目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【172話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は172をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

172話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【171話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は171話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 千年の因縁⑥

たぶんセルはリチャードに偽の呪文を与えたのだろう。

「ああ!セルファニア!あなたは私を騙したんだな!ああ!」

リチャードは真実に気づき、セルに怒りの叫びをあげました。

しかし、火は大きくなり続ける。

そして、リチャードの生命エネルギーは魔法の輪の中でカランの体に流れ込んでいました。

 



 

明るい光がリチャードの全身を燃やしていた。

とろける肉体と活力が引き出されたため、リチャードは女神の名前を呼ぶ。

「ああ!セルファニア!セルファニア!!」

その時、リチャードの叫びに答えるかのように、突然大きな光が彼の前に現れた。

セルファニアが現れる。

彼女はリチャードをちらっと見下ろす。

彼女は何が起こるかを知っているように見えた。

「あなたは私を騙しました!あなたは最初から私に嘘をついた!」

「あなたが私に言わなければならないのはそれだけですか?」

彼女の声は悲しみに満ちていた。

「今すぐ、この火を消せ!今すぐ!」

セルは、彼女に怒鳴っていたリチャードを黙って見ているだけ。

アンシアに会って謝罪した後、セルは元首都のゼルカン、カーンに戻った。

そこで、千年後に汚染された土地を浄化し、地面に縛られた力を取り戻し、彼女の過ちに苦しんだすべての人に謝罪しました。

彼女は罪を犯してカーンの地で深い眠りに落ち、もはや人間の世界に注意を払ったり、何もしなくなったと告げる。

何かが起こった場合に備えて、世界に「シェル」だけを残すと。

しかし、シェルは彼女を起こしました。

「セルファニア、私たちは困っています!病気は再び起こった!」

シェルはセルに何が起こったのかを話しました。

彼女は、リチャードがセルの影響で彼の記憶が戻った後、再び千年前の病気を広めたと説明する。

セルは急いで首都に戻ろうとするが、それからシェルは付け加えました、

「でも心配しないでください!アンシアは治療法を見つけました」

女神と人間の間の時間は異なります。

彼女が眠った短い時間の間に、人間の世界では多くの時間が過ぎました。

リチャードが病気を広めた後、アンシアは治療法を作ることに成功しました。

親友のアンシア・・・。

それから彼女はリチャードがタブーの呪文を暗唱しているのを聞く。

(ああ、彼はその魔法を使うことになったの・・・?)

セルファニアはフィリップを愛していました。

それで彼女は彼が望むすべてを聞いたが、彼女は彼の奥深くで何か奇妙なことを感じた。

そしてフィリップが彼女に切り替える方法を教えるように頼んだとき、彼女の疑いは深まった。

セルは彼女の最愛の恋人に初めて嘘をついたのだ。

フィリップは多くのことを成し遂げたかったのですが、彼はそれほど残酷ではありません。

セルは彼を信じていた。

しかし今、千年後、彼はタブーさえも破りました。

彼は炎の中で奮闘し、セルを睨みつけている。

「今すぐこの火を消してください!あえて私を騙すなんて!」

彼は過去の人生の記憶を取り戻したが、謝罪はしなかった。

セルを騙して千年の間彼女を封印した罪悪感はありませんでした。

むしろ、彼はセルが彼に言ったただ一つの嘘に腹を立てただけ。

セルの目は冷たくなる。

彼女の鈍感な目をじっと見つめて、リチャードはそれから謝罪し始めました。

「ごめんなさい。だから私を助けてください!」

セルは無駄に笑う。

彼女はそんなことを聞くのにこれまで苦労していましたか?

彼女は彼が謝罪するのを聞いたら気分が良くなるだろうと思った。

しかし、それはそうではありませんでした。

むしろ、怒りが彼女を満たしている。

「セ、セルファニア、私たちは恋人です。あなたは私を愛しています!」

セルは物乞いをしているリチャードを見下ろして告げた。

「私はあなたをここから連れ出します」

「は、はい!急いで!」

リチャードがうなずくとすぐに、彼の周囲は明るく輝き始める。

彼の体は軽く上昇し、彼の体を溶かすように見えた熱は消えました。

すべてが完了しました。

リチャードは内向きに微笑んだ。

千年後も、彼女はまだ愚かな女性です。

彼女はまだ自分に長引く感情を持っています。

それで彼女は自分を救った。

魔法が失敗したとき、リチャードはすべて終わったと思いました。

しかし、天が彼の側にあったとしても、それでもチャンスがありました。

彼はまだセルファニアを利用できる。

彼女にブレイクの力を自分に与えるように頼むことができた。

彼女を上手に説得すれば、彼女は再び自分の言うことを聞くでしょう。

リチャードは内向きに微笑んだ。

しかし、何かがおかしい。

目を開けても周りは真っ暗なまま。

ここはどこですか?

