目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【47話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は47話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

47話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【46話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は46話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 悲しい再会

それはすべて私のせい。

すべて私が悪かったんだ。

そういえば、ダイアナが学校に入学して以来、ブレイクの状態は悪化し始めた。

小説では、ブレイクが11歳になった年に重病になる。

しかし、それは光の祭典の後。

こんなに早くはなかった。

それはすべて私のせい。

すべて私が悪かったんだ。

ブレイクの手をしっかりと握る。

彼の左手はいつも寒い。

おそらく呪いのために、手は冷たく、感覚もないのだろう。

ブレイクが眠りについたとき、私はいつも彼の手を握っていた。

けれど、どんなに頑張っても呪いが広がるところは暖かくならない。

「ごめんなさい。殿下、私が我儘だから・・・」

ブレイクの呪いを解くことができるのはダイアナだけ。

私はそれを知っていたのに、彼のそばにいたいという自分の我儘を優先してしまったのだ。

過去を見せてテンラーン宮殿に連れて行ってくれたのが本当に女神なのか、この世の責任者なのかは分からないけれど、金色の扉を見せてくれた理由が理解できた気がする。

それは呪いを解決する方法を教えてくれるのではなかった。

フィリップは私が思っているよりずっと悪人で、光の女神が彼を許すことはない。

光の女神の意図は、私の誤った希望を止めることだったのでしょう。

「私は我魔になりません。だから、ブレイクを病気にさせないでください・・・」

私は祈った。

光の女神に祈っていたのか、この小説で世界を担っていた神に祈っていたのか自分でも分からない。

原作の小説で、なぜテステオンがリチャードの黒魔術に騙されたのか理解できた。

「それは私のせいです。ブレイクが目覚めたらすぐに出発します。だからお願い・・・」

「・・・行かないで」

驚いて見上げると、ブレイクの真っ赤な目が私を見ていた。

「殿下、起きたのですか?気分はいかがですか?すぐに医者に連絡します!」

椅子から慌てて立ち上がると、ブレイクが私の手をしっかりと握る。

「アンシア、行かないで」

「殿下」

「行かないで・・・、離れないで・・・」

「ええ、私はどこにも行きません」

ブレイクの絶望的な目の前で、私が去るつもりであると彼に言うことはできなかった。

反射的に首を横に振る。

「アンシア、約束して・・・」

彼の声が弱くなる。

それからブレイクは再び目を閉じた。

 



 

ブレイクは翌日目を覚まさなかった。

彼は昨夜しばらく目を開けたが、自分に離れないように言っただけで、再び意識を失う。

彼の呼吸は弱く、体温は上昇し続けていた。

「殿下がこれほど長い間意識を失ったことはありません」

「シーッ。皇太子妃殿下があなたの言葉を聞いているかもしれません」

ドアの外では、ハンスとメリッサの声が聞こえてくる。

今、彼らはもはや落ち着いたふりをすることもできなかった。

ブレイクの手をしっかりと握る。

ダイアナだったら良かったのに。

私が彼女なら、ブレイクは病気ではないかもしれないのに。

彼女は光の継承者なのだから。

ダイアナが多くのことをしていなかったとしても、私よりずっと助けになるでしょう。

「殿下、ごめんなさい・・・」

突然、ドアが開く。

現れたのはテステオンだった。

ブレイクが呪われて以来初めて、皇帝が彼に会いに来てくれた。

とても楽しみにしていたはずなのに、テステオンを見るやいなや心が沈む。

私は皇帝に何度も何度もブレイクに会うように頼んだ。

しかし、テステオンは受け入れてくれなかった。

しかし、それがブレイクを守る唯一の方法だと考えていたのでしょう。

テステオンが自分の意志でブレイクの部屋を訪れる。

それはブレイクの状態が深刻だったことを意味した。

「お父さま・・・」

私の背中を軽く撫でた後、彼はブレイクが横たわっているベッドに近づく。

そして、彼は息子の顔に触れた。

「すまなかった、会いにくるのが遅れて・・・」

テステオンが息子に謝罪する。

しかし、父親が来たにもかかわらず、ブレイクは目を開けなかった。

私は皇帝に近づいた。

「彼は大丈夫でしょう。彼はすぐに目を覚ますはずです」

私は勇敢に答え、彼の不安を解消する。

テステオンがブレイクの元を訪れたのは、元の小説では一度しかない。

それは、彼が息子の呪いを自分に移すことを決心した後。

今回もそうなるのではないかと心配でしてしまう。

「だから、変なことは考えないでください。お父さまはこれからもブレイクを護らなければいけないのですから」

「私には護るべき子供が2人います。変なことなんて考えていない」

「万が一に備えて、黒魔術を信じるべきではありません」

「まだ言っているのか?」

「どういうわけか不安が収まらなくて・・・」

「私はあなたに叱られたくないので心配しないでください。そして、私はその種のトリックには興味がありません」

テステオンが私の手をしっかりと握る。

「はい、私はお父さまを信じています」

 



