目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【54話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は54話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

54話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【53話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は53話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ブレイクの成長

ペカンは体調が悪いので一人でいることはできない。

さらに、彼は奇妙なことに大人を警戒していた。

それがおそらく彼がコリンを避けていた理由でしょう。

彼は私に対して奇妙なことに不快な行動をとったので、私たちは当然ブレイクとより多くの時間を過ごすことに。

「ブレイク、これは何?」

「クラヴァット」

「・・・クラヴァット」

ペカンがクラヴァットに触れた。

彼は途方もない速度で帝国の言語を話し、理解していた。

しかし、またしても、彼は普通の人々とは異なっている。

「あなたは帝国語が得意ですね、ペカン」

私が彼と話している間、ペカンは私を見つめていた。

彼は「大祭司」と呼ばれたかったらしい。

しかし、ペカンは現在、銀漢の弟として王宮に滞在しているため、「大祭司」や「王子」とは呼べなかった。

彼が他の誰かと一緒にいたとき、彼らはペカンを「ペカン卿」と呼んだが、彼はその称号が気に入らなかったようだ。

「私はホワイトドラゴンの器です」

「知っています。そして、私はただの普通の人です」

「うーん、本当に?」

ペカンは顎を擦りながら、私を見つめた。

「あなたは何歳ですか?」

ブレイクの質問は辛抱強く答えられた。

「私はホワイトドラゴンの器です。年齢は何の意味もありません」

「あなたは男ですよね?」

「それは無意味な質問です」

ペカンには多くの秘密があり、性別や年齢を教えてくれなかった。

銀漢はすでに彼がホワイトドラゴンの器になっているので、そういうことは重要ではないと言った。

けれど、分かっていることが一つだけある。

「私は今、お兄様がどこにいるのか知っています」

ペカンは幸せそうに笑った。

彼が銀漢のストーカーのようなものだということを。

「では、人々がどこにいるか知っていますか?」

「なぜそのような役に立たないことをする必要がありますか?私は他の人間には興味がありません」

幸運であろうと不幸であろうと、ペカンのストーカーの標的は銀漢に限定されているようだ。

「私とお兄様は繋がっています。ですから私を気にしないでください」

「いつ私があなたを気にしていましたか?」

彼は時々漠然としたことを言った。

私たちが最初に会ったときも同じだ。

『お兄様を説得してみてください。その後、お知らせします』

ペカンはチャン語で吐き出し、頭を逸らした。

毎回そうだ。

彼は私に何かを言うつもりであるかのように振る舞うが、しかし結局彼は黙ったまま。

彼は私の銀漢との関係に警戒しているが、彼をすぐに説得するように私に促している。

「ペカン、何て言ったの?」

ブレイクは私たちが何について話しているのか疑問に思ったとき、ペカンは落ち着いて微笑んだ。

「私はあなたがとても可愛いと言いました」

「私はもう可愛くありません」

「はは、あなたはとても可愛いです」

ペカンは笑いながら鼻を鳴らす。

それでも、彼がブレイクを好きに見えたのは幸運でしょう。

大声で笑っていたペカンが席を降りて外に走った。

どんなにこの場所に精通していても、すべてが完全に見えないときは、そのように走るのは危険だ。

私とブレイクは彼の後を急いだ。

ペカンから子供のような笑顔を描くのはたった一人だけ。

「お兄様!」

ペカンは歓迎の笑顔で銀漢に駆け寄ったが、彼は自分の義弟を見ることさえせずに礼儀正
しく私たちのところにやって来た。

「殿下」

「お兄様、今日は帝国語を一生懸命勉強しました。そして、アステリックの服を着てみました。これはクラヴァットと呼ばれています」

数日間、銀漢に無視され続けたペカンはすぐに言葉を吐き出す。

彼の切迫感を感じる。

しかし、銀漢は冷たく反応した。

「あなたはうるさいです。私は王室に挨拶しているのです。これはどのような不誠実ですか?」

「・・・申し訳ありません」

「銀漢、そこまで言わなくてもいいわ」

「その通りだ、ペカンがあなたをどれくらい待っていたか知っていますか?」

「私はお二人を悩ませたに違いありません。申し訳ありません。できるだけ早く彼を送り返
しますので」

「そんな事を言っているのではない!」

ブレイクが怒ったとき、ペカンは急いで彼を止めた。

「ブレイク、怒ってはいけません。それは私のせいですから。お兄様、申し訳ありません」

銀漢は、謝罪したペカンを無視して、いつもの丁寧なやり方でブレイクに尋ねた。

「殿下、体調に問題はないでしょうか?」

「ああ」

「良かったです。では、私はこれで」

彼は頭を下げて自分の部屋に戻る。

最後まで、彼はペカンに親切な言葉を言わないまま。

ペカンは首を横に振る。

彼はとても悲しそうに見えたが、私は慰めの言葉さえ言えなかった。

 



