」

「銀漢は決して受け入れてくれません。あなたもそれを知っているはずです」

「お兄様を説得するのはあなたの仕事です」

「あなたはブレイクがどれほど素晴らしいか知っているはずです。彼は呪いのために苦労しています。彼は生涯、人々から必ず非難されてきました。そして、痛みのない一日は決してありませんでした。彼は自分の肉を掘り下げる呪いの痛みに苦しんでいます。そして、呪いについて私ができることは何もありません。しかし、あなたは違います。私に教えてください。私に出来ることは何でもしますので。どうか・・・、どうか・・・」

私は床にひざまずいて、ペカンに物乞いをした。

「・・・何でもするのですか?」

「はい」

「それなら、あなたは彼に代わって死ぬことさえ出来ると?」

「はい」

迷わず答える。

それが私に出来る精一杯の誠実さだから。

ペカンの質問を聞いた瞬間、ブレイクのために命を捧げることができると思ったから。

いつからこんなに彼を愛していたのだろうか?

私も知らなかった彼への誠実さに驚いてしまう。

「私の目や寿命を奪ってもいいですから、ブレイクの呪いを解き放ってください」

しかし、ペカンは私の手を振り払った。

「・・・私が欲しいのはお兄様だけです。残り時間は少ない。ブレイクを救いたいのなら、急いでください」

 



 