 

テステオンが皇太子の部屋に足を踏み入れた。

ブレイクが呪われて以来、それは初めてのこと。

ブレイクの危機的状況の知らせはすぐに広まった。

しかし、カシル公爵の長男であり、次の王子の候補である可能性が最も高いフランクは、不満に満ちている。

「この機会に怪物を南の島に行かせましょう!他の貴族たちは、一体何を待っているのですか!?」

フランクは怒りで声を上げた。

リチャードが彼の異母兄弟を見て、舌打ちをすると、フランクが彼の行動に気づく。

「奴隷、お前は今私を笑ったか?」

「笑っていません。今日にでも死ぬかもしれない誰かを追放するのはなぜだろうと思っただけです」

「南の島で死ぬように怪物に言えばいい!」

フランクは愚かで単純で、怒りを和らげるためにやりたいことは何でもしてきた。

彼の性格は年をとるにつれて悪化している。

ブレイクの存在を容認することができず、フランクは彼を宮殿から追い出すことに夢中になっていた。

「皇太子は本当に死ぬのだろうか?」

ブレイクが病気であるという知らせを聞いた後、静かだった3番目の子供ネオンがフランクに尋ねる。

「彼はもうすぐ死ぬ。しかし、その前に、彼を宮殿から追い出します。あの場所は私がいるはずの場所なのだから、怪物が宮殿で死んだら、それは私にとって不運になるでしょう」

フランクは王子になることを考えて興奮していた。

ブレイクが死ねば、自分が新たな皇太子になると信じて。

しかし、ネオンはフランクとは異なる見方をしている。

「治療法などはありますか?父さんはたくさんの貴重な薬を持っています。なぜ父さんはそれを送らなかったのですか?」

「ネオン、一体何を言っている?私が皇太子になることに嫉妬しているのですか?それとも、私の代わりをしようと企んでいるのですか?」

ネオンが自分の代わりになりたいのなら、彼自身の兄弟でさえ許すことはできないだろう。

しかし、ネオンは大声で叫んだ。

「もちろん、私は彼を救います!彼が死んだら、次は私たちの番なのだから!」

「・・・私たちの番ですか?」

フランクは小さな目でゆっくりと瞬きをする。

奇妙なことに、彼はショックを受けたようだった。

リチャードは彼の異母兄弟をちらっと見た。

彼はどれほど愚かなのでしょうか?

「ネオンが言ったように、皇太子が死んだ場合、呪いは王室の一人に渡されます。誰が呪いを引き継ぐかは分かりませんが、歴史を考えると皇室の血は強く、まだ年をとっていない人が呪われる可能性が高いのです」

王子になることを考えて興奮したフランクの表情は、すぐに恐怖に包まれる。

「何!?それなら彼は今すぐ死ぬことはできません!大人になるまでに1年必要です!その間、長生きするように彼に言ってください!」

フランクはイライラした。

呪われずに安全に戴冠できればいいのにと考えているのでしょう。

ネオンは兄の冷淡な答えに大いに失望する。

「怪物が死んだからといって、兄さんが皇太子になれると思いますか?」

「何?」

「ブレイクが死んだ場合、皇帝は皇太子妃を帝国の王女として任命するでしょう」

「あなたは馬鹿ですか?あなたはそのデタラメを信じているのですか?どうして無関係な子供が王女になることができる!?」

「皇帝は自分の子供よりも王女を大切にしています。その後、誰かがアンシアと王女と結婚する必要があります。そうすれば、彼女の夫は最終的に皇帝になるかもしれません」

「おい、奴隷!それは本当か?」

リチャードの発言で、フランクが彼の方を向く。

 



 

ようやくブレイクとテステオンが再会できたのに・・・。

こんな出会いは悲しすぎますね。

早くブレイクには目を開けて欲しいです!

そして、カシル公爵の息子は誰もが自分勝手で腹が立ちますね。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【48話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は48話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...