目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【48話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は48話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

48話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【47話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は47話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • リチャードの野望

「そのような話があると聞いただけです。公爵はまた、噂の根底を知るために皇帝に会い行きました」

「奴隷!なぜ今それを言う!」

「その知らせが午前中に届きましたから」

「もっと早く教えろ!相変わらず使えない奴だ!」

フランクはかなり激怒していた。

こんなことは日常茶飯事なので、リチャードは口を閉じたままを決める。

兄に腹を立てたネオンが代わりに言った。

「アンシアが王女になった場合、皇太子の立場はあなたのものではないかもしれません」

「ネオン、お前は何を言っている!?次の皇帝に相応しいのは、この私だ!すぐにアンシア皇太子妃も私の物になる!」

「兄さんは馬鹿ですか?あなたがアンシアと結婚できるとでも?」

「何・・・?」

「次の皇帝は私だと思います。私がアンシアを花嫁として迎えます。ブレイクがすぐに死に、呪いが消えることを願っています」

「この野郎!」

フランクはネオンを殴った。

「なぜあなたは私を殴るのですか!あなたは私が呪われても気にしないと言った!」

「私を兄と呼ばないでください、あなたはろくでなしです!」

フランクは拳を振り続けた。

リチャードは彼らを無関心に見て、部屋を退出する。

 



 

兄弟間の喧嘩は驚くべきことでもない。

リチャードは自分の部屋に戻った。

彼はバルコニーに立ち、宮殿を見下ろす。

もともと、公爵家は皇居の一部。

皇后の息子、アーノルド・カシルは彼女にとってとても大切だったと言われている。

彼女は息子を自分の近くに置きたかったので、彼女は宮殿の近くに塔を作り、カシルに公爵の称号を与えたのだ。

もともと柵がなかったので宮殿に住んでいるようなもの。

しかし、テステオンが戴冠したとき、公爵家と宮殿の間に高い壁が建てられたのだ。

公爵家の頂上まで上がっても宮殿は見えない。

今も荒涼とした柵しか見えないが、リチャードはそれでも見続けた。

アンシアはそこにいるに違いない。

彼女は今、どのように感じているのだろうか?

皇太子が亡くなったとき、彼女は王女として幸せになるのでしょうか?

それとも彼女は悲しいのだろうか?

ついに怪物が消えるので、彼女は気分が良くなるのでしょうか?

アンシアが光なら、ブレイクは闇。

彼らはとても異なっていた。

突然、黒いローブを着た男が現れる。

それはリチャードの専属魔法使い、ドミラム。

リチャードは彼に昨日と同じ質問をした。

「どうだった?」

「応答はありません」

テステオンは偉大な皇帝だ。

彼の兄弟であるカシル公爵は次の皇太子として期待されていたが、リチャードは別の意見を持っていた。

ブレイクが死んだとしても、テステオンは貪欲なカシル公爵、愚かなフランク、弱いネオンを皇太子として迎えることはないはず。

リチャードにとって、カシル公爵は彼の敵だが、同時にカシル公爵は自分自身を皇帝にするための足がかりでもある。

別の皇太子がいる場合、カシル公爵の権威は無期限に低下するでしょう。

リチャードはブレイクが危機的な状態にあると言われ、結論に達した。

「テステオンを取り除こう」

テステオンを殺し、カシル公爵を皇帝に。

テステオンが王室の中から優秀な人物を選んだ場合、リチャードがどんなに優秀であっても選ばれるのは困難だった。

しかし、カシル公爵が皇帝になれば、自分が選ばれるのは必然だ。

フランクの傲慢さは、彼の父であるカシル公爵でさえも軽視されるところまで来ている。

長男として大事にしていたカシル公爵も次第に失望し、ネオンに興味を示し始めた。

私がフランクににネオンを殺すように挑発すれば、私は簡単に皇帝になることができるでしょう。

リチャードを憎むカシル公爵でさえ、無関係の誰かよりも自分の子供に王位を譲ることを好むはず。

リチャードはそうすることを決心し、ドミラムに命令し、密かにその言葉を広めた。

「古代の魔法を使う魔法使いがロウムの中にいます。彼らは女神の呪いを移すことさえできます」と。

皇帝は間違いなく興味を示すだろうと考えていた。

しかし、テステオンはリチャードが投げた餌を拾わなかった。

むしろ、彼はアンシアを王女に任命することについて話し合うために人々を呼んだそうだ。

その知らせを聞いたからこそ、カシル公爵は急いで彼に会いったのだ。

それは本当である可能性が高い。

テステオンは、彼自身の兄弟や王室の他の人々ではなく、彼の後継者としてアンシアを選ぶことを。

「もっと餌を投げるべきですか?」

リチャードはドミラムの質問に首を横に振った。

「十分だ。計画を中止しよう」

アンシアが王女になれば、彼女の夫が皇帝に。

私は彼女を私のものにする必要がある。

彼らと家族になり、私の夢を実現する。

それは完璧な結末ではありませんか?

