目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【49話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は49話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

49話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【48話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は48話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 嫉妬

感情がとても強烈だったので、私はブレイクをきつく抱きしめすぎた。

気づいて離れようとしたが、ブレイクが腕を掴んで起き上がれない。

「行かないで」

「殿下・・・」

ブレイクが手を差し伸べて、私の手を握った。

彼の手はいつものように少し冷たい。

しかし、彼の熱は短期間で治まった。

「アンシア、どうして泣いているの?」

「理由はありません。お会いできて嬉しいです。気分はいかがですか?」

「問題ないよ。長い間快適に眠れた気がするから」

「神に感謝します、私は医者に連絡しますね」

「いいえ。行かないで、私と一緒にいて」

「殿下・・・」

「ごほん」

後ろにいるテステオンの咳が聞こえて、彼が近づいてきた。

「陛下・・・」

父と息子の3年ぶりの再会。

そして、私は彼らの間で立ち往生することに。

自分が邪魔にならないようにと離れようとしたが、ブレイクが私の腕を握って放してくれない。

「気分はどうだ?」

「大丈夫です」

テステオンがブレイクの額に触れた。

「熱はないな」

「はい」

久しぶりに会ったはずなのに、会話が淡白だ。

私が離れれば、彼らはもっと快適に話せますよね?

「私は医者に連絡してきますね」

「いいえ、アンシアはここにいて」

しかし、ブレイクは私を手放すつもりはなかった。

「私が声をかけてこよう」

その間に、テステオンがドアを開けて出て行く。

私たち二人だけが残ったとき、ブレイクは再び私を抱きしめた。

「アンシア、あなたがいなくて寂しかった。妻の顔を見るのは久しぶりです」

「私もです・・・。殿下が私をこのように見るのを待っていました」

「アンシアが私に声をかけ続けてくれたから、私は目を覚ますことができました」

彼は私の手を握って明るく笑った。

「アンシアありがとう」

私も笑うべきだったのに、代わりに涙が目から滴り落ちる。

「殿下、目を覚ましてくれてありがとう!本当にありがとうございます!」

ブレイクが私の背中を軽く撫でた瞬間、10日間の不安が涙で爆発した。

 



 

ブレイクが10日後に目覚めたときから、皇太子の宮殿には多くの変化が。

テステオンは1日か2日おきにアモリア宮殿を訪れ、時には一緒に夕食を食べた。

「お父様、これも食べてみてください」

きのこのエッグロールをテステオンに向かって差し出す。

私は再びテステオンを「お父さま」と呼んでいるが、ブレイクはまだ彼を「陛下」と呼んでいる。

それが少し違和感でもあり、残念でもあった。

「ありがとう、美味しいです」

「殿下はきのこが嫌いですが、私の料理は気に入ってくれてますよね?」

「はい・・・」

ブレイクは静かにうなずいた

「お父さま、殿下は最近ペリラの葉を食べています」

「本当に?」

「はい。あの強い香りが魅力だと気づきましたよね?」

「はい」

ブレイクは再びうなずいたが、それだけだ。

二人はまだぎこちなく、固い表情で向かい合っている。

私たちが食事をするとき、ブレイク⇆私⇆テステオンで交互に話すだけで、両者がお互いに
話すことはなかった。

呪い以来、二人は長い間お互いの顔を見ていない。

彼らの関係が急速に回復することを期待するのはあまりにも過分なのだろう。

それでも、彼らがお互いを愛していることを知っているので、ヤキモキはするのだが。

「お父さま、私たちの皇太子はとても可愛いですよね?」

「はい、とても可愛いです」

「殿下、頭を上げてください」

「・・・」

「私たちの陛下は素晴らしいですよね?」

「はい」

「もう少しちゃんと見てください。彼はとてもカッコいいじゃないですか?」

「・・・二度も言わなくちゃいけないの?」

「え?」

「・・・」

ブレイクは一言も言わずに食べ続けた。

少しの進歩で、父と息子の食事は終わりを告げる。

 



 

「殿下、お父さまが頻繁に来てくれて嬉しいですよね?」

テステオンが去った後、私はブレイクに注意深く尋ねた。

それからブレイクはさりげなく答える。

「別に・・・」

それを聞いた瞬間、心が沈んだ。

彼はテステオンを嫌ってしまったのだろうか?

「・・・嫌なのですか?」

「いいえ。けれど。妻と過ごす時間が減りました」

「え?だから嫌なのですか?」

「私たちが陛下と一緒にいるとき、アンシアは彼のことだけを気にし、彼を賞賛します」

ブレイクがふくれっ面になる。

「私が?いつですか?」

「今日も陛下のことをカッコいいと言ってました」

「私も殿下が可愛いと言いました」

「あなたは陛下の腹筋が素晴らしいと言いました」

「それはずっと前のことです!」

なぜブレイクは、突然私の黒歴史を明らかにするのでしょうか?

