目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【174話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は174をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

174話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【173話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は173話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ブレイクが小さくなりました

窓を開けると、冬の新鮮で冷たい空気が肌に当たる。

新鮮な空気、暖かい日差し、鳥の鳴き声、夫がベッドに横になっている状態、すべてが完璧でした。

私はベッドに座って、眠りについたばかりのブレイクの頬を軽く叩く。

「ブレイク、もう朝です。起きて」

「うーん。あと5分・・・」

彼は可愛く眠そうな声で言った。

彼は夜遅く起きた後、夜明けに眠りに落ちたので、彼は昨日非常に疲れていたに違いありません。

ブレイクが目を開けずにつぶやく光景は、昔を思い出させました。

私は微笑んで彼の柔らかい頬を撫でる。

こんな風に休ませたいのですが、今日はテステオンと一緒に朝食をとる日。

彼がもっと寝たら私たちは遅れるでしょう。

「皇太子、今起きなさい」

毛布を払い落とすと、ブレイクは眉をひそめた。

「アンシア、毎朝脱ぐのはとても難しいです」

彼はまた誤解される何かを言っています!

漠然と言葉を省かないでください!

私は一言も言わずに彼をちらっと見る。

それからブレイクは不審に微笑んで私の腰を抱きしめました。

「私の妻はとても暖かいです」

ウサギが成長してもオオカミにはなりません。

私の夫も変わったことのない白うさぎです。

ほんの少し、いや、多分もっと魅惑的な。

彼は自分がどれほど美しいかを知らなければなりません。

私は彼が望むすべてを聞きたかったのですが、私はしっかりと言いました。

「起きなさい。朝食に行きます。私たちのお父様が待っています」

「大丈夫です」

「それは大丈夫ではありません」

タンシノールは姿を消し、リチャードは封印されました。

千年前の真実が明らかになり、ロウム族への差別は減少している。

チャンとの貿易は順調に進み、帝国は平和でした。

さらに ブレイクは健康で素晴らしい若者に成長し 私たちはいつも一緒。

最近は何も心配していなかったのでとても嬉しかったのですが、頭に浮かんだことは一つだけ。

ブレイクとテステオンは未だに対立しています。

彼はむしろ寝て、テステオンと一緒に食事をするのを避けたいと思っているでしょう。

私たち3人は1日1回一緒に食事をしています。

しかし、ブレイクとテステオンはより厄介になりました。

政治問題について意見の対立があったり、彼らの戦いのためにそれが厄介になったりした場合、私は彼らを和解させようとしますが、そうではありません。

両者の関係は回復の兆しをほとんど見せませんでした。

「さあ、起きて!」

ブレイクを無理矢理押し上げたところ、遅れることなくフィリア宮殿にたどり着くことができました。

ちょうど間に合ったのに、テステオンが先に到着して待っています。

「お父様、あなたはもう到着していたのですか?」

「おはようアンシア、今日もとても綺麗に見えます」

「お父様も素晴らしいです」

いつものように挨拶を交わす。

しかし、ブレイクは一言も言わずに頭を少し下げただけ。

テステオンは何も言わずに先に進もうとした。

このように続けることはできません。

私は目を通して父に合図を送ります。

『ブレイクにも挨拶してください!軽い褒め言葉!彼を褒めてください!早く!』

「うーん」

彼は私の目を正しく読んだのですか?

テステオンはブレイクを見て、ぎこちなく咳をしました。

彼は何を言うかについて少し躊躇し、ゆっくりと口を開く。

「うーん・・・、あなたも綺麗です」

「・・・」

「・・・」

ブレイクの表情は固まり、私は言葉を失った。

お父様、それはあなたの息子が望んでいる褒め言葉ではありません・・・。

ブレイクとの関係で、他のすべてが得意な人がどうやってこんな風になったのか分かりません。

結局、今日の朝食はぎこちない雰囲気で終わりました。

 



 

どうやって2人の間の距離を近づけることができるのでしょうか?

