目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【43話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は43話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

43話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【42話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は42話をまとめ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • テンラーン宮殿へ

「お前はまた下らないことを言う」

「どう言う意味ですか?お父さまの顔は国宝のようです。大切に使われるべきなのです。あなたもそう思いませんか、銀漢?」

「もちろんです!陛下は国内で最もハンサムな男性です!」

「・・・ごほん」

銀漢が褒め言葉に加わったとき、テステオンは困惑したかのように無駄に咳をした。

その姿はブレイクに非常に似ている。

「お前の言葉だけで十分だ」

「分かりました。お父さま、じゃあ出発しますね」

「あまり遅くなるな」

「大丈夫ですから、心配しないでください」

微笑みながらそう告げて、私は銀漢の方を向く。

「さあ、行きましょう」

「はい」

銀漢は理由もなく私をじっと見つめた後、彼は躊躇して付け加えた。

「・・・テレポーテーションの魔法を使うには、殿下が私の手を握らなければならないのですが」

彼の言葉を聞いた瞬間、私は笑い出してしまう。

保守的な「チャン」の国出身なので、異性と手を繋ぐのは恥ずかしいのでしょう。

彼らはR-18ロマンス小説のキャラクターですが、なぜそんなに純粋なのでしょうか?

「分かったわ、銀漢。私を宮殿に連れて行ってくれませんか?」

「はい、私はあなたの命令に従います」

銀漢は私に近づき、注意深く手を伸ばす。

私はその見返りに彼の手を握った。

「目を閉じて体をリラックスさせてください」

彼の言ったように私は目を閉じる。

すると全身が温かい気持ちで包み込まれた。

 



 

「目を開けてください、殿下」

銀漢の声で私は目を開けた。

温かい気持ちが消えて、代わりに強風が感じられる。

「・・・ここがテンラーン宮殿ですか?」

「はい、殿下」

砂塵だらけの荒涼とした皇居を見回す。

贅沢で楽しさに染まったテンラーン宮殿の素晴らしさは見当たらない。

「・・・荒れ果てているのですね」

まるで時間が止まったかのよう。

テンラーン宮殿の火事から1,000年以上が経過していたが、床には城の灰がひどく散らばっていた。

(何故か空っぽのような感覚になるわ・・・)

銀漢は何も言わずにハンカチを差し出した。

何と言ったらいいのか分からなかったので、黙って彼を見つめた。

「泣きそうに見えましたので・・・」

「泣くつもりはありません。少し悲しかっただけよ」

ここはゼルカン帝国の中心だったが、燃やされて、最終的に歴史から姿を消した場所。

ただの古い廃墟だったが、炎の痕跡に圧倒され、無駄な感情に包まれてしまう。

(なぜ私は突然このように感じるのかしら?普段はあまり感情的ではないのに・・・)

「地面が汚染されています。黒魔術の闇の力があなたの心に浸透したのかもしれません。殿下、戻りますか?」

「いいえ。宮殿を見回します」

私が過去に見たテンラーン宮殿は、すべて金と宝石で飾られていた。

ゼルカン帝国がどれほど贅沢であったとしても、すべての宮殿を飾ることは不可能でしょう。

おそらく、私の見た部屋は特別な目的のために使用されていたはず。

歩いていると、火事の中でも壊れていない部屋がいくつか見られた。

皇帝と皇后両陛下が住む内宮に入るほど、悲惨な光景が繰り広げられている。

「殿下、足元に注意してください」

「ええ・・・」

私は弱く答えた。

金に囲まれた部屋が宮殿のどこかにあるに違いない。

それでも、自分の視界に見た場所がまだあることを望んでいたが、悲惨な宮殿の風景を見続けていると、心臓が激しく鼓動した。

「・・・殿下。深く入り込むほど、闇の力は強くなります。戻ったほうがいいです」

「もう少しだけ見てみましょう」

銀漢が言ったように、恐らく暗黒の力が増しているせいで、私は息苦しくなるのを感じていた。

部屋が全焼して消えたとしても、石板が残っている可能性はある。

絶望を感じながら歩いていると、元の形が認識できない壊れていた宮殿に、そびえ立つ巨大な石が私の目に浮かぶ。

「銀漢、見て!」

「あれは石板ですね」

「早く行きましょう!」

「殿下、しばらくお待ちください!」

私が走りだすと、銀漢はすぐに私についてきた。

石板の元にまっすぐ向かう。

石板は遠くから見たよりもはるかに薄い。

宮殿の真ん中には、泥と砂が絡み合った高さ2.5メートルを超える巨大な石が立っていた。

「大きさは違いますが、湖から取り出した石板に似ていますね。奇妙な彫刻でいっぱいです」

銀漢が言ったように、巨大な石板には多くの文字が刻まれていた。

「ええ。これは古代語ですね。ロウムの言語です」

「殿下には読めるのですか?」

頭を上げる。

墓石の上に刻まれた碑文はほとんど見えない。

私は上から手紙を読み始めた。

「・・・偉大なロウムの王子ラクシュルが発表します」

偉大なロウムの王子ラクシュルが発表する。

神は偉大なロウムを選び、ロウムは神の意志に従ってゼルカン帝国を設立した。

神はロウムの血に素晴らしい金と肥沃な土地を与えた。

神はまた、神の言葉が彼らに愚かな人々の世話をするように命じたと告げた。

ロウムは天の意志に従ってゼルカンを大帝国に成長させ、愚かな人々の世話をした。

しかし、人々がその恵みを知ることはなく、あえてロウムの力を切望したのだ。

その中で光の女神の力を持っていたフィリップは、ゼルカン帝国を破壊し、新しい帝国を設立する。

祭壇の宮殿は、偉大なロウムの所有物であるゼルカン帝国の中心。

フィリップはあえて自分を皇帝と呼び、祭壇の宮殿の名前を彼の意志に変えたので、それは嘆かわしいことだ。

したがって、687年9月1日、ラクシュルはフィリップと、欠陥のある弟子を正すために汚れた祭壇の宮殿を燃やすことによって、ロウムの代わりをあえて引き継ぐ人々を破壊しようとしたのだ。