「いったいなぜあなたのような子供が生まれたの!?」

ペカンの母親である孟卿はいつも酒に酔っていた。

彼女は皇帝の恩恵を受けて子供を産んだが、寡婦の称号を得ることはできず、宮殿の隅にある古くてぼろぼろの邸宅しか授けてもらえなかったのだ。

孟卿は、酔っていてもいなくても、しばしばペカンを殴り、暴力を振るう。

しかし、誰も彼のことを気にしなかった。

皇帝には百人以上の子供がいる。

ペカンは正式な側室の子供ではなく、ドラゴンとして選ばれていない。

そのような子供は無価値だったのだ。

彼女を止める人がいなかったとき、孟卿はより暴力的に。

その時、近くの邸宅に住んでいた銀漢がペカンを救った。

その日以降、ペカンはしばしば逃げて、母親を避けるために銀漢の家を訪れるようになる。

銀漢の母親は庶民であり、彼女は体が弱くて病気だった。

彼らは困難な状況にあったが、彼らがペカンを助けることを止めることはない。

ペカンは銀漢を家族と思っていた。

彼には百人以上の兄弟がいたが、彼にとって本当の兄弟のように感じたのは銀漢だけ。

しかし、幸福は長くは続かなかった。

銀漢が国を滅ぼすと予言されているブラックドラゴンに選ばれたのだ。

彼の処刑のニュースを聞いたとき、ペカンは自分の心が壊れていくように感じていた。

幸い、銀漢は逃げ出してくれた。

彼が姿を消したとき、彼の近くにいたペカンが尋問されることに。

しかし、彼は刑務所に閉じ込められることを恐れていなかった。

彼は銀漢の安全だけを望んでいたから。

それから、ホワイトドラゴンがペカンを選んだのだ。

ホワイトドラゴンとの契約に署名するために、彼は自分の体で支払う必要があった。

視力を失い、体の成長は停止する代償を。

ペカンは一生を子供として生きなければならなかったが、ホワイトドラゴンを喜んで受
け入れた。

ホワイトドラゴンは何でも検索できる生き物。

その力があれば、銀漢を見つけることができるかもしれないから。

ホワイトドラゴンと契約を結んだ瞬間でも、頭の中には銀漢しかいなかった。

ペカンの人生は一夜にして変わったが、彼は兄の顔を見ることができなかった。

それにもかかわらず、彼は悲しくない。

「銀漢お兄様は生きている」

彼は銀漢が不吉なブラックドラゴンではなく、天のドラゴンであることを学んだ。

ペカンが事実を明らかにしたとき、国は狂乱に投げ込まれた。

その事実に不満を持っている人はたくさんいる。

彼らはペカンを脅して、銀漢の捜索をやめさせて、代わりに自分を皇帝にしようと画策した。

誰もが隠された動機でペカンに近づく。

しかし、ペカンは彼らの本当の意図を知ることができた。

彼らは嘘と貪欲に満ちていた。

脅迫、ふり、操作、嫌がらせ、暴力。

ペカンは日々の痛みに耐え続け、そしてようやく、彼は銀漢を見つけたのだ。

兄は今では素晴らしい青年だった。

お兄様、この刑務所から私を救ってください。

ペカンは彼を抱きしめて泣きたいと思ったが、それはできなかった。

彼は兄の心を変えることができないことに気づいたから。

考えた結果、ペカンはアンシアを選んだ。

そして、ペカンはアンシアに取引を申し出た。

アステリックの皇太子は呪われていた。

彼を救う方法を取引材料にすれば、自分はお兄様と一緒にチャンに戻ることができる。

それが彼が持っていた唯一の考え。

しかし、アンシアが皇太子の呪いを解くために助けを求めているのを見たとき、彼の心は重くなった。

 



 

「ペカン、この花の匂いを嗅いでみてください」

ブレイクは花を摘み取り、手に持つ。

ペカンはすぐに微笑んで花の匂いを嗅いだ。

「いい匂いがしますね」

「そうだよね?そして、花はとても綺麗なんだ」

ブレイクは、昨日落ち込んでいたペカンを温室に連れて行った。

(私があなたの妻を脅かす邪悪な男だと分かったとき、この子供はどのように行動するのでしょうか?)

「私は花の冠を作るつもりです。ペカン、私を手伝ってくれますか?」

「・・・いいですよ」

ブレイクは温室から花を摘み、一箇所に集める。

「なぜこれを自分で作りたいのですか?」

「私は花の冠を妻に贈り物としてあげるつもりです。他人が作ったとしても、それは何の意味もありませんから」

「・・・今日は彼女の誕生日ですか?」

「いいえ」

「では、特別な日なのですか?」

その質問に、ブレイクは首を横に振った。

「そうではありません。彼女にあげたいから作っているだけです」

「あなたはよく彼女に贈り物をするのですか?」

「いいえ。私が贈らなくても、陛下が彼女に必要なすべてを与えます。そして私が彼女に何かを与えたとしても、私はすぐに死んでしまいますから」

「・・・」

少年の言葉はペカンに衝撃を与える。

しかし、ブレイクは落ち着いていた。

「銀漢から聞いた?私が大人になる前に死ぬってことを?」

「・・・はい」

「だから私は痕跡を残したくありませんでした。しかし、アンシアは悲しむでしょう。去年、私は突然気分が悪くなりました。死ぬかもしれないと思って後悔したのです。だから私は温室からバラを選び、それをアンシアに渡しました。花はやがて枯れてしまいますよね?私のように」

「・・・」

「しかし、彼女はバラをとても愛していました。彼女はバラを花瓶に入れて保存呪文をかけ、毎日それを見ていました。私はバラが枯れることを願って彼女に与えたのに・・・。それを見て、後悔しました。だから、私は彼女にたくさんのプレゼントをあげることにしたのです」

ブレイクは熱心に手を動かし続けていた。

ペカンは彼を完全に見ることはできなかったが、光の流れを見て、ブレイクが花の冠を熱心に織り上げているのを見ることができた。

アンシアにプレゼントをするブレイクは幸せそうに見えた。

「死ぬと思っているのに、なぜ毎日剣術を練習するのですか?」

「腹筋を作るためです」

 



 

ペカンも決して嫌がらせでアンシアに教えていないわけではありませんよね。

それが彼の唯一の交渉材料なのですから。

銀漢しか希望のないペカンも必死なのが凄く分かります・・・。

最後のブレイクの言葉で台無しですが(笑)

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【56話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は56話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...