記憶から消していたのに!

「私はアンシアと一緒にいたいです。他には誰もいらない」

私は彼に大きな抱擁をした。

とにかく、彼が私たちの父を嫌ってなくて良かった。

「殿下は嫉妬しているのですね?」

「はい。私は嫉妬しています」

私の小さなウサギはいつこんなに大きくなったのですか?

すぐに、ブレイクは私の腕を引き剥がす。

「アンシア、私は他の男性があなたに会うのが好きではありません」

「陛下は私たちの父ですよ」

「私を見てください。アンシアしか見ていません」

彼は大きな目で見上げたまま、私の腰をしっかりと抱きしめた。

ブレイクがとても美しく見えて、私は一瞬言葉を失ってしまう

彼はいつからこれほどに素敵になったのでしょうか?

私は彼の頬を軽く撫でる。

彼のぽっちゃりした頬は色あせて薄くなっていた。

「私の夫はたくさん食べるべきです。あなたのぽっちゃりした可愛い頬が台無しです」

「いいえ。もう可愛くなりません!」

彼はすでに思春期を迎えているのでしょうか?

しかし、彼は何をしても可愛く見えるので、説得力がない。

実際、彼が可愛いどうかは関係なかった。

ブレイクの細い体を抱きしめていると、ノックが聞こえる。

「殿下、銀漢です」

銀漢は影として彼の人生をやめた。

騎士の資格を取得しなかった人は、王族の護衛を引き継ぐことはできない。

今のところ、彼は東洋文化に興味を持った特別ゲストとして皇太子の宮殿に滞在していた。

銀漢は帝国語に精通しており、西洋のマナーを完全に習得しているため、チャン帝国出身であることに誰も気づいていない。

テステオンは、銀漢が望むなら出て行けるように、事前に書類も用意している。

完璧だった。

小さな問題が1つだけあるが・・・。

「・・・お入りください」

銀漢がドアを開けて中に入ると、ブレイクはさりげなく答えた。

「なぜあなたはここにいるのですか?」

「体調はどうでしょうか?」

銀漢は毎日ブレイクの状態をチェックしてくれた。

「私があなたに言わなかったとしても、あなたは知っているはずです」

銀漢はブレイクのマナを感じることができる。

そのため、彼は体温を測る必要なしにブレイクの状態を知ることができたのだ。

けれど、ブレイクの態度が冷たすぎたのは本当のこと。

しかし、銀漢は気にせずに微笑んだ。

「今日も元気で良かったです」

「疲れました。離れてください」

「かしこまりました。殿下、お休みなさい」

「お休みなさい、銀漢」

銀漢は頭を下げて出て行った。

二人が近づく気配は見られない。

ブレイクとテステオンは離れて時間を過ごしたので、彼らの関係を回復するのに時間がかかるのは当然ですが、今回は違う。

「殿下、なぜ銀漢にそんなにも冷たいのですか?」

「そんなことはない」

「彼は長い間あなたと親しくしようとしてきました。銀漢はいい人だと思います。将来、お二人がうまくやっていくことを願っています」

ブレイクはいつも孤独だった。

私は彼にもっと多くの人と仲良くしてほしいと思っている。

「友達ならいます。ダイアナ、あなたも知っているはずです」

彼らは長い間喧嘩してきたが、ようやく彼も認めたようだ。

もちろん、彼らは最初から友達だったが、決して認めないでしょう。

「でも、たくさんの友達がいたら楽しいでしょう?」

「私は彼が好きではありません」

ブレイクが素っ気なく告げる。

彼がそのような線を引いたのは初めてだったので、私はもう彼に強制しなかった。

まだ1か月も経っていない。

彼らはすぐにお互いを知るようになるでしょう。

しかし、私が去る前に彼らが仲良くなることを願っています。

「それと、ブレイク」

「え?」

「私の名前はブレイクです」

「もちろん、夫の名前は知っています」

いきなり自己紹介をするブレイクが可愛かったので笑ってしまう。

しかし、彼は真剣だった。

「他の誰もがお互いに自分の名前を呼んでいますが、なぜアンシアは私を「殿下」と呼び続けるのですか?」

「それは・・・、マナーですから」

「夫婦ならお互いの名前を呼ぶはずです」

「・・・」

「私は本当にあなたの夫なのですか?」

「・・・」

「私の側にずっといてくれますよね?」

私はブレイクから自分自身を遠ざけるために故意にそう呼んでいた。

ブレイクの呪いを解けないなら私はここを去ると。

だから私は線を引き、それを越えないようにしてきた。

「どう言う意味ですか?私はいつもあなたのそばにいます」

「嘘です。聞いたことがあります」

 



 

久しぶりのアンシアとブレイクの会話は癒されますね。

自分もカッコいいと言ってほしいと話すブレイクが可愛いです!

アンシアはブレイクを名前で呼ぶようになるのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【50話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は50話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...