 

ブレイクはベッドにいたが、落ち着くことができないままだ。

「どうして!銀漢はどうしてあんな態度をとる?彼がこんなに冷淡だとは知らなかっ
た!」

「ブレイク・・・、銀漢にも理由があると思います」

「過去に何が起こったとしても、それはペカンのせいではありません!帝国語を学び、ここで服を試着するのはすべてペカン自身の意志です」

ブレイクが誰かに対して、これほど怒っているのを見たことがない。

彼はとても落ち着いていて気性が良く、私以外の人にはほとんど興味がなかったのに。

彼の心が他の誰かに開かれたのは幸運でしょう。

これが成長なのだから。

私はブレイクの銀の髪を撫でる。

「怒っているのですか?」

「ペカンは一日中待っていました。アンシアが銀漢と同じような行動をしたら、私はとても悲しいでしょう」

ブレイクの目の周りに涙が溢れていた。

「ブレイク、どうして突然泣くの?」

彼の頬を包む。

「アンシアが私を無視しているのを想像しました・・・。そしてそれは私を悲しませました」

・・・ああ、彼はまだ子供ですね。

「なぜ私がそんな事を?」

「アンシアが無視しないことは分かっている」

「私はあなたを無視しません。」

「ええ、それでも悲しいのです」

ブレイクの目から涙が滴り落ちた。

「なぜ私のウサギは再び悲しんでいるのですか?」

「アンシアが私に怒っていると思っただけで、私は悲しみを感じ続けています」

私は微笑んで彼をしっかりと抱きしめる。

「私のブレイクはカッコよくて可愛いです」

子守唄を歌うように、私はブレイクを賞賛し続けた。

 



 

ブレイクが眠りに落ちたとき、私は彼の手を握った。

呪いの文が刻まれた場所は体温が低い。

すると突然ノックが聞こえる。

この時間に誰が?

「私です。入って良いですか?」

ペカンでした。

「お入りください」

「失礼します。わあ!」

中に入るや否やペカンは突然叫んだ。

「シーッ!」

人差し指を唇に当てる。

ブレイクはかろうじて眠っている状態なのだ。

それからペカンは彼の口を覆った。

しかしその後、彼はチャンの言葉で呟き続ける。

『ブレイクがあなたと一緒のベッドに!うーん!最近の子供たちは!」

ペカンの年齢は正確には分からないけれど、銀漢より若いはず。

『あなたは何を考えているの?私は彼をマッサージしているだけよ。呪いが広がるところは体温が低い。だから私は彼にマッサージをして少し暖めているのです』

ブレイクの左手は冷たいので、彼はしばしば皿を落とし、そして時々訓練中に剣を手放してしまうくらいだ。

『ブレイクは祝福されていますね。彼には良き妻がいました』

『それは私ができる最低限のことですから』

『誠実な心ほど貴重なものはありません』

『優しい言葉をありがとう、ペカン』

『あなたは私に昔を思い出させます。お兄様だけが私のことを気にかけてくれました』

ペカンは優しく微笑んだ。

『すみません、ペカン。今日のことは・・・』

『お兄様は私のことを心配しているのです。彼は私をチャンに戻そうと懸命に努力している。彼は私にとても親切です』

『知っているわ。銀漢は優しい人だから』

『その通り。お兄様は素晴らしい人です』

ペカンはベッドに近づき、ブレイクを見た。

目を閉じていてもはっきりと反応しているようだ。

彼は何を見ているのだろうか?

ペカンの手はブレイクの額の中央を押し下げ、呪いの文章に沿って押し下げた。

『層があります』

『層?』

『白い光の層が呪いの広がりを防いでいます』

 



 

最初の出会いは良くありませんでしたが、ブレイクとペカンが仲良くなってくれて嬉しいですね♪

銀漢も冷たいように見えますが、ペカンの体調を気遣ってのことですから。

ペカンが話す「層」とは?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【55話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は55話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...