目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【173話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は173をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

173話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【172話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は172話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • エピローグ

私はシュリアの手を取りました。

すると彼女は目を大きく開いて、息を呑んだ。

「シュリア、どうですか?」

私はニヤリと笑って彼女の手を離す。

「すべて良くなっています」

「本当?」

「本当です。気分が良くなりました。妃殿下、私を治療してくれてありがとうございます」

私は彼女の髪をなでた。

彼女は最終的にタンシノールを克服しました。

彼女の体にはもうねじれたマナの痕跡はありません。

「では、今すぐ孤児院に戻ることはできますか?」

「もちろん」

「お兄ちゃんにも会えますか?」

「はい、すぐにお会いできます」

カルオは生きている。

彼の妹、カランも生きています。

リチャードはそれを望んでいませんでしたが、彼の間違いのために、彼はカランを救って世界を去るために彼の人生を捧げました。

カルオは子供で、何も知らずに周囲の状況に流されてしまったので、捜査が終わったらすぐに釈放されまる。

しかし、カランとコニンは犯罪を犯しました。

彼らは過去を後悔し、すべての罪を告白しました。

特に、カランはリチャードが両親を殺して犠牲にしようとした敵であるという事実に大いにショックを受けている。

しかし、リチャードがどれだけ彼らを騙したとしても、彼らの犯罪は大きすぎました。

彼らは大人ではないので、死刑を回避したとしても、終身刑に処せられます。

「シュリア!」

「先生!」

ミシェルは完全に回復したと聞いてシュリアに会いに来ました。

「ありがとうございます、妃殿下。本当にありがとうございます」

「ありがとう、妃殿下」

ミシェルが彼女に感謝したとき、シュリアはすぐに先生に従い、頭を下げた。

「シュリア、健康を維持してください。とりあえず健康的な食事をしてくださいね」

「はい!」

シュリアは元気に答えた。

「さようなら、妃殿下」

彼女は手を振って孤児院に戻っていく。

最後の患者がトレーニングセンターを去りました。

そして、帝国を揺るがした大発生は完全に消えました。

リチャードが私を誘拐した秘密の要塞でタンシノールを引き起こした道具が見つかる。

それは古い古い箱。

しかし、中には手紙しかありません。

それはすべてが浄化されたと告げたセルの手紙。

タンシノールは二度と現れることはありません。

リチャードだけでなく、千年もの間タンシノールを引き起こしていたケンズウェイ家の証書も明らかにされた。

ケンズウェイ家がタンシノールを引き起こすことが明らかになったとき、誰もがその言葉を無視し、騒動だけを非難した。

しかし、治療法が開発されて病気がなくなると、人々は徐々に真実を受け入れ始めました。

人々はリチャードをのろい、ケンズウェイ家に腹を立てる。

しかし、最初の皇帝フィリップの証書が明らかにされたとき、人々は驚いた。

女神に選ばれた偉大な創始者の現実が明かされたとき、帝国はショックを受けました。

テステオンは、アステリック帝国の皇帝としてのフィリップの邪悪な行為について謝罪した。

ブレイクと私も一緒に。

私たちは千年前に起こったすべての真実を明らかにし、ゼルカン帝国の歴史書を再編集しました。

ラクシュルの名前も千年後にクリアされました。

これは、タンシノールが行われる前から準備されていたもの。

すべての事実が明らかにされれば、アステリック帝国と皇室の存続に危機があったかもしれませんが、それを隠し続ければ、千年前のもつれた糸を解決することはできません。

しかし、帝国の人々はフィリップの悪行にショックを受け、現在の帝国の家族に腹を立てませんでした。

帝国は前例のない平和と繁栄の時代にあり、テステオンは今や帝国の歴史の中で最も偉大な皇帝。

