目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【52話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は52話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

52話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【51話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は51話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 秘密の取引

しかし、秘密にし続けるのは簡単ではないでしょう。

選ばれた場合、彼らは宮殿で契約に署名し、ドラゴンを受け入れる必要があるのだ。

選ばれた人が拒否して力を発揮できないままでいると、体に害を及ぼすと言われていた。

それは、銀漢も例外ではない。

「契約書に署名できなかったので、私はしばしば病気になりました。母は私のために毎日看病をしてくれました」

銀漢は冷静に当時の状況を説明した。

「しかし、私は最終的に発見されました。父は激怒し、私と母を殺すように命じたのです。結局、母は亡くなり、不幸の種である私だけが逃げ出しました・・・」

「銀漢、それはあなたのせいではありません」

「私はあなたがそう言うだろうと思っていました、殿下」

「事実ですから」

銀漢は苦笑いを浮かべる。

彼はまだ自分を責めていた。

「では、なぜペカンがあなたに会いに来たのですか?」

「ペカンは私が去った直後にホワイトドラゴンに選ばれました」

彼はペカンとの話をしてくれた。

「ホワイトドラゴンは最も神聖なドラゴンです。ホワイトドラゴンに選ばれた人は、すべての人から尊敬されています。皇帝を選ぶ権限を持っているのは彼だけです」

ペカンは、銀漢を主人に選ぶと言った。

そして彼は、銀漢にチャンの皇帝になるように頼んだ。

「では、皇帝になりたいですか?」

「いいえ、私はテステオン陛下だけに忠誠を誓うと約束しましたから」

彼はしっかりと首を横に振る。

「ですが、ペカンはあなたを選びました」

彼は子供の頃近くにいた兄のために、ここまで来た。

彼は私を攻撃しようとしたが、悪い子ではないと思う。

「彼はどうやってあなたを見つけたの?」

原作だと、ペカンは登場しなかった。

チャン帝国は銀漢さえ見つけることができなかったのだから。

「ペカンは長い間探していたと言いました。彼はぼんやりと私が西にいると感じ、私がテンラーン宮殿に行った日に私の力を感じたのです」

銀漢はテンラーン宮殿のマクルを避けるために、彼の力を繰り返し使用した。

そのため、原作とは異なり、ペカンが訪ねてきたのだ。

「ごめんなさい・・・、それは私のせいですね」

「いいえ。これは私のミスです。以前の大祭司は無能だったので、目の前にいても私の力を認識できませんでしたから。大祭司が何年にもわたって変わっていたとは知りませんでした」

「ペカンは非常に有能なのですね?」

「はい・・・。私には勿体ない弟です」

銀漢の表情は後悔に満ちている。

彼は弟のことを心配していた。

しかし、すぐに彼は無関心の表情に戻る。

「ペカンを今日チャンに戻します。私は彼に激しい叱責を与えましたから」

「久しぶりの再会なのに、もう送り返すのですか?」

「チャン帝国の皇帝よりも重要なのは女教皇です。ペカンが姿を消した今、騒ぎがあったに違いありま___」

落ち着いていた銀漢の表情が、突然冷たく固まった。

「まさか・・・」

「銀漢、どうしたの?」

「申し訳ありません。ペカンが私の後をついて来たようです」

「ペカンが?」

周りを見回したが、ペカンの姿は見えない。

すると突然、ブレイクの叫び声が二階から聞こえてきた。

私と銀漢はブレイクの部屋に急ぐ。

 



 

ブレイクの叫び声は、ドアを開けた瞬間に大声で鳴り響いた。

『あなたは何者ですか?』

ブレイクは床に横たわっていて、ペカンは彼の腰に座っている。

『おお、あなたはすごい男だ』

「ブレイク!」

私の夫に何してるの!?

「ブレイク、大丈夫ですか?」

「うん・・・」

ブレイクはうなずいた。

私が彼を見ている間、銀漢がペカンを怒鳴りつける。

もちろん、それはチャン国の言語で。

『ペカン!どういうつもりだ!』

『私はお兄様の後をついてきましたが、小さな間違いをしてここに落ちました』

『今すぐに、王子様に謝るんだ!』

『チャン国の皇帝でない人にはお辞儀をしません』

『ペカン、あなたは今、この国の賓客です!』

銀漢は叫んだが、ペカンは何も悪いことをしていないかのように誇らしげに頭を上げた。

コリンがそう言った理由が理解できる。

ペカンは焦点の合っていない目でブレイクを見ていた。

彼の不思議な目は言葉では言い表せない。

彼はブレイクに興味を示していた。

呪いに対して消極的な兆候が見当たらないのだ。

そういえば、ホワイトドラゴンはチャン帝国の神聖な生き物と言われている。

西洋の光の女神のようではないでしょうか?

