目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【171話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は171をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

171話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【170話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は170話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 千年の因縁⑤

『魂を切り替えるには、対応する代価が必要です。魂を変える二人は魔法陣に立ち、死体と死んでから1時間も経っていない子供を犠牲にしなければなりません』

『少し複雑です』

『ですから、絶対に使用しないでください』

『使いたくありません。ただ興味があるだけです』

セルファニアはフィリップを見つめた。

『約束して』

『はい私は約束します』

フィリップは魔法を使いませんでした。

しかし、それはセルとの約束のせいではありません。

彼はそれを言った瞬間にそのような約束を忘れました。

フィリップは最終的にタンシノールを広めることを選択したから。

彼はフィリップとしてラオンテルの隣にいたかった。

しかし、ラオンテルが女神の力で皇帝になり、新しい帝国を樹立したとしても、心を揺さぶることはできません。

ラオンテルはアンシアとして生まれ変わり、今回も皇太子を選びました。

誰もが軽蔑する恐ろしい怪物になっても、彼女の心は変わらなかった。

千年後、リチャードはそれを認めることができました。

「私はアンシアの心を勝ち取ることはできませんでした」

アンシアは、千年も経った今でもリチャードを嫌っていると語った。

アンシアにとって、ブレイクしかいません。

それなら、1つの方法しかありませんでした。

「私はブレイクになることができました」

リチャードは、千年前には採用しなかった方法を使用することに。

タンシノールを広げ、ブレイクの体を占領する。

王子になった後、彼はタンシノールを誰からも尊敬されるように扱います。

アンシアも彼の能力を賞賛します。

テステオンを治療した場合、彼はブレイクを彼の息子として認識します。

それは彼の体ではありませんが、彼は彼の能力のためにテステオンとアンシアによって認められるでしょう。

アンシアの恋人になることができ、愛情深い家族がいました。

リチャードの計画は順調に進んだ。

すでに供物はあります。

カランとカルオは同じ血の姉弟なので、供物としてより価値があるでしょう。

タンシノールに対する批判はリチャードとロウム族に与えられるでしょうが、それは問題ではありませんでした。

彼はもうリチャードではありません。

これが成功した場合、ブレイクはリチャードになります。

したがって、彼らがリチャードとロウム族の悪口を言うのは彼の仕事ではありません。

なかなか良かったです。

また、皇居の責任はすべて担当するので、悪いことは何もありません。

しかし、アンシアはタンシノールの治療法を見つけました。

それは問題ではありません。

彼がヒーローになるチャンスを逃したのは残念ですが、リチャードの本当の計画はまだそこにありました。

リチャードはアンシアを使ってブレイクを誘惑した。

魔法でお互いの体を変えた後、リチャードになったブレイクを排除することを計画した。

ブレイクはマナを持っていて、リチャードはそれを使う方法を知っています。

ブレイクの体と魂が組み合わされた場合、誰も彼に匹敵することはありません。

その後、マナで意識を失ったアンシアを目覚めさせる。

それで、彼女が知っている唯一のことは、ブレイクがリチャードを倒した後、彼女の命を救ったということ。

すぐに彼の前に幸せな日だけが来るでしょう。

彼は、アンシアの夫であり、帝国の王子であるブレイクとして生きることができます。

リチャードは彼の計画を検討した。

そしてゆっくりとブレイクの美しい顔を見る。

それはすぐに彼になる体。

可愛すぎますが、アンシアが大好きな顔だと思えば悪くありません。

「私はあなたになり、私が欲しいものすべてを手に入れます」

 



 

強いマナ波を感じて目を開ける。

部屋のものとは違う、地面に奇妙な波がありました。

まだ体の中に強いマナを感じています。

頭が痛くて腸がねじれていましたが、今は自分の痛みを考える時ではありません。

ブレイクとリチャードはドアの外で見られました。

ブレイクの手は私のものと同じ手錠で満たされて、そして彼は魔法の輪のために彼自身を上げることさえできません。

リチャードはブレイクのあごをつかんで言った。

「私はあなたになり、私が欲しいものすべてを手に入れます」

まさか・・・!

