目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【152話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は152をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

152話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【151話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は151話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • コリン卿とのお茶会

「コリン卿、お味はどうですか?」

「美味しいです。見た目と同じくらい美味しいです」

コリンは一時停止せずに薬菓を食べた。

それは彼の好みに合っていたに違いありません。

最近、東方への敵意が帝国全体に広がったが、彼はまったく気にしていないようだ。

「これも試してみてください。チャンのテクリティーです」

コリンは私がお茶を注ぐのを見て、表情が固まった。

「それは名誉ですが、私は拒否します」

「試してみてください。少し苦いですが、とてもいい香りがします」

「申し訳ありません。お茶はあまり好きではありません。」

彼はまだ以前のようにお茶を飲むことができませんでした。

彼はまた、アステリック帝国の誰もが愛したお茶を嫌っている。

これを知って、私は提案するのをやめて、メイドを呼ぶことに。

メイドが事前に用意しておいた飲み物を持ってきてくれました。

「それならこれを試してみてください」

いちごジュースを渡すと、コリンの顔に明るい笑顔が浮かび上がった。

「殿下、ありがとうございます」

彼は甘いフルーツジュースが大好きです。

彼はブラックコーヒーしか飲まないタイプの人のように見えたので、これは予想外の事実でした。

それでも、これは元の小説のようにアルコール愛好家であるよりもはるかに優れているでしょう。

コリンの好みは非常に珍しい。

アステリック帝国の貴族たちは肉を食べることを楽しみ、果物や野菜はそれほど好きではありません。

男性は特に肉が好きでした。

彼らはまた、肉を食べることは彼らのエネルギーを高めると話し、甘い果物は女性と子供たちの間でただ好きな食べ物と言っている。

これはまた、食物と栄養素に関する知識の欠如によるものです。

これまで、多くの人が自分の健康は自分の状態に依存すると信じていた。

アカデミーを卒業した貴族の何人かでさえ、そのようなことを誇りに思っています。

「コリン卿は本当に果物を愛しているに違いありません」

「ええ、子供の頃は貧しかったので、食べたくても果物が食べられませんでした。私はもともとアカデミーを卒業して商人になるつもりでした。食料品を売れば、好きなものを食べられるようになりますから」

コリンの家族がお金持ちではないことは知っていましたが、彼らがそれほど貧しいとは知りませんでした。

隠したい話だったかもしれないのに、コリンは表情を変えずに語り続ける。

彼は自分自身に自信があり、高い自尊心を持っているのでしょう。

だからこそ、彼は躊躇うことなく困難な時期について話すことができるのです。

「では、なぜあなたは商人ではなくお父様の助手になったのですか?」

「陛下が私を直接募集するために来ました」

「お父様が?」

「はい 彼は私に彼の助手になるように頼みました 」

テステオンは個人的に彼の助手の地位をコリンに提供したが、彼は商人になりたかったので拒否したそうだ。

その問題について軽く話したが、彼は商人になることを真剣に考えていたに違いありません。

「それで、あなたは何と言ったのですか?」

「私は商人になり、果物を際限なく食べたいと言いました」

「あなたはとても正直ですね」

コリンは正直というより大胆だ。

テステオンは王位に就いた瞬間に帝国を支配した。

それでも、庶民があえて皇帝の提案を拒否するなんて。

「陛下はあなたに腹を立てませんでしたか?」

「いいえ。むしろ、助手になれば何でも食べられると言ってくれました。陛下は私にいつでもフルーツジュースを飲ませてくれると言ったのです」

「そ、それであなたはアシスタントのポジションを受け入れたのですか?」

「はい、それを拒否する理由はありませんから」

それは想像を絶する理由。

まさか果物から生まれた関係だなんて。

「陛下は、誰も餓死しない帝国を作りたいと言った。それを聞いたとき、彼は私の人生を捧げるのに値する人だと思ったのです」

コリンは真剣に話す。

彼はいつも不平を言っていましたが、私は彼が他の誰よりもテステオンを尊敬し、賞賛していることを知っていました。

 



 

「殿下、このいちごジュースは特に美味しいです」

「それは皇太子殿下が自分で育てたイチゴです」

「彼が魔法で育てたのですか?」

「はい、ブレイクは天才です」

ブレイクは植物を育てる呪文を習得し、現在他の呪文を学んでいます。

それはもっと難しい呪文でしたが、彼の学習速度は前の呪文を学んでいたときよりもはるかに速かった。

「殿下は、魔法を学ぶことを拒否されていました。彼は大きく変わったのですね」

「ブレイクが?」

「はい。魔術師団長は、かつて殿下の魔法のインストラクターになるためにここに来ましたが、彼は拒否されました」

光の力に関する研究はなくなりましたが、他のスタイルの魔法はまだ活発に研究されています。

それぞれのマナには異なる特徴があるからだ。

それが基礎だけだったら、他の魔術師から学ぶことは可能だったでしょう。

しかし、ブレイクは望んでいませんでした。

「なぜ彼はそれをしなかったのですか?とても才能があるのに・・・」

ブレイクは剣術の天才だと誰もが話すが、私の意見では、彼には魔法の才能もありました。

「おそらく、それは殿下があなたを犠牲にすることから得た力だから、彼は幸せではなかったのではないでしょうか?」

「・・・」

もしそうなら、それは愚かでした。

ブレイクはかつては苦痛の中で生きていましたが、呪いが解かれた今、彼は自分の人生を楽しむように努めるべきなのに。

「本当はどう感じているのか分かりません。単なる推測だったので、あまり心配しないでください 」

コリンは私を慰め、別の薬菓を口に入れる。

「皇太子妃殿下といるときは、雰囲気が重くありません。私は暖かい雰囲気が大好きです。それはすべての緊張を取り除いてくれますから」

「温かいお茶はあなたをより快適に感じさせます」

「いちごを裏切ることはできません」

彼は巧みに答えて、いちごジュースを飲む。

彼を見ながら笑わずにはいられなかった。

コリンと一緒にいるときはいつでも、まるで長年の友人に会っていたかのように安心します。

 