もしかしたら、ペカンならブレイクを助けることができる?

『ペカン、さっきの言葉はどういう意味ですか?』

『混乱しています』

ベカンは明るい口調で言った。

『え?何が混乱しているの?』

ブレイクの呪いについて?

『知りたいですか?』

『はい、知りたいです』

私が必死にうなずくと、ペカンは口を開いた。

『それは秘密です』

『ペカン、失礼なことはしないでください。あなたが知っていることをすべて教えてくださ
い!』

銀漢がペカンを叱っている中、突然彼は私を見た。

『アステリックの王女様、私と取引してみませんか?』

 



 

ブレイクと銀漢の反対にもかかわらず、私はペカンと二人きりになる。

「取引の条件を教えてください」

「お兄様が王子を治療するためにここに滞在していると聞きました」

「その通りです。最近、彼は主にここに滞在しています」

「それなら私もここにいます。私はお兄様と一緒にいたいのです」

彼が無理な要求をするのではないかと心配したが、意外と簡単な内容だ。

ペカンが王子の宮殿にとどまるならば、それはブレイクの呪いにも役立つかもしれないのだから。

「じゃあ、私はあなたの部屋を準備しますね」

「それと、お兄様にチャンに戻るように説得してください」

彼は恐れることなく別の不合理な条件を提起した。

「それは難しいわ。私にはそれができません。チャンに戻るかは銀漢の選択なのだから」

「あなたが私を助けてくれたら、私はあなたが何に興味を持っているかを知らせます」

「え?」

なぜ彼は私が探しているものにとても自信があるのでしょうか?

しかし、疑念の火花が出る前に、ペカンの唇はのんびりと動いた。

「残りの石版を解読しましょう」

「・・・解読できるのですか?私が石版を解読したいと、どうして知ったのですか?」

私がよく石版に触れたことをどうやって知ったの?

「あなたを見かけただけです」

ペカンはのんびりと微笑んで、もう一度提案した。

「お兄様を説得してみてください。お兄様がチャンに行くなら、皇太子のことを話して、石版を解読します」

「・・・本当に?」

「はい、でもこの取引は秘密です。お兄様に嫌われたくありませんから。王女様、あなたがこれを他の誰かに言ったら、私はあなたに何も言わないでしょう」

結局、私はペカンを皇居に滞在させることに。

ペカンは明らかに何かを知っていた。

正直なところ、ペカンにすぐに石版を読むように言いたかったが、彼が口を閉じれば全てが終わってしまう。

しかし、私は銀漢にブレイクのためにチャンに戻るように言うことはできない。

なぜなら10年後、チャンは大混乱に陥るのだから。

国が分断されるにつれ、内戦はピークに達し、権力闘争で敗北した人々は西部大陸に殺到した。

この時、リチャードはチャンの人々を使って異母兄弟のフランクを取り除くことに成功する。

チャン国がまもなく破壊されるのを知っていながら、私はブレイクのために他の誰かを犠牲にすることはできなかった。

銀漢はブラックドラゴンに選ばれた。

国を滅ぼすと予言されているブラックドラゴンは皇帝にはなれない。

しかし、私はこのまま諦めることはできなかった。

「ペカン、これを食べてみてください」

作った餃子を持ってペカンの部屋に入る。

「これは何ですか?」

「これは餃子です。私はあなたのためにそれを作るために一生懸命頑張りました、ペカン」

彼が肉を食べられないと聞いて、私は彼のために野菜餃子を作ったのだ。

子猫を引き付けるには、食べ物が一番いい方法ではありませんか?

 



 

ブレイクの新しい嫉妬対象が誕生しましたね(笑)

アンシアがペカンのために餃子を作ったと知ったら、彼はさらに嫉妬するのでは?

アンシアの料理は好評ですから、ペカンも籠絡されるかもしれませんね♪

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【53話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は53話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...