目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【45話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は45話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

45話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【44話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は44話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 地下室の扉

「危険です、殿下」

「本当に危険だとは思えないのです。危険の兆候が見られたら、すぐに戻ってきます。だから私を止めないでください」

「・・・分かりました」

「ありがとう、銀漢」

もう一度お礼を言って、背筋を伸ばす。

銀漢の目は心配で満ちていた。

「危険を感じたら、すぐに宮殿に戻ります」

「分かりました、約束します」

私たちは階段を降りた。

何も怖くなかった。

どんなに一生懸命考えても、マクルがこんなに複雑な罠を張っているとは思えなかったのだ。

階段を長く歩いた後、壁が見えてきて、マクルが再び壁を壊した。

火事が起こった直後に、このような壁を建てることができたのはフィリップ皇帝だけでしょう。

彼は一体何を隠そうとしていたのでしょうか?

それは女神の呪いと関係が?

考えていると、壁が崩れる音が聞こえた。

「わあ・・・」

崩れた壁の向こうの景色を見た瞬間、驚いてしまう。

地下深くに、巨大な金色の扉が存在していたのだ。

美しい模様の金色の扉は芸術作品であり、贅沢品。

この人生で素晴らしい宝物に慣れていたが、それでも衝撃的だった。

マクルは金色のドアの周りを一周している。

マクルが発する白色光が金色を輝かせていた。

「彼らは私にそこに行くように言っていると思います」

「私も行きます、殿下」

銀漢と一緒に扉を押す。

しかし、金色の扉はビクともしなかった。

「鍵がかかっているようですね」

「鍵を見つける必要があるのですか?しかし、扉に鍵穴は見当たりません・・・」

「扉自体に強い力を感じることができます。誰かが魔法でそれを封印していると思われます」

「開けるにはどうすればいいでしょうか?」

「パスワードを見つけるか、自分でロックを解除する必要があります。私は魔法使いではないので、正確には分かりませんが、この強さでは、外部から強制して開けるのは難しいです」

フィリップ皇帝は人々をこの場所から遠ざけるために多くの壁を設置したのでしょう。

千年前にかけられた魔法。

パスワードがあったとしても、フィリップ皇帝が完全に隠された場所に書いていた可能性があり、今では見つけることは難しいはず。

「他に方法はありますか?」

「・・・申し訳ありません」

銀漢が頭を下げる。

それは、これ以上の方法がないことを意味する。

ここまで来たのに・・・。

この扉の向こう側でブレイクの呪いを解く手がかりがあるかもしれないのに・・・。

呪いの痛みでどうしようもなく笑っていたブレイクの顔が頭に浮かんだとき、涙が湧き上がった。

「殿下・・・」

「ここで諦めることはできません」

金色の扉を見る。

おそらく、パスワードはドアに刻まれた装飾に隠されているはずだ。

扉に近づいて触れてみると、その瞬間、金色の扉から光が流れ出し、透明なカーテンが壊れた。

びっくりして後退する。

銀漢が扉に近づいた。

「封印が解除されています」

「解除されたのですか?」

「はい」

「けれどどうして?封印が時間の経過とともに弱まったの?」

「いいえ、とても強力でした。殿下の力でしょう」

「私?ですが、私は何もしていません・・・」

ただ扉に触れただけ。

「正直、私も何が起こったのか分かりません」

「とりあえず中に入りましょう」

「はい、殿下」

銀漢が金色の扉を押して、重い扉が少しずつ開き始めた。

ついにすべての扉が開き、秘密の隠された空間が明かされる。

 



 

「・・・」

言葉が出ない。

広々とした部屋は金と宝石で飾られていた。

それは私がビジョンで見た部屋。

当時は素晴らしかったと感じていたが、実際に見てみるとさらに眩しく感じる。

光の女神が私をここに導いてくれたような気がした。

彼女はブレイクに彼の呪いを解く機会を与えたのかもしれない。

「入りましょう」

「はい、殿下」

今回も銀漢が私を引きとめることはなかった。

マクルは入らずに外に立って、金色のドアの周りをゆっくりと泳いでいる。

彼らは正しい答えを見つけた自分を称賛しているようだった。

ここには、ゼルカン帝国時代のスタイルを反映した珍しい宝物がたくさんある。

金色の部屋の一角にたくさんの石版が置かれていた。

石版の大きさや形は、湖から回収したものとほぼ同じ。

「まるで3階の石版のようですね」

銀漢もはと同じことを考えていたようだ。

「はい、それに加えて、ここの石版はより鮮明です」

「殿下、ついにあなたが望むものを見つけたのですね」

「喜ぶにはまだ早いです」

興奮と期待の高まりを抑えながら、ゆっくりと石版の言葉を解釈する。

 