さらに、千年もの間人々を恐怖に陥れた無謀なアズモディアン裁判とタンシノールはもはやありません。

光の女神はまた、皇太子と皇太子妃に力を与えました。

帝国の人々は、これが女神が過去を許し、帝国の祝福を祈る方法であると考えたのです。

一連の出来事もまた、ロウム族の認識を変えました。

千年の間、彼らは奴隷になるか、密かに生きるしかありませんでした。

奴隷制から解放されたとしても、いつ取り戻されたり、不当に殺されたりするのかは分かりません。

テステオンは奴隷貿易を取り締まり、殺人を防ごうとしたが、密かに行われたことすべてをコントロールすることはできなかった。

しかし今、すべてが異なっていました。

ロウム族に対する彼らの見方も変化しています。

もちろん、千年にわたる根深い軽蔑は一瞬で消えることはありませんが、徐々に改善していきます。

ロウム族の権利も与えられました。

帝国は、ロウム族の入場禁止や他の多くのものを廃止しています。

これには反発がありましたが、思ったほど強くはありませんでした。

ロウム族は罪人ではなくフィリップの欲望の犠牲者であることが明らかになったので、彼らを止める理由はありません。

私がタンシノールを解決し、千年前の真実を明らかにしたとき、その年はすでに終わりに近づいていました。

 



 

今年が過ぎる前に本当に行きたかった場所。

それは私の母の墓。

私はブレイクと一緒に母の墓に行きました。

7年ぶりのことでしたが、墓地の管理は行き届いています。

これは、ブレイクとテステオンが特別な注意を払ったため。

墓に花を咲かせ、一言も言わずに記念碑に触れる。

ブレイクも丁寧にお辞儀をし、花を置いた。

「お母様、私はここにいます」

ブレイクは、私を見つけるために混沌の谷に行ったり来たりするたびに立ち寄ったと言います。

彼はまた、私を見つけた後も一人で来て彼女に挨拶したそうだ。

「私はここにいます・・・、お母様」

「お母様」という言葉は馴染みがない。

千年前、日本では、母がいつも早く亡くなったので、「お母様」と言うことはめったにありませんでした。

ぎこちない言葉を吐き出した瞬間、涙が目に浮かぶ。

「ごめんない・・・」

ブレイクは私の背中を軽くたたき、手をしっかりと握る。

彼の体温は私を落ち着かせてくれます。

「私たちは結婚式をするつもりです」

私たちは自分たちのために別のパーティーではなく、結婚式を開くことにしました。

アステリック帝国では、幼い頃は小さな儀式を行うだけで、大人になった後も結婚を希望する場合は教会に報告して盛大な結婚式を行います。

私たちは子供の頃に小さな式典を行いました。

しかし、「皇室の結婚」や「結婚式」という言葉自体は、私たちのぼろぼろの儀式を説明するのにふさわしくありません。

だから、また本物の結婚式を開くことにしたのです。

怪物皇太子と捨てられた娘の代わりに、今度は皇太子と皇太子妃の結婚式として。

「来年の春にやるつもりです。空から見てください」

私の母が10年前に私の結婚式を見ていたとしたら、彼女は非常に動揺していたでしょう。

でも今回はきっと喜んで見てくれると思います。

「はい、私たちから目を離さないでください。お母様、これまでで最高の結婚式があります」

ブレイクが私の手をしっかりと握る。

彼は今日、より信頼でき、信頼できるように見えました。

「私はいつも幸せです」

「私は彼女を苦しめません」

「私は苦労したことがありません」

一緒に過ごすのが大変だとは思ってもみませんでした。

私が彼と過ごした時間はいつも大切です。

ブレイクは一言も言わずに私の肩を抱きしめる。

私も彼の肩に頭をもたせました。

 



 

馬車で宮殿に戻ると、広場を埋め尽くす人々が。

「アンシア、見てみようか?」

「はい」

私はブレイクの言葉にうなずいた。

タンシノールの発生が終わったので、群衆はいつもよりはるかに多く、人々はいつもの年末の祭りよりも元気に見えました。

私たちは手を繋いで通りを歩く。

何もする必要はありません。

そんな混雑した通りを歩くことができただけで心が幸せになりました。

ブレイクの手をしっかりと握って、私は一か所に立ち寄る。

書店の前に新しい本が展示されていました。

そのうちの一つは「祝福された王女」と呼ばれるおとぎ話の本。

以前この書店で見た本と同じタイトル。

表紙は変わりましたが、同じタイトルで、当時と同じ本のようです。

しかし、その本は新しいのですか?

