目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【53話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は53話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

53話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【52話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は52話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 銀漢の真実

「ええ!?新婚の花嫁が他人のために食べ物を作ることができるのですか!?」

ペカンの顔は赤い。

少し料理をしただけなのに、なぜ彼はそんなに恥ずかしがっているのでしょうか?

意地悪な男の子だと思っていたけれど、意外と可愛い一面もあるようだ。

「肉抜きであなたのために別々にそれを作りました」

「皇太子のためにも料理をしたのですか?」

「殿下は訓練の真っ最中です。訓練が終わったら彼にもあげます」

目が覚めた後、ブレイクは以前よりも剣の訓練に一生懸命取り組んでいた。

「じゃあ、これも王子にも渡してください。私は食べませんので」

ペカンは箸を持つことを拒否し、私の料理を拒否した。

「・・・餃子は嫌い?」

「そうではありません・・・」

「食べたい食べ物があれば教えてください。私はあなたのためにそれを作ります。私は料理がかなり得意ですから」

「必要ありません。私はあなたの食べ物を食べませんので」

その言葉は料理が問題なのではなく、彼が私を拒絶したことを意味している。

正直、少しショックだった。

「・・・あなたは私をそんなに嫌いなのですか?」

「い、いや!そうじゃない!」

ペカンは恥ずかしそうに首を横に振る。

「じゃあ、どうして?」

「・・・分かりませんか?」

彼はため息をついた。

「え?」

「・・・ホワイトドラゴンは簡単に嫉妬するのです」

「嫉妬?」

彼は突然私の肩を掴んだ。

美しい両目が私をまっすぐ見つめる。

「あなたはとても美しい」

「・・・どうしたの急に?」

「あなたが作った食べ物を食べると、ホワイトドラゴンはきっと動揺するでしょう。ですから誤解しないでください」

ペカンは状況をはっきりと説明した。

それは私のせいではないと。

「分かりました。私はあなたを信頼します。餃子は嫌いじゃないですよね?次は、私の代わりにシェフに料理を依頼します」

「良いのですか?」

「お茶はメイドのメリッサが作ったので飲めますか?」

「・・・はい」

私はペカンの手に茶碗を置く。

「ありがとうございます」

「ジャスミン茶です。好みに合わない場合は、別のお茶を用意しますね」

「いいえ、テクリティーよりはましです」

「テクリティーとは?」

私はこの世界でたくさんの創造的な料理本を調べたけれど、「テクリティー」について聞いたことがなかった。

「知らない?チャンの皇室では毎日テクリティーを飲んでいます」

「初めて聞きました」

「ええと、お茶の味が説明できないのが残念です。お兄様が皇帝になったら、私はそれをあなたに送りますね」

それは、銀漢はチャンに行かなければならなかったことを意味した。

「・・・なぜ銀漢を選んだのですか?彼が幼馴染だから?」

「馬鹿にしないでください」

ペカンが茶碗を乱雑に置く。

何か気に触ることを言ってしまったのだろうか?

「お兄様は天のドラゴンに選ばれたのです!彼が皇帝になることは必然です!」

「・・・天のドラゴン?ブラックドラゴンではなくて?」

「ブラックドラゴンとはどういう意味ですか!?お兄様は天のドラゴンに選ばれました!彼は選ばれた皇帝なのです!」

それは銀漢が言ったことの反対。

ペカンが嘘をついているとは思えない。

「では、なぜチャン帝国は銀漢を殺そうとしたのですか?」

「天のドラゴンとブラックドラゴンは一見似たような質感を持っています。これを利用して、元大祭司は嘘をついたので。甥を皇太子にするために、天のドラゴンに選ばれたお兄様を騙してブラックドラゴンに選ばれたと言ったのです」

銀漢の母親でさえ、息子がブラックドラゴンに選ばれたと思っていたので、他人を欺くことは簡単なことだったのでしょう。

「元大祭司はどうなりましたか?」

「死にました。ホワイトドラゴンは、チャンの地から天のドラゴンを追い出したことを許しませんでした。そして私が選ばれたのです。資格のない私の家族がホワイトドラゴンに選ばれたとき、皆がショックを受けました。しかし、私はその意味を理解していました。ホワイトドラゴンは天のドラゴンの復活を望んでいます。彼らは私にその仕事を引き受けることを選んだのです」

