目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【175話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は175をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

175話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【174話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は174話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ブレイクが小さくなりました②

「ニャー!」

「彼はノーと言っています」

「陛下はあれを信じますか?」

テステオンの言葉に、ブレイクは机の上に翡翠の箱を置く。

「これがあなたがこれをしている唯一の理由ですか?」

「それはどういう意味ですか?」

テステオンは、同じ箱をさらに2つ引き出しから取り出した。

「これは銀漢が作った特別なコミュニケーションツールです。これがあなたと私のものです」

「ニャー!」

銀漢は首を縦に振る。

彼はあえてそのような考えを考えさえしなかった。

アンシアはテステオンの義理の娘です。

銀漢が彼女に何もするはずがなかった。

アンシアはタンシノールをテクリティーで処理しました。

彼女によると、タンシノールとテクリティーの性質はお互いの力を妨害します。

ちょうどそのように、銀漢はブレイクのために彼の元の形に戻ることができませんでした。

どちらもタンシノールやテクリティーのような干渉力があるからだ。

「すぐに彼を元に戻しなさい」

テステオンは厳しく告げる。

銀漢はチャンの皇帝です。

彼らの関係がどれほど緊密であるかに関わらず、彼らが他国の皇帝に対してそれほど失礼であることは容認できませんでした。

「いいえ」

しかし、ブレイクはテステオンの要求を即座に拒否しました。

「ブレイク!」

「私はいいえと言いました」

「銀漢はチャンの皇帝です」

「私が知っているのは、それが私がこれしかできなかった理由です」

彼は冷たく話し、黒い猫を見つめた。

「彼は一晩後に元に戻ります。それまでの間、彼に反省するように言ってください」

テステオンが何かを言うことができる前に、ブレイクは振り返って執務室を出ていく。

テステオンはため息をついた。

他の誰もが怒っていて、彼に従うことを余儀なくされたでしょう。

しかし、テステオンはブレイクにそれをすることができませんでした。

「銀漢、ごめんなさい」

最終的に、テステオンはブレイクの代わりに謝罪した。

「ニャー」

銀漢は大丈夫のようにうなずく。

 



 

私は白いウェディングドレスを着て回った。

「どうですか?」

「可愛いです」

ブレイクは大きな笑顔で答える。

「そして全てが綺麗です」

私たちは5月に結婚式をすることにしました。

まだまだ時間が残っていましたが、準備することがたくさんあります。

まず第一に、ウェディングドレスを選ぶこと。

すべてのドレスがすべて美しいので、選ぶのは困難でした。

私もブレイクに彼の意見を聞いたが、彼は私が着ているものは何でも綺麗に見えると言っただけ。

「それらはすべて本当に綺麗です」

ブレイクは頭を傾けて美しく微笑んだ。

彼が少なくとも幸せそうに見えて良かったです。

銀漢が来て以来、彼は神経質になっていましたから。

「でも昨日、銀漢と何について話しましたか?」

丁寧に聞いてみました。

その瞬間、ブレイクの表情は少し固まった。

「いいえ特には」

「・・・ネックレスはどうしたのですか?」

「私はそれを陛下に渡しました。チャンに連絡する必要があるなら、皇帝がそれをすることができると思います。どうして?持ち帰る必要がありますか?」

「いいえ、お疲れ様でした」

問題があれば、テステオンとのコミュニケーションがより効果的でしょう。

ブレイクは明るく笑った。

「えへへ」

ネックレスを断るのはいいことだと思います。

彼は嫉妬しているに違いありません。

でも、こんなに明るい笑顔でも、若い頃ほど可愛くはありませんでした。

彼は突然私の手を握る。

ブレイクの手が私の肉を心地よく引っ掻いた。

彼の美しい顔とは異なり、彼は手が荒い。

彼の手を握っている間、私は私を吸い込んだ彼の美しい目を見ました、そして突然奇妙な波を感じました。

「アンシア!」

ブレイクも波長を感じて、まるで彼が私を守っているかのように私を抱きしめます。

その瞬間、ペカンが現れたときに床にひびが入った。

「ペカン!」

私は喜んで叫んだ。

いつぶりでしょうか?

白竜に選ばれたペカンは当時から全く変わっていません。

ペカンは私の挨拶を受け入れず、ブレイクを指さした。

「あなたは悪党だ!」

彼は怒って叫んだ。

なぜ彼はそんなに怒っているのですか?

私は混乱していました。

しかし、彼が指さした人は気楽に腕を組んでいます。

「久しぶりに私に会ったらすぐ怒るの?」

待って、銀漢のことは知らないけど、ペカンとの関係は結構良かったのを覚えているけど、なんでこんなに寒いのでしょうか?

「お兄様を侮辱するなんてあえて!」

「それはあなたが知っている良いことです、次回はナンセンスを言わないように彼に言ってください」

昨日何が起きたの?

