目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【44話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は44話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

44話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【43話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は43話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 怪物の群れ

「もし彼らが人々の不安をかき立てて人々の従順を勝ち取ろうとしたならば、彼らはフィリ
ップ皇帝を非難すべきだったわ。彼らはフィリップ皇帝が女神によって選ばれたことを否定すべきだったのに」

私は石版を見続けた。

「神に選ばれたのは彼らだけで、フィリップは偽物。彼らはそれを書くべきではありませんか?しかし、石版にはフィリップ皇帝が光の女神によって選ばれたことを否定していません」

「まさか、フィリップ皇帝自身がこの石版を作ったと言っているのですか?」

銀漢は頭がいい。

この会話だけで、彼は私の考えを理解したのだから。

「ええ、この石版を作ったのはおそらくラクシュルやロウム族ではなく、フィリップ皇帝自身なのです」

すべてが奇妙だった。

「これは人々への警告を含んでいます。しかし、ここはテンラーン宮殿の最深部でもある皇居の内部。貴族でさえなかなか来られない場所に石版を置くのは不思議です」

「彼の強さを誇示するだけではなかったのですか?」

「それでも、フィリップ皇帝がこれらの石版を破壊していない意味が分かりません。当時、ゼルカン帝国の復活運動は強かったと聞きましたが、結局、彼はすべての反政府勢力を一掃し、ラクシュルを処刑しましたから」

フィリップ皇帝は、カーンとテンラーン宮殿への被害が非常に深刻で、土地が黒魔術で汚染されていたため、首都を移動することを余儀なくされた。

(フィリップ皇帝は勝者のはず。しかし、なぜ彼はこんなメッセージを?)

考えれば考えるほど、フィリップ皇帝が石版を作ったと確信する。

焼け跡のない綺麗な石版に触れた。

その瞬間、ネックレスが輝き、感電死したかのように全身が泣く。

それから闇が訪れた。

巨大な石版を見直すと、一瞬で石版が変わっていた。

まるで最近作られたかのように、時間の痕跡が見られない。

[フィリップ、この石版は何!?馬鹿じゃないの?あなたは気が狂っている!どうすればこれができますか!?]

石版の前で女性の声が響く。

彼女は怒りを発散していた。

すると反対側に立っていた男の赤い瞳が激しく点滅する。

[非常識な話をしないでください。私は帝国の皇帝です。あなたがこれ以上の軽蔑を犯した場合、私はあなたを許しません]

その男はフィリップ皇帝でしょうか?

光の女神を裏切って呪いの相続人を作ったアステリック帝国の最初の皇帝?

銀色の髪と赤い目を持つ男。

彼の姿を詳しく調べようとすると、目がぼやけて、銀漢の焦る声が聞こえた。

「殿下!・・・殿下!」

彼の叫び声を聞いた瞬間、目の前の幻想は消えた。

「・・・銀漢」

「殿下、大丈夫ですか?」

「ええ、少し目眩がしただけです」

再び、千年前のことが私の目の前で繰り広げられていた。

一体なぜこれが起こり続けるのでしょうか?

「それは黒魔術の影響のようです。さあ、戻りましょう」

「いいえ、もう少し探します」

多分これは光の女神からの贈り物。

私がブレイクを癒すのに苦労しているので、彼女は私に呪いを解くためのヒントを見せているのかもしれない。

これはブレイクの呪いを解く手がかり。

光の女神が私を導いてくれているのだ。

私はそう確信した。

「いいえ。陛下は、危険な場合はすぐに宮殿に戻るように私に命じました」

銀漢が丁寧にしっかりと話す。

「私は元気ですから」

「顔色が優れません」

「もう少しだけ待ってください」

ブレイクの呪いを解く方法を見つけることができるかもしれない。

手がかりが目の前にあるのに、このまま帰るわけにはいかなかった。

「殿下の安全が最優先されます。宮殿に戻りま___」

柔らかな口調で私を説得していた銀漢の目が突然空を見つめる。

 



 

「銀漢・・・?」

「あれは怪物です」

「怪物ですか?テンラーン宮殿は汚染されすぎていたので、怪物の隠れ家になることすらできなかったと聞きましたが・・・」

銀漢の視線を追って空を見上げたが何も見えなかった。

「失礼します、殿下」

「え?きゃあ!」

銀漢が突然私を抱き抱える。

典型的な「お姫様を運ぶ」姿勢に、私は驚いて叫んでしまった。

落ちないように首を反射的に抱きしめた瞬間、空から白い怪物が現れる。

もやしに似たあの怪物は・・・。

「あれはマクル!」

どうして混沌の谷にしか住んでいない怪物がここに現れるの?