彼はブレイクと体を切り替えるつもりだ。

そのため、1000年前とは方法が異なりました。

タンシノールはただみんなを混乱させるためのもの。

たぶん彼はブレイクの体を取り、タンシノールを解くつもりだったのだろう。

帝国を救った英雄として、彼は新たに人生を始めようとしました。

彼はブレイクの体を奪うつもりだった。

セルは私と一緒に体を変えていた。

彼女はリチャードにそれをする方法を教えましたか?

床を覆った巨大な魔法陣の上には、ブレイクだけでなく、カルオとカランもいた。

彼はそれらを犠牲にするのですか?

止めなければなりません。

しかし、マナのせいで指を離すのは大変でした。

声も出ません。

ブレイクを保護する必要があります。

私はここで彼を失うことはできません。

思いっきり逃げようとしている間、リチャードは真ん中の魔法陣をのんびりと歩いていた。

そして呪文がリチャードの口から出た。

それは人間の言葉ではなく、女神の言葉。

セルが教えてくれた言語。

 



 

聞くとすぐに目が大きく開いた。

彼が呪文を終えると、魔法の輪から光が流れ始める。

リチャードは微笑んだ、それはすべてを手に入れた勝者の笑顔。

その瞬間、魔法の輪から炎が上がり、リチャードを飲み込み、穏やかな光が強くなる。

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

リチャードは炎の中で叫んだ。

同時に、私が閉じ込められていた部屋の障壁も破られました。

突然、マナの波が消え、部屋を埋め尽くした光のマナストーンにひびが入って倒れる。

天井からぶら下がっているひびの入ったマナストーンが壊れて、頭の上に落ちてきた。

目をしっかりと閉じると、巨大な光のマナが体を包み込む。

「アンシア!」

ブレイクは急いで私を抱きしめた。

リチャードが炎に巻き込まれるやいなや、彼は手錠を外し、私に保護呪文をかけたのです。

「アンシア、大丈夫ですか?」

「はい、私は大丈夫です」

ブレイクは私の状態をチェックし、拘束を解除する。

彼は私を運んでいる間すぐに部屋から逃げ出した。

私たちが出てくるとすぐに、壊れていた光のマナストーンが保護シールドのために完全に崩壊しました。

外に出ると暑さを感じます。

リチャードを取り巻く炎は強くなり、彼の悲鳴も強くなりました。

「ああ!ああ!!」

私はブレイクに私を降ろすように頼んだが、彼は私を運んでいる間だけリチャードを見た。

「何があったのですか?」

「リチャード・カシルは体を交換するために呪文を唱えたのです」

「体の交換?」

「いいえ・・・、死者を救うために彼の命を犠牲にする呪文です」

私はかつてセルに過去に死者を救うための魔法を求めました。

『死ぬ人を救うことは大きな代償を伴います。あなたは他人を救うためにあなたの人生を捧げなければなりません。それでも知りたいですか?』

『はい、教えてください』

セルは私に死者を救う危険性について警告した。

しかし、私は魔術師としての純粋な好奇心からうなずきました。

「やっぱり、できません。この魔法は危険すぎます。ラオンはとても素敵なので、あなたの愛する人が死んだときにこの魔法を使うでしょう。私は親愛なる友人を失いたくない」

結局、セルは最後まで呪文を教えてくれなかった。

そして彼女は正しかった。

ラクシュルが亡くなったとき、私は何度も後悔しました。

私は自分の人生を諦めることができるように彼を救いたかった。

しかし、呪文の最後の部分が分からなかったので、使うことができませんでした。

リチャードがその呪文を唱えた今、それを理解する。

それは自分の命を犠牲にして、死者を救うための呪文。

「では、これらのサークルと犠牲は何ですか?」

大きな円の中に4つの円が描かれていて、複雑に絡み合っているように見えました。

セルから学んだ後、私は魔法陣の真実を理解できる。

「残りはトリックです。2つの円だけが接続されています」

リチャードとカランとのサークルを指差す。

人生を交換するのに必要なのはたった2人だけ。

ブレイクとカルオの円が描かれましたが、それは何の役割も果たさなかったトリックにすぎません。

 



 

リチャードとカランの命を犠牲にして、カルオが生き返るということ?

このままリチャードは死ぬ運命にあるのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【172話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は172話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...