 

-504年6月、建国記念日が開催され、大陸のすべての国が使節を偉大なゼルカン帝国に派遣した。

-504年7月、5番目の王子が狩猟大会で優勝した。

それはラクシュルのこと。

彼は卓越した武道でゼルカンで注目を集めている王子だったに違いない。

だからこそ、彼は復興運動のリーダーになったのだ。

-504年8月、第9皇后は15番目の王女を出産した。

-洪水により100戸の家屋が失われた。

「それは何と書いてあるのですか?」

「ゼルカン帝国の歴史です。お祭り、お姫様の誕生、自然災害などの簡単な説明です」

「石版には重要な歴史だけが刻まれていたに違いありません。残りは羊皮紙に書かれていますが、石版には特別なものが残っています」

「それなら、羊皮紙のすべての記録が焼き払われたに違いありません、そしてこれは残っている唯一のものでしょう」

よく調べてみると、ここで集められた記録は、ゼルカン帝国の創設から500年後のもの。

たぶん、このような別の場所があったはず。

しかし、ゼルカン帝国は510年に滅ぼされた。

おそらく、彼らはすぐに歴史に消えるとは思っていなかったのでしょう。

石版の続きを読む。

崩壊しようとしている国にとって、それはかなり平和な記録だった。

-505年10月、第11皇后は第17王子を出産しました。

その後、皇帝が新しい女王を連れてきて出産し、宮殿を建てたという記録が続く。

女神の呪いを解く手がかりは見つからない。

-508年3月、北部はモンスターに大きな被害を受け、皇帝は人々にモンスターを倒すように命じた。

-508年5月、5番目の王子が邪悪なモンスターを一掃した。

-508年6月、第5代ラクシュル王子が皇太子の称号を与えられた。

「ラクシュル王子が実際には皇太子だったようです」

「テンラーン宮殿に火をつけた男について話しているのですか?」

「はい。ゼルカン帝国復興運動のリーダー。テンラーン宮殿だけではありません。彼はすべての本を燃やし、ロウム族の言語を古代のものにしました。彼はまた、ゼルカンの首都であった土地を汚染し、人々が住むことを不可能にしました」

「彼は本当の悪役です。千年前は今よりも汚染されていたに違いありません。浄化の呪文を思い起こさせることができない限り、おそらく内部はすべて死んでいたでしょう」

石版を作ったのはフィリップ皇帝だが、ラクシュルが犯した悪行は消えない。

彼は最終的に帝国軍に捕らえられ処刑されたと言われている。

犯された罪と比較して、それは非常に不快な結末。

次の石版に向かう。

記録を読んでいると、ある文章を見て目を大きく開いた。

-508年7月、ラクシュル王子はベラシアン伯爵の娘であるレオンテル・ベラシアンと婚約した。

レオンテル・ベラシアン・・・?

彼女は、フィリップ皇帝と共にゼルカン帝国を破壊し、アステリック帝国を創設した光の魔法使い。

アステリック帝国の建設に最も貢献したレオンテルが、ゼルカン帝国の皇太子と関わっていた?

次の記録を読む。

レオンテルの記録を見つけたかったが、ラクシュル皇太子については何も出てこない。

代わりに、他のコンテンツが際立っていた。

-508年8月、8番目の皇后が病気にかかる。

8番目の皇后の死から始まって、暗闇がゼルカン帝国に襲いかかる。

-508年9月、7番目の女王が激しく咳をし、血を吐き、最終的に彼女の皮膚は暗くなった。

それは第8皇后と同じ病気。

-508年、8番目の王子が病気にかかる。

-508年、第4皇后が病気にかかった。

-508年、11番目の帝国の女性が病気にかかる。

-508年10月、皇帝に伝染病の責任があるとみなされた。

しかし、皇帝からの指示を受ける前に、彼はすでに亡くなっていた。

7番目の皇帝の顔は醜くなり、彼の体は黒い斑点で覆われた。

皮膚が黒くなり、体の骨が折れる病気。

この病気は「タンシノル」と呼ばれることに。

他の皇族の症状は記録されていないが、7番目の皇帝が伝染病を広めたという事実は、誰もが同じ病気にかかっていたことを示唆している。

7番目の皇帝が疫病をもたらし、躊躇うことなくそれを記録として残された罪人とみなされった。

「殿下、どうしたのですか?」

銀漢が慎重に尋ねる。

 



 

アンシアが金の扉を開いたのは、彼女にも光の力が存在するから?

地下の石版は、かなり謎を残していますね。

フィリップ皇帝が恋に落ちたのはレオンテル・ベラシアンなのでしょうか?

けれど、記録上だと彼女はラクシュルと結婚しています。

更なる情報は見つかるのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【46話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は46話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...