目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【50話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は50話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

50話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【49話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は49話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 名前を呼んで

「・・・」

ブレイクが意識を失っていたとき、彼が一瞬目を覚まして、私に立ち去らないように言った時があった。

彼は忘れていたと思っていたのだが、はっきりと覚えていた。

「アンシア、私を不安にさせないでください」

ブレイクは私の手を握りながら子供のように泣き、私の目をまっすぐ見つめる。

「離れることさえ考えないでください」

「殿下・・・」

「妻が私から離れるたびに苦しいのです。分かりませんか?」

去年ブレイクが私にバラをくれた日を思い出す。

自分が彼の代わりにダイアナと初めて寝たとき、彼は病気になった。

私がテンラーン宮殿に向けて出発したとき、ブレイクも崩壊した。

しかし、私は光の継承者ではない。

私は彼に影響を与えることはできないのだ。

「アンシア、私をブレイクと呼んでください」

「殿下・・・」

「私が病気のときにあなたが私をブレイクと呼んでくれたので、私は目を覚ましたのです」

ブレイクの手が私の顔を包む。

私は彼をまっすぐ見つめた。

彼はたくさん成長した。

・・・突然、ブレイクが3年で大きく成長したことに気づく。

「アンシア・・・、さあ」

「・・・ブレイク」

私は結局、彼の名前を呼んだ。

 



 

皇太子宮の池から回収した石版をぼんやりと見つめていた。

フィリップ皇帝は光の女神を裏切り、レオンテル・ベラシアンを皇后として迎えた。

そして、怒った光の女神が彼の子孫を呪ったのだ。

しかし、ダイアナはベラシアン家の光の力でブレイクの呪いを解く。

言い換えれば、フィリップ皇帝が女神を裏切って別の女性を選んだときに、女神がその女性に呪いを取り除く力を与えたという事。

何かがおかしい。

別の隠された真実があるように思えた。

けれど、どんなに考えても答えが見つからない。

とにかく、テンラーン宮殿のおかげでこの石版の正体を知ることができた。

これは、ゼルカン帝国の歴史を記録するために使用された石版だったのだ。

形も似ていて、文字の彫り方も似ている。

フィリップ皇帝は首都を移転した後も歴史の記録を残していたのでしょう。

しかし、ある時点で、すべての石版がなくなり、ほんの少ししか残らなかった。

認識できる文字はごく僅か。

一体何と書いたのでしょうか?

彼が首都を移転した後はどうなったのでしょうか?

結局のところ、それがブレイクの呪いと関係がある手がかりの一部かもしれない。

「殿下、ここにいたのですか?」

ドアが開いて銀漢が入ってくる。

「ええ、私は石版を見ていました。ゼルカン帝国の歴史書を読み直しましたが、当時のタンシノルやフィリップの真の行いについての本はありませんでした。彼はどうやって世界を欺くことができたのでしょうか?」

「・・・あなたは本当にそれらすべての本を読んだのですか?」

彼は机に積み上げられた本を見ながら尋ねた。

「はい」

「・・・殿下は素晴らしいです」

「前に読んだものを再確認しただけですよ」

突然の褒め言葉を受け取り、慌てて手を振る。

「私は多言語能力者なので、古代言語しか読むことができませんから」

「殿下は読書が得意なだけではありません」

銀漢はそっと微笑んだ。

「単純な歴史的事実のみの記録があるだけです。しかし、あなたはそれを見て、すぐに状況を推測しました。そして、フィリップ皇帝が実際にテンラーン宮殿の真ん中で石版を書いた人物であることにも気づきました。それは誰にでも出来ることではありません。あなたはとても若いのに素晴らしいです」

本当はそんなに若くないので、思わず苦笑いを浮かべてしまう。

「あはは。私が老婆のように振る舞っていますか?よく言われます」

「いいえ!そういう意味ではありません。殿下の年齢に関係なく、あなたは素晴らしいです。私の説明が下手なだけです。申し訳ありません!

