目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【176話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は176をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

176話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【175話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は175話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ブレイクが小さくなりました③

「お父様、昨夜何があったか知っていましたか?」

「大したことではありません、ただ彼が不機嫌なだけです」

テステオンはより良い言葉で真実を隠そうとしました。

ブレイクと銀漢が昨夜議論をしたことは明らかなようですが、私は正確な理由を知りません。

「詳細はわかりません。しかし、それは心配することではありません」

テステオンはブレイクを見て、私を安心させた。

「しかし何が起こったのですか?この毛布は何ですか?」

「ああ、それは・・・」

着ていたオリジナルの服は、今ではブレイクには大きすぎました。

フィットしなかった服は別として、ズボンと袖が長すぎて転倒する可能性があるので危険です。

とりあえず彼の服を脱いでみせようとする。

「嫌です!私はそれを脱ぎません!」

「脱ぎましょう!危険ですから!」

「うーん・・・」

私はブレイクの服を脱菓子、彼の体を大きな毛布で包んだ。

現在、宮殿には4〜5歳の子供がいません。

もちろん、すぐに服を着るのは困難でしょう。

ただ、寒い冬のままにしておくと風邪をひくので、とりあえず毛布をかけます。

理にかなった決断だと思いましたが、毛布に包まれたブレイクの唇がはみ出していました。

とても可愛い。

ブレイクにそう言ったら、彼はさらに腹を立てるでしょう。

「はは、これには理由があります」

ぎこちなく笑うと、テステオンはもう尋ねなかった。

テステオンは銀漢から渡されたネックレスを通してチャンに急いで連絡を取る。

そして彼は私たちに結果を話しました。

「ブレイクは約1か月で通常の状態に戻ります」

「なんてこった!?」

ブレイクは驚いて叫んだ。

「少し早く戻りたい場合は、謝ればいい。私はペカンと直接会話しましたが、彼はとても頑固です」

「謝りません!私は何も悪いことはしませんでした!」

ブレイクは怒りを発散しながら頬を膨らませた。

「・・・」

テステオンは黙っていた。

彼はブレイクをこのようにしたペカンに抗議するつもりはありません。

私もブレイクに同意しませんでした。

テステオンの反応から判断すると、ブレイクは最初に何か間違ったことをしたようですから。

「謝罪」

「嫌だ」

ブレイクはしっかり話しました。

それから彼のぽっちゃりした頬が痙攣する。

ああ、とても可愛いです。

私は彼の頬を押して、状況の深刻さを忘れました。

最初は体の調子が悪いのではないかと心配していましたが、何の問題もなく1ヶ月で戻ってくるとのことで、ブレイクのキュートな姿を楽しむことができました。

「じゃあ、このままでいられますか?」

「私は謝罪しません。私は何も悪いことはしていません」

ブレイクは本当に子供っぽくなりました。

彼は子供のように振る舞ったので、この呪文は彼の判断にも影響を及ぼしているのでしょうか。

多分それが彼がとても頑固な理由です。

しかし、毛布から顔を突き出して厳粛に宣言した時だけ可愛かった。

「このように1か月間大丈夫ですか?」

「謝りません!」

「分かりました。大丈夫なら、そうしてください」

テステオンは彼に謝罪を強要せず、ブレイクの願いを尊重する。

「それなら、そのように一ヶ月生きる準備をしてください」

「え?あなたは私にこのように動揺させたいですか?」

ブレイクは目を大きく開いた。

「あなたは謝罪するつもりはないと言った」

「私は謝りません!」

「それじゃあ、何もできませんね」

テステオンはソファに座っていたブレイクを持ち上げる。

彼が尋ねれば、銀漢は何でもします。

そうすれば銀漢は、ブレイクを元の状態に戻すようにペカンを説得するでしょう。

しかし、テステオンはそうするつもりはなかったようです。

「私は今あなたをドレスアップしなければなりません」

「降ろして!」

ブレイクは毛布で苦労した。

しかし、テステオンは長い間ブレイクに目を光らせてきました。

テステオンの口がわずかにぴくぴく動いている。

彼はまた、ブレイクが可愛いと思っているに違いありません。

 



 

ブレイクの寝室は子供服でいっぱいでした。

量が多すぎて、たくさんのお店から持ってきたのではないかと思えるほどに。

いいえ、1か月以上の量があります。

その上、これらの夏服は何ですか?

彼らはどこでこれら全ての服を手に入れましたか?

感動しましたが、ブレイクは本当に不機嫌です。

「ブレイク、何を着たい?」

それからブレイクは暗い顔で首を横に振った。

「着ません、それはすべて赤ちゃんのためです」

服はみんなキュートでピカピカでした。

しかし・・・。

「ブレイクは今、赤ちゃんですよ?」

「え・・・?」

ブレイクは目を大きく開いて私を見ます。

これはとても衝撃的な宣言なのでしょうか?