リチャードが認めたのはテステオンだけ。

今回はやむを得ず殺そうとしたが、なるべく救いたかったのだ。

さらに、彼がアンシアを手に入れた場合、彼はテステオンを殺す理由もない。

「むしろ、私はアンシアというプレゼントを貰うべきでしょう。非常に貴重で拒否しにくいものを渡すのだから」

リチャードの赤い目が欲望で輝く。

 



 

ブレイクは10日間目覚めなかった。

宮殿の医者は、今日目を覚まさなければ、普通に暮らすのは難しいだろうと話す。

皇太子の宮殿には暗い雲がかかっていた。

銀漢も魔法を使おうとしたが、ブレイクの体に流れる強い力に阻まれ、諦めるしかなかったのだ。

ブレイクの内部では、巨大な力が渦潮のように爆発していた。

このような状況では、魔法を強制することはブレイクにとって有毒である可能性がある。

私は急いで騎士アカデミーに連絡してダイアナに声をかけようとしたが、彼らは混沌の谷の近くで訓練するために出発したため、彼女に連絡することができなかった。

ブレイクの状態は小説よりもはるかに悪い。

それは私のせい。

私が物語をそのままにしておけば、それは起こらなかったはずなのだから。

元のストーリーを変更した結果、バタフライ効果が発生し、ブレイクの痛みが発生した可能性がある。

「起きてください、殿下。光の女神、ブレイクに苦痛を与えないでください。ブレイクは何も悪いことをしませんでした!彼はフィリップの子孫として生まれることを選んでいません!お願いします、彼の呪いを解いてください!」

ブレイクの手を握って真剣に祈っていると、テステオンが柔らかな声で私を慰めた。

「アンシア、それはお前のせいではありません」

「え・・・?」

「これはお前の責任ではないのです。だから自分を責めないでください」

「私は自分を責めているのではありません」

急いで首を横に振る。

「それ以上に、陛下、何か食べてください」

「私のことを父と呼んでくれないのですか?」

「結局、私はブレイクの呪いを解くことができませんでした。そんな私に、陛下を父と呼ぶことはできません」

「どうしてそんな馬鹿げた考えになる?」

「ですが・・・」

「アンシア、お前がそのようなプレッシャーに晒されていることを知っていたら、私はお前がテンラーン宮殿に行くことを許可しなかっただろう。いいえ、ブレイクの呪いを解く方法を見つけたいと言ったときに、私はお前を止めるべきだったのだ。ブレイクの呪いは先祖の罪から生じており、私が無能なだけ。お前にはそれに対する責任はありません」

「ですが、もし私がブレイクの呪いを解く力を持っていれば・・・」

「お前は私たちの宝物だ。お前の存在だけが貴重なのだ。だから、二度とそのように考えないでください」

テステオンは私の手をしっかりと握った。

「この子が死んだら、私はお前を王女にすることを誓います」

「え?それはどう言う意味ですか?」

「光の女神はフィリップ・ジェラシリオンに呪いをかけた。フィリップ・ジェラシリオンは彼女を使って皇帝になった。彼の子孫が王位を放棄した場合、女神は彼女の怒りを解放するかもしれない。ブレイクが生き残れなかったら、私はお前を王女にします。そして、私はお前に王位を渡すつもりだ」

テステオンは息子の死に備えているかのように話した。

テステオン。

彼は私を世話し、私を生物学的な子供のように扱ってくれた。

その事にはとても感謝している。

しかし、今、私は彼がそのように考えていることに腹を立てていた。

「そんなこと言わないで。ブレイクは必ず乗り越えます!私は彼の呪いを解くつもりです!」

「もちろん分かっている。だが、もしも・・・」

「「もしも」と言わないでください!そんな事は起こらないので、考えないでください」

ブレイクの体を抱きしめる。

テステオンがブレイクを諦めるかもしれないと考えるのが怖かった。

「ブレイクは目を覚まします!絶対に!」

愛する人が諦めたらブレイクは本当に死ぬのではないかと思ったので我慢できずに叫んでします。

その瞬間、私は小さな声を聞くことができた。

「・・・アンシア」

ブレイクは私が驚いて彼を見たときに私の名前を呼んだ。

彼の真っ赤な目が私を見つめている。

数日前の疲れた目とは異なり、目は元気だった。

「殿下!」

 



 

公爵家の全員がどうしようもないですね・・・。

リチャードはまだ分かりますが、それでもアンシアとくっついてほしくないです。

そして、ようやく目覚めたブレイク。

彼はこのまま回復するのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【49話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は49話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...