銀漢はすぐに頭を下げた。

 



 

「そう言えば。銀漢、その服はあなたにとても似合っていますね」

銀漢は珍しいベージュのスーツを着ていた。

「陛下が贈り物として私にくれました。これを着るのは少し違和感があります」

彼は困惑しながらボタンをいじり続ける。

今の服を脱いで元の黒い服に戻りたいと思っていたことが分かった。

「とてもよく似合っていますよ!」

「ほ、本当ですか?」

「ええ」

「・・・嬉しいです」

彼は恥ずかしそうに笑った。

原作だと、銀漢は今年亡くなる。

テステオンがブレイクに代わって呪われようとすると、銀漢が必死に彼を止めようとしたのですが、結局止めることはできず。

その後、銀漢は公爵家に行き、血まみれの体でリチャードを殺そうとしたのだ。

数え切れないほどの騎士に囲まれて、彼はリチャードの体に致命的な傷を残した唯一の人物となる。

しかし今、彼は影として生きてきた人生を捨てた。

小説の事件が行われるまでにはまだ少し時間が残っていたが、テステオンと銀漢の両方が元の道を歩くことはないはず。

「銀漢、質問をしてもいいですか?」

「もちろんです」

「なぜ突然、影としての人生を捨てたのですか?」

銀漢は優しい笑顔で私をまっすぐ見つめる。

「私は殿下に会った後、決心しました」

「・・・私ですか?」

「はい、皇太子のために最善を尽くしているのを見たとき、私は自分自身を恥ずかしく思いました」

銀漢が落ち着いて話し続ける。

「私は隠れたまま生き続けようとしました。陛下に忠誠を尽くしていましたが、結局、私は陛下に助けられたいただけです。陛下が私を必要としていたとき、私は魔法を適切に使うことさえできませんでした。それから私は恐れていました・・・。魔法がなければ、私は無価値になるでしょう」

「私たちはあなたの魔法があるから、あなたを連れて行きたいわけではありません。ですから、そのような顔をしないでください」

「いいえ、私は陛下をもっと助けたいと思っていました。これから、私は彼の側に立ち、彼を守ります。私は皇太子とあなたの強力な支持者にもなりたいのです」

彼の目には誇らしげな感情が。

憂いに満ちた銀漢は姿を消し、未来に向かう素晴らしい青年がアンシアの前に立っていた。

「それなら安心しました」

「いいえ、まだ十分ではありません」

カシル公爵家のすべての騎士を倒し、リチャードを刺した人物にもかかわらず、銀漢はとても謙虚だった。

次の瞬間、銀漢の目が突然激しくなり、私の腕を引っ張る。

「銀漢・・・?」

「殿下、危険です」

彼は剣を抜いて私を後ろに連れて行く。

そして、私が立っていたところから白い光が飛び出し始めた。

「あれは何しょうか?」

「ドラゴンの力を感じることができます。チャン国から私を始末するために送られた男が。殿下、逃げてください」

彼らはすでに暗殺者を送ったのですか?

銀漢の存在は、まだ公表していない。

これまでずっと王子の宮殿に滞在し、皇帝の宮殿に向かうときも、身を隠して慎重に移動していた。

皇太子宮の人々を除いて、彼の存在そのものを知っている人はあまりいないはず。

「銀漢、あなたも危険に晒されています!一緒に行きましょう!」

「彼らは私を追って来ました。私は彼らを処理する必要があります」

短い会話の間に、光が急速に成長し、巨大な球体に変化した。

その後、強烈な光が広がり、空間を満たしたが、それは一瞬で消える。

「殿下、早くここから逃げ___」

『あなたを見つけました!』

銀漢の緊急の叫びと同時に、はっきりとした声が響く。

帝国語とは違う言語。

明かりが消え、人がそこに立っていた。

宝石のように美しく輝く淡い肌、白い髪、そして真っ白な服。

普通の人には見えませんが、お姫様のような不思議な雰囲気の少女。

一体誰なの?

どんなに考えても、この人物は原作に登場していないはず。

「銀漢お兄さま!」

・・・女性じゃない?

彼はその場でじっと立ったまま、銀漢に声をかけた。

彼は喜びに満ちた明るい笑顔を浮かべている。

私はリラックスし、銀漢も剣を下げた。

でも彼の表情は怖いまま。

「ペカン、どうして?」

銀漢が困惑した表情で尋ねると、ペカンという少年は大声で笑った。

「あなたはまだ私の名前を覚えていてくれたのですね。私はとても幸せです!」

彼は銀漢をまっすぐ見ながら、手を前に伸ばして注意深く歩きだす。

すると、椅子の脚に引っ掛かり、ペカンを真っ直ぐ見つめていた銀漢が素早く近づいて彼を掴んだ。

「ああ、私はあなたに不器用な側面を見せました。申し訳ありません」

「・・・体に何か問題が?」

 



 

アンシアがブレイクの名前を呼びましたね♪

少しだけ二人の関係が前進したような気がします。

そして、呪いの問題は謎のまま・・・。

光の女神がベラシアン家に浄化の力を与えた理由は?

そして新登場のペカン。

ブレイクの心配の種が増えましたね(笑)

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【51話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は51話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...