ペカンの目には悲しみの兆しがあった。

「だから、私がお兄様を選んだと言うのは間違っています。お兄様を連れ戻すために私が選ばれたのですから」

「・・・ごめんなさい。そうとは知らなくて」

「あなたの責任ではありません。お兄様が教えていないからでしょう」

ペカンはため息をつき、再び茶碗を手に取った。

「銀漢が天のドラゴンであることを知っている人はいますか?」

「皇室は知っています。天のドラゴンには黒い雨雲があります。彼は雨に対処するために彼の選んだ人に力を与えます」

銀漢は不吉なブラックドラゴンではない。

彼が魔法を使ったときの記憶を思い出した。

黒い空間では、霧のようなしっとりとしたエネルギーが私を取り囲んでいたのだ。

「お兄様が去った後、チャンではひどい干ばつがありました。人々は恨みに満ち、皇室は崩壊寸前です。これが続けば、すぐに悲惨なことになるでしょう」

「・・・」

チャン国の堕落・・・。

100人以上の子供がいたので相続の争いが理由で、チャン国は破壊されたと思っていた。

しかし、それが原因ではなかった。

小説だと、銀漢はテステオンに復讐しようとしたときにリチャードに殺された。

天のドラゴンの銀漢が命を落としたとき、チャン国は後継者を失い、破壊の道を進んだのだ。

破壊された国に銀漢を送ることはできないと思っていた。

しかし、それは違う。

銀漢が戻らなければチャンは滅びる運命にある。

「現時点でも、無数の人々が亡くなっています。チャン国を救うことができるのはお兄様だけなのです。殿下、私たちを助けてください」

「私も銀漢と会ってから間もないです。私が彼に言っても、彼は私に耳を貸さないでしょう」

たとえ銀漢が天のドラゴンであり、チャンの破壊を防ぐことができたとしても、私には彼を説得する力がなかった。

「いいえ。あなたがお兄様を説得すれば、彼は説得されるでしょう」

ペカンはそう確信していた。

彼がなぜそのような信念を持っていたのかは分からない。

理由を聞こうとした瞬間、ペカンの体がよろめいた。

「ペカン!」

「だ、大丈夫です」

彼はすぐに立ち上がって、私の助けを拒否した。

「時間がありません。10日あげます。お兄様が受け入れなかった場合、私たちの取引はなかったことになります」

 



 

時間がない?

部屋でダイアナに手紙を書きながら、ペカンの言葉が頭に浮かぶ。

彼は病気なの?

彼は自分を脅かす卑劣な少年だけれど、それでも心配になってしまう。

突然、外から大きな声がした。

「今すぐ戻ってください!」

「いいえ!私は絶対に一人で戻りません!」

それは銀漢とペカンの言い争い。

「死にたいのか!?」

「私が心配なら、一緒に帰りませんか?お兄様、あなたはいつまで天の意志に従わないつもりですか?」

「死にたいのなら、勝手にすればいい!」

扉が突然開き、銀漢がペカンの部屋から出てきた。

彼は私を見るやいなや、頭を下げて自分の部屋に戻ろうする。

そんな銀漢を急いで捕まえた。

「ごめんなさい、銀漢。少しだけお話ししませんか?」

「・・・はい、殿下」

 



 

私は銀漢と一緒に温室に向かった。

温室はブレイクのお気に入りの赤いバラでいっぱいだ。

「殿下、何か私に言いたいことがあるのでしょうか?」

「お二人が部屋で言い争いしているのが聞こえて・・・」

「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」

「いいえ、私は怒っていません。ちょっと質問があるのです」

「どうぞ」

「ペカンには慢性疾患がありますか?」

「いいえ、それはありません」

銀漢は躊躇うことなく首を横に振る。

彼が嘘をついているようには見えなかった。

「ですが、彼の命が危険に晒されていると言ってませんでしたか?」

「ドラゴンに選ばれた人はチャンの地から出られないのです。特に、ホワイトドラゴンは強い拘束を受けています。このまま彼がい続けると、だんだん体が弱くなっていきます。しかし、彼がチャンに戻れば、彼はすぐに元気になるでしょう」

アンシアは、銀漢が急いでペカンを送り返そうとした理由に気づいた。

少なくとも病気じゃなかったので安心する。

「ちなみに、銀漢はチャンの地を離れても大丈夫なの?」

「私は元気です・・・。見捨てられましたから」

「それはあなたが天のドラゴンに選ばれたからではないのですか?」

私の言葉に、銀漢は大きく目を見開いて驚く。

「・・・どこで聞いたのですか?」

「ペカンから聞きました。あなたが死んだら、チャンが破壊される可能性があると」

「理不尽だと思いませんか?」

銀漢は激しく憤る。

「私はチャンのために死ぬように言われたのに全て誤解だった?不吉な子供を産んだ罪で母を殺した後、彼らは私に戻ってくるように言ったのです。どうして母を殺した国に私が戻らないといけないのでしょうか?私は彼らが嫌いなのに」

銀漢の怒りが私に伝わってくる。

「チャンの運命なんて、どうでもいいです。チャンが破壊されたら、私はむしろ気分が良くなるでしょう。私は戻りません。チャンの地に足を踏み入れることは決してないでしょう」

彼はいつも礼儀正しく冷静な人物。

しかし今、彼は歯を食いしばり、耐え難い怒りを表現していた。

そんな彼に戻るように言えない。

銀漢の恨みは私が想像していたよりもさらに深く、状況を知っていたとしても、彼に故郷に戻ることを強制するつもりはなかった。

残り10日で気が変わることはないでしょう。

 



 

自分の母親を殺した国に戻りたいとは思えませんよね・・・。

契約の内容を伝えれば、銀漢は自分を犠牲にして戻ると思いますが、それだけはしてほしくないです。

残り10日で何か変わるのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【54話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は54話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...