「しっかりつかまってください」

銀漢が私を腕に抱いて走ったとき、マクルは最初から私たちを狙っていたかのように素
早く追いかけてきた。

何十ものマクルが素早く飛び込み、長い体を振る。

銀漢は信じられないほどの速さで動いた。

しかし、マクルの数が多すぎる。

そして、マクルは銀漢を隅に追いやった。

「銀漢、私を降ろしてください」

彼が一人なら、彼はマクルを簡単に打ち負かすことができるでしょう。

私は彼の動きを抑えたくなかった。

「しっかりつかまってください。宮殿に入ります」

巨大なマナが狭い廊下に突入すると、すでに不安定な建物が揺れ始めた。

前は壁で塞がれ、後ろはマクルで塞がれている。

もう逃げる方法はなかった。

結局、銀漢は私を床に降ろす。

「私が道を開きます。殿下、私たちが最初に来た場所に逃げてください」

彼は厳しい表情で剣を抜いた。

銀漢がどれだけ魔法を使っても、多くのモンスターを倒すのは難しいでしょう。

それはマクルが途方もない速度で私たちに飛んだとき。

銀漢は剣をマクルに向けて伸ばし、私を彼の腕の中に引き込んだ。

 



 

しかし、マクルは私たちを通り過ぎて壁にぶつかった。

もう一人のマクルは壁に向かって飛んだだけで、私たちを攻撃してこない。

銀漢は剣をしっかりと手に持てマクルの動きを観察した。

グァン!グァン!

マクルが次々とぶつかると、固い壁にひびが入り始める。

そして、1つの壁が完全に崩壊した。

「・・・!」

その向こうには新しい空間が。

その空間にマクルが入っていく。

銀漢と私は呆然としたまま、その場に立ち尽くしていた。

それから、前にいたマクルが振り返って私たちを見る。

「私たちについてくることを望んでいると思います」

「それは危険です。怪物が攻撃を止めたので、この隙を利用して宮殿に戻らなければなりません」

「いいえ、入った方がいいです」

「殿下、危険過ぎます」

「危険ではありません。考えてみれば、彼らは私たちを攻撃したことはありません」

「彼らは最初から私たちをここに連れて行くために現れたと?」

「そう考えるのが妥当でしょう。彼らは混沌の谷にのみ住む悪魔です。彼らがここにいるのには理由があるに違いありません」

私の言葉が正しかったかのように、マクルは白い輝きを放った。

同時に、ネックレスの光の魔法石が輝き始める。

私は光に誘われて、憑依されているように歩き出した。

銀漢はもう止めることが出来なかった。

廊下にはまだ火の痕跡が残っている。

火事が起こった後、壁が入り口を塞いだようだ。

窓のない廊下だが、マクルの光で暗くはない。

その後間もなく、別の壁が道を塞いでいた。

それからマクルが壁を叩き出す。

痛くないのかな?

彼らが私たちを攻撃しないと確信していたせいか、私は彼らのことを心配し始めていた。

やがて、壁が壊れ、隠された階段が現れる。

階段を下りようとしたとき、銀漢がまた私を思いとどまらせた。

「これ以上は危険です」

「ここで諦めることはできません」

「罠かもしれません」

「心配しないでください」

廊下を埋め尽くした光が同時に揺れた。

マクルが私の言葉に同意してくれたようだ。

最初は怖いもやしのように見えたが、今では可愛く見える。

「ほら、マクルも大丈夫だと言っているわ」

「彼らは邪悪な生き物です。信じられない。戻りましょう」

しかし、銀漢は頑固のまま。

彼の心配は理解できたが、戻れなかった。

私は彼の目をまっすぐ見つめる。

「銀漢、私は本当にブレイクの呪いを解きたいの。呪いを解くことができれば、私はどんな危険も冒す覚悟があります。本当に危険ですが、それが可能であるという事実を諦めることはできません」

「しかし、殿下・・・」

「我儘を言ってごめんなさい。でも今回は私の意志に従ってください。お願いします」

深くお辞儀をして、銀漢にお願いした。

それから彼はパニックになり、途方に暮れた。

 



 

過去の記憶で現れた女性は、フィリップ皇帝が愛したと言われている女性?

彼はなぜゼルカン帝国を擁護する石版を?

銀漢がアンシアをお姫様抱っこしたことをブレイクが知ったら、彼はどんな反応をするのでしょうか?

そして、隠された階段の奥に待ち受けているものとは?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【45話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は45話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...