びっくりしましたが、まずは両者を仲介する必要があります。

「ちょっと・・・」

慎重に口を開けるが、私の声はペカンの叫びに埋もれてしまう。

「何!あなたは何について話していますか!?あなたは純粋で優しい仲間だと思っていましたが、あなたは完全に狂っています!」

「あなたはまだ小さいです」

「は!あなたは生意気なろくでなしだ!今すぐお兄様に謝れ!」

「まあ、機嫌が悪いなら、すみませ・・・」

「私ではなく彼に謝罪しなさい!」

ペカンに謝罪しようとしていたブレイクは、再び口を閉じた。

「なぜ私は彼に謝罪しなければならないのですか?」

「何!?」

「私は謝るつもりはないので、あなたがナンセンスな話をし続けるなら、それほど騒々しくなくて、ここから出てください」

「ブレイク!」

私は彼のシャツを引っ張った。

彼を止めたかったのですが、ブレイクは動揺しません。

「あなたはそれを後悔するでしょう、あなたはろくでなしです!」

「それは起こらないだろう」

「最後にもう一度警告します。お兄様に謝罪しなさい!」

「私に同じことを言わせないで、ここから出てください」

ブレイクの声はとても冷たかったので、私は少し驚いた。

「了解しました。ではさようなら」

ペカンは歯を食いしばって吐き出す。

彼の小さな手は怒りで震えていました。

昨日何が起きたの?

とにかく、私はこのようにじっとしていることができません。

「ねえ・・・」

「あなたはそれを後悔するでしょう!」

私がブレイクに近づいて彼を落ち着かせると、ベカンはブレイクに手を伸ばし、大量のマナがブレイクの体を覆う。

「ブレイク!」

びっくりして彼の名前を呼んだが、強い力で連絡が取れなかった。

マナがブレイクの周りを渦巻いていたので、私は彼をまったく見ることができません。

「大丈夫です、心配しないでください」

ブレイクの声が聞こえた。

彼はとても落ち着いていたので、今のところ安心しました。

彼の声は少し変に聞こえますが、彼の声が変に聞こえるのはマナのせいでしょう。

すぐに、ブレイクが見られると、光は消えました。

「ブ、ブレイク?」

彼を見た瞬間、私は言葉を失った。

「アンシア」

ブレイクは私がとても驚いたので、笑顔で私を安心させようとします。

しかし、彼は自分の声を聞いて驚いた。

「こ、声が・・・!」

ブレイクは子供になっていたのです。

せいぜい4歳か5歳を見る非常に小さな子供に。

彼は自分の体を見て叫び、私も内向きに叫んだ。

(とても可愛い!彼はとても可愛いです!)

いいえ、今はその時ではありません。

「じゃあ、さようなら!」

しかし、ペカンは私が質問をする前にすぐに姿を消しました。

「どうしたのですか!?」

内部の騒音を聞いた後、チェルシーとジェイデンが入ってくる。

「ああ!」

チェルシーはブレイクを見るやいなや、イルカのように叫んだ。

「妃殿下、このかわいい生き物は何ですか!!」

いつも落ち着いたチェルシーの目にはハートが描かれています。

チェルシーは意外と子供が好きだったに違いない。

「殿下はどこですか?子供の服は彼と同じだと思いますが・・・」

ジェイデンは男の子、または赤ちゃんが何を着ているのか疑問に思いました。

ブレイクが小さくなると、彼の服は滑り落ちた。

「私は赤ちゃんではありません!」

ブレイクは怒り狂って叫んだ。

しかし、突然のステップで彼の大きな服はすべて絡み合う。

「ブレイク!」

幸い、夫の転倒を防ぐことができました。

「ブ、ブレイク?こ、この子が?ああ!」

チェルシーはわずかな悲鳴を上げて後退する。

理由は分かりませんでしたが、彼女はブレイクを恐れていました。

ジェイデンも固い表情です。

彼らも混乱していた。

しかし、私が最初にしなければならないことは・・・。

「チェルシー、厚い毛布をください」

 



 

ブレイクについてのニュースを聞いた後、テステオンは部屋に駆け込んだ。

「ブレイク!」

テステオンは、他の誰とも違って、若いブレイクをすぐに認識します。

「うわぁ!」

テステオンがブレイクを持ち上げると、叫び声が彼の口から飛び出した。

「陛下、あなたが突然それをすると、赤ちゃんは驚かれることでしょう」

「す、すまない」

「私は赤ちゃんではありません!」

ブレイクは再び怒りの声を上げた。

しかし、彼がそのような小さな体で叫んだとき、それは説得力がありません。

「どうしてこんなことに?」

「それは・・・」

私は全体の話を説明しました。

ペカンがこれをしたと聞いたテステオンは苦い表情を浮かべます。

「ああ・・・」

彼は何かを知っているようでした。

 



 

ブレイクが子供の姿に!

精神年齢は元のままのようですね。

呪いのかかっていないブレイクの幼少時代。

アンシアは可愛さのあまり気絶してしまうのではないでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【176話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は176話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...