私は少し躊躇って本を開いた。

祝福された王女は隣国の怪物皇太子と結婚しました。

王女と王子はお互いを愛し、王子はやがて呪いから解放されます。

しかし、その見返りに、王女は彼女の命を失います。

王子は一人で涙を流し、彼のために亡くなった王女を失いました。

前に見たのと同じ話。

憂鬱になり、理由もなく見たことを後悔しました。

しかし、それは本の終わりではありません。

涙を流した王子の前に女神が現れ、祝福された王女を取り戻す方法を教えてくれます。

王子は王女を見つけるための試練に耐えることをいとわず、女神はまた王女に再び会う力を彼に与えます。

そして、王子と王女は再び会います。

[祝福された王女と光の王子はその後ずっと幸せに暮らしました]

おとぎ話は、二人が皇居に戻り、愛情を込めて見つめ合うシーンで終わりました。

王子様とお姫様が大きく笑っているのを見て、自然に笑顔になります。

「それは何の本ですか?」

私はブレイクにその本を渡した。

その本を読んだブレイクは私のように微笑んだ。

おとぎ話の本を買った後、また通りを歩く。

「ブレイク」

「はい」

「楽しく生きていきましょうね」

「もちろん、私はあなたを毎日笑顔にします」

ブレイクは私の手をしっかりと握る。

私も彼の手をしっかりと握った。

その時、群衆は突然にぎやかになりました。

「雪が降っています!」

「雪だ!」

頭を上げると、空から白い雪が降り注いでいるのが見えました。

今年最初の雪。

「どのぐらいかかりましたか・・・」

ぼんやりと雪を見つめる。

7年ぶりの雪。

「これからも一緒に見ていきましょう」

「はい、雪が降るたびに一緒にいよう」

ブレイクの言葉に微笑んだ。

来年、ブレイクとの最初の雪は、次の2年、10年、20年で見られます。

私たちは永遠に一緒になります。

しかし、ブレイクは首を横に振った。

「いいえ、最初の雪ではありません」

「え?」

「2番目の雪、3番目の雪、4番目と5番目の雪、一緒に見ていきましょう」

「いつまた雪が降ると思いますか?」

「いいえ、私たちは毎日一緒にいることができます」

「毎日?」

「はい、毎日です」

私はとても唖然として笑うと、ブレイクの表情はすぐに暗くなった。

「妻、どうしたの?私と一緒にいたくないの?」

「いいえ、そうではありません・・・」

「じゃあ、毎日私の隣にいる?」

「いいえ、それは・・・、私たちは働かなければなりません」

皇太子と皇太子妃としてやるべきことがあります。

若い頃のように一日中一緒にいることは事実上不可能でしょう。

私はそれを言おうとしましたが、私は黙りました。

ブレイクの哀れな表情を見て、私はノーとは言えません。

私はいつもその表情に弱かったから。

「はい、毎日一緒にいましょう」

「本当?」

「はい、そうです」

「約束して」

「約束します」

ブレイクは明るく微笑んで私を抱きしめる。

幼い頃の可愛いウサギは姿を消し、すぐに魅惑的な獣になりました。

ウサギはどのようにして獣になりましたか?

ブレイクの顔が近づき、唇が重なり合う。

雪のように柔らかくて甘いキスでした。

 

<終わり>

 



 

無事ハッピーエンドで終わりました!

おとぎ話の内容も良かったですね。

これからの二人に幸せな未来が訪れることを願っています!

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【174話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は174話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...