実際、簡単に解決できる問題ではありません。

ブレイクは子供の頃傷つきました。

もちろん、テステオンには彼の理由がありましたが、それでも、彼を許すかどうかはブレイク次第でしょう。

彼の心の準備が整うまで、誰も彼を強制することはできません。

でも、二人がそうなったのは自分のせいだと思うので違和感を覚えました。

その時に私が消えていなかったら、彼らは今よりずっと良かったでしょう・・・。

「アンシア」

ため息をつきながらバラを眺めていると、男の声が聞こえてきて頭を向ける。

「銀漢!」

「ごめんなさい、少し遅れて来ました」

「いいえ、私も到着したばかりです」

テステオンから銀漢が来ると聞いたとき、私はガラスの温室で待っていました。

「銀漢、元気でしたか?」

「元気です。あなたのおかげで、私の仕事量は減りました。アンシアは大丈夫?」

「私も元気でした」

「それは素晴らしいことです」

ウンハンはそっと微笑んだ。

彼はいつもの穏やかでエレガントな表情をしています。

「あなたが前に言った本を持ってきました」

銀漢は私に絹の布に包まれた本をくれた。

タンシノールをテクリティーで処理した後、チャンのハーブに興味を持ちました。

以前会った時、チャンの医学書に興味があったと言ったのですが、彼は忘れずに持ってきてくれたようです。

「ありがとうございます」

「いいえ、後これも・・・」

銀漢は翡翠の箱を手に持っていた。

「これは何ですか?」

箱はとても貴重に見えました。

「それはネックレスです」

「ネックレス?」

もう一度聞いてみると、銀漢はいきなりパニックになって説明を付け加える。

「ああ、それは特別なことを意味するものではありません。以前のような危機が発生した場合、通信するためのデバイスが必要だと思って」

銀漢はタンシノール事件がすでに処理された時までに皇居を訪れた。

何が起こったのかを聞いたとき、彼は驚いて、役に立たなかったと自分を責めました。

その後、彼は15日に1回私たちを訪ね、私たちの様子を尋ねています。

チャンの世話をすることはすでに困難であり、彼が来続けるならば彼にとってさらに困難になるでしょう。

ここに直接来るよりも、通信機器を使うほうがいいでしょう。

「しかし、それはとても貴重に見えます・・・」

「いいえ、私がやりたかったので準備しました。それは私たち自身のためですので、あまりプレッシャーを感じないでください」

しかし、それはとても貴重なようでした。

適切な贈り物について考えている間、誰かが箱をひったくります。

「あなたは頻繁にここに来ます。あなたはとても怠惰でなければなりません」

ブレイクは翡翠の箱を見て冷たく目を下げた。

「ブレイク」

私は驚いて彼の名前を注意深く呼んだが、ブレイクは冷たい口調で続ける。

「地元の食べ物を十分に食べることができませんか?なぜここに来続けるのですか?」

「ブレイク、何を言ってるの?」

なぜ彼が突然それを言ったのか疑問に思いましたが、銀漢はそれを理解しているかのように黙っていました。

「何でもありません。妻、チャン皇帝とお話したいことがありますが、ちょっといいですか?」

ブレイクは彼の表情を和らげ、私に微笑んだ。

「大丈夫ですが・・・」

両者の関係は悪いですが、それぞれ皇太子とチャン皇帝です。

彼らは無謀に行動することはありません。

私はうなずいて温室から出ました。

 



 

テステオンは、銀漢との会話を終えた後も、貴族からの手紙を読みながら執務室に残っていた。

彼の功績を称える手紙や再婚の要請など、すべて役に立たないもの。

その中には、面倒な手書きの手紙が。

[陛下は私が最も尊敬している人です。私はあなたのような偉大な人になりたいです]

それは、シェルダム侯爵の孫自身が書いた手紙。

彼の孫は今年約8歳です・・・。

そのような手紙は通常、代わりに親によって書かれましたが、奇妙なことに、それは子供によって書かれました。

さらに、それは正式ではなく、全体的な内容は、まるで大人に見られることなく、純粋に子供自身によって書かれたかのよう。

テステオンはこの手紙が本当にユニークだと感じました。

尊敬する・・・。

自分は尊敬されるほど偉大な男ではなかった。

当時、彼は一人息子を守ることができませんでした。

ブレイクの呪いが解かれたときでさえ、2人の間に感情的な絆はまだありません。

かつて、ブレイクが再び手を握ったことがありました。

彼は子供を腕に抱き、剣術を教えるためにフィールドを行ったり来たりしました。

しかし、アンシアが姿を消したとき、すべてが異なっていました。

彼はアンシアを失ったことに罪悪感を感じたため、ブレイクを適切に慰めることができませんでした。

子供と話すことさえ罪悪感を感じ、アンシアを見つけることができずに怒っていました。

それはすべて絡み合い、最終的に彼らの関係は壊れました。

アンシアの失踪は、悲しみに暮れる息子を再び孤独に。

「結局のところ、すべてが私のせいです」

人々はテステオンが最高の帝国であることに同意します。

彼は常に国民の父として称賛されていた。

しかし実際には、自分は悪い父親です。

一人息子の扱い方すら知らなかったので間違いを犯した愚か者でした。

複雑な気持ちで手紙を見ていると、ブレイクがドアを蹴破ってきた。

テステオンは息子が突然現れたのを見て少し驚いた。

ブレイクの手にある黒い猫は、彼が何かを尋ねる前に彼の目をとらえる。

「銀漢!」

「ニャー!」

猫がブレイクの手からぶら下がっていて、テステオンに悲しそうに鳴きました。

「陛下、あなたはそれがあなたが気にかけている人であるかどうか一目で分かります」

ブレイクは猫をテステオンの腕に投げ込んだときに吐き出した。

「何を言っている?」

「彼が他の誰かの妻と何かをしようとしていたので、私は怒っています」

「ブレイク、あなたは何について話していますか?」

テステオンはひざの上の猫を見た。

しかし、黒猫になった銀漢は、不公平なように首を横に振る。

「ニャー!」

 



 

本編はハッピーエンドで終わりましたが、ブレイクとテステオンの関係は修復されていないまま。

この二人が仲良くなるきっかけはあるのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【175話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は175話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...