「あなたは謝罪せずに赤ちゃんとして留まると言ったじゃないですか」

「私は赤ちゃんではありません!小さくなっているだけです!」

「あら、ちょっと舌足らずですね?」

私が彼のスピーチを真似したとき、ブレイクの目は涙でいっぱいに。

それが体によって支配されることを意味していました。

彼は若い頃と同じように再び泣き虫でした。

「私を真似しないでください」

彼が小さな豆のように体で話しているのを見るのは可愛いです。

私は笑いを抑え、彼に大きな抱擁をしました。

「オーケー、オーケー、私はあなたを真似しません」

私は彼をなだめるつもりでしたが、気づかずに幼稚園の先生のように話すようになっていました。

ブレイクは怒って唇を突き出している。

「ブレイク、あなたは動揺していますか?」

「いいえ」

彼は動揺していると思います。

「あなたの服はどうですか?私にあなたのために1つ選んでもらいたいですか?」

「・・・一人で選びます!」

ブレイクは強く吐き出し、目の前の靴下を拾う。

派手なジュエリーやフリルで飾られた服ではなく、シンプルな白い靴下を選びました。

しかし・・・。

「うーん!」

ブレイクにとって靴下を履くのは大変な作業でした。

ブレイクは、小さな靴下の穴に足を入れずに転んでしまいます。

「大丈夫?」

やわらかいベッドですが、転んでしまったので状態を確認しました。

しかし、ブレイクは頭を上げません。

「ブレイク、どうしたの?痛いの?」

笑顔で聞いてみました。

体が小さくなったので怪我をしたのかもしれません。

「教えて。痛いですか?」

私がもう一度尋ねると、ブレイクは小さな声で話しました。

「恥ずかしい・・・」

「ふふ」

私は口を閉じて、必死に笑いを抑えます。

ブレイクの耳は熟した赤いビートのように赤かった。

私がここで笑うと、彼は本当に泣くかもしれません。

「大丈夫です。恥ずかしいことではありません。ベッドがとても柔らかくてバランスが取れにくいからです」

「床でします!」

ブレイクは立ち上がって自信を持って叫んだ。

残念ながら、大理石の床は現在のブレイクにとって危険すぎます。

私はブレイクを持ち上げてベッドの真ん中に置き、彼は短い足でベッドから降りようとしました。

「ああ、なんで!?」

彼は抗議して叫んだ。

「大理石の床に靴下を履くのは危険だ」と言えば、彼は文句を言うでしょう。

もちろん可愛いから抗議してもらいたかったのですが、冬だったのでドレスアップが最優先です。

「私があなたをドレスアップします」

「いや、いや!」

ブレイクは再び顔を赤らめ、叫んだ。

「それなら、他の誰かにそれをするように頼むべきですか?」

「・・・」

誰かの手を借りるのがもっと悪いかのように、ブレイクはしっかりと口を閉じた。

初めて見たときに気に入った白いシャツを手に取る。

「ブレイク、自分でボタンを留めることができますか?」

「はい!」

彼は大きく笑ってうなずき、私も彼の柔らかい髪を撫でて微笑んだ。

 



 

「きゃああ!」

「わあ!」

「わお!」

ブレイクが服を着て外に出たとき、外で待っていたメリッサ、ハンス、エドン、テリーは皆言葉を失い、それぞれが短い叫び声を上げた。

私は彼らの反応を完全に理解しています。

小さくなったブレイクを初めて見たときは、可愛くて言葉が出ませんでした。

今、彼は可愛い服を着た人間ではなく、人形のように見えます。

魔法の練習中に間違えたので若くなったとみんなに言いました。

問題なく1ヶ月で戻ってくると説明したので、小さくなったブレイクをみんなで見ています。

しかし、みんなに愛された人の表情は不機嫌でした。

ボタンで留めることができなかったのはかなりショックだったに違いありません。

彼は一生懸命努力しましたが、彼の小さな指はボタンを押すという繊細な作業を実行するのに十分ではありませんでした

何度か試みましたが失敗し続け、結局私は彼を助けることに。

ブレイクは、あたかも彼がまだ後悔しているように、ボタンをいじり続けました。

私はブレイクに大きな抱擁をします。

「うわぁ!」

「私たちのブレイクはとても可愛いですよね?」

「はい、彼はとても可愛いです」

「本当に可愛いです」

エドンは猛烈にうなずき、テリーはブレイクから目を離すことができなかった。

ハンスは優しく微笑んだ。

「どうして彼はこんなに可愛いいの?昔を思い出します」

メリッサの目はしっとりしていた。

彼女がそう言った後、みんなの表情が悲しくなります。

ブレイクは5歳の若さで呪われました。

彼らが覚えている若いブレイクはいつも苦しんでいた。

ブレイクが素晴らしく健康に育ったことを嬉しく思います。

テステオンも同じように感じたに違いありません。

しかし、当時、この小さな体がそのような痛みを処理したとは信じられません。

彼はとても小さくて若かった。

私はすでにそれを知っていましたが、若いブレイクを直接見るのは悲痛でした。

「離してください!」

苦労しているブレイクをもっと強く抱きしめる。

私は彼と一緒に1ヶ月間楽しいことだけを経験するつもりです。

 



 

1ヶ月間だけの子供生活。

ブレイク本人は不満に思っていますが、アンシアやテステオンはメロメロですね。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【177話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は177話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...