この大陸の支配は偉大なロウムの手にのみあり、そのすべての金、偉大な土地、神の言語と知識、魔法と力はすべて、ロウムの偉大さから始まった。

愚かな人々よ、ロウムに従いなさい。

あなた方がそれらに従わない場合、神はあなた方に与えられたすべてのものを奪うでしょう。

カーンの地は暗闇に染まり、永遠に痛みに包まれます。

ロウムに従ってください。

これは愚かな人々に授けられる最後の思いやり。

偉大なロウムに従ってください。

ゼルカンの新しい皇帝ラクシュルに忠誠を誓うことを。

あなた方がゼルカンの人々であることを忘れないでください。

 



 

「・・・」

石板の碑文を最後まで読んだとき、銀漢が私を賞賛した。

「殿下は本当に多言語能力を持っていたのですね」

「大したことではありません」

「いいえ。殿下は特別な方です。言語能力は非常に稀だと聞いていますから」

「そうでもないわ」

彼は知らない。

私が別の世界から来て、偶然にこの力を得たことを。

そのような賞賛はやや恥ずかしいものだった。

「それ以上に、これらの内容についてどう思いますか?」

「ラクシュル皇子は専制政治で国を破壊したという事実を反省することなく、最後まで人々を非難しています。それは哀れで悪質だと感じました」

「あなたはそのように感じるのですね?」

「殿下は違うのですか?」

「何か違和感を感じるの。これは、ラクシュルとロウムへの忠誠を誓うように人々に求めるメッセージのようなものではありませんか?」

長く正式な書き方だったが、簡単にまとめるとこんな感じでしょう。

「彼らがラクシュルとロウムに従わない場合、彼はすべてを燃やして破壊します。しかし、これは彼のせいではありません。それはすべて、彼に従わない愚かな人々のせいですと」

「彼らは常に上に君臨してきた人たちだからでしょう。ロウム族は傲慢な存在なのです」

もちろんそうかもしれない。

しかし、それがロウム族の傲慢さの表れであると言うのは不思議だった。

「それだけではありません。当時、ロウム族は崩壊したゼルカン帝国の再建に熱心でした。フィリップ皇帝を暗殺するために、ラクシュルは宮殿を攻撃したのですから。彼らの最大の敵はフィリップです。しかし、この石板にはフィリップへの詳細が書かれていません」

「しかし、以前に光の女神の力を持っていたフィリップは、・・・ああ!」

銀漢は何かに気づいたに違いないので、目を大きく開いた。

「分かりました。この文章には、フィリップ皇帝を非難する文章がありません」

光の女神に力を与えられたフィリップは、ゼルカン帝国を破壊し、新しい帝国を設立した。

フィリップはあえて自分を皇帝と呼び、祭壇の宮殿の名前を彼の意志に変えたので、それは嘆かわしいことです。

これら2つの文章。

しかし、これらの文章は事実を示しているだけであり、フィリップを非難するものではなかった。

 



 

過去の世界設定は、まとめないと難解に思えます。

過去の用語をまとめてみましょう。

  1. フィリップ皇帝:アステリック帝国を建国し、光の女神と恋に落ちる。光の女神は、愛するフィリップに自分の力を分け与え、彼は女神の力で帝国を建国した。しかし、皇帝となったフィリップは光の女神を裏切り、別の女性と恋に落ちる。それに激怒した光の女神は、フィリップの子孫に解けない呪いをかけたという。
  2. ゼルカン帝国:千年前に存在した国。しかし、フィリッピ皇帝によって滅ぼされ、「アステリック帝国」が誕生した。
  3. ベラシアン家門:フィリップ皇帝と共にアステリック帝国を建国した、偉大な光の魔法師「レオンテル・ベラシアン」の子孫。フィリップ皇帝の裏切りで激怒した光の女神が大陸に広がる光を奪い、「光の継承者」の力も次第に弱っていった。
  4. ロウム族:千年前までは西大陸の主であり、彼らはゼルカン帝国の皇族として君臨していた。だが贅沢と享楽に溺れ、民を弾圧していたそうだ。光の女神はロウム族の残忍な態度に激怒し、フィリップ皇帝に力を与えて彼らを追い出した。そして、ロウム族は奴隷へと転落することに。
  5. ラクシュル:ゼルカン帝国の第5皇子。ゼルカン復興運動の主体者であり、フィリップ皇帝を狙ってテンラルン宮に放火をした人物。この火災でテンラルン宮は全焼したが、フィリップ皇帝は無事だった。これにより復興運動が失敗に終わると予感したラクシュルは、ゼルカン帝国の言語で書かれた全てのものを抹消した。
  6. ラクシュルが部下に命じた言葉:この世の歴史と知識は全て偉大な「ロウム」のものだ。このままゼルカン帝国が消滅すればこの世の知識も消えるが、ゼルカン帝国が再びこの世を支配すれば知識もまた再び戻るであろう

まとめてみると少し理解できるかも?

分かりづらかったらすみませんm(_ _)m

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【44話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は44話をまとめ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...