それは彼の地下要塞ではありません。

リチャードは外に出ようとしたが、一歩踏み出すとすぐに壁に阻まれました。

彼は四方を壁で塞がれ、立ち去ることができなかった。

リチャードは、自分が透明な球体に閉じ込められていることに気づく。

「開けろ!今すぐ開けろ!」

リチャードは壁に激しく打ちつけるが、それは無駄でした。

「セルファニア!何をしている!?」

床から炎が上がると、彼は大声で叫んだ。

それから、彼はそれによって自分の手が歪んでいるのを見る。

リチャードはその時ようやく気づきました。

千年前にセルファニアを封印したときと同じように、今度は自分が闇の扉に閉じ込められていることを。

「セルファニア、待って、待って!私の話を聞いて下さい!」

リチャードは緊急に叫んだ。

しかし、いくら叫んでも彼女の声は聞こえてこない。

タブー呪文を使用したため、リチャードの肉体的活力は失われました。

セルファ二アはリチャードの魂を奪い、混沌の谷の奥深くに彼を封印したのだ。

彼が千年前にセルファニアを封印したときのように。

しかし、1つの違いがあります。

リチャードはセルファニアと同じ力を持っていません。

もちろん、彼がそれを解除する方法はありませんでした。

彼を救う人もいません。

リチャードは永遠に球の中に閉じ込められ、それを開封することはできません。

遅ればせながら現実に気づいたリチャードは叫んだ。

彼がこれに気づいたとき、リチャードは泣きました。

しかし、誰も彼の声を聞いていません。

リチャードはセルに対する恨みの叫びを吐き出す。

その瞬間、大きな光が彼を襲った。

そして、光が消えると、魔法陣の炎も消えました。

炎の中で溶けた彼の体はとても痛かった。

ブレイクが私の手を取り、私も彼の手を握る。

本当に終わりです。

リチャードとの悲劇的な関係はついに終わりました。

 



 

その夜、私はセルに会いました。

「リチャードは死んでいるに違いありません」

私はセルの言葉に静かにうなずいた。

「知っています。彼は永遠の暗闇の中で自分の罪の代価を払わなければなりません」

彼女は落ち着いて話した。

「そうなるはずだった。彼は決して人間ではなかったので、私は自分の手で彼を終わらせるべきでした。しかし、彼が生まれ変わったという理由だけで、私は再び躊躇しました。彼はフィリップではないので、私はどういうわけか彼に軽い罰を与えました。申し訳ありません」

「いいえ、あなたが以前に私に証拠を与えただけで十分です」

リチャードが去る前にブレイクを毒殺しようとしていたことをセルは私に知らせた。

リチャードは彼の過去の人生で何が起こったのか思い出せません。

だから私は彼を罰するのは私次第だとは思いませんでした。

とにかく、彼女が残した証拠のおかげで、私はリチャードのすべての邪悪な行為を見つけることができました。

しかし、セルはしっかりと首を横に振る。

「彼を怪物に変えたのは私です。私はそれの世話をするべきだった。そして、今回もお役に立てず申し訳ありません」

彼女は何度も何度も謝罪し、それから注意深く何かを言いました。

「ラオン、いいえ、アンシア。よろしければ、この贈り物を受け取ってもらえますか?」

クリスタルで作られた美しいブレスレット。

「私は人間の世界との関係を止めようとしました。しかし、私が去ったとき、たくさんのことが起こっていました。リチャードは封印されました、そしてこれはもう起こりません、しかしあなたが私を必要とするならば、あなたはまだ私に連絡してくれますか?」

「セル、あなたの顔を見たいときに連絡してもいいですか?」

「ええ、もちろん」

セルの目から流れる光のように澄んだ涙。

私は微笑んで彼女をしっかりと抱きしめる。

明るい日差しを感じて目が覚めました。

ここはアモリア宮殿の寝室で、セルはいません。

今のは?

夢だったの?

まだ半分眠っている間に目をこすると、セルが手首に付けてくれたブレスレットが輝いていた。

それは夢ではありません、それは夢ではありませんでした。

左手でブレスレットに触れてみようとする。

しかし、私の右手が引っかかった。

ブレイクは私の右手をしっかりと握りながら眠りに落ちていました。

彼は10年前とは異なり、今では大人になっていますが、それでも眠っている子供のように見えました。

私は微笑んで彼を見つめる。

ブレイクは目を開け、赤い目が私を見ました。

「すみません、私はあなたを起こしましたか?」

「いいえ」

彼は微笑んで首を横に振って、私を腕の中に引き込んだ。

「しかし、あなたは疲れています。もう少し寝ましょう」

ブレイクの腕の中にいたとき、私は再び眠り始めました。

暖かくて居心地が良かったです。

すべてが良かった。

そして今、これらの平和な日々だけが続くでしょう。

 



 

ついにリチャードとの因縁も終わりました。

セルとも和解できて最高の結末ですね。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【173話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は173話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...