 

「・・・コリン卿」

「はい?」

「最近、根拠のない噂がチャンの周りに広がっていると聞きました」

コリンは私が言ったことに少し驚いたようだったが、彼の表情はすぐに戻った。

「彼らは私がチャンから送られた悪魔だと言いました。帝国を危険に晒し、お父様とブレイクを誘惑する存在だと」

チェルシーからチャンについての噂をすべて聞いた。

数ヶ月前に突然始まった噂は、急速に社会全体に広まっている。

しかし、私は全然知らなかった。

それはおそらくテステオンとブレイクの仕業でしょう。

彼らは私が知っていたら私が動揺するのではないかと恐れていたに違いありません。

コリンは今回ポーカーフェイスを維持できなかった。

「殿下、その噂はすぐに消えます・・・」

「これは教会の働きですか?」

「どうしてそう思うのですか?」

「それらは私が推測できる最も可能性のある原因です」

噂には2種類ある。

事実に基づく噂と、誰かが悪意を持って作成した噂。

後者の場合、ほとんどの噂は彼らの利益に関連していた。

誰かが私が王女になることに不満を持っていたのかもしれませんし、私のためにステータスが下がることを望まなかったので噂を広めたのかもしれません。

しかし今回はチャンと私の両方を狙った。

それは人々の恐れを刺激し、噂が広まる速度は奇妙に速い。

そのような噂は、首都だけでなく、帝国全体に広がったと言われています。

それはある人の口から別の人の口に広がるのではなく、誰かが意図的にそれを広げていました。

それが他の場所にどれだけ早く到達したかで、それは多くの人々の仕事だったに違いありません。

現在、これらの噂を広めることができるのは教会だけ。

彼らはまた、帝国の人々を恐怖に陥れる理由があった。

教会は、人々の呪いへの恐れ、闇の扉、そして試練を通してその力を維持してきた。

しかし、近年、その3つは同時に崩壊した。

それが彼らが恐れを植え付けるために新しい目標を必要とする理由です。

不思議な帝国のチャンと、闇の扉が消えると同時に戻ってきた私は、食欲をそそる獲物だったに違いない。

「殿下の予想通りです」

コリンは降伏した。

「誰がそれをリードしていますか?前の大祭司候補のハワード・ケンズウェイですか?」

「どうやってそれを知ったのですか?」

「彼は最も大きな打撃を受けたので、心配していたに違いありません」

ハワード・ケンズウェイは次の大祭司に指名されました、しかし、マロンが彼の代わりに叙階された。

ケンズウェイ家は以前ほど影響力がなくなったと聞きました。

「予想通り、私はあなたから何も隠すことはできませんが、あまり心配しないでください。陛下はすぐにそれに対処します」

「私は気にしていません。嘘なのですから。私が心配しているのは、彼らが噂にとどまらず、何か他のことをしようとするかもしれないということです」

ケンズウェイ家はかつて教会側で最も影響力のある家系。

千年前、フィリップは利己的で孤独だった。

彼は自分以外の誰も信用していなかった。

フィリップが信頼した忠実な主題は1つだけ。

彼の名前はローガン・ケンズウェイ。

その後、ケンズウェイ家は、ゼルカン帝国の時代から光の女神に仕えた歴史的な司祭家として人々から尊敬されましたが、それはすべて嘘でした。

ローガン・ケンズウェイは庶民の商人であり、彼の名前はフィリップによって与えられたもの。

私がラオンテルだったときのことを思い出す。

当時、ローガン・ケンズウェイは教会とは何の関係もない庶民でしたが、私が亡くなった後、彼は突然司祭になりました。

フィリップがローガン・ケンズウェイを任命し、彼に千年の間教会を統治する力を与えたのはなぜですか?

フィリップは女神に選ばれたふりをしたが、実際、彼はセルの力を奪い、闇の扉で彼女を封印した。

女神の呪いも自分で作った。

この事実を隠すために、彼の最も信頼できる僕を大祭司として植えるのは自然なことです。

もちろん、これまでのケンズウェイ家の強さは、純粋に彼らの能力によるものであり、フィリップとは何の関係もありませんでした。

それにもかかわらず、私は不吉な気持ちになる。

ただの噂だとすれば、噂が虚偽であることが確認されるとすぐに消えていく・・・。

けれど、何か他のことをしたらどうなるのか。

私の心は不安でドキドキした。

 



 

コリンがテステオンに仕えた理由が驚きです。

悪意のある噂はテステオンとブレイクが対処していると思いますが、アンシアの不安も無視できないですね・